ここから本文です
  • 1

    *****

    本格的なシーズン到来に付、再び登場。
    演技の感想や、音楽情報などお寄せください。

  • <<
  • 6853 6833
  • >>
  • 6853(最新)

    nem***** 8月19日 22:50

    >>6852

    世界選手権 ペア
    ・須崎&木原
    やっぱりルッツジャンプの不ぞろいは気になりますが・・・もちろん本人たちもわかっていますよね。
    ピアノの音が乱れ飛ぶような曲調の中、終始流れのあるスケーティングとパフォーマンスができていたんじゃないでしょうか。

    ・ヴァネッサ&モルガン
    ヴァネッサの所作の一つ一つのポジションがきれいですねぇ。
    4サルは残念。回転の鋭さと大きさは十分でした。
    モルガンのガッツポーズ、観ていてこっちまで嬉しくなりました。
    日本での認知度はほとんどないと思うけど、この2人ってそれとはまったく比例せず、ホントいい演技しますよ。。。

    ・アリオラ&ブルーノ
    ブルーノって今一つ体型と言うか、体のラインが野暮ったく映ってしまう。カナダのエリックの方がきれいだと思うな。
    確かに強靭なパワーが要求されるので逞しい体つきはどうしたって必要だけれども、同時にきれいなラインの体だって練習しだいじゃ手に入るものだと思うよ?
    プログラム終始スピードにも乗れていましたし、歴代最高得点だというだけではなく、パフォーマンスとしても十分に見られる内容でした。。。

    ・エフゲニア&ウラジミール
    昨今のペア競技で明るいアップテンポは珍しいですね。みんな深い感じのする静かで長い音をたくさん使うスローテンポの曲が多い中、こういう曲を使うとやっぱり目立ちますよ。
    明るいアップテンポのパートがあるのに、今一つ機敏で撥ねるような動きがなかったように思えます。決められた振付を消化し、動きを合わせるのでいっぱいいっぱいで機敏に動いたり"表現する"って部分にまで気にする余裕がないかのように見えますね。

  • >>6851

    世界選手権 アイスダンス
    ・カナ&クリス
    サーキュラーステップのきれいなカーブとその流れがよく流れていましたね。それからやっぱり目を引くのはステーショナリーリフトですよ。
    プログラム全体でも動きも流れも止まることなく、一つ一つの動きが途切れることなくスムーズにつながっていました。

    ・ガブリエラ&ギオム
    ガブリエラのスタイル、ポジション、スケート、エッジワーク、ストローク、体のライン、音の広い方の、その一つ一つつ至るまでが美しい。
    派手な衣装はいりませんね。。。

    ・ケイトリン&アンドリュー
    深い印象を見る者に与える感情移入感情表現を要求される選曲やプログラムはやっぱりこの二人は大得意ですね。
    前の二人もそうだったけど、きらびやかで派手な衣装はいりませんね。。。
    本当の本当に高いレベルでの表現ができるようになると、衣装で飾る必要がなくなり、余計なものとして削ぎ落とされていく。そんな感じでした。衣装のきらびやかさに頼っているようじゃダメなんだなぁ。

    ・マディソン&ザッカリー
    マディソンのあの衣装と体型で確かにセクシーな雰囲気を作れてはいると思いますが、今一つ"繊細さ"ってのが欠けている印象がこの2人からは拭いきれない。
    「アメリカ人のやることは大味だ」って意見をどっかで見た記憶があるけど、自分もそんな印象です。
    やることなすこと隅々にわたるまで繊細に美しくやってのけるガブリエラとの違いは・・・フリーレッグの処理なのかな。
    が、ザッカリーのしゃがんで膝ついて右回りのターン(ツイヅル)には目が行きました。あのポジションで反対周りは難しいっちゅーに、よくあんなにたくさん鋭く回れるものですよ。
    この曲もこの曲で何を表現したいのかイマイチ判然としない曲調だし、ピンときませんね。音楽自体がピンとこない。

  • >>6850

    世界選手権 女子FS2
    ・長洲
    このプログラムに対し、何も思い残すことはないかのような演技でしたね。
    ジャンプを決めただけじゃなく、こんな風にスピードに乗って演技全体を演じ切ったのがそのベテランの力です。
    やっぱりスケーティングと、スケーティングの滑らかさがプログラムの表現力を上げるのだという事を教えてくれた気がします。。。同じ身振り手振り、同じジャンプスピンをしたとしても、スケーティングが鈍かったらこれほどの見ごたえにはならなかった事でしょう。

    ・樋口
    ジャンプが決まったせいもあるでしょうが、プログラムに気持ちを込め感情表現をするってことを覚え始めたような演技でしたね。。。
    コレを今後も見せて行ってもらいたいですね。スピードにも十分に乗っていましたよ。

    ・ケイトリン
    あれ?彼女ってこんなにほっそりしていてスタイルの美しいスケーターでしたっけ?
    セカセカ動きすぎるきらいのあるスケーターだと思っていましたが、今回は気になりませんでした。。。
    で、それでいてスピードには十分に乗っている・・・と。

    ・マリア
    このスケーターもまたスピードに乗っていたとは思いましたが、それをあの汚い手を上げるジャンプがマイナスしてしまっている。
    そんな感じしかしませんね。

    ・宮原
    もう何気なく逆回転のスピンを入れますよね、回転方向が右でも左でも関係なく等しく"スピン"であるかのようです。全然そんなことないですよ?右回転と左回転は技術的にまるっきり別物ですからね。
    イタリアの氷って質がイイのかなぁ?彼女もまたよく滑っていたようですね。

    ・アリーナ
    自分はこの手を上げ手を上げのプログラムは大嫌いですが、今回ばかりは見てて可哀想になってきた。

    ・カロリーナ
    肘を張ってピッと伸ばした腕さえしなやかに見える。腕をしなやかに曲げるだけではなく、しなやかに伸ばすことができるのはやっぱり見映えしますね。
    氷へのプッシュが柔らかいからジャンプのテイクオフまで柔らかく見えます。
    それだけにジャンプミスが勿体ない。orz

  • >>6849

    世界選手権 女子FS1
    ・キム=ハヌル
    このプログラムの中盤以降のパート、どこかで聞いたことがあると思ったら長洲が使っていた曲ですね。きっと長洲がこの曲を使わなかったらまた彼女に使われることもなかったでしょう。なんていうか・・・こうして曲が"継承"されていくんだと思います。
    また、この曲を使うスケーターが出てくるといいですね。いい曲なんだから。

    ・スタニスラワ
    スピードに乗った難しいターンで踵を氷に引っ掛けたかな?
    手足も長いのでいいモノを持ってはいると思うんですが、今回はうまくいきませんでしたな。(ガタガタ)

    ・ビベカ(?)
    北欧のスケーターはみんなきれいな人が多いね、キーラとかね。スザンナ=ポイキオとかもそうだけど、スケートがいいですね。
    リンドフォースってカッコいい名前ですねぇ。

    ・ルナ
    女性的なスタイル、赤い衣装によって色気のある演技だったと思います。
    リッポンルッツも絵になっていますよ。片手を上げたジャンプはソツコワみたいに絵にならないけど。
    コレオシークエンス、良かったですね。スピードに乗ったスケーティングによって情感を表現するって感じでした。。。

    ・エリザベータ
    間違いなく素質のあるスケーターだけど、プログラムが要求するのはオトナの演技ですね。うん、良く滑ってる。
    プログラムに対する慣れはあったようですが、やっぱりちょっとセカセカ動きすぎですかね。
    そのちょっとセカセカ動きすぎなところがありつつも、十分に音楽と溶け込んでいましたね。。。

    ・ニコル=ショット
    イヤ、感情移入を感じましたよ。。。
    その感情表現が、感情移入が美しかった。ニコル=ショットって、「そういえばオリンピックにも出てたよなー」くらいの認識でしかいなかったけど、この演技で十分に印象付けられました。

