ここから本文です

>>14869

セイコウさんの投稿、益々冴えて来ましたね~、楽しく拝見しています。
相撲界、東芝,日産、富士重工等々、これらは全て隠ぺいがバレて、明るみに出た為大騒ぎになっ
たものです。
都合の悪い事は全て外部に漏れないようにしたい、事の良し悪しを問わず、其れは誰にでも有る人
類普遍の隠ぺい体質です。
個人の秘密、家庭の秘密、企業秘密、国家機密まで有るのですからどうしようも有りません。

小生も、とうとう秘密がバレてしまいました。
女房殿の定期健診と私達のインフル注射に、かかりつけ医へ行ってきました。
簡単な問診票の記入、体温の計測、血圧の測定を済ませ、診察室に入室、其処に何時もの女医さんと、水曜日には居ないはずの息子の嫁(看護師)が居るでは有りませんか、まぁ、大して不思議で
でもないのですが、先ず先生にご挨拶、嫁がお世話になっているお礼を述べると、先生、注射の後、
ちょっと診察をしておきましょうと、口腔、胸部、背中の触診、異常は無かったらしく、「お住ま
いの方は寒いでしょう。」「はい、そりゃ~ぁ、もう、とても寒いですよ。」余程の田舎だと思っ
ているのでしょう、先生、ニヤリッ、内心、勝った~とでも思っているのでしょう、こちらは、
「先生の所とは余り変わりませんよ~。」とは、声無き語り。

「ちょっと、血圧が高いですね~。」「はぁ、そうですね。」「お家でも計っておいて下さいね、
お薬でも出しましょうか?」「家でも計っているのですが、・・・」その時、うながされて家内が
入室、「此れが、血圧手帳です。」と二人の記録を提出、「えぇ~、160も有るじゃ有りません
か?薬でも出しましょうか?」「160は最初の一回きりで、後は、そうでも無いでしょう、(い
つもは150前後で、低い時は120ぐらいの時も有り)ちょっと様子を見させてください。」
「変わったことが有ればお嫁さんに相談して直ぐに来て下さいね。」傍の嫁に、「あなたも気を付
けて上げてね~。」遂に監視付きになってしまいました。
これはヤバイと思ったので、「色々ご親切、有難うございました。」と、早々に退室。

後の、家内と先生の会話、「余程、薬が嫌いと見えて、慌てて逃げ出しましたね、あはは・・・」
ですって。

ハマさん、今日の医院で、問診票の下欄に、インフル注射を受ける時の注意事項として、体調の優
れないとき、熱の或る時は注射を控えて下さいと、明記してありました。
是非、お医者さんと相談して下さい。
多分、駄目だと仰るでしょうから、行く前に電話でも入れ、お家で静養されるのが得策ではないで
しょうか?

                    トン

  • >>14874

    なんでえ~~??
    トン様毎日毎日歩いておられますよね
    血圧なんって 正常中の正常のはずです ハテナ??です
    そうかあ 何にも運動しない私が 高くなってもおかしく無い
    納得!
    昨日整体に行ったのですが
    帰宅してから 腰が痛くなり
    今日は 膝が痛いです  
    痛いなあと思いながら 美容院に行ってきました
    歩いて5~6分ですけどね
    トン様 そろそろ美容院へいきゃれえ~~って
    詔では??と思ったりしてます^^

    ハマさん風邪長いですね
    汗で微熱 かくれ結核かもですよ
    結核流行ってますよ と 脅かして・・・
    お医者様に行ってくださいね

    セイコウさん
    この掲示板に来られた頃とは
    各段に投稿が充実です
    楽しみに見ています   はな