ここから本文です

帝人は昨年7月頃以下のようなリリースがあったが、今回の判断に影響したかな?
JCRファーマと帝人はこのほど、日本国内における急性期脳梗塞を適応症とする再生医療等製品(開発番号:「JTR-161」)の共同開発契約と実施許諾契約を締結したと発表した。JCRは治験製品の製造などを担い、帝人は非臨床試験、臨床試験の実施や承認申請などを担当。2018年度内には臨床開発を開始する計画。
帝人は両天秤にかけて、SBI623の国内臨床試験を見合わせていた、サンバイオがシビレを切らして返還を求めたのかもしれません。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!