ここから本文です

今日のガンバ。

  • 11,084
  • 6
  • 2018/08/12 00:34
  • rss
  • 1

    *****

    もっとがんばれ〜 もっとがんばれ〜
    もっとガンバもっとガンバもっとがんばれ〜

    今日のガンバはどうだった!?
    ひとりひとりがそれぞれ様々なガンバをみたはず、

    みんなのガンバはどうでした?

  • <<
  • 11084 11064
  • >>
  • 11084(最新)

    wop***** 8月12日 00:34

    せっかく勝てたと思ったら、下位チームが軒並み勝利。まだまだ上には上がれない。
    名古屋は完全に勢い付いてしまった。
    ガンバも今節の勝利が復活のきっかけになればよいが…

  • >>11082

    勝ったのは本当に良かった。

    しかし、内容的にはツネが監督就任以降最も低調な出来だったと思う。
    特に守備はプレスが機能せず、簡単にかわされて何度も崩されピンチを迎えた。最終的に1失点で終われたのは東口のスーパーセーブ、FC東京の決定力の無さに助けられた。

    また、スタメンについても、菅沼を入れて三浦をサイドバックにするという奇策に出た。思ったより三浦のクロスは良かったが、守備のバタつきは慣れないセンターバックコンビにしたことが影響してない?
    米倉を入れて逃げ切りを図ろうとするもすぐに失点するなど、采配にもまだ課題はあるように感じた。

    クルピの時に戻ったかのごとく色々課題は出たが、少なくともツネが考えた上での試行錯誤の結果と捉え、今後修正されるだろうと期待したい。とりあえず今回ののスタメン継続はなしだよね?

  • 【FC東京戦@パナソニック吹田】
    とにかく勝てた、ということ。
    これは大きい。
    前半の走りでFC東京に先制されていたら、このような展開にはなっていなかっただろう。
    途中、ボールを回せるようになってからは、ゴールの匂いもしてきていた。
    技術のある一美の頑張りも光っていた。
    そんな中でのファビオの押し込みは大きな1点をもたらしてくれた。

    終盤、FCに圧されてからは、ずっと嫌な予感がしていた。
    D・オリヴェイラの同点弾は、まさに、前2節がフラッシュバックした瞬間だった。
    もしかしたら、名古屋戦のようにひっくり返されるかもしれない、…そんな悪夢も頭を過った。
    アディショナルの4分が近づいた時には、このまま勝ち点1を拾ってくれ、とさえ思っていた。
    しかし、ドラマは最後の最後に待っていた。
    90分を超えてもピッチにいてくれたアデミウソンが、振り向きざまの見事なシュートを決めてくれた。
    終了間際の一撃で、ガンバは、久しぶりに勝利した。

    これで長いトンネルを抜け出せたとは思えない。
    まだまだ課題は多い。
    ただ、今日の1勝を大きな1勝にしなければいけない。
    来年もJ1で戦うためにも。

  • >>11080

    これはもうだめだね。

    負け方として最悪。負けてはいけない相手に2点差を大逆転され、前節からの悪い流れをさらに悪化させた。監督交代の劇薬が効く前に勢いを殺しかねない負けだ。

    確かに自分も前半の時点で勝利を確信し、油断した。だが、あそこまで後半サンドバッグとは。

    まず、たやすくPKを与えたのが良くなかった。あれで名古屋は落ち着きを取り戻した。そしてガンバは一気に弱気になり、落ち着きを失いミスを連発。出足も悪くなり、相手からボールを取れなくなった。

    あとは交代カードがことごとくハズレ。小野瀬は能力はあるのだろうが、チーム合流間もないのに使って連携が取れるとは思えない。井出は…空回りばかりで使う理由がわからない。長沢は完全にスランプだ。監督の失策が出てしまい、そういう意味でもチームが動揺してしまうのではないか。少なくともサポーターは失意したであろう。

    もはや勝利のイメージがわかない。
    下にいる名古屋は1試合少なく、連勝でチームは上向き。鳥栖は大型補強した。
    一方のガンバは唯一の希望であるファンウイジョがしばらく抜ける。結局、ガンバが降格最有力なのだ。

    自ら手放した勢いを取り戻すだけの希望がない。もう一度言おう。もうだめだ。

  • 【名古屋戦@豊田】
    勝ち点3を奪わなけばならない相手に、勝ち点3を与えてしまった。
    それも、残り45分を最初の45分のように戦えば確実に勝てる試合を、いとも簡単に落としてしまった。

    疲れていても、ミスが気になっても、持っている選手を下げて、持っていない選手をピッチに入れてはいけない。
    今日、持っていたのは藤本で、持っていなかったのは、その代わりに入った選手。
    ピッチに入った時、"まだガンバにいたのか?"って思ってしまった、あの選手、だ。
    案の定、守りも攻めも緩々で、チームの推進力を殺いでいた。
    3人目の交替は、ファン・ウィジョではなく藤本の代わりに入れた選手を下げるべきだったのではないのか?

    前節、"下も詰まっているが、上も詰まっている。"と書いたが、下だけが詰まって、ガンバは降格圏内から抜け出せなくなってしまった。
    それも、入れ替え戦をやることなく降格しそうな惨状だ。

    中盤から前へボールが運べなければ追加点を取ることはできない。
    リードしていても重心が下がりっ放しではリードは守れない。
    ゲームの流れが悪い時の軌道修正が難しいというのはわかるが、何とかできなかったのか…?
    今日は後半の途中での休憩があったし、メッセージを送る機会はそれなりにあったはず。
    平均レベル選手を組織的に機能させる術は、風間監督の方が上、ということか…。

    それよりも、勝ち点を積み上げなくてはいけない。
    2点リードしても勝てないのなら3点取らなくてはならないが、点を取られなければ負けることない。
    1点取って勝てる試合もあれば、2点取っても負けてしまう試合もあるということ。
    さあ、どうする?

  • >>11078

    惜しい。こういう試合を勝たないと…

    連戦の疲労を考慮してだろうが、前節から3人を変えて臨むも、結局交代で元に戻す結果に。長沢と高江は正直今ひとつだった。遠藤が入ると落ち着く。やはり、今でも遠藤の存在は大きい。

    疲労の影響なのかわからないが、ミスが多すぎた。チームの状態が良くなりつつある中で、自ら首を絞めるようなミスは減らしてもらいたい。

    しかし監督を変えて、結果は出ずとも効果を感じる。何というか、災厄だったとしか思えない。

  • 【磐田戦@ヤマハ】
    前半はジュビロ、後半はガンバ。
    結果はイーブン。
    勝ち点3が欲しい試合だったが、守り切れなかった、ということか…。
    下も詰まっているが、上も詰まっている。
    Getting Better、よくなってきている。

    前を向こう!

  • 【小野瀬康介】
    ガンバが完全移籍で獲得した選手だ。
    地元のニュースでも報道された。

    私事だが、自宅から自転車で15分くらいのところに陸上競技場がある。
    名称は「維新みらいふスタジアム」。
    J2のレノファ山口FCのホーム・スタジアムだ。
    昨シーズン、降格の危機に喘いでいたチームは、新監督と何人かの移籍選手を迎え、勝てるチームに変貌した。
    快進撃の立役者の一人が、昨シーズンから加入している小野瀬康介だった。
    スピードがあって、キレもいい。
    スタミナも十分あるので、あとはキックの精度が上がれば、サイドアタッカーとしては無敵だ。

    ただ、ガンバでサイドの即戦力としてやっていけるか、というと、結構厳しいかもしれない。
    セレッソに行った福満やレイソルに移籍した小池のように活躍できるとは限らない。

    レノファも前半戦は大健闘だったが、ここにきて思うように勝てなくなってきている。
    残り試合で自動昇格圏に辿りつくには容易ではないし、プレーオフ圏内に残れるかどうかも微妙だ。
    正直、J1昇格は「まだ早い」と思っている。

    小野瀬の存在は大きかったが、それでも、クラブは快く送り出した。
    社長は「ガンバ大阪という歴史あるクラブから必要とされる選手が出てきてくれたことは大変嬉しく思います。」と語っていた。
    個人的には、レノファで闘ってくれた小野瀬康介に期待している。
    迷い続けている初瀬よりは判断は早い、はずだ。

