ここから本文です

北海道の気候

  • 4,059
  • 0
  • 2017/06/02 10:51
  • rss
  • 1

    *****

    私の住む北海道は広大でその地域ごとに気候も変化に富んでます。そんな北海道の気候について情報交換、質問をやりとりしませんか?摩周湖の霧、冬のしばれ、ドカ雪、地域によって異なる積雪、
    最近の春先の高温。どんなことでも結構です。

  • <<
  • 4059 4038
  • >>
  • 久しぶりの投稿です。
    北海道の気象というトピを作り今年6月末で15年を迎えます。
    昔の記事、2012年以前のは、もう閲覧出来ない様で残念です。
    また機会あれば、ここに投稿したいです。

  • >>4053

    天気予報では、札幌が明日、今冬初めての真冬日になるとの予報になりました。

  • 暫くぶり投稿します。

    今秋は、気温が平年並~低めで推移しており、近年では、
    早く紅葉も進んで来ました。

    大雪山系の旭岳や白雲岳は、9月16日以降降り積もった雪が、
    2週間経ても残り、26日十勝岳温泉へ行った際も旭岳の山頂は、冠雪。

    また十勝岳温泉の駐車場付近も9月17日は、初雪が降り路面が薄っすら雪化粧したそうで。

    1日朝は、増毛側から暑寒別岳の初冠雪の便りもあったそうです。

    気象台最新予報参照では、この後気になる台風18号の影響は、
    道内では、北部や空知中部では、特に無さそうです。

    その後も一雨ごと気温が低下し、秋本番から平野部でも冬の便りも聞かれそう。

    まず、今晩~明日朝は、内陸で寒さ強まりそうで、
    上川管内や空知管内でも0度前後まで低下しそう。
    明日は、初霜や初氷の便りもあるかもしれません。

  • 16日は、凄い雷雨の時間もあり、稲光からすぐに耳、心臓に悪い爆裂音。
    昼前と午後5時頃、2度ほんの15分程だけどもの凄い雷雨がありました。
    午後5時の時は、家付近細かい氷の粒、霰も降りました。

    上空5500mには、氷点下20度以下の寒気が道内へ。
    旭岳では、16日山頂~姿見の池で雪が降り、山頂は、一時真っ白く染まったそうで。
    旭川の観測所からも初冠雪を観測。平年より9日早く、去年より3日早いそうです。

    また黒岳でも初雪が降り、山頂付近が積雪したそうで。

    当地も市内の木々が少し色づき出して来ました。。
    今年9月は、久しぶり秋の深まりが平年より少し早い気が。。

  • 本日は、朝は、晴天でしたが、その後曇も増えて来ました。(この時間また青空も。)
    気温もこの時間家の庭寒暖計で18度台。。
    最低気温も10度台で空気もひんやり。

    外は、すっかり薄手の上着や長袖の服でも良いレベル。

    気象台最新予報参照では、この後明日は不安定な天候が解消、久しぶり晴天が期待出来そう。

    上空にまだ寒気があり、晴天という事で、今晩~明日朝は、内陸中心に寒く。。
    旭川の予想最低気温が7度。当地も同等の寒さとなってしまうかも??

    また、来週は、16日、沿海州方面から寒冷前線が道内を通過し雨。
    この雨の後、今秋では、一番の強い寒気が大陸から流れ込む気配です。
    16日遅く以降は、日本海側で曇り空、冷たい雨の天候。。冬型の感じに。
    気温も低下し、昼間も20度に届かないひんやりした気候となってしまいそうです。

