ここから本文です

人間とは何ぞや?

  • 8,572
  • 3
  • 2018/04/19 22:10
  • rss
  • 1

    *****

    人間とは何かを考えましょう。

  • <<
  • 8572 8553
  • >>
  • 8572(最新)

    黒猫 4月19日 22:10

    ・・・ 各々の「速度」に「時間=t」を掛けのが「距離」になるので「垂直辺=Y」は ピタゴラスの定理により以下になります

    これは「数式」で表現すれば分かりやすいのですが 掲示板では数式で表記できないので 言葉で表記します

    垂直辺=Y は「ピタゴラスの定理」により 以下になります

    Y(2乗)=Ct(2乗)-Vt(2乗)

    これは 左辺 右辺が「2乗になっているので 2乗は数学的に以下になります

    Y=「ルート(平方根)」の中に CT(2乗)-Vt(2乗)・・数式(1)

    つまり 2乗を、1乗に変形すれば 上の数式(1)になります

    つまり直角三角形の「垂直辺=Y」は 平方根(ルート)の中に Ct(2乗)-Vt(2乗)・・に変形されます

    この「垂直辺=Y」とは「静止系」で 光源から「垂直に放出した場合」の光の距離のことです

    この数式は 静止系での光速=Cとの相対的な対比ですから この数式(1)を 光速=Cに対比させ Ctで「割る」と

    Y=「ルート」の中に 「Ct(2乗)分のCt(2乗)」 - Vt(2乗)分の Ct(2乗) になります・・数式(2)

    この数式(2)は 数学的に以下に変形されます

    Y=「ルート」の中に 1-c分のV(2乗)・・数式(3)

    この数式(3)の割合で 運動系の時間と空間が 静止系に相対して 時間が遅れ 空間が収縮する割合を示す数式です

  • ・・・ここで「運動系」の「光源」から光を「垂直」に放出します

    これを「静止系」で観察すれば 光は「直線コース」で進むので 運動系の「光源」から「垂直」に放出された光は 静止系の観察者にとって 「直角三角形(二等辺三角形)」の「斜辺」を進みます


    ここで ピタゴラスの定理により・・

    光が進む 直角三角形(二等辺三角形)の「斜辺」は 「光速=C 」で進み 「底辺」は 「光源の速度=V」で進むので  各々の「速度」に「時間=t」を掛けのが「距離」になるので「垂直辺=Y」は ピタゴラスの定理により以下になります

    ・・・

  • ・・・特殊相対性理論を 分かりやすく言えば 運動系を「電車」に喩え 「ホーム」を静止系に喩えれば・・


    「運動系の電車」に乗った乗客が「ボール」を「垂直」に放り上げると「静止系のホーム」にいる「観察者」にとって ボールが 電車の進行方向に「放物線」を描いて飛行しているように観察されます

    図形で示すと分かりやすいのですが 掲示板では 図形 数式が表現できないので 言葉では分かりにくいと思います

    この「ボール」が「光」です

    光は「直線状」なので ボールのように「放物線」を描かず 「二等辺三角形」の「斜辺」を、直線状に飛行します

    ・・・

  • ・・・ピタゴラスの定理は 直角三角形(二等辺三角形)の 斜辺の長さの「2乗」は 他の2辺の「2乗」の和に等しい

    ただ「掲示板」では「数式」や「作図」のメカニズムがないので「言葉」で表現するしか術がありません


    言葉で表現すれが 斜辺の長さを Z とすれば 底辺の長さを X とすれば 垂直辺の長さを Y とすれば


    Z(2乗)=X(2乗)+Y(2乗)


    このピタゴラスの定理が 1905年に発表された アインシュタインの「特殊相対性理論」にも表現されています

    特殊相対性理論は 僅か2ページほどの短い論文で「数式」と「概念図」が示されています

    この「概念図」が「直角三角形(二等辺三角形)」で示され 静止系 と運動系の時間と空間が、相対的に変化するという論文です

    つまりピタゴラスの定理が使われています

    次に どのようにして「ピタゴラスの定理」になっているか 簡単に分かりやすく解説します

    ・・・

  • ピタゴラス

    これはまた 難しい話題を提示されたもので ピタゴラスといえば中学時代に習った「ピタゴラスの定理」しか知らないので ピタゴラスを検索してみると な! なんと! 紀元前582年~紀元前496年に活躍したギリシャの哲学者 数学者となっている