    余談だが…。
    レノファには地元山口出身の選手が殆どいない。
    でも、山口は決してサッカー不毛の地ではない。
    試合の中継で、上の方からアウェー席をカメラが映すと、スタジアムの向こうに中学校の校舎が見える。
    自分の下の娘も通っていた公立の中学校だ。
    卒業生には、同級生だった久保裕也と原川 力がいる。
    仲が良かった2人は、中学生時代、スタジアム近くの草原でボールを蹴り合っていた。
    今でも、帰省した時は、その場所で、2人だけでボールを蹴っていると聞く。

  • >>11075

    宮本監督の初陣。
    監督が代わったからといって、いきなり強くなるわけはない。
    と思ったものの、今日の試合はかなりポジティブなものであったと思う。

    集中した守備も良かったが、攻撃がかなり改善されていた。ボールを奪った瞬間の速攻への意識や、PA付近での連動が随所に見えた。最終的に米倉のラッキーゴールだけだったとはいえ、長らくガンバに見られなかった速攻と連動が出てきたのは光明である。

    選手では初出場の高や、中盤起用の米倉が良かった。クルピの時にも米倉は中盤で使ったらかなり効果だったように思うが、なんでやめたんだろう?

    まだ1試合だけなので監督交代の効果は測り難いが、待ち望んでいた良い面が出てきたのは事実。宮本監督にはさらなる引き上げを期待したい。

  • 【鹿島戦@パナソニック吹田】
    何とか勝ち点1を捥ぎ取った。
    まさに、"捥ぎ取った"試合だった。

    相手は、昌子を欠き、金崎や上田を失った鹿島だったが、絶好調と言っていいくらい充実していた。
    しかも、中2日というのに、終盤になっても足が止まっていなかった。
    DFの町田と犬飼は、初めて名前を聞くような選手だったのに、得点には絡むし、バイタル・エリアでの失点を許さなかった。
    安西を加えた中盤の4人は、疲れを知らない子供のように、最後まで動き回っていた。

    そんなサイボーグ軍団のようなヤング鹿島に、ガンバはよく闘った、と、甘いかもしれないが、思う。
    なぜなら、ここ数試合では感じなかった、選手への苛立ちを感じることができたからだ。
    もちろん、90分間のうちのほんの数秒のプレーだったが…。
    アデミウソンの不完全燃焼や、初瀬の迷い、遠藤の不用意な緩いミス、といったところが目に付いた。
    そんな粗か目に付くほど、ガンバは動いていたし、闘っていたし、点を取ろうとし、点を取られまいとしていたのだと思う。
    米倉が奇跡を起こさなくても、次への期待感を抱かせてくれるゲームだった、と、甘いかもしれないが、思う。

    リーグ戦は厳しい状況が続いている。
    一つ上と勝ち点差が開こうとしている。
    米倉のコメントではないが、「もう、負けられない。勝ち点を積み上げていかなければいけない。」
    次の磐田戦では勝ち点3が必須だ。

    チェスト!

  • >>11073

    解任は妥当。だが、決断が遅すぎる。
    2012年と似た流れだが、半分シーズンが終わった段階でツネに引き渡すのだから、より厳しい状況だ。

    クルピに関しては、セレッソ等での実績があるから無能とまでは言わないが、今のガンバには全く合わなかった。昨シーズンからチームが崩壊していたので、明確なビジョンや規律を与える監督が必要だったのだが、この半年間それを示すことが出来なかった。

    フロントは、改めてなぜクルピを選んだのか、なぜここまで引っ張ったのかをきちんと説明しなければならない。説明したうえで、責任を取って辞めて下さい。これは不運やミスではない。完全に失策なのだから。

  • >>11072

    【クルピ監督解任】
    昨夜、「信じるしかない」と語っていた社長が、解任を決断した。
    6月の社長のメッセージは、その時の"気持ち"を語っただけでしかなかった、ということか…。

    宮本新監督には期待している。
    ただ、これまでもU-23のゲームは観てきたし、たまたま昨日の盛岡戦も観ていたのだが…。
    正直、…厳しい。
    あの、悪夢の2012年シーズンのような悲しい結末にならなければいいのだが…。

