ここから本文です

>2017年度末に総合科学技術・イノベーション会議はゲノム編集による受精卵の研究指針の策定を提言。これを受けて文科省と厚生労働省は、具体的な議論を合同で5月から始めた。

受精卵を使っているのはライバルのリニューロン社なので、サンバイオに関係ありません。
サンバイオは規制に抵触しないよう、始めから骨髄由来の幹細胞を使用しています。
その意味では、サンバイオにとってむしろ優位性が高まるプラスのニュースです。