ここから本文です

採用の決め手

OSや管理システムのログインに加え、使用者個人のID・パスワードや、スマートカードによる本人確認によって、PCI DSS準拠の課題となっている要件を満たせること。また導入にあたり、OSやアプリケーションに対し、設定変更やカスタマイズを必要としないこと。

利用者が10名程度の場合のライセンス価格が約150万円と小規模であれば比較的安価に導入できること。

同業他社をはじめ多くの企業におけるPCI DSS準拠を目的とした採用実績があること。

PCI DSSの新要件である「管理者のアクセス権を持つ担当者の非コンソールアクセス」に対する多要素認証の要件は、既にPCI DSS準拠済の企業であっても、新たに求められる要件です。「ID Inspector」は、本要件をカスタマイズ不要かつ安価に対応できるソリューションとして、他のクレジットカード関連企業に対しても提供を行うことで、安全なカード社会の実現に貢献してまいります。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン