ここから本文です
  • 1

    サトシと言います。初めてトピを立てました。皆さんの楽しかった旅の想い出、また、これから行きたい旅のプラン等のお話を聞かせて下さい。
    実は、私の妻が大病を患い、数カ月間闘病生活をし、本人は言うまでもなく、家族も大変苦しみました。幸いにして妻は全快し、退院してきた時は、大変だっただけに余計に嬉しかったのは、経験された方はお分かりになると思います。
    さて、この歓びを何時までも忘れないために、記念になる『想い出となることをしょう・・・・』と思いついたのが『ぶらり旅』でした。
    そして、気候も温かくなった昨年5月山陰から山陽辺りを予定も立てずに廻ってきました。
      この旅は、全走行距離 2,100km・出入り7日間で、60歳ドライバーの私には、チョットきつい行程になってしまいましたが、懐の底が見え隠れしだしましたので帰ってきてしまいました。
     貧乏旅行ではありましたが、テレビ等で山陰。山陽の名所・旧跡が写る度に、妻は『私たち、ここに行ってきたね。・・・ここも』と。
      この一年、夫婦の会話に旅の想い出がプラスし、『旅って、いいですね〜』を実感しています。 
     皆さんの、旅の想い出・良かったこと・思いがけない事・ガッカリした事・失敗談等・なんでも語りあいましょう。お待ちしています。   

  • <<
  • 15067 15048
  • >>
  • 15067(最新)

    s_t***** 9月21日 06:00

    ””群馬の大社長から旅の誘い””
    群馬の大社長は国際人で、ブラジルでも事業を展開している。
    2~3日前に半年ぶりに帰ってきて、
    『みんな元気してるか? どこか美味しいものでも食べにでてこないか?』
    と声をかけてきた。そして『松茸をたらふく食べたい・・・・』という。
    そして、富山と群馬の中間の長野県で松茸を出すホテルを探すという。

    しばらくしてまた携帯電話が入り、『ホテルがとれた。10月3~5日にした。みんなに声をかけろ、みんなの顔がみたい・・・・』と。
         -サトシー

  • 今日は 朝から雨です。寒がりなのでストーブの掃除をしたり灯油缶を出したりこまこまして
    半日過ぎました。午後からは太極拳初段審査を受けるので 先生方がボランティアで 特別特訓してもらいました。昨日まで覚えていたのに 一人での演技の時頭が真っ白。汗びっしょり
    緊張で多いに疲れてしまいました。
    覚えがこんなに悪かったのかと 悔しい限りです。

        たふ

  • ””警察官がまた殺害された・・・””
    富山でも先ごろ警察官が交番で殺害され、昨日は仙台でも交番で殺害された。

    私は数年前、自宅の作業場で出火して、消防車が8台やってきて大騒ぎをしたことがある。
    幸い家のカミサンが早く気が付き、消火にあたり、溶接用のゴムホースを燃やしただけで、建物(鉄骨造り)に燃え移ることもなく、焼失損額は2万円程度だった。しかも消防車が来る前に鎮火してた。
    ただ、その時の煙は相当激しかった様で、近所の奥さんがどのように消防署に連絡したのか判らないが、消防署も驚いて消防車を8台出動してきた。
    後で聞いたら、私の住む地域は、戦前に不二越という会社が、従業員宿舎として建てた木造の社宅が今も残っており、『モクミツ地帯』(木造建築物密集地帯)とよばれ、消防署は特別神経を配らせているという。
    その時にまだ30歳くらいの消防署員が、私が15分位現場を離れたのは、意図的に離れたのではないか?、また、火災保険は入っているのか? 保険金目当てに失火させたのではないか? いま,預金は幾ら位あるのか・・・等々、失礼極まりない言葉を投げかけて来て、その語気の荒いいい方には、殴りたくなる位に腹が立った。
     往々にして役人は一般市民に対して言葉つかいに配慮が無い。特に警察官は『自分は法の番人だ・・・』という感覚が強く、市民を蔑ろにする人が多い。

    警察官がいきなり殺害される背景には、根本的に何があるのか?組織的に考える時が来ている様だ。     -サトシー

  • ””米中貿易戦争””
    全く『端迷惑』な話だ。米中当事者が、お互いに言い分があるかもしれないが、両国の国民も自国政府の意地の張り合いで、値段の高い商品を買わねばならぬ。
    中国に生産拠点を持っている日本の企業経営者達も、これまでのように製品が売れなくなる恐れもある。
    このままほっておくと、益々エスカレートして、最悪の事態に発展しそうだ。
    日本の我々も、『対岸の火事』とばかり呑気に見ていられないきがする。
        -サトシー