    紀元前の582年から 紀元前496年にピタゴラスの定理を見出すとは びっくりこいた

    この年代は 日本では まだ縄文時代 日本が縄文時代のころ まだ文字すらない時代 ギリシャのピタゴラスは 数学で定理を導いたという

    嘘に思えるほど 天才的頭脳の持ち主

    ・・・

  • ・・・現在の 米国トランプは 北朝鮮の核・ミサイル開発を制するため カールビンソンなどを派遣 北朝鮮を軍事的に制圧すべく試みますが 米国一国では 対処できず トランプは「中国に協調」を求めます

    こういう背景があり 北朝鮮の金正恩は 中国国家主席 習近平の「面子」をつぶさないよう 米朝会談の「前」に表敬訪問し 中国からの支援を要請します

    つまり金正恩は 米朝会談の前に 中国を「後ろ盾」にします

    また 韓国の「文大統領」も 米国に対する事大主義から、少し脱皮し「南北融和」に配慮しています また 韓国も かってはシナの皇帝による冊封体制でしたので 中国の国家主席で かっての「シナの皇帝」に準ずる強権を発動した「習近平国家主席」を「無視できず」・・「米国寄り」になるか「中国寄り」になるか 米国と中国の「板挟み」で苦慮しているはず

    しかし 日本は戦後から 米国の「言いなり」になっています

  • >安倍首相が 北朝鮮問題に関して「ドナルドが確固たる信念や決意で 大きなその問題に対処した結果だと思います」と述べたとき 私は感動しました
    政治家の言葉ではありますが トランプの本心がそうであることを祈ります
    そして平和的解決ができることを願います

    同じ民族が 大国の思惑で分断され いまだに休戦状態でしかないという悲劇は もう終わらせるべきです
    南北併合に向け 北はもちろん南ももっとまともな国家になって欲しいですね


    ・・・この安部総理のセリフは 社交辞令で日本が強い者に巻かれろ、の「事大主義国」になっている証し

    朝鮮半島は 長年 シナの皇帝による冊封体制(さくほう)に置かれ「強い者に巻かれろ」の「事大主義」で生き延びます

    この朝鮮民族の事大主義により 太平洋戦争後 北朝鮮は 強国のソ連共産主義に対する事大主義で また、韓国も強国の米国に対する事大主義で生き延びます

    日本も戦後 米国GHQが約7年間 日本を統治します この米国による日本統治で それまでの「日本の全権」を保有していた「天皇」を、明治時代からの「大日本帝国憲法」の下で保障されていた「立憲君主の座」から引きずり降ろし 政治には無力な「国民の象徴」にします

    そして天皇の官吏服務令を遵守し天皇に忠誠を誓う「官僚たち」を、米国の配下に置きます つまり天皇の代わりに、米国が天皇の座に就いたようなもので 米国は「日本の各省庁の官僚」たちを通し 日本を統治します

    こうして日本は、米国の「言いなり」になる国家になります これにより1951~1952年ころサンフランシスコ講和条約で 日本が米国資本主義の一員となる日米同盟により独立を承認されます

    ここから 日本は米国の「言いなり」になり 強い米国に従えの「事大主義」の官僚 政治家の国になります

    ですから戦後、日本の歴代の総理は 米国大統領の飼い犬にように 尻尾を振っているのが 今回のトランプと安部の会談を見ても分かります

    それに対し 南北朝鮮は 長年 シナの「皇帝」に服属する冊封体制に準じていた事大主義により 北朝鮮は 最初 ソ連から支援されていましたが キューバ危機以後 かってのシナの皇帝による事大主義により 中国から支援を受けます