    ・ブレディ
    体の軽さに任せてジャンプを跳び、それで気持ちが乗ったんでしょう、テンポよくポンポンとジャンプを決め、躍動感のある演技をしてくれたとは思いますが、やっぱり前のニコルのような演技への感情移入は感じられません。
    場数を踏んでプログラムに気持ちや感情を込められるスケーターになっていってもらいたいですね。・・・としか思えませんわ。

  • >>6848

    世界選手権 男子シングルSP2
    ・宇野
    この四季ってさり気に今シーズンノーミスの演技ってないんですよね。
    で、今回の四季は今までで最も出来が悪かったですね。

    ・友野
    まだジュニア上がりかもしれませんが、シニアで場数を踏んだ海外のスケーター達と比べてもほとんど遜色のないような内容の演技でしたね。。。
    今まで練習して練習して練習して・・・その思いが溢れて出た涙だったんではないでしょうか。
    ダンシングヒーロー?なんで?

    ・ヴィンセント
    壮大でメロディランのはっきりしたいい曲だとは思うんですが、まだ音楽表現のところまでフィギュアスケートを高められていないかな。
    ビッグジャンプ跳んだだけ・・・かな。

    ・マックス
    勢いに乗った助走からビッグジャンプをバーンと決めるのが彼の最大の魅力なのでそこでトチってしまうとやっぱり大幅に見ごたえ減ですね。
    このクラスに混ざってしまうとやっぱりステップから感じるのは"おざなり"。体を大きく使う、身を屈めるときにはなるべく小さく、胸を張るときには目いっぱい・・・それを面倒くさがって、上半身の動きが小さく見えるんですよね。これでは音楽を十分に表現しきれません。

    ・デニス
    手の使い方なんかステファンに似てきた気がします。
    大きな体に、大きなイメージの曲に、大きな演技。いろんな"大きい"が上手いことかみ合った演技だったのではないでしょうか。

    ・田中
    うーん、デニスの後だからそう見えるのかもしれないけど、ちょっと滑ってないかな。スピンも遅いし、なんだか元気がない。どうした?

    ・ミーシャ
    ミーシャの世界選手権もこれで終わりかぁ。
    ミーシャジー振付のダイスケとか見て観たくないですか?>ALL
    綺麗な旋律のスローの中で音が強くなるところほとんどないのにも関わらず、感情を込めた力強く激しい動きを随所に入れることで音楽を表現する。そんな感じ。
    音の強いところで力強く動くのとはまた違った音楽表現ですね。

    この番組構成がひどいですね。
    一度最終グループを放送して順位が決定した後に友野とか、ヴィンセントとかを放送するなんて編集がいい加減すぎ。
    先のグループから放送して最後に最終グループを放送し、最後の最後で順位が決まって放送終わり。そんなん当たり前。
    誰のせいか分からないけど、編集する手間を惜しんでいるでしょう?

  • >>6847

    世界選手権 男子シングルSP1
    ・ミハエル
    私ミハエルってもっと立ち姿や一つ一つの所作が野暮ったいスケーターだと思っていましたが、身振り手振りがかなり洗練されてきたなと言う印象でした。キャメルスピンのポジションも良好。
    スケートもよかったのではないでしょうか。

    ・アレクセイ
    ジャンプが決まって気持ちが乗ったのかプログラム全体に躍動感がありましたね。
    スケーティングはきれいとは言えないかもしれないし、身振り手振りも繊細とは言えないかもしれない。
    けど、ジャンプが決まって「さぁいくぞ」ってな気持ちのこもった演技。やっぱり演技には気持ちがこもっていると見ごたえが段違いに違いますね。。。

    ・ネイサン
    やっぱり衣装はシンプル過ぎないか。
    それから、何度も言うけど種類の多い4ばかりが取りざたされるけど見るたびごとに思う。決してジャンプだけのスケーターではないと。
    ステップシークエンスの胸を張りつつ体軸から遠くに手を置きながら振り回して滑れるトコ、踊れるスケーターだと思いますよ。。。
    このジャンプ能力が高いばかりにビッグジャンプに偏りがちのプログラムはもうやめてもらいたいですね。ルール改正によって彼に踊らせるルール、彼にプログラムの流れを出させるルール、そしてジャンパーとしての彼の足を引っ張るようなルールにひてもらいたいですね。スケーターを見ることで、「ルールをこんな風にしてほしい。ルール改正によってスケーターをこんな風にしてほしい」と思ったのは私初めてですね。

