ここから本文です
現在位置:
CYBERDYNE(株) - 株価チャート

1,307

-26(-1.95%)
  • 前日終値
    1,333(06/21)
  • 始値
    1,318(09:00)
  • 高値
    1,330(12:30)
  • 安値
    1,306(14:47)
  • 強く買いたい
  • 様子見
  • 強く売りたい
  • <<
  • 112 92
  • >>
  • 112(最新)

    ある人 6月23日 23:07

    総会の報告、参考になります。
    会社側は問題点を把握しつつ将来の対策をたてているようだし、そろそろ再インしようかな。
    今の日本の市場の中で、グロース株&海外でも勝てる「確かな技術」をもった銘柄って少ないんですよね〜ここは政府も推してるし、長期的に投資すれば報われそう。

    できれば、メルティンMMIやテレイグジスタンスのようなベンチャーと組んで世界で躍進してほしいな。

  • >>110

    そう言うこっちゃ!
    新興企業の投資は、そこに騙されて失敗することがほとんど
    数字には理由がある、絶対に

  • >>103

    さかな君のギャグは、そのまま受け止める真面目ちゃんにはわからんよw
    ところで、確か昨年の総会後も、会社は成長しているって雰囲気になってたよなぁ。
    それから1年、業績と株価どうなった?
    売上は前年比4%しか成長できず、株価はご存知の通り。
    もう、定性的な発言に惑わされるのはやめて、定量的な数字しか見ないようにしている。
    で、腰HAL酷いね、何このKPIは。
    成長鈍化が浮き彫りだから、早く課題を見つけて改善しないと終わっちゃう。

  • 能書きだけじゃ儲かりませんよ・・・
    純資産も怪しい感じになってるので、
    会計基準を変更するんでしょ・・・

  • (2)株価は毎日チェックしている。空売りファンドによる空売りで、FDAの承認等いい情報が出ているにも関わらず、さらなる空売り等を浴び苦労している。

    空売り比率はFDAの承認から急激に増えており、
    当初6%くらいだったものが、現在11%になっている。

    しかし一方で、証券会社からの貸株料は高騰しており(15%~30%ではないか)、

    我慢比べになってきている。いつか手放す(買戻す?)ときが来るであろう。

    黒字化に向けて準備は整ったので株価を回復させていきたい。

    .............................................................
    機関の空売り残高情報
    https://karauri.net/7779/

    2018/06/20 Nomura International 1.210% +0.060% 1,669,395株 +82,000
    2018/06/19 Barclays Capital Securities 0.490% -0.020% 685,354株 -27,303 報告義務消失
    2018/06/15 Merrill Lynch 0.660% +0.010% 1,422,906株 +13,400
    2018/06/14 Merrill Lynch 0.650% +0.010% 1,409,506株 +12,200
    2018/06/13 Credit Suisse Securities 4.630% +0.040% 6,365,435株 +51,200
    2018/06/13 Nomura International 1.150% -0.090% 1,587,395株 -122,000
    2018/06/13 モルガン・スタンレーMUFG 2.610% +0.020% 3,586,674株 +21,000
    2018/06/13 Barclays Capital Securities 0.510% 0% 712,657株 再IN(前回2018-05-18)
    2018/06/12 Credit Suisse Securities 4.590% +0.190% 6,314,235株 +263,895
    2018/06/12 Nomura International 1.240% +0.070% 1,709,395株 +94,500
    2018/06/12 モルガン・スタンレーMUFG 2.590% -0.010% 3,565,674株 -17,244
    2018/06/12 Merrill Lynch 0.640% +0.020% 1,397,306株 +44,888
    2018/06/11 Merrill Lynch 0.620% +0.020% 1,352,418株 +41,833
    2018/06/08 Merrill Lynch 0.600% +0.020% 1,310,585株 +56,389
    2018/06/07 Nomura International 1.170% +0.160% 1,614,895株 +220,000
    2018/06/07 Citigroup Global Markets ltd 1.080% +0.110% 1,496,386株 +159,423
    2018/06/05 Nomura International 1.010% +0.050% 1,394,895株 +65,900
    2018/06/04 Merrill Lynch 0.580% +0.010% 1,254,196株 +7,400
    2018/06/04 GOLDMAN SACHS 0.510% 0% 706,885株 再IN(前回2018-05-22)
    2018/06/01 Credit Suisse Securities 4.400% +0.060% 6,050,340株 +77,300

  • 総会レポを投稿してくださっている皆様、ありがとうございます。

    気づけば、また安くなっているのですね(´-ω-`)
    事業内容に惚れ込み、○年前に買ってそのままなのですが、ここは上がるのも速ければ下がるのも速いですね。また買値近辺に戻ってきたので、そろそろ反発することを願っております。