    ・・・

  • ・・つまりキリスト教は ローマ教皇庁(バチカン)のより 西洋諸国がキリスト教の国家になります

    つまり イタリア その他の「西洋諸国」は「白人」の国家です 「西洋白人国家」により「キリスト教が波及」します

    そして14~15世紀ころ 以前の投稿で述べたように・・「西洋白人キリスト教徒」たちが「神が創造した人間」とは「白人」であり「有色人は人間ではない」と決めつけます

    ここから「白人至上主義」の原点になります

    ですから イエス・キリストは「白人」でなければ「人間ではない獣」になってしまいます

  • ・・・こうして ローマ教皇庁(バチカン)の「ローマ教皇」は 西洋諸国に「絶対的な権力者」になります 西洋諸国の国王さえも ローマ教皇の意見に逆らえないほどの権力者になります

    これは「ローマ帝国」の皇帝がキリスト教を取り込み国教となしたから ローマ教皇は絶対権力者になったものだと思われます

    ローマ教皇は絶対権力者だったので 前の投稿で紹介したスペインのボルジア家のロドリゴ枢機卿は、悪徳の限りを尽くしてもローマ教皇になります

    ・・・

  • ・・・ところがキリストが磔刑により他界しても 益々 キリストを信奉する信者たちが増加します

    そこでローマ帝国は、コンティヌス皇帝の時代 皇帝に準じず キリストを神にように崇めるキリスト教徒たちを統一するため ローマ帝国を統一させるため「キリスト教」を容認します

    つまり コンティヌス皇帝は 皇帝に反旗を翻すキリスト教徒たちを 逆手にとり 皇帝が「キリスト教を支配」します 簡単に言えば コンティヌス皇帝が 「キリスト教の最高支配者」になります そうすれば「キリスト教徒を統制」できます

    こうして「ローマ」が、キリスト教の教皇庁=バチカンになります ですから バチカン=「ローマ教皇庁」は イタリアのローマにあります しかも独立的で特権が許されています 

    これは かって「ローマ帝国の皇帝」に由来しているからだと思われます

    ・・・

  • ・・旧約聖書の出エジプト記では モーセが エジプト王ラムセス2世から弾圧されていたヘブライ人(イスラエル人)の12支族を引き連れ エジプトを脱出します

    そして神との約束の地カナンを目指し パレスチナに辿り着き 12支族のうちの、ユダ族のダビデが12支族を統制 ヘブライ王国(イスラエル王国)を築きます

    キリストが、「パレスチナのナザレで誕生」したのであれば このヘブライ人(イスラエル人)12支族の末裔だったと思われます

    ところが ローマ帝国の「皇帝」は キリスト教を信奉するキリスト教徒たちが ローマ「皇帝」より 「キリスト」を神にように崇めるので ローマ皇帝の下で ローマ帝国の統一に支障を来し キリストをゴルゴタの丘で磔刑により処刑します

    ・・・

  • ・・・歴史的な史料は 裏付け証拠のある 第1~第3史料と 風説 伝聞の裏付け証拠のない第4~第5史料があります

    キリストに関する 裏付け証拠ある第1~第3史料が乏しく「多分に風説 伝聞」などの第4~第5史料がメインで キリストに関する信憑性ある史料が少ない

    キリストが「パレスチナ」のナザレで誕生した事からすれば ヘブライ人(イスラエル人)の可能性が高いと思われます

    理由は「旧約聖書」の「出エジプト記」が史料になります

    ・・・

  • >イエスキリストは中東人ですから 白人のわけがないのに 多くのキリスト像が白人になっている

    もちろん 黒人や中東風やアジア風など 地域に即したキリスト像もありますが なんといっても白人のキリストが多い
    そうでなければ、白人の信者が増えないのかも知れません


    ・・・イエス・キリストは 白人か 有色人か キリストは紀元前3~4年の頃 パレスチナのガラリア地方のナザレという所で ヨセフとマリアの間に生まれたと言われ「ナザレ人」だと言われています

    ではナザレ人とは何か 多分 ヘブライ人(イスラエル人だと思われます

    ・・・

  • ピタゴラスが命名したと言われる「完全数」
    「完全数」とは「その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のこと」

    その中で 小さい方から3つ目が496である
    496の約数は1, 2, 4, 8, 16, 31, 62, 124, 248, 496
    そのうち自身の数を除いた1~248までの9個の約数の総和が496となる