    ・ドミトリ
    演技寸前のアップ、手震えてない?やっぱ怖いんだね。
    うーん、ステップが・・・仮面舞踏会のテンポを取りつつまさに"舞踏"を見せるべき見せ場だと思うんですが、ステップの内容も簡単っぽいし、ステップとステップの間が大きく空きすぎでは?あれではリズムが取れないと思うんですよ。(カーブ描くのとステップ踏むのと両方同時にやるのは大変なの分かってますが・・・)

    ・金博洋
    ジャンプが決まってよかったかなと思いましたが、ステップが動けてないよ?
    スパイダーマンでは躍動感があってスピーディなステップだったのに、アレと比べると動きが鈍く、元気がなかったかな。

  • >>6846

    世界選手権女子SP3
    ・ケイトリン
    こじゃれた感じのプログラムではあったけど、SPの中でテンポや曲調が変わってしまうし、今一つピンとくるプログラムではなかったかな。
    が、やっぱり彼女のジャンプは大きいですね。手足が長くスタイルがよく、背が高いそのルックスで、ジャンプが大きいとやっぱり映えますね。

    ・宮原
    描くカーブの中のどこで膝の曲げ伸ばしをし、ばねを聞かせればカーブを伸ばせるのか、動きと動きをスムーズにつなげられるのか、そしてプログラムに流れを出せるのか。
    それを、その練習を何の遜色もなく示してくれました。。。
    課題をクリアするだけじゃありませんよ、その課題をクリアするってことの先へ行っている感じですね。クリアした課題をプログラムの流れへつなげている。そんな感じでした。

    デニスが死んだなんてまだ思えない。来シーズンのNHK杯あたりにまたひょっこり出てきそうな気がしてならない。
    どうかあの力強くて、鋭くって、エネルギッシュで、ほとばしるようで、テンポを合わせて、そして、そして、音楽と溶け込んだステップをまた見せて欲しい。
    どうか・・・どうか・・・、戻ってきてくれ・・・どうか・・・
    こんなのやりきれないよ、やりきれるはずないよ!!

  • >>6845

    世界選手権女子SP2
    ・カロリーナ
    彼女は競技者を続けるんだろうか?
    これほどの演技面の質、プログラムへの感情移入、点数稼ぎに走らないジャンプ。それを若いスケーター達に見せ続けて行ってほしい、彼女たちに影響を与え続けて行ってほしいですよね。
    激しくて情熱的なパートだけじゃなく、静かでスローなパートもこれほど表現できるスケーターが当代のフィギュアスケート界に、他にいるでしょうか。

    ・マリア
    ホントに手足が長く、肩から先のラインがきれいですね。オリンピックの時よりきれいになったんじゃないでしょうか。肘から先の使い方、手の翻し方が上手くなったからそう見えるのかな?
    手を上げるジャンプをやめればもっとまとまりのいい演技になると思うんですけどねぇ。ホント。華はあるんだと思うんですよ、華は。
    んー、最後に足元に衣装の破片落としませんでした?

  • >>6844

    世界選手権女子SP1
    ・ガブリエル
    確かに同国のケイトリンにはスタイルの点で及ばないのかもしれない。
    けど、スタイルの美しさとか、ポジションのきれいさとか、オタマジャクシを拾えてるとか拾えてないとか、そんなものとは別次元の曲調曲想に合わせたイメージ作りが上達してきたんだと思う。。。(ちょっとづつだけど)
    スピードに乗ったスケーティングとか、幅の大きなトリプルトゥループとか、持っているモノは持っているのでこの調子で曲調や世界観を表現する力を伸ばしていってもらえたら、観ている側も今後楽しめるフィギュアスケートを見られるんじゃないかと思う。