  • >>101

    ・・・・私見ですが、山海社長は、デバイスが優れていることはもとより、そこから得られるビッグデータこそ最も重視している感じで、生き残るためには一刻も早く「サイバニクス産業のプラットフォーマー」の地位を築かなければならないと考えておられるのでしょう。いい製品をつくるだけではAmazon、Googleといった巨大テクノロジー企業が進出してくればひとたまりもありません。日本で数少ない世界のプラットフォーマーになれる企業として懸けてみる価値はあるのかもしれません。



    主要な質問事項は以下のとおりです。中には頭がおかしいんじゃないかという質問者もおり、山海社長も苦労されていました。高齢者の方は株価の文句ばかりです。決算短信や決算説明資料に開示されてある質問を長々と聞く株主もおられ、時間が制約された中でもっと重要な質問があったはずです。他の株主総会でもそうですが、若い方の質問の方が圧倒的にしっかりしています。

    (1)(質問)社長の1年間の自己採点は?(回答)自己採点としてはよくやったと思っている。合格点だと思っている。事業連携や計画に合わせたマイルストーンのクリア、デバイスの開発、業界づくりまで、かなり活発に動いた。

    (2)株価は毎日チェックしている。空売りファンドによる空売りで、FDAの承認等いい情報が出ているにも関わらず、さらなる空売り等を浴び苦労している。空売り比率はFDAの承認から急激に増えており、当初6%くらいだったものが、現在11%になっている。しかし一方で、証券会社からの貸株料は高騰しており(15%~30%ではないか)、我慢比べになってきている。いつか手放す(買戻す?)ときが来るであろう。黒字化に向けて準備は整ったので株価を回復させていきたい。

    (3)米国のシトロンリサーチのひどいレポートには大憤慨して法的対応等を協議したが、あの程度の対応しかできなかった。業績を高めれば乗り越えていけると考えている。

    (4)医療用HALが主力製品であるが、医療用は国の承認という問題があり、その関係でスピードアップしにくい。業績上昇をさらにスピードアップさせるために他のラインナップを揃えた。

    (5)配当できないことは心苦しく、ご意見はグサッと刺さっている。支えていただいてる株主様のためにもがんばってゆきたい。未開拓の市場を開拓しているので、時間もかかるが、ブレイクした時には大きくなると考えている。

    (6)HPは改善してちゃんと会社の良さをアピールできるようにしていきたい。また、サイバニクス産業をアピールするためにAPPLEのMacWorldExpoのようなことを計画している。

    (7)ロボットスーツの月次稼働台数の月次開示は社内で検討していきたい。

    (8)災害対策用スーツは技術的にはできている。遠隔操作のような技術もやっている。しかし事業計画には入れていない。今は業績に早く反映できる製品を優先している。

    (9)日本で医療の現場で使われているデバイスは当社のモノしかない。トヨタやホンダが取り組んでいるものもあるが、医療レベルに至っていない。最後は治療効果が勝負だと思っているが、かなりアドバンテージがあると思っている。優位性の情報発信についてはいろいろ考えてみたい。

    (10)研究開発はコアの技術が他社が追随できないレベルにまでまとまってきた。医療用以外は常に横展開して少しでも収益を上げれるように営業活動をしてゆきたい。

    (11)NASDAQ上場については、選択肢としてはあるとは考えているが、現時点では正式な決定としては至ってない(宇賀取締役)。日常的に進めている(社長)。⇒雰囲気的には言えないだけで、かなり進めているんではないかという感じでした。

    (12)営業の強化は海外を中心にヘッドハンティング行っている。初期の時は数名程度しか営業担当はいなかったが、今は数十名単位いる。営業を増やしていくフェーズにやっと到達した。

    (13)川崎の更地は、共同でやっていく方式で検討している。

    終了時間は13時20分くらいでした。お土産は①サイバーダインオリジナルキーホルダー、②オリジナルしおり、③山海社長の著書「サイバニクスが拓く未来(筑波大学出版会)」でした。

    以上、CYBERDYNE株主総会レポートでした。

  • >>96


    96 zen***** 様の  6月23日 20:42

    株主総会レポートです。  ありがとう、、公開しますね
    h ttp://www.bcjosaka.com/

    ...........下 全文 貼り付け........................................