    それよりも、辞めるのは監督とヘッドコーチだけ、なのか?
    前にも書いたが、本当の戦犯は、ベンチの外にいる。

  • >>11071

    今日は比較的よくやっていた。終盤の猛攻も見応えはあった。でも、負け。
    よくやった、は出来の悪い子が結果はダメでも頑張った時に出る感情であり、もうそういう結果の出ない試合は要らない。

    今回のW杯ではショートカウンターでの得点が多く、世界のトレンドである。ティキタカは死んだとも言われる。ガンバの攻撃は基本的にポゼッションからの遅攻であり、今や旧時代の遺物となりつつある。一方2失点目はまさにカウンターからの一撃であった。現代サッカーから取り残されている?これでは勝てない。

    東口とファンウイジョが不憫。
    守れない両サイドバックはやめません?オジェソクの方が良いのでは?

    ついにマスコミも進退問題を口にし始めた。未だ監督のやろうとしているサッカーが全く見えないが、それでも信じて心中するの?

  • 【清水戦@吹田】
    入りは良かった。
    むしろ、少し抑えた方がいいくらい、みんな飛ばしていた。
    ホームということもあって、選手、スタッフ一丸で闘っていた。
    気持ちは十分伝わってきたし、終盤は、足を止めずに攻め続けていた。
    最後まで、気持ち(だけ)は切らしていなかった。

    しかし、結果は妥当だった。
    実力は、清水の方が、上だった。
    監督は「互角だった」と言ったが…、90分間"互角"だったわけではなかった。
    残念ながら、清水の方が、上だった。
    DAZNでは、清水のここ2試合の躍進ぶりを、「中断期間中にやってきたことが出せている」と評していた。

    先に点を取れていれば、展開は大きく変わっていたかもしれない。
    ただ、それができなかった。
    ボール支配率とは裏腹に、主導権はずっと清水が握っていた。

    「ピッチで100%の力を出そう」だけでは、試合には勝てない。
    リーグ戦は勝ち点で順位が決まるシステムになっている。
    今節でシーズンの半分を消化した。
    ということは、広島とはもう一度戦わなければいけないのか…。
    次節は、今節、柏相手に6点取った鹿島とやるらしい。
    前節に8点取っても5失点で負けてしまうこともあるのだから、何が起こるかわからない、

    残り半分、選手、スタッフ一丸となって闘ってほしい。
    くれぐれも、選手たちと監督の信頼関係が失われていなければいい、と願っているのだが…。

  • 2失点した時点でハイライトに切り替えてしまった。

    開始8分で勝ち点を2失い、26分で残りの1も失った。
    ファビオの退場は事故みたいなものとしても、守備を固めたはずがパトリックを全く捕まえられず。このチーム、守備練習してるの?なんであんなに自由にさせるんだ?

    不運はあったものの、ここまで惨敗するのはチームが全く機能していないから。そして試合の中でリカバーもできなかった。チーム作りも采配でのカバーもできない監督は要らない。クルピはやっぱり解任しかない。それを決断できないのなら、降格だ。

  • 【広島戦@エディオン】
    再開後のリーグ戦は、開始8分で壊れてしまった。
    入りは良かったし、その後、しばらくはよく闘っていたが…。
    以前どこかにいた現在得点王の選手に、見事にやられてしまった。
    4点も獲られてしまった、というよりも、4点で終わって良かった、と感謝しなければいけない。

    無得点というのも、仕方がないのか…。
    いや、後半のガンバの拙攻を見ていると、仮に11人だったとしても結果は同じだったのかもしれない。
    中断前がフラッシュバックしてしまうような、悲惨な状況だった。
    ストライカーがピッチからいなくなったので、当然と言えば当然の惨状だが…。
    ファン・ウィジョを下げたことも、長沢を使わなかったことも、次節を見据えた采配と思うことにしよう。
    全34節のリーグ戦に棄て試合などないが、今日は忘れるべき試合として整理した方がいい。

    個人的には、マ・テ・ウ・ス。
    米倉も解説が持ち上げる以上にミスが目立ったが、中盤で気持ちを切らしていたマテウスは何とかできないのか?
    できれば、泉澤や矢島の代わりに、期限付きで出してほしいくらいだ。

