ここから本文です

>>235

そうですね。
私も医療に関しては日本国民として本当にひどいと思います。
厚生労働省は当時の臨床試験をフェイズ1、2、3、4まで、おおよそ10年、15年でした。
こんなんでは生きてるうちには最先端の治療なんかできないと思っていましたが
IPSが発表され2015年にようやく制度が変わり医師治験もフェイズ1,2、良好なら仮承認がもらえる
可能性が出てきました。
でも何故、ここまでくるのに10年以上も経過したのか。
場合によっては凄い治療方法も天下りという金銭のおかげでどれだけの命が簡単に亡くなったか。

最近では楽天の三木谷も光免疫療法で代表になっていて8割の癌が治ると言われています。
ユーチューブにも出ています。
ウイルスで8割の癌が治癒できる東京大学も開発していて両者治験をやっています。
末期患者でも治癒できる可能性があります。

2020年には病院で治療できるようにしたいと言ってますが既に良好なんです。
でまた2年経過観察です。
末期のひとに何故、厚生労働省が拡大治験ぜず殺してしまうのか。

これが国のやることなのかと悲しくなります。

腕が上がらなくなった人達が待っても待っても治療できず亡くなっていることを思うと制度を変えてください
と言いたいのですが。
これが先進諸国の人口が減っているのに目先の人生の為に天下りで承認を長引かせる役人に腹が立ってしょうがない。