    公認会計士による新興株の株主総会出席レポート 2018-06-23

    第6回  7779 CYBERDYNE株主総会レポート2018.6.22


    第6回はサイバーダインの株主総会レポートです。

    同社は「サイバニクス」という最先端テクノロジーによるサイボーグ型ロボットを研究開発する会社です。サイバニクスは、人間の脳・神経・筋系とロボットを脳神経から出る微弱な電位信号でつなぎ、身体が不自由な方でも「動かそうとしただけで」その意思に従った動きがロボットによりできるという、まさに「驚愕」のテクノロジーです。

    同社は東証上場会社で唯一の種類株式発行会社で、山海社長の実質議決権比率は85%にも及びます。時価総額は2800億円、ずっと赤字ですが、東証マザーズではメルカリに次いで2位の時価総額です。

    製品であるロボットはHALというブランドで、①医療用②介護福祉用③現場作業用があります。

    ①の製品は(a)「下肢タイプ両脚型」が主力製品で、身体に障がいのある方の補助の役割をし、「脳⇒HAL」だけでなく、「HAL⇒脳」というインタラクティブなバイオフィードバックにより自分の意思で動かなかった足を動かすという治療効果をも実現しています。他に(b)脳卒中対応の「下肢タイプ単脚型」、(c)これも脳卒中対応の超軽量型「肘膝単関節タイプ自立支援用(治験中)」のあわせて3種類。各国で医療機器認証がとれるか否かが重要です。

    ②の製品は(d)病院介護施設で介助する方が楽に作業するための「腰タイプ介護支援用」と、(e)介護される方が自分で歩けるようになる等自立するための「下肢タイプ自立支援用PRO(2018年4月販売)」の2種類。

    ③の製品は(f)防塵・防水対応を加えた改良新モデル「腰タイプ作業支援用(2017年12月新モデル販売)」

    ④周辺機器として(g)広大な商業施設・オフィスビルを自分で考えながら高速で掃除をする「清掃ロボット」や(h)HALの技術を応用したALS等身体を動かすことができない方でも意思伝達やナースコールを可能にする「Cyin福祉用(2018年夏頃販売)」が登場し、いよいよ2018年4月以降、全ての製品ラインナップ(a)~(h)がそろったということです。

    会場は茨城県つくば市つくば駅前のノバホールで、11時から開かれました。大ホールで客席は1000席ありますが、出席者は400~500名といったところでした。東証マザーズ上場にもかかわらず、8万人も株主がいることを考えればそんなところでしょうか。入口には製品がズラーっと一式置かれ、担当者の方が株主に説明していました。動かしてくれればもっとよかったのですが。

    山海社長は筑波大学教授でもあられる天才科学者なので、神経質なタイプの方かと思っていましたが、非常に謙虚な姿勢で株主総会を運営されておられましたので、意外でした。株主への説明は、招集通知を読むのではなく、パワーポイントによって社長が説明していくという事業説明会のような進行です。資料は主に決算説明会資料と同じものです。

    社長が説明された主な内容は以下のとおりです。決算説明会資料の記載している事項は省いています。

    (1)HAL等のデバイスから検出されるあらゆる身体・脳神経・生理・生活情報をビッグデータとして集積解析し、それをまたデバイスに反映し、ヒトの身体の中だけでなく、ヒトと革新的ロボット技術との間で機能を改善させる脳神経系のルートを作り上げる。医療用HALは日米欧で医療機器として認められ、半年前にFDAからも治療効果を認められた。医師の介入によるデータも取り出され、その解析後の結果が再びデバイスに戻り、より効果的な治療を実現していく。ヒトの脳神経系からスパコンクラウドまでが一気に繋がっていくイメージで展開していく(サイバーフィジカル空間)。

    (2)今までのヒトの身体からデータをとるにはセンサーを身体に湿式で接触させなければならなかったが、今後は服の上から心電図が図れたり、髪の毛の上から(頭皮に当てずに)脳波を測る等乾式・非接触でも可能な技術を確立した。

    (3)身体が動かない人でも、身体を動かそうとするとそれが微弱な信号としてHALに伝わりHALが動き、その動いたという感覚神経の情報がまた脳に戻り、人とロボットの間でシナプス結合(神経と神経のつながり、神経と筋肉のつながり)が起こる。このような技術を持っているのは世界で当社だけである。

    (4)清掃用ロボ:商業施設やビルではGPS電波が入らないので大きい施設をどのように動いて掃除すればいいのかわからない。家庭用ならランダムにやればいいが、広大な建物ではAIやビジョンシステムを使いながらロボットが判断して掃除してゆく必要がある。このロボは人が清掃領域を指示するとそのとおりに掃除してゆくTeaching playbackという機能を持っており、また、世界最速で清掃する。ダストの多寡の状況もマップとして把握できる。

    (5)福祉タイプについては「下肢タイプ自立支援用PRO」ができるまで、供給を手控えていたが、バージョンアップ版が出来たので、今後展開していく。

    (6)下肢タイプに2Sタイプという身長100cmから使える小型版を開発した。

    (7)ALSが進行し、目以外全く動かせなくなった方のために、Cyin(サイン)を登場させた。これにより、そういった方でも文字入力、ナースコール、テレビのチャンネルを変えることができるようになった。また、ALSの疑いを検査するには身体の中に針を差し込まなければならず、凄まじい痛みがある。これを当社はペンシルのようなものを当てるだけで検査できるようにした。