  • ””五十回忌””
    私ら夫婦の初めて授かった子供は死産という儚いものだった。
    お産は予定日の2日前だったが、稚児の体重は2800グラムと大柄だった。
    私は遺体をお寺に持って行ってお経をあげてもらい,私の父親と二人で火葬し、遺骨を実家の墓で預かっていただいている。
    あれから50年、今も実家のお墓にあずかっていただいているが、いつまでもこのままにしておけないし、五十回忌になるのでこれを機に返していただき、それなりのことを考えねばと考えている。
    私らはそれなりの墓地を確保しているのだが、お墓は未だ作っていない。
    最近『墓終い』という言葉も聞いたり、お墓を守る人が居なくなったり、わからなくなってきていることを聞きます。
    今、墓を作っても私らの墓を守ってくれる人がいるのかなんて考えると、どうすれば良いのかいまだに決断できません。
     儚い命だったわがこの遺骨を引き取り、再度考えをまとめていきたいと思っている。
         -サトシー

  • 昨日少し早いけどお寺まいりしてつけ届けしてきました。
    口下手な和尚さんが慌てたらしく 裸足で玄関の戸を開けたのには驚いた。
    もともと口が重いらしくまったくの愛想なしである。
    こちらがやっと涼しくなりましたねの言葉にも ええとしか返ってこない。

    お墓の草むしりしながら 夫の大好きな鶴田浩二の好きだったを歌った
    ビールと落花生を供えておじいちゃん おばあちゃんと仲良くやってますかとも
    聞いた
    何しろ母親とは犬猿のなかだったから。
    酒匂川を見ながらこれで土手の松並木の向こうに雪を被った富士山が見えればと思ったが
    時期がまだまだはやい
    自分の田舎ではないのにいつのまにかここに来るとほっとするのは不思議な気がする。
    今週の土曜は 今度は秩父の両親のはかまいり。年中お墓で忙しい。

        たふ

  • ""今朝の新聞に・・・""
    ロシアのプーチン大統領の提案について言及している。
    その中で平和条約の基本的な考え方三項目を明確に示している。
    ①戦争状態の終結。②賠償・請求件問題の処理。③領土確定。である。
    ①の件では、戦争状態終結にもかかわらず、千島列島の占守島にソ連軍が闇討ちを掛けてきた。
    ②の件では、日本軍は一切ロシア領土対して攻撃もしていないので、損害も与えていない。賠償する事柄が一切無い。
    ③の件では、元来日本国固有の北方領土を終戦のドサクサに紛れて不法占拠している現実がある。
    日本の国民は、良識のあるロシアの指導者の出現を待つしかない様だ。
        -サトシー

  • 凄いところに気が付きましたね。どうしてさとしさんのお仕事から大分畑違いの発案に
    なったのか不思議です。きっと必ずその方面の方に目がとまりますよ。そうしたら素晴らしいことに
    なりますね。わにさんがこのこと知ったらなんて言って喜ぶでしょう。

       たふ

  • ""たふさん有難うございます""
    私の今回とった特許とは、世の調理師さんや料理人さん達は、随分前から知っていたことで、特に新しいことではありません。
    ただ、そのことを具体的に図面化して形を描き、理論を附けて特許庁に申し出た人がこれまで誰もいなかっただけのことです。
    具体的には、生鮮食品の販売陳列器具(=寿司ネタケース)で、居酒屋・炉端焼き店等にも応用できる物です。
    このケースは、従来のものと比べて高湿度・低温冷蔵化を確実に顕現すると共に、そのことで展示する生鮮食品(魚肉等)の熟成を促し、旨味・甘味を増すことに焦点を当てたことにあります。
    数日前のNHKの『ためしてガッテン』の番組の中でも、ある専門家は、食品に含まれるタンパク質は、特定の条件の下で30時間経過したらアミノ酸という成分が10倍になった・・・言明してた。
    そのアミノ酸の60%を構成する物質グルタミン酸は、食物の旨味成分であるという。
    このことが今回の私のセールスポイントで、いうなれば私の設計した寿司ネタケースに入れていた魚肉等は、時間を経過すればその肉に含まれるタンパク質が食品の旨味成分であるグルタミン酸が増加して美味しくなる…ということである。
    果たして、こちらの目論見とおりに人々が理解してくれて、私の設計したネタケースが世の中に広まるのだろうか?
        -サトシー

  • さとしさん 心からお祝い申し上げます。申請から早かったですね。
    きっと貴重な提案だったのでしょうね。凄いことですよ。
    どんどん自慢してください。