    もしかしたら、大雪山系の旭岳、黒岳などで初雪、初冠雪の便りもあるかもしれません。。
    もう旭岳、黒岳では、草地や低い木々の紅葉が鮮やかで綺麗とか。

    当地でもナナカマドの木々が実だけでなく、周囲も色づき、河川敷の木々も少し黄色く。
    来週は、季節が更に前進して行きそうです。

  • 広島市安佐南区、安佐北区で先月起きたあの土砂災害の記憶が新しいですが、
    道内も胆振管内、石狩管内などでここ3・4日ゲリラ豪雨が相次ぎました。

    11日は、朝、当地の中空知でも大雨特別警報が発令。
    と言っても、当地では、雷が凄く雨も強い降りでしたが、特に被害も無く。

    しかし、胆振管内、石狩管内などでは、記録的豪雨で、
    浸水や地盤が一部崩れるなど被害も相次ぎました。

    季節の変わり目のこの時期、昔も雷雨や荒れた天候がありましたが、
    近年は、天候そのものが凶暴化している気が。

  • 昨晩~今朝にかけ、寒さ強まり当地も26日最低気温がアメダス参照8・9度。
    9月下旬並の最低気温で、平年を7度下回る寒さ。

    流石に昨晩は、就寝しても足元が冷気でひんやり。夏物と言え掛け布団を肩まで。
    放射冷却独特のしんと静まり返った夜、そして寒さの独特の土?の匂い。

    一気に夏を通り超え、秋本番の寒さで、身体もついていけない。。

    当地で8月下旬に最低気温一桁台は、6年前の8月22日以来。

    また8度台まで低下したのは、10年前の8月26日の8・1度、同年8月28日の8・5度以来。
    8度台は、木々が色づく基準の気温です。

    本日は、昼間も涼しく最高気温は、何とかギリギリ20度。しかも綺麗な青空なのに。
    北風が吹きつけ、日差しの強さを緩和させていました。

    今晩も寒さ強まりそうで、既に18時30分で家の庭寒暖計で14度。。
    明日未明~朝も本日と同じ位の最低気温の可能性。

    農業関係は、農作物の管理などに注意が必要そうです。

    気象台最新予報参照では、明日も穏やかな天候ですが気温は、低め。
    昼間も25度に届く事が無さそうですが、今日より少し気温が昼間上がりそうです。

    北の冷涼なオホーツク海高気圧が、やっと晩夏になって北海道へ南下。。

    でも、影響はあまり長く続かなさそう。季節外れの朝晩の低温は、明日朝までで終わりそう。

    その後平年並に戻りそうですが、極端な残暑も無さそうです。

  • 23日は、予想以上に昨日の雨も回復。昼前晴天も広がりました。

    でも、時々黒い雲が空を覆い、ザーッと強い雨が降る時間も。。

    最高気温、最低気温も再び高めで23日の最高気温は、25度と夏日。
    湿気もあるのでムシムシとした不快な気候。

    この時間もまだ気温が22度もあるわけで、真夏の一番高温の時期に逆戻り。
    窓を網戸に、開けていればぬるいけど涼しい風が吹き、凌ぎ易いです。

    思い起こせば、4年前の今日?だったか、夜間、前線がかかり当地は、強い雨が断続。
    1時間雨量が観測史上記録を更新しました。
    市内でも冠水、建物の浸水被害、また山地がすぐそばの隣の市では、土砂災害も。

    今年夏も日本各地で豪雨が相次ぎ、最近も広島市の安佐南区、安佐北区などで大規模な災害被害。
    大勢の犠牲者、そして今も行方不明の方々が。

    ゲリラ豪雨というより、もう前代未聞の記録的豪雨であの住宅街の裏の連なる山地の谷、沢で、
    土石流が発生し一気に破壊力をつけて下へ流れ出たのでしょう。

    温暖化の影響か、近年の雨の降り方は、降る時の降り方が過激化している。
    北海道でも近年は、夏場の雨の降り方が昔と異なって来ている気が。。
    昔も度を越えた大雨は、何度もあったが、去年のゲリラ雷雨でも落雷被害が出るレベル。
    3年前も台風の影響もあったが石狩川が河川敷まで氾濫する豪雨。
    そして4年前は、上記で書いた8月23日の前線による豪雨被害。

    また近年では、冷夏に近い夏だった5年前も当地で、
    7月に豪雨が相次ぎ、砂川北部の高速道路ののり面が崩れる被害も。
    家付近では、6月某日、9月某日、逆三角形の黒い雲が接近し、たった5分程、
    まるで洗車機で家ごと洗ってくれている、そんな感じの猛烈豪雨と暴風で家が揺れる程でした。

    近年は、雨の降り方が南国化?している感じが。今日もまるで南国のスコールの様な感じの雨。

    去年もこの時期が夏の暑い空気が初秋の涼しさへ入れ替えの時期で、雷雨が相次ぎました。

    で、25日以降は、一気に冷涼。夏日も無く、朝晩はひんやり。

    気象台最新予報参照では、今年この時期も似た感じ。明日は、また日本海から気圧の谷。
    明日は、午後以降雨が降り易く。。
    そして明後日25日以降は、北の冷涼なオホーツク海高気圧が道内へ。。
    明後日以降、一時的ですが来週は、気温が少し平年より低く、朝晩は、内陸でひんやりしそう。