    (8)動脈硬化度・不整脈を測るためのバイタルセンサーを開発した。動脈硬化や不整脈を定期健診でやっても検出される頃には手遅れになる。この手のひらサイズのデバイスであれば日常的に病院・職場・家庭で検診し、早期発見できるようになる。そしてこのデータがさらにビッグデータとして集積解析できる。当面BtoBの商品である。

    (9)脳卒中患者への対応は患者数も非常に多い(100万人以上)ことから、当社にとっても重要な事業である。脳卒中患者は右か左か片方だけに疾患が出てくるので、これに対応して単脚モデルを開発し、治験が進んでいる。

    (10)医療用HALは脊椎損傷に対する治療効果が認められ米FDAから2017年12月に医療機器承認取得した。神経系と身体系の2つの分野で承認が得られたという非常に特殊なケース。そして全米最大のリハビリ病院と合弁事業も開始できた。

    (11)動画を紹介1:交通事故で下肢が完全に動かない(脊髄損傷)12歳の少年にHALを装着して、3時間過ぎたころ、突然HALが動き始めた。そしてその後、少年の骨盤周辺が自立で動いた。・・・日経の報道で聞いてはいましたが、少年とお母さんのびっくりようと喜びようは涙なしには見れませんでした。

    (12)腰タイプ作業支援用については、防水機能、防水機能の要望があり、雨天・粉塵の多い場所でも対応できるようになった。また通信機能もあることから、どの現場が過酷であるとか、どういう使い方がされているとか現場の情報が把握でき、IOH(internet of humans)/IOTでデータを取得し、再びフィードバックできるようになる。また、労務管理にも有用となる。

    (13)動画を紹介2:上記(12)の現場での使われ方により、新しい使い方が出た。これが高齢等で足腰が悪くなった方の自立支援である。自分の力ではベッドから立ち上がれなくなった老人にHAL腰タイプを着けると、スクワットができるようになった。これを使った訓練を1か月やると、健常者のようにイスから普通に立ち上がり、スタスタと歩けるようになった。

    (14)HAL腰タイプは、第1世代:作業支援⇒第2世代:介護支援⇒第3世代:自立支援と進化し、2015年3月期89台⇒2016年3月期498台⇒2017年3月期988台⇒2018年3月期1219台となった。

    (15)今まで物凄い勢いで研究開発を進め、今回でイメージしてきた全ての役者が出そろった。

    (16)サイバニクス産業がいよいよ確立されてゆく:ヒトと当社のデバイスがつながり、その情報がクラウドやスパコン等のIOH/IOT情報処理システムに集まってくる。こういったものを通じて事業をまとめていく。そして脳神経系から統合情報処理システムが一体的につながって、ヒトとモノとのビッグデータが集積処理され、統合された革新的サイバニクスシステムが確立されてゆく。

    半分しか、アップできませんでした

    続く

  • >>76

     こんばんはナリ! 
    タロけんさん、いいぞ、いいぞ!ナリ!

     2018/6/20四季報銘柄レポートでも、2019年3月期は純赤4千万円、
    前回四季報レポートと変わらず、
    黒転は、手が届くところに来ているナリ!

     せっかくのバイタルセンサーも、お掃除ロボも、
    レンタルでは、業績の向上(売上・利益の増加)には、あまり期待できないナリ!

     Cyin(サイン)は、販売なので、売上・利益をガンガン増やせるナリ!
    国内外で1000台販売できれば、1台60万円×1000台=6億円 純利益2億円(?)

    合言葉は、「サインはV!」ナリ!

     もう寝るナリ!

     それでは、またナリ!

  • >>30

    メルカリ - 筑波大学
    www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/201704181718-1.pdf
    2017/05/10 - タートアップを支援し、2013 年 12 月株式会社メルカリに. 参画。2014 年 3 月取締役就任、2017 年 4 月取締役社長兼. COO 就任。 ご参加方法. 本講演は、学群自由科目「筑波クリエイティブ・キャンプ・ベーシック」の第三回講義に当たるもの ...

    誰でも参加可能な筑波大学の公開講座「メルカリ成功のキセキ」


    だってさ。
    筑波大学がメルカリにサーバーダインと同じく赤字経営なら上場して資金調達しなさいとでも指南したんじゃないの?

  • >>89

    総会に出席した株主の方が詳しい報告を投稿してくれているんです。
    詳しい情報を投稿してくれる株主を社員に思えてしまうくらい貴方は日頃情報を調べていないということです。

  • <<
  • 112 92
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