ここから本文です
  • 1

    サトシと言います。初めてトピを立てました。皆さんの楽しかった旅の想い出、また、これから行きたい旅のプラン等のお話を聞かせて下さい。
    実は、私の妻が大病を患い、数カ月間闘病生活をし、本人は言うまでもなく、家族も大変苦しみました。幸いにして妻は全快し、退院してきた時は、大変だっただけに余計に嬉しかったのは、経験された方はお分かりになると思います。
    さて、この歓びを何時までも忘れないために、記念になる『想い出となることをしょう・・・・』と思いついたのが『ぶらり旅』でした。
    そして、気候も温かくなった昨年5月山陰から山陽辺りを予定も立てずに廻ってきました。
      この旅は、全走行距離 2,100km・出入り7日間で、60歳ドライバーの私には、チョットきつい行程になってしまいましたが、懐の底が見え隠れしだしましたので帰ってきてしまいました。
     貧乏旅行ではありましたが、テレビ等で山陰。山陽の名所・旧跡が写る度に、妻は『私たち、ここに行ってきたね。・・・ここも』と。
      この一年、夫婦の会話に旅の想い出がプラスし、『旅って、いいですね〜』を実感しています。 
     皆さんの、旅の想い出・良かったこと・思いがけない事・ガッカリした事・失敗談等・なんでも語りあいましょう。お待ちしています。   

  • <<
  • 14616 14596
  • >>
  • 14616(最新)

    hij 11月17日 16:16

    >>14614

    サトシさん、思い出に残る旅ができましたねやっぱり高校時代の友は人生で一番元気な時期でいつまでも忘れられない思い出も多いようです。
    私も一昨年まで毎年高校卒の仲間で同窓会をやっていましたが昨年から世話をする人がいなくなり続かなくなりました、私のごく親しい友が次々と亡くなり同じ福岡に住んでいた大事な人が続けて4人亡くなり今は身近に交流できる友も一人もいなくなり寂しい思いをしています、84年の人生で中で熱気的時代が最も印象に残っています。
    わに

  • さとしさん
    素晴らしい仲間との旅 最後の改札での別れの話には思わず涙しました。どんな人生がこれから
    まっているか不安ばかりです。

    内臓はなにも心配なくルンルンでした。ところが昨日の定期の血液検査で高脂血症がすすんでいるとのこと。薬を飲んでこれなのだからのんでいなかったらもっと悪いはず。
    なにしろ運動と腹7分をと言われました。
    確かに体重もここ増えています。
    散歩あまり好きではないのですが、今日100歳体操の帰り近くの神社まで歩いて帰ってきました。
    相模川沿いの小さな山並みの奥には丹沢連峰が見えます。広大な畑道を歩くのはなんと気分の
    いいことでしょう。少し心入れ替えて歩いてみようかと思った今日の素晴らしい景色でした。

        たふ

  • 昨日高校時代の旅仲間との楽しい旅を終えて帰ってきました。
    この三日間は生憎の空模様だったのと、仲間の一人が歩行困難者が参加していたので、観光地巡りは控え、もっぱらグルメを求めるのと、友好を温めることを重点にプランを企画しての旅でした。
     その歩行困難者は、4年間失明したご主人の手となり・足となって介護に明け暮れ、一日に4回はインシュリンの注射をご主人に打ち、一時も目の離せない日々を過ごし、昨年そのご主人を見送り、介護・介護から開放された後、今度は御自身が車いす生活を余儀なく強いられ、大変な思いをしながら東京から新幹線に乗って富山にきて、懐かしい幼馴染の仲間に迎えられ、とても楽しい三日間だったようです。
    何しろ、昨日富山駅で別れる時、地元の仲間からの激励に感極まり、顔をクシャクシャにして落涙し、改札口を抜けていきました。
     人はそれぞれ個々の人生があり、明日は我が身に何が起こるか、その時にどのように振る舞うのか、考えさせられる旅でした。
        -サトシー

  • だんだん歩行速度が遅くなる
    毎日近くの公園まで散歩を続けて20年最初は6kの距離を1時間弱で歩いていたが現在は3kを1時間になった健康のためと思い始めた散歩楽しく歩いていたが今では若干苦痛になりつつある
    歩く人も少なくなった始めたころ会っていた人たちも今ではすっかり見かけなくなった、歩きながら感じることも様変わり空き家が多くなり住んでいた人たちはどうなったのだろうか、亡くなったのか老人ホームにでも入ったのか子供のところに行ったのか何時かわが身と思いながら歩く
    東京も空き家が多くなったと聞くが田舎も流れは同じようである実家のところも同じようだ全国的少子高齢化
    わに