    ・ニコル
    ラジコワっていうから、聞き覚えないから誰かと思ったらヨソの放送局で「ライチョワー」って言われてるスケーターだったよね。
    ジャンプもそうだけど、ステップでの転倒、残念だったね。
    少しづつでもきれいになっていっているスケーター、背中がきれいでした。

    ・チェ=ダビン
    緩やかで済んだような旋律の曲にゆったりとした身振り手振りがよく合っていました。
    やはりシーズン最後の演技、良くこなれていましたね。スローの音を掴むという事に慣れたという印象を与えてくれました。

    ・エリザベート
    肩から先をヒラヒラ綺麗に使えるのはいいですが、ちょっとバタついてしまいましたでしょうか。
    この調子で場数を重ねていってもらいたいですが・・・ケガで潰れたいしないでよ?

    ・長洲
    さらっとこなした印象でしょうか。
    ちょっと元気がなかった、今一つスケートが伸びていないように見えてしまいました。
    ジャンプはノーミスだったかもしれませんが・・・

    ・マライア
    まだアメリカ人らしい大雑把な感じ、繊細さの欠けた感じは否めませんが、一つ一つの所作のポジションはいいように思います。
    十二分にスタイルには恵まれているので、あとは音楽との融合さえできればいい演技を見せていってくれるのではないでしょうか。

    ・樋口
    どうしても体型の面で他のスケーターに譲らざるを得ない以上、ジャンプはもちろんのこと、演技を曲に溶け込ませるってのは不可欠です。
    大きなけがなく順調に伸びていけばいいですが。

  • >>6838

    世界ジュニア
    ・イム
    スタイルだけでなく選曲や身振り手振りのポジションなんかもキムヨナに似た感じですね。
    やっぱりキムヨナを見てキムヨナをイメージしてスケートをやっているクチでしょうか。既にオーラを纏っている感じがします。
    安直に手を上げるジャンプをしないところがよかったかな。やっぱりフィギュアスケートのジャンプはこうでなくっては。
    ステップシークエンス、最後はちょっと元気がなかったかな。

    ・スタニスラワ
    ジャンプの入りがなんだか重々しいですね、よっこらせって感じ。
    やっぱりロシアのスケーター、背が高くて手足が長くて、それでいてその手足のポジションをきれいに見せるための練習をたくさんやってきてる。
    あー、ジャンプだけじゃないですね、身振り手振りもよっこらせって感じ。スケートがあんまりうまくないから、それが彼女の踊りを妨げてしまっている。スケートの練習を頑張った方がいいと思いましたね。
    ジャンプも、身振り手振りもよっこらせしなければならないのは、スケートがあんまりうまくないからでは?

    ・紀平
    スローの動きもなかなか冒頭のスローパートにまぁまぁあっていましたね。
    が、やっぱり全体を通じて同じようなパートが繰り返す難しいプログラムだったんじゃないでしょうかね。

    ・アレクサンドラ
    4サルはやっとこさっと氷たわけじゃない、降りた後にも流れがありましたね。
    ロシアのスケーターらしく身振り手振りの一つ一つは綺麗でしたし・・・エフゲニアとなんか似てる。
    あー、なんつージャンプ能力か。呆れましたよ。

    ・山下
    ジャンプもよく決まっていたようですが、終始よく滑っていて、演技全体に流れがあったように見えましたね。
    感情表現の面は・・・まだ若い、今後の課題でしょうか。

    ・アリョーナ
    冒頭のスピン、速くてしかもスムーズに回る、スピン巧者なのだと思わせてくれましたね。
    しかも要素の様子の間の些細な身振り手振りの一つ一つがとてもきれいです。澄んだような旋律のピアノの調べともよく合っていたと思います。
    いやいや、プログラム全般を通じて、ジャンプをすべて後半に持ってきたことよりもスピンの上手さに目を惹かれました。

    あー、大変なジャンパーがまたロシアから出てきましたね。
    また使い捨てにされなればいいのですが。

  • >>6842

    あ、そうでしたね。
    昔そんなこと言ってましたよね。

    忘れていて、ごめんなさい。

  • >>6841

    わたしの住んでるリンク無し県から新宿までは、
    新幹線か高速バスを使うことになるので
    気軽にお出かけとはいきませんね(^▽^;)

    参加はできませんが、お誘いありがとうございます。<(_ _)>

    フィギュアスケート鑑賞が好きな皆様が集まって楽しい会になるといいですね(*^-^*)

  • >>6839

    >花散る里さん
    オフ会しようと思っています。
    日程は8/5

    私が編集したフィギュアスケートのDVD、昨シーズンのいい演技だけを私がチョイスしたプログラムを見ながらみんなでお酒飲んで食事します。
    そーゆーオフ会やったら、花散る里さんは新宿まで来られますか?
    っていうか、花散る里さんって新宿まで来られるようなところにお住まいでしたっけ?

    >舞さん
    もちろん舞さんもいいですよ?
    もしこの書き込みを見ているのならね。

  • >>6838

    アイスダンス、BSで、ソチと違って、上位しか放送なかったですよね( ;∀;)
    (もしかして、わたしの見逃しでなければ)

    ペアは、完璧に見逃し、録画し損ねました。😓

  • >>6837

    オリンピック 個人戦 EX4
    ・テッサ&スコット
    このステーショナリーリフトのポジションチェンジのスムーズさ、次々くるくる変わるそのポジションすら音を捉えているかのようです。
    金メダル獲得、ホントにおめでとう。アリーナとは違って素直におめでとうが言えます。

    ・アリーナ
    ヒョウ柄の衣装なんて遊び心もあるみたい。肉感的でセクシーな感じもしたし柔軟性もあるようだし、私は別にアリーナというアスリート自体が嫌いなわけじゃないのよ。
    まだスタートラインだと思って、これからまともな構成のプログラムを見せてもらいたいものですね。

    ・羽生
    静かでなだらかな感じの曲だけど、見ていたら気づいたら引き込まれ、見惚れいました。
    そうか、いつの間にか見る者を「気づいたら引き込まれていた」って演技のできるようになっていたんですね。。。



    花散る里さん、みてますか?
    私フィギュアスケートは地デジしか見てないんですけど、個人戦のダンスやペアが私が知る限り放送なかったんですよ。事前に放送予定を調べて、その時間に確かに録画予約入れたんですけど、録画されていたのはモーグルだったり、スピードスケートだったり・・・。
    地デジで個人戦アイスダンスやペアって放送あったんですか?なんだか今回のオリンピックって、ペアとアイスダンスが少ししか見られなくって消化不良気味なんですよ。
    せっかくペアアイスダンス沢山見られると思ったのに・・・
    これからはフィギュアスケートのためとは言え、ちょっとやらなきゃならないこと、やりたいことがあるので少し間空くかもしれません。

    EXをみて・・・ペア金メダルの演技はどうした。お休み?

  • >>6836

    オリンピック 個人戦 EX3
    ・宮原
    イ&ユと比べると、肩関節の可動域の問題かな。肩関節の可動域が違えば、手の位置が変わり、手の位置が変われば動きもポジションもパフォーマンスも変わる。
    テーマはたくさんあるかもしれんけど、そのうちの一つとして、向こう4年間練習し続ければ変わると思うんですよね。

    ・メーガン&エリック
    メーガンは小柄かもしれないけど(エリックが大きいから対比でそういう風に見えるだけか?)、サビの歌に合わせたようなスケールの大きな演技でした。

    ・金
    確かにやり慣れたプログラムだったかもしれないけど、いつだったかの国別対抗戦のSPの方が力強さと躍動感があったように思いましたね。
    プレッシャーから解放されたEXだからいい演技になったり躍動感が上がったりするけれども、競技会でジャンプが上手いこと決まったから躍動感を出すこともできる。そういうこともあるんだと、EXの方でこそ示してくれたように感じます。

    ・ガブリエラ&ギオム
    曲を捉えるのも難しければ技術をこなすのも難しい、その2つを融合させるどころか、それさえ超えている。
    こんな静かな曲をこれほどの技術で表現するのはただ事じゃないよ。