    初秋を実感出来る気候が来週は、一時的と言え、続きそうで、
    大雪山系の旭岳や黒岳の高い所では、ダケカンバなどの木々が色づいて行きそう。

  • ここ最近も穏やかな天候で、雨も19日に降った程度。

    気温は、平年より少し高いものの、夏のパワーも衰退。
    昼間は、当然まだ暑いけど、真夏の様な暑さのパワーも無くなって来ました。

    17日は、最低気温が14度台で、先月29日以来の最低気温15度末満。

    朝晩は、少しづつ秋の気配が実感。。

    下記画像は、18日撮影。北電公園付近のススキ。

    北海道の気候 ここ最近も穏やかな天候で、雨も19日に降った程度。  気温は、平年より少し高いものの、夏のパワーも衰

  • 13日は、晴天。綺麗な青空が爽やかな天候でした。

    気温もそんなに上がらず、最高気温は、アメダスで25度ジャスト。
    しかもこの気温、午前10時に出て昼間は、25度に届く事なく。

    北風が涼しく家内部では、露出している肌がゾクゾクするひんやり感でした。

    外は、日差しが強く暑いけれど空気も乾いていて、時々吹く涼しい風が気持ち良い。

    北海道内陸のこの時期本来の気候。

    何処と無く、夏の終わりを実感させる気候でした。

    気象台最新予報参照では、それでもこの先、気温は、極端でもないが平年より高い状態が続きそう。
    でも、朝晩の気温に少しづつ初秋が近いことも実感しそうです。
    これからは、一雨ごとに季節が秋へと進む時期。
    来週20日以降は、曇りや雨の天候が予想。これが季節の進行の合図かも??

  • >>4044

    大雨の後、3日連続で最高気温が25度未満。昨日は、最高気温23度台。9月初旬並。

    湿度があるので家内部は、少しムシムシしていたけど、外は、風がひんやり涼しく。
    もうこのまま涼しくなって欲しいと願う気候でした。

    しかし、本日は、昼前から少し日差が出ると、一気に気温が上がり、4日ぶり夏日でした。
    湿気もあるので、蒸し暑く。

    それでも4日以前のあの猛暑と言うレベルでもなく、だいぶ凌ぎ易く。。

    近所の公園では、盆踊りのじゃんこじゃんこじゃんこ♪と子供盆踊りの音楽も聴こえている。
    もうそんな時期。お盆も近づき、夏も終盤です。
    午後4時頃、ザッとにわか雨が降りましたが、1時間もしないで回復し、影響無かった様で。

    さて、気になるのが台風11号の動きです。

    気象庁の予想進路参照だと日本海北上コース。
    もし予想進路通りで北海道の日本海側を北上の場合、暴風が不安。

    10年前04年9月8日は、あの台風18号で当地も甚大な被害が。
    家の庭の2本のナナカマドも吹き飛んでしまい、近くの店の看板の、
    割れたプラスチック破片が降り注ぎ、街路樹も各所で倒れ、
    母校の屋根がめくれ飛ぶわ、プレハブが横倒しになるわ、
    石狩川にかかる 滝新橋では、トラックや車も横倒し。

    街路樹が倒れ車が直撃受けていたり、公園の並木が根こそぎ倒れるなど、酷かった。
    あの時は、北海道日本海付近で台風が再発達。960hPaにまで低下しました。
    雄武で最大瞬間風速50mという暴風も記録。当地も最大瞬間風速で確か39mを記録していた様な?
    札幌など北海道でも死傷者が相次ぎ、島牧村の海岸にかかる大森大橋という橋が、
    荒波でバラバラに破壊される被害もあり、恐怖を実感したものです。

    今回もあの当時とコースが似ている。前線も北海道にあるので大雨も不安だが、
    日本海をそのまま北上の場合、暴風にも警戒でしょう。

    でも、今回は、北海道の北に冷涼な高気圧もあり、当時の様なコースとなるか個人的には、疑問です。
    しかし、日本の東は、北側にも高気圧があり、台風はブロックされ、まるで私の人生の様に迷走するかも?

    気象台最新予報参照では、北海道、当地で影響が出るのは、11日~12日。
    最新の気象情報を確認し、警戒しておいた方が良いでしょう。
    お盆時期なので帰省など交通機関にも大きな影響が懸念されるわけですし。。

  • 立秋を迎えて今朝の空気は少しひんやり。
    日中の暑さは続くのだろうけど、朝晩は少しずつ落ち着いていくでしょう。
    暑さはもういいのでそうなってほしい・・笑

  • 昨日は、午後5時頃以降、雨が本降り。夜は時々強く降りました。
    特に道北は、前線の強い雨雲がかかっていたそうで、豪雨の所も。

    今日も雨が降り、湿気があるものの、昼間は、日差しも無く、凌ぎ易い気候でした。
    昨晩からの大雨で道内でも幌加内町、苫前町などで避難勧告が出されたそうです。
    雨竜川も本日昼には、氾濫警戒水位を超え、深川市多度志、鷹泊にも避難準備情報が。