  • わにさん わが町のデパートでもよく北海道展やってますが凄いすごい混雑。人気店は長蛇の列。
    そのためか対応 品物の扱い方が少し雑に見えます。後楽園で全国物産展に二三年前行きました。
    熱気で気分悪くなりました。どこでも行列ぎょうれつ。結局立って食べたのがどこでもおなじみの
    海鮮丼 どうっていうことない味でした。

    今日は朝から鼻炎です。温度の変化とどうもガスストーブの風に弱いです。
    体がだるくなり 効き目の強い薬飲むと眠い眠い年々ひどくなっていくみたいです。
    さとしさん お天気よくなるといいですね。。


         たふ

  • どさんこ市
    久留米のデパートでどさんこ市が開かれ連日にぎわっている。
    一昨日ワイフと義妹3人で覗い見たところ混雑ぶりはすごかった中に入ったら先に進むのも難儀するほど数年前北海道旅行した時の思い出の地の名物もありつい買ってしまう昼飯にとかに弁当を買ったところ大変おいしくつい食べ過ぎた
    今日はお歳暮の追加目的で行ったがまたどさんこ市を覗いてしまった今日もにぎわっていたそしてまたかに弁当を買ってしまった。
    ついほかの物にも手が伸び余計なものまで買ってしまい散財
    わに

  • 悪い予想が当たりそうだ!!
    数日前から北陸方面の天気予報を見ている。
    楽しみにしている旅仲間との北陸方面旅行が明日からはじまり、心配してた空模様が芳しくない。
    今度の旅行企画者は、温泉に浸って、美味しい料理を前にしながら、楽しい会話を重視している様で、もう観光地巡りをする考えはなさそうだ。
    その行程も一日平均150~160kmのチョロチョロな走行で、余裕たっぷりの企画である。
    マッ!! 老後は静かに・楽しく・・・・という感じの旅になりそうだ・・・
        -サトシー

  • 今日も素晴らしい日曜日です。近くの公園の散歩の帰りリサイクルセンターの前の広場で
    バザーをやっていた。盛大である。いくつものブースで素人の女性達が色々な品物を
    売っていた。やはり衣類が一番多い。新品の長盆が300円で売っていたのでそれを欲しいと
    言ったら100円でいいとのこと。びっくりである。
    早速昼ご飯から使っているが なかなか便利で嬉しい。
    友人の御主人が 綺麗に作られた二鉢の菊を持って来てくれた。
    玄関先に置いたがどうしてどうして映えて気持ち良い。
    この花を見ながら のんびり100円のお盆に乗せたランチを食べていると こんな時間が
    あとどのくらい続くのかふと考えてしまう。
    それがいつになるか、誰にも分らない。

       たふ

  • 小説「花神」を昨日夕方に読み終えた。
    大村益次郎の伝記物語で、タイトルの「花神」の付けた司馬遼太郎の意図が判った。
     小説の著者・司馬遼太郎の言うには、大村益次郎は、西郷隆盛が起した倒幕と明治維新とに特に関りはなく、幕末に全国の各藩が貯えていた革命のエネルギーに軍事的な花をさかせた「花咲爺」(ハナサカジジイ)だったと位置ずけている。
     中国では花咲爺のことを「花神」という。
    私がこの小説を読む目論見の一つに、靖国神社との関わり合いに就いては、一言も触れていなかった。
    この小説を読むと、沢山の登場人物の名前がでてきて大変だったが、シーボルトが日本女性との間に一女を残していて、その人とかなり濃い関わり合いがあり、興味深く読んだ。
    その女性・益次郎が京都で暴漢に襲われたとき、その知らせを受け、横浜から早かごに10日かけて駆け付け、その日から50日余り益次郎が亡くなるまで必至の看病したことが記されてて興味深かった。
    -サトシー

  • 今日は朝から雨降り・・・
    他にすることがないので『晴耕雨読』とする。
    朝から一生懸命頑張れば、小説「花神」を読み終えるかもしれない。
    ーサトシー

