ここから本文です

>>456

本日、1月5日(金)

◆2018.01.05(金)
サービスマネーフォワード、“未来のおかね”を学べるお店『mirai talk』1号店を新宿にオープン
https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20180105-mf-press/
このHPの内容を日経速報ニュース(NQN)が下記のように流している。

前回の投稿で、次のように書いた。
「日経新聞とマネーフォワードの関係は良好のようだ。」
私の勘は当たっていたようだ。

◆2018/01/05(金) 14:24 日経速報ニュース
マネーフォワード、初の実店舗 対面で家計コンサル

家計簿アプリのマネーフォワードは5日、お金の悩み相談や家計の診断ができる実店舗を東京・新宿に開いた。家計簿アプリで蓄積したデータを用い、FPが対面形式で相談に乗る。マネーフォワードが実店舗を開くのは初めて。ネットとの相互送客を促し、初年度に約2000人の来店を目指す。
2017年10月10日付で新会社「mirai talk(ミライトーク)」を設立した。
5日に開いた記者会見で、辻社長はミライトークをフィットネスジム「ライザップ」に例え、「千差万別で正解のない、個人のお金の体質改善をしたい」と意気込みを語った。
ミライトークではビジネスマンや主婦層などに向け、いくつかのプログラムを展開する。家計簿の見直しなどができる無料セミナーから、資産形成の計画や課題を分析する有料の診断、毎月の家計改善や保険の見直しをアドバイスする有料のコンサルティングなどを提供する。
マネーフォワードにとって17年は「攻めの1年」となった。9月に貯金関連の新サービスを発表したほか東証マザーズに上場、11月には会計データ関連のスタートアップを買収した。12月にも仮想通貨技術を活用した事業を開発する新事業部を立ち上げた。18年は新事業などで引き続き投資をしつつ、昨年の投資分を回収する1年となりそうだ。
国内景気の回復で、フィンテック業界にも追い風が吹く。辻社長は「18年も規制緩和やイノベーションの良い流れが続くことを期待している」と前向きな見方を示した。

1/5(金)3,360 前日比+200(+6.33%)