    DAZNの中継では、「4年前、ガンバはW杯明けに同じポジションからタイトルを獲った…」と言っていたが…。
    4年前とは明らかに状況が違っている。
    再開前の練習試合後の倉田の憤りや、クルピ監督の愚痴、果ては手倉森騒動など…、あまりいいニュースは聞こえてこなかった。
    本当にガンバは変わったのか?
    選手、スタッフ一丸で闘っているのか?
    それを次節、確かめよう。
    それまでに選手たちと監督の信頼関係が失われていなければいいのだが…。

  • 【ガンバ大阪を愛するすべての皆様へ】
    オフィシャルのインフォメーションを読んだ。
    謝罪と決意が、社長からのメッセージとして綴られていた。
    この時期に、こうした"声明文"は"異例"とのことだが…。

    とにかく、トップの"受け止め"と"姿勢"、そして"覚悟"は十分伝わった。
    リーグ戦の戦績を「ふがいない結果」と捉え、天皇杯の(大学生に負けての)2回戦敗退を「屈辱的な結果」と認めていたことは評価したい。
    そこまで真摯になって前を向いているのなら、過去のことはもう言うまい。
    クラブの支持する現体制にすべてを託そう。
    もちろん、結果にコミットできなければ、これまでどおり、言いたいことは言わせてもらう。
    気に入らなければ、とことん罵倒してくれていい。
    どう批判されようと構わない。
    「タイトルを奪い返す」というベクトルは一緒なのだから。

    ただ、「チーム戦力が向上するためのあらゆる手段を講じること」に関しては、総論賛成だが、各論は反対だ。
    各論とは、つまり、柿谷獲得に動いている問題だ。
    正直、柿谷にはガンバからのオファーを蹴ってほしいと思っている。
    じゃあ誰を? と言われても、誰の名前も浮かばないが…、そこまでしなければいけないのだろうか?
    そこまで形振り構わず進めていいのだろうか?
    手段を選んでいる場合ではないことは十分わかっている。
    決して"禁じ手"ではないことも十分わかっている。
    でも、何だろうなぁ…。
    ガンバは一体どこへ向かっているのだろう? って感じだ。

    せめて、青と黒のスピリットだけは忘れないでいてほしい、ということ。
    今は、それだけ。

  • 【磐田戦@ヤマハ、ルヴァン】
    結果しか知らない。
    勝ったんだって、磐田に?
    それで…?、といった感じだ。

    オフィシャル・サイトでは水曜日の悪夢が払拭されたようにはしゃいでいたが…。
    ガンバ史上最大の汚点に関する謝罪のコメントなどなく、単なるアクシデントとして幕引きされていた。
    忘れしまいたいこと、なんだろう、きっと。

    しかし、磐田に勝利しても、決して"安定"を取り戻したわけではない。
    今シーズン、何度も浮上の"兆し"を見せては、その都度、すぐ後の試合で見事に沈んでしまう。
    期待しては、裏切られ…、結局はその繰り返し。
    カップ戦の勝利を手放しで喜ぶことなんて、できない。
    もしも、"カップ戦で優勝したチームはその年には降格しない!"、というジンクスがあるのなら(多分そうだと思うが…)、死に物狂いで獲りに行けばいい。

    残念ながら、未だに関学戦のショックから抜け切れずにいる。
    いい加減、今年の目標を"奪還"から"残留"に変えたらどうだろう。
    千葉にあの横断幕が残っているのなら、借りたいくらいだ。

  • >>11064

    個人的には"プライド"の問題、だと思っている。
    「無気力試合をやった」と言ってもらった方が気が休まる。
    もちろん、本気で向かってきた大学生には失礼な話だが…。

    「番狂わせ」と書いていた記事もあったが、これが"番狂わせ"でないことはみんな知っている。
    今のガンバなら、大阪府代表にも勝てないだろう。
    この"屈辱"を絶対に忘れないこと、それだけ。

    …駄目だ、今日はもう寝よう。

  • >>11063

    先週末と今週末試合あるんだし、相手を考えてもU23メンバー主体で臨んだ方がよかったのでは。まあ、今ではトップチームとU23どっちが強いのかわからないが…

    ポジティブに考えれば、これでよりリーグ戦に集中できるようになる。今年はタイトルを目指せる状況ではない。まず、残留が第一だ。

  • <<
  • 11084 11064
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