  • 買い物
    義妹に頼り多量の買い物となる、通常重いものは買い控えているためついあれもこれも多くなる野菜果物ヨーグルト数項目にわたり量も多くなる日ごろワイフの体調も考慮すると多くを控えざるを得ない、ネット注文が多くなり不慣れなためミスも出る先月はトマトとピーマンを多く買いすぎ処分に困っている。
    そんな中久しぶりに家族旅行を計画九州の温泉地として人気の高い由布院温泉に2泊3日、過っては九州内は車を旅がほとんどであったが今回はJRを利用することとなるマイカーに比べ不便なことも多くなる。 天気が良いことを祈る。
    わに

  • 北陸方面の天候は・・・
    今日もよく晴れそうなのだが、この先の14日から3日間は関東方面から5人の旧友(級友)を迎え、地元から7人が参加して石川県・福井県を旅する予定だが、天気予報を見る限りあまり芳しくない。
     私の良い旅の三要素としての『好天・健康・無事故』を考えているのだが、天候だけは個人の努力が及ばない。我々の日頃の精進が問われているようだ。
        -サトシー

  • 私は少し身辺が落ち着いたので・・・
    落ち着いた!! と言うより、注文している床暖用のボイラーが入ってこないので設置作業が出来ないのですることがなく、図書館に行って先の読みかけた大村益次郎の伝記小説「花神」の三巻‣四巻を借りてきて読み始めた。
    まだ、読み始めたばかりなのだが、いよいよ幕府連合軍との戦が始まる部分に入ってきた。
    ただ、この先群馬の大社長等との2泊3日の旅行があったり、父親の50回忌があったりと、予定が詰まってきている。
    サッサと読み終えてそれらに参加したいと考えている。
        -サトシー

  • 昨夜山ガールの友人から 元気にない声で今日テニスの最中右手首を骨折したとのこと
    もうびっくりでした。元気でこの人が思ってしまいました。
    今朝もメール出したところ スマホも使えず痛み止めの薬ももらっていなかったので
    痛くて一睡もできなかったと電話ありました。
    これからご主人の車で医者に行くとのこと 歩くのもなんかバランスが取れず足元が
    ふらふらするので これでまた転んだりしたらそれこそ大事です。
    果物が好きだけどリンゴの皮もむけないし 洋服の脱ぐのも大変。
    普段のありがたさがわかったと 元気のない声でした。
    他人事ではありませんね。
    私は嚥下障害の気があるので 一口小さくゆっくりとをモートーにしているのですが
    つい忘れて早くそしてたくさん口の中に入れてしまい むせて苦しくなります。
    用心 用心です。


        たふ

  • 空が晴れた日が数日続き・・・
    昨日、久しぶりに家庭菜園の小石分別作業ををした。
    小石分別作業は、60cm×75cmの木箱を作り、箱の底に小指がやっと通るほどの金網を張り、その箱に畑の土を入れ、コロに載っている箱を前後にゆすぶり、土は網を抜け下に落ちる・小石は網の上に残り・・・という作業で、大変重労働である。
    この作業を連日すると、1ケ月で体重が4kgも下がり、通っていた医者がびっくりして何か変な病気があるのではないかとカルテを見たり、血液検査表を再度見たりして心配してくれた。
     今回、小石の多い畑でサツマイモを栽培したのだが、変形したサツマイモが多かった原因は、どうやら小石が多かった事の様である。
     それと、わずか4~5坪の栽培あとから、土の中に大小合わせて十数コのサツマイモが残っていた。畑作業一年生の私らに、いい教訓を残してくれた。
         -サトシー

  • 目の手術後の検査が あまり間が空くとよくないといいながら 担当の先生の予約が詰まっていて
    入る余地がないと 一か月先になってしまっていた。昨日採決のとき調子が悪いから予約外で
    診察お願いしたいとダメ元で受付に頼んでみた。 すると以外にすいていたせいか診察 検査と
    診てくれた。あ~よかった。なんでも遠慮せず言って見なくてはと つくづく感じた。

    今日は暖かいので近所にある大きな公園に散歩した。この中には体育館がある。
    なんかにぎやかそうなので 入ってみた。社会人対抗の9人制バレーボールの試合だった。
    初めてみたので感激してしまい1時間くらい観覧席で見入ってしまった。
    でも選手の数のほうが多い。席にはほんの数人しかいない。そんななか大きな声だして
    頑張っている選手の姿に思わず涙がでてしまった。

