ここから本文です

こんばんは。
こちらは穏やかな小春日和でした。

肺癌と闘っていた57才の同僚が月曜日に亡くなりました。
リフレッシュ休暇で奥さんと北海道の北見市に出かけ、
早朝、入浴中に心筋梗塞を発症したそうです。
死因は溺死でした。警察の調べが終わったあと現地で火葬し、
奥さんが飛行機で遺骨を持ち帰ったとの事です。

今日は彼の『お別れ会』に参列してきました。
お経の代わりにハープの生演奏。
お焼香の代わりにカーネーションをたむけました。
奥さんは私と同じ59才。彼にとっては姉さん女房ですが、
明るくて綺麗な人です。
弔辞で「家ではいつも明るく振舞うように努めていました。
『今日も元気ですか?』『元気ですよ』が二人の合言葉でした」と
精神的な支えになっていた事をうかがわせる話もしていました。

もう二度と一緒にゴルフをする事はないと思うと、寂しさが
こみあげてきます。