ここから本文です
  • 1

    *****

    私はかつて大宮アルディージャでプレーしてました

    入団した当時は、これといって特徴のある選手ではなかったので
    話題にはなりませんでした
    しばらく下でプレーすることが続いてましたが
    その後ベンチ入りや途中出場やスタメンでのフル出場することも出来ました
    しかし、怪我が続いたことと更なる成長が出来なかったことで
    徐々に出場する機会を失い
    数年後にフロントからお払い箱のように戦力外を通告されました
    その時はショックでしたが、実力の世界だし私自身も怪我などで満足なプレーはこの先望めないと思ってたので
    諦めて第二の人生を歩むことにしました

    元Jリーガーだから、再就職先は何とかあるだろうと思い就職活動をしましたが
    当時は中々決まりませんでした
    面接の時には、元Jリーガーで大宮アルディージャに所属していたことをアピールしても
    面接官には通じないどころか、馬鹿にされたような態度を取られました

    同時期に引退した浦和レッズの元選手は
    私と同じような境遇で、さほど有名ではなかったにもかかわらず
    あっさりと良いところの就職先が決まりました

    ふと思いましたが、この違いは所属していたチーム名のブランド力の差なのでしょうか?
    人格的にも能力的にも先ほどの元選手とは何の差はないはずです

    その後に私も何とか就職先は決まりましたが
    Jリーガー出身にも関わらず、待遇などは高校卒業並みの最低な待遇です
    就職難の時代だから、それに従うしかないので我慢しながら働いてます

    某製造メーカーの営業で毎日取引先や新規開拓などで出歩いてますが
    訪れる先の担当者には元大宮アルディージャの選手だったことを話しても
    興味をもってくれないことや相手にされないことは多々あります
    酷い時には、浦和レッズだったら良かったのにと言われる始末です
    成績が芳しくない時には、上司から怒鳴られたり嫌味などを言われます

    今となっては大宮アルディージャのブランド名の無さを改めて痛感しました

    現在所属している大宮アルディージャの選手たちの、引退後のことを考えると不安で哀れを感じます
    これから入団を控えてる選手たちには、考え直した方がよいのかもしれません