    昨日太極拳の教室でした。一年以上の生徒さんに初段の免許とらないかとのお話があり
    思い切って一度受けてみようと思いました。そうすると途端に帰宅してもテープで
    練習するものですね。
    そうこうしていたら夜久しぶりに息子から 今月の私の誕生日に二人の子供のふるさとでもある
    町田に住んでいた周辺を散策して 食事でもということになり大変嬉しく想いました。
    誕生日記念として 携帯をスマホにかえました。簡単で安いのでどうなるかわかりませんが
    これもまた期待がふくらみます。

        たふ

  • ""虎は死して皮を残し、人は死して名を残す""
     予て申請中だった特許の件、昨日認可された旨の報が届きました。
    これで私も運転免許証を含め、3件のモノをお国から承認されました。
    私は60年前自動車運転免許証を頂いた頃は、まだ自動車よりもバイクのほうが多かった時代で、免許証を得た時かなり嬉しかった思い出が在ります。
     二つ目は一級の技能者資格で、ただの職人資格で、なんてこともありません。
    今回の実用新案特許は、試験を受けて合格する類の資格でなく、私の考案した事柄を、他の人に真似されること制すること狙った事柄で、特許庁が『いいだろう・・・』と認めただけのことです。
     このことがこの筋の機関紙10月号によって公開されるようで、大企業がこの案件を高価で買ってくれるか? また、私自身が世の中に打って出るかは、これからのことです。
    『ナンダイ・コレシキノモノデ・・・・』
    と言われそうな気もします。
         -サトシー

  • ””皆さん知っていますか?卑怯者スターリンの行いを!!””
    昭和20年8月9日、日ソ不可侵条約(1941年に締結)を一方的に破棄し、ソ連は日本に宣戦布告してきたことを・・・・
    それだけでない。その6日後の8月15日に日本はポツダム宣言を受け降伏しました。
    その3日後の8月18日になって、ソ連軍は千島列島の最北端の島・占守島に夜中の2時に攻め込んできたことを・・・・
    その島の日本軍守備隊は既に戦争は終わったと知らされており、不要なものを整理したりしていて、どこの軍隊が攻めてきたか判らずとりあえず応戦した居ました。
    その日の夜が明け、敵はソ連軍であることが判り、日本はアメリカの国にソ連に停戦をするよう要請しましたがスターリンは無視して侵攻を続けました。
    日本軍は思いもしない夜襲を受け一時は後退しましたが、別動隊の応援を受け反撃し、ソ連軍を壊滅する寸前に追い詰めたのですが、大本営の命令で降伏しました。

    今朝の新聞には、ロシアのプーチン大統領は、
    『無条件で平和条約結びましょう・・・』
    なんて言っている様ですが、日本政府は、この卑怯な国の事を決して忘れてはならないし、それなりの償いを示さない限り乗ってはならない。
         -サトシー

  • ””家庭菜園””
    我が家の家庭菜園は、夏野菜のトマト‣キューリは終わり、畝が約1ケ月間空いていました。
    同時期に植えた茄子は、今も元気で3日に一度くらい収穫できます。茄子は肥料を絶やさなければ、あと1ケ月くらいは収穫できそうです。
    4~5日前に空いてた畝の酸性の土を中和し、昨日大根とカブの種をまき、11月頃の収穫を目論んでいます。
    今、菜園には茄子の外にサツマイモとカボチャの蔓が拡がっていて、カボチャも3ケ実を付けています。それぞれ11月頃に収穫を予定した居ます。
         -サトシー

  • 確かに旅の話は少なくなりましたね。
    お仲間さんが よく誘って下さっていいではありませんか。
    こちらは 一人になって連休になっても旅に行く機会がすくなくなりました。
    その代わり近場の食べ歩きが 多くなりました。
    今日は友人の亡くなったお母さんからの衣類雑貨を 沢山いただき大助かりしたので
    そのお礼かねて新宿のホテルバイキングに行ってきました。
    東京の田舎者同志高層ビルを見上げながらのおのぼりさんでした。
    友人も大変喜んでもらい良かったです。

    明日は未亡人の会ひまわりの集まりがあります。
    一か月一回なので また話が盛り上がることでしょう


         たふ

  • ""このトピは旅をテーマーにしていたのに""
    トピ主の私が旅の話題を出さないのでだんだん廃れて行ってしまった。
    思えば私自身今年に入ってから、カミサンを連れてどこにも行って居ない。
    決して忘れているのではないのだが、今年の前半は特許の件で頭がいっぱいだった。
    そして夏になったら猛暑続きで、秋になって涼しくなったら・・・なんて思っていた。
    しかしその秋を迎えて『台風で関空で旅行者が8000人カンズメ』『北海道で地震があり、全交通機関がストップ』
    なんてニュースが流れ、旅する気分が削がれてしまった。
    でも、私の周りを見ても、同年配で元気な人は少ない。
    やがて私らにもそういう時が来る。
    『元気なうちヨ』・『いまでしょ』
    遠くからそんな声がする。
    -サトシー