    当地も先月2 7日以来のまとまった雨でした。

    石狩川も結構増水していました。河川敷も広大ですが、そこまで水が溢れているわけでもなく。

    それでも普段より増水し、木材や木々が流れていました。

    北海道の気候 昨日は、午後5時頃以降、雨が本降り。夜は時々強く降りました。 特に道北は、前線の強い雨雲がかかってい

  • >>4041

    札幌、1週間も連続で真夏日だったのですね。
    ここまで続くのは、3年ぶりでしょうか。

    当地も昨日は、昼前まで青空が広がり、厳しい暑さでした。
    結局、最高気温も自宅庭寒暖計31度台で4日連続真夏日。

    おまけでこれまで以上の湿気も凄く、もう具合悪くなる不快な暑さでした。
    ついに最低気温も、昨日は、今夏初の20度以上。
    朝6時、暑くて気分悪く目が覚めてしまいましたが、顔も汗でベッタリ。

    気持ち悪いので起きてすぐ、低温シャワーを浴びる事に。
    シャワーを朝に浴びるなんていつ以来の事やら?いつもは、晩なので違和感もあるが、
    すっきりして、外出。

    家へ帰っても蒸し暑く、北海道内陸の爽やかな夏は、何処へ?というレベルの多湿。
    クーラーを稼動し、除湿モード。でもクーラーの無い部屋は、ムアッとしていました。

    流石に夜になると風がぬるいけど吹き込むため、凌げるけれど、もうベタベタ気持ち悪い湿気。

    いい加減にして欲しい高温の夏。これで北海道、5年連続の高温、猛暑の夏がほぼ確定。

    でも、これからは、一雨ごと気温が少しづつ低下し、次第に朝晩メインで初秋の気配も。

    気象台最新予報参照では、明後日以降は、朝晩の気温も低下し、少し涼しくなっていきそう。
    あと少しの辛抱だと思うので、何とかクリアして行きたいです。

  • >>4040

    札幌、昨日も最高気温31,3度、今日も最高31,7度で、7月29日から連続7日真夏日になった。

    特に今日の最低気温は23,4度で、寝苦しい夜になった。雲がそれなりにあったので、暑さが籠った。

  • >>4039

    札幌5日連続真夏日になりました、今日は最高気温31,3度。

    札幌は、コンクリートとアスファルトが日中に熱せられて、夜に高温を放出するので、夜の気温があまり下がらない。夜の外気も「むわぁ~」っとしています。エアコンなしにはすごせません。

  • >>4038

    連日厳しい暑さで、朝晩の涼しさが休息出来る最近です。

    そんな最近ですが、市内の市道の歩道にある花壇では、初秋風物詩のコスモスも綺麗。
    写真は、1日昼撮影のそのコスモス。

    またトンボも当地では、今年は、平年より早く既に7月10日頃初確認。
    昨日は、赤トンボも初確認しました。

    植物や虫は、季節の変化の前触れを実感し出しているのかもしれません。

    去年夏は、今年夏と類似しており、とにかく高温傾向でお盆まで高温傾向でした。
    しかし、8月下旬になって夏の勢力が一気に衰退し、冷涼な気候へ。

    今年夏は、6月、特に7月と高温傾向でしたが、これだけ夏全開ですと、
    流石に夏のパワーの衰退も近いのかもしれません。

    平年だとお盆までが暑さの我慢時。何とかクリアしたいものです。

    気象台最新予報参照では、明日が暑さのピークとなってしまいそう。
    旭川の予想最高気温が33度とゾッとする暑さ。

    当地も明日も真夏日になる確率が大。

    でも来週は、気圧の谷や前線の影響で曇りや雨の天候が続きそうです。
    来週前半、まだ気温が平年より高い状態ですが、後半は、ほぼ平年並に推移しそうとか。

    台風の北上も気がかりですが、台風が日本の東へ離れると、大陸から初秋の空気も流れて来そう。

    北海道の気候 連日厳しい暑さで、朝晩の涼しさが休息出来る最近です。  そんな最近ですが、市内の市道の歩道にある花壇

  • >>4037

    札幌では、4日連続真夏日だったのですね。。

    当地も、ここ4日連続で最高気温29度~30度と高温傾向、蒸し暑いです。

    当地では、本日アメダスで今年夏5度目の真夏日となってしまいました。

    今日は、最高気温30度ジャストですが湿気があり、蒸し暑い不快気候。

    クーラーを稼動し、涼んでいました。流石に北海道夜間になると涼しいので、
    今はもうつけていませんが。。

    そんな暑さですが、入道雲もそびえ、午後少し大粒のにわか雨もありました。

  • <<
  • 4059 4038
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順