    ・エフゲニア
    クラシックや昔の映画音楽なんかを使うイメージが強かったんですが、スローテンポでもハードなイメージの曲も使うんですね。
    彼女のタノジャンプは手のポジションがいいですね。

    ・ミーシャ
    男子17位でもエキシビ出られるんですね。ファン投票でもあったのか?
    ミーシャって競技ではクラシックなんかを使うけど、EXではこんなバカをやりたがりますよね。激しくて速いテンポのキレのある動き、競技でもアップテンポ使うところが見たかったですねぇ。

  • >>6835

    オリンピック 個人戦 EX2
    ・ケイトリン
    アスリートはスポーツするのに邪魔だからと髪を短くしてしまうケースがあるみたいだけど、フィギュアスケーターが髪を伸ばすのっていいですね。風にたなびく長い髪がきれいでした。それもまたケイトリンの体のラインやポジションのきれいさもあってこそのものだけど。
    肩を大きく出した衣装で体つきや筋肉が見えてしまうけど、筋肉がついていてもきれいだと、そんな風に感じさせてくれるようなパフォーマンスでした。

    ・隋&韓
    Runってタイトルの曲でプログラム通じてスピードに乗れてませんじゃオハナシになりません。スケーティングの部分ではその曲名に劣らないだけに走っていましたね。カーブを描く力と技術でストロークを伸ばす。そのストロークの伸びでもって音楽を表現する。
    そして雰囲気、世界観、感情表現がもうここまでできるようになっていましたか。これからもまた楽しみですね。
    いや、コレはリピったよ。

    ・ハビエル
    アリーナのドン・キホーテと並ぶダメプログラム。
    エアロビクスのリズム感も、音やリズムの楽しさも何も伝わってこない。冗長冗漫ダラダラ・・・タラタラと無駄に長く続けるだけ。
    もう使うな。

    ・宇野
    好きな曲かどうかは分からないけど、音楽への感情移入している感はありました。
    暗がりの中でもノーミスの演技でしたね。

    ・イ&ユ
    やっぱり金妍児にあこがれながらスケートしていた世代なんでしょうかね。
    なかなかきれいなポジションで体軸から遠くに手を置きながらスケートのできる選手たちじゃないですか。肩から先の使い方翻し方や身のこなしはこの歳にしてかなりの完成度。
    金妍児が勝っていたのは、金妍児を勝たせていたのは、韓国にフィギュアスケートの種を蒔くためだった。そういう事であったのかどうかは彼女らが証明してくれるんではないかと思わされました。
    どっか本田真凛と似てますね。

  • >>6834

    オリンピック 個人戦 EX1
    ・オープニング
    うんうん、せっかくのオリンピックなんだから、こういうそれぞれの民族の特色ってのが垣間見えるシンクロナイズドスケーティング、良かったですね。

    ・ミン&アレキサンダー
    アメを放るのは新しいアイデアだったと思うけど、動きが重い。軽快にリズムを刻む動きもできてない。

    ・チャ
    結構ぬるっ~~とした、粘りのあるスケーティングをしますね。
    SPFSでは見られませんでしたが、こんなスケートができるんですね。
    が、身振り手振りにキレが足りず、打楽器(?)のドンドンドンと言うリズムが取れてない。
    速い動きもリズムを刻む動きもまだこれからですね。

    ・エカテリーナ&ドミトリ
    この二人、特にエカテリーナって音楽への感情表現がこんなにできるカップルだったっけ?って思わされました。
    まだ若くてパワーもある、そのパワーを感情表現のために使って欲しいんですよね。メリル=デービスのように。
    気が付いたら見惚れていました。。。

    ・マイア&アレックス
    ホールドで加速するレベル。マイアがアレックスを加速させ、アレックスがマイアを加速させる。
    やることなすこと合いすぎだよ。息ぴったりと言うレベルを大きく超えている。一つの生き物が2つの体を持っているかのよう。マイアはアレックス、アレックスはマイア。自分は自分自身と息など合わせるまでもない。
    それほどの合わせっぷりだよ。

    ・チェ
    綺麗だとは思ったけど、やはり身長と手足の長さが・・・また金妍児を見たくなったねぇ。やはり韓国にあって金妍児は稀有なスケーターだったね。
    あれほど背が高くて手足の長いスケーターは韓国からはそうそうでないか。
    EXで点数とか関係ないんだから韓国舞踊らしい振付とか見せてくれないかな。

    ・リョム&キム
    なかなかエネルギッシュな演技をするスケーターですね。
    最初から最後まで突っ走り、グイグイと動き続けました。。。
    エネルギーと気持ちのこもったとてもいい演技でした。

    ・アンナ&ルカ
    アンナは確かにきれいだったけど、ルカのチャーリーがハマリすぎ。
    ・・・演技は途中からしか見られなかった。あれ?録画トチった?

    ・エフゲニア&ウラジミル
    静かなオトナの渋い選曲ですね。うーん、前のアンナ&ルカとはうって変わってシリアスな演技。
    エフゲニアってそんな大けがしたんだ・・・その強さが、美しかったですよ

  • >>6833

    オリンピック 個人戦 女子FS5
    ・アリーナ
    こんな点取りゲームみたいなプログラムで金メダル取ってもおめでとうはとても言えませんね。点取りプログラムで金メダル取って・・・フィギュアスケーターってのはオリンピックゴールドメダリストなんて世間的なステータスとか名誉欲なんかの為に毎日痛い思いしながら冷たい氷の上に這いつくばっているわけじゃないって思いたい。(ロシア人はそうなのか?)
    カロリーナの牧神の半分の見ごたえもない。
    演技の内容の感想なんぞ言いたくもない。

    ・ケイトリン
    中盤のレイバックスピン良かったですね。サイドウェイズ、レイバック、ビールマン、どれもポジションがよく、回転も速く、ポジションチェンジもスムーズでした。
    ケイトリンってスローテンポはさほど得意ではないスケーターだと思っていましたが、スローテンポとのアンマッチはあまり感じませんでした。
    良くまとまった演技だったとは思いますけど、プログラムを通じてもー少しスピードがあるとね。

    ・エフゲニア
    今更だけど、3拍子もまぁまぁこなしますね。
    それにハイライトにも"役作り"ってができている感じ。このまま役作りとか、プログラムへの感情移入とかいう点で成長していってもらいたいけど、手を上げるジャンプをやめればもっといいパフォーマンスになると思いますよ。飽きるんだよ。

    気が付いたらYahooテキストリームって6年前までさかのぼれるようになったんですね。昔の書き込みとかを見るとちょっと懐かしい。
    トピ主さんもいて楽しい時代だったなぁ。(荒らしも多かったけどね。)
    演技の内容は、メダルは取れんくってもやっぱりカロリーナが段違いだったなぁ。手を上げるジャンプが無いのがイイ。

  • オリンピック 個人戦 女子FS4
    ・宮原
    彼女の持っているものを出し尽くしましたね。
    何も言うことはない・・・と、言いたいところですが、それを超えて言いたくなるのはやっぱりスケーティングですよ。
    スケーティングが本当によく滑っており、そのスケーティングがプログラムを作っていましたね。流れるスケーティングの蝶々夫人、それを見せてくれました。
    イヤイヤ、リピっちゃいましたよ。。。

    ・カロリーナ
    スケーティングもいいけど、フライングキャメルスピンがイイ。ジャンプスピンであるにもかからわず、あのキャメルスピンの回転の速さ、ポジションで回り続けると長い間見ていても見飽きません。
    ステップシークエンス、この柔らかくて捉えづらいメロディを捉えつつこれほど優しいプッシュでこれだけ滑らかなストロークはステップの極致の一つですね。。。コレはできないよ。

    ・坂本
    あのカロリーナの直後とは少し可哀想になった。肩が固い、プッシュが力に頼っている、カーブ描き軸が取れていない、音楽の雰囲気も捉えられていない、ハイライトにも気持ちも何もこもってない、スピンのポジションもはっきりしていない、回転も遅い。
    (↑サスガに叩きすぎか。)

  • <<
  • 6853 6833
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