  • ""大阪なおみ選手 おめでとう・・・・””
    あれよ・あれよと言う間に決勝まで勝ち進み、遂に憧れの元チャンピョンにストレート勝ちしてしまった。その素晴らしい若いパワーに驚いたが、その優勝賞金にも驚いた。
    なんと日本円にして4億2千万円だそうだ。

    確か日本のバブル景気以前の頃に、ある経済評論家がテレビで言ってたことを思い出す。
    その人、一般サラリーマンの一生涯の給与の総額は2億円が相場である。
    その計算式は、単純で、年間500万円平均で、40年働いたら2億円だという。
    そのころのプロ野球のスーパースターだった『王・長嶋』選手も年俸1億円になっていなかった。
    最近の日本のプロ野球選手には2億円プレーヤーもちらほらいるようだが、テニスの世界四大大会の優勝者の賞金金額の巨額には驚いた。
    これから日本でも、プロのテニス選手を目指す若者が増えそうだ。
        -サトシー

  • さとしさんのパソコン経歴には 驚きました 凄いんですね
    昨日公民館のパソコン教室に行きました。9名ほどのシニアがボランティアのご夫婦から
    教えて貰っています。今度は地図です。その中でもJRの曲がった線路の作り方でした。
    何回聞いても線路が重ならないのです。またコピー 貼り付けも今いちです。
    ワイワイ楽しみながらの月二回の教室は楽しいです。

    今日は早朝から大きな公園で太極拳の教室の交流会がありました。
    鰯雲みながらとんぼの飛び交う公園で 気持ちよく楽しめました。
    90に近い先生の姿を拝見し 世の中凄い人の多さに吃驚しました。
    81歳から初めて92の現在までやってるかたもいらっしゃるとのことでした。
    まずはなんとか順番を覚えなくてはと思うと同時に 先輩たちの流れるような
    仕草には圧倒されました。

        たふ

  • ””わたしのパソコン歴””
    私は55歳のときにパソコンを買った。キーボードはそれより2~3年前にワープロを買っていたので、戸惑いは無かったが、パソコンに関しては何から何まで全て倅に教わりながらポロン・ポロンとキーボードをたたいていた。
    倅は中学2年生の時にパソコンを買い。高校ではパソコンクラブに入り、就職も富士通傘下のパソコン会社に入り、3ケ月に一回程度富士通の本社に行って新型パソコンの講習会に参加していて、その腕前はかなりのものであるらしい。

    さて、最近の大学生のパソコン所有率は40%位だそうで、数年前の半分になった様だ。その大きな原因は、スマホの普及にあるようで、スマホはパソコンの機能を持っていて、特にパソコンを求める必要が無いからだそうだ。
    ただ、就職となると何をするにもパソコンが必要で、キーボードを叩けないと仕事が出来ない世の中になってしまっている。
    世の中移り代わりにやっとつかまっている私である。

    さて気になるのは今頃大坂なおみ選手はどうしているかな?頑張っているだろうな~~
        ーサトシー

  • 昨日私の誕生日は九月26日だが 一足早く日本橋のホテルばいきんぐランチに連れて行って
    くれた。三越本店を脇に見ながら堂々たる街並みに感動しおのぼりさん丸出しである。
    吹き抜けの明るいラウンジでの地中海料理を時間たっぷりで満喫した。窓際からみる老舗の商店の暖簾が素敵である。
    スタッフの接客マナー日本一とのこと。素晴らしいです。
    いたりつくせりだが、押しつけ間が敷くなく自然なのだ。
    娘夫婦に感謝しながらもう少し元気でいたいものだ

        たふ

  • ””大阪なおみ選手・頑張れ””
    大坂選手はカタコトの日本語しか話さない様だが、日本人選手として、世界四大大会の決勝にまで勝ち進んで来て、明日の早朝に決勝戦を迎えるという。
     さてお母さんは日本の人だが、お父さんはハイチの人と聞く。
    さてハイチの国について調べて見ました。
    ハイチの国は、キューバの隣にある九州と四国を合わせたくらいの大きな島で、その島の約1/3位がハイチで、残りの2/3位がドミニカ国であります。
    人口は856万人で、95%がアフリカ系黒人で、残りが黒人と白人のハーフだという。
    大坂選手のお父さんはアメリカ国籍を有していて、大阪選手もアメリカ国籍と日本国籍を持っていて、22歳になるまでにいずれかの国を選ぶことを強いられている。
    私としては、出来れば日本国籍を選んでいただきたいと願っている。
        -サトシー

  • <<
  • 15067 15048
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!