    さとしさん サツマイモの飴 懐かしいです。甲府に疎開していたとき大きな大きな釜で
    近所の大人たちが作ってくれました。甘くて真っ黒美味しい思い出です。
    その蔓をごはんに入れて食べるのです。そんなはずないのにごはんが 真っ白なのです。
    とてもとてもおいしかったサツマイモごはんです。

    わにさん どうぞお体きをつけてください。周りには親切な方がたくさんいらっして
    わにさんのお人柄ですね。

        たふ

  • その昔、まだ小学生の頃の”甘い”思い出がある。
    それは、サツマイモの蔓(つる)をひたすら煮込むと飴が出来るという。
    それをなめさせてくれると近所の友達がいて、私を家に招き入れ、その家の台所の片隅にある鍋を指さし、箸を手渡しつついてなめていいよ…という。
     その鍋の底に殆ど真っ黒な色の飴があり、私は友の言うまま箸でつついて少しつまみ、口にした。
    その味は、そのころ世の中には甘いものが少なく、とても甘くて感激した思い出がある。
     幸いにも我が家には燃料としてのの木片が、各種の機械を売る度に出る木枠の処分に心を痛めており、薪となるものが沢山ある。
     一方、先ごろ家庭菜園でサツマイモを収穫し、その蔓が沢山あるし、急こしらえのカマドを作り早速飴作りに挑戦してみた。
     大きな鍋に蔓と水を入れ、下から薪を入れて煮込み始めた。沸騰するまで20分要し、その後一時間過熱して,中にあった芋蔓から養分が出てものと判断し蔓を取り出し、その後はひたすら薪を次々と燃やし、約3時間で鍋そこに凝縮された黒い液体が残った。
     その液体を茶碗に移し、一晩冷やし,朝一番にその茶碗に近寄り手にして早速スプーンを入れてみた。
    ところがトロットしていないかと期待してたがその感じがしないし、また、試しにスプーンで口にしてみた。
     その味はかすかに甘みもあるが、”にがい”味の方が強く感じられ、どうやら失敗したようだ。
    我が家には、芋蔓と薪が沢山あるので、そのころの友達は今横浜に居て、その製法を知っていたら聞き出したいと思っている。
        ーサトシー

  • 福岡に住む者として当然だがプロ野球ソフトバンクホークスをお応援している
    今朝の新聞を見て驚いた勝利し日本一になったこと昨晩は試合の最初から見ていたが3-1から抜けきらずまた負けかとあきらめ途中でほかの番組に変えた前の3試合情けない負け方に勝利をあきらめていただけに今朝の新聞に驚いたソフトバンクの勝利の記事と勝利を祝う売り出し広告のチラシが占めていた何事もあきらめていはいけない執念の勝利だったと思う。
    東京にいる娘も専らのソフトバンクファン今朝喜んでメールを入れてきた。
    娘は東京にいながら年に1回は福岡まで来てソフトバンク戦を観戦している。
    わに

  • 我慢しきれず・・・
     我が家でも、御近所の皆さんからも、”焼き芋が美味しかった”との好評を受け、我慢しきれず我が家のサツマイモを掘りを実施した。
     さつま芋の栽培は肥料いらず・除草等の手入れも殆どしないで自然に任せておくだけで月日がたてば収穫できる。
     春5月にサツマイモ苗を60本植え、11月には20リッターの大型バケツ(元オイル缶)4杯に山もりのサツマイモが収穫できた。
     野菜作りの教科書によれば,サツマイモは収穫してから2週間程そのままにしておけば甘さが5割程増加するとある。そのころにまた焼き芋を作ろうと考えている。
          -サトシー

  • >>14595

    たふさん目をお大事にしてください。私も同じ経験をしていますので気になります
    人間の身体で不要なものは何一つありませんが目は最も大事な機関です。
    先日から娘がきてくれ大変助かっています、来週は義妹がきて数日助けてくれるそうで楽しみにしています、いよいよ他人の助けを必要とする状態になりました。
    サトシさんは家庭菜園がお楽しみですね。手入れをした分結果に表れますから
    わに

  • <<
  • 14616 14596
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順