    約数が10固というのも10進法の我々には馴染むのですが これを2進法にするともっと面白い
    11110000 1と0が綺麗に分かれて並ぶ

    ヨハネの福音書の1章1~18節は、「496」の音節からできているし、ギリシャ時代から天地創造に関わる神秘数として特別視されていたという

    物理学者のジョン・シュワルツとマイケル・グリーンが 超弦理論の数式を詳しく分析していくと、 そこに一般相対性理論と素粒子の数式とが2つとも含まれていることが分かったという

    そして更に検算を進めていく過程で、この496という数が次々現れてきたというのだ
    実に神秘的ですね 超弦理論は何らか真理の一端を捕らえているのではないかという期待をしたくなります

  • 日米首脳会談が始まりました
    トランプ大統領と安倍首相は お揃いのネクタイで 日米の親密さと協力関係をアピールしていました

    安倍首相が 北朝鮮問題に関して「ドナルドが確固たる信念や決意で 大きなその問題に対処した結果だと思います」と述べたとき 私は感動しました
    政治家の言葉ではありますが トランプの本心がそうであることを祈ります
    そして平和的解決ができることを願います

    同じ民族が 大国の思惑で分断され いまだに休戦状態でしかないという悲劇は もう終わらせるべきです
    南北併合に向け 北はもちろん南ももっとまともな国家になって欲しいですね

  • >このカトリック信者が犯した罪に ロドリゴ教皇の罪も ガリレオに対する罪も 魔女狩りも スペイン白人キリスト教徒たちが行った中南米のインディオに対する殺戮 奴隷狩りのバンデュラスも含まれているはずで「西洋の白人キリスト教徒」たちが ロドリゴ教皇時代に「神が創造した人間は 白人であり 有色人種は人間ではない」と見なします


    イエスキリストは中東人ですから 白人のわけがないのに 多くのキリスト像が白人になっている
    もちろん 黒人や中東風やアジア風など 地域に即したキリスト像もありますが なんといっても白人のキリストが多い
    そうでなければ、白人の信者が増えないのかも知れません

    また 有色人種の間にも 白人に一目置いてしまう傾向がありますね
    背が高く手足の長いプロポーション 彫りの深い顔立ち やはり美男美女が多いのは確か
    しかし 白人は又、傲慢かつ残虐な側面もある 白人至上主義などとんでもない思想です

    皮膚の色や美醜で人間を差別しない世界になるのには 教育が絶対必要だと思いますね

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 悪徳のローマ教皇

    このボルジア家のロドリゴ枢機卿が、悪徳の限りを尽くし・・・目的達成のためなら手段を択ばない権謀術数(マキアベリズム)を描いたドラマが 知る限り 多分 2社による映画製作だと思いますが 2作 制作され、レンタルビデオショップに置いてありました

    「ありました」の過去形は なぜか途中から2作ともレンタルショップから無くなったからです あるいは キリスト教の冒涜になるので キリスト教信者によるクレームで 店から取り除かれたのかも知れません

    個人的に ある制作会社のボルジア家を描いたドラマを 2巻まで観ましたが 店から無くなり 後のドラマは観ていません」

    ドラマの描写は 随所に猥=褻なシーンが登場します ロドリゴ枢機卿が 女とベッドシーンを演じる場面 尼僧が 僧衣を胸まで捲り上げ 若い修道士に 女性の陰=部を嘗めさせるシーン

    ローマ教皇が 病に伏せると 女性が豊な乳房を剥き出し ローマ教皇が女性の乳を飲むシーンなど 猥褻なシーンが随所に登場します

    そして乳を飲ませた女性にローマ教皇が 余の傍にいることを許す と発言したり キリスト教ドラマと言うより エロドラマそのもの

    悪徳の限りを尽くすローマ教皇が かってバチカンを支配していました このボルジア家出身のロドリゴ教皇が地球を2等分し、スペインとポルトガルに与え 他国への侵略に「お墨付き」を与え ここから 西洋の侵略による植民地化が始まります

  • 詳しいご説明有難うございました

    >これは以前の投稿で述べたように 14~15世紀頃 スペインとポルトガルが領土争いに明け暮れていた時代 イタリアはルネサンスのころ スペイン出身のボルジア家のロドリゴ枢機卿が 富と権力を弄して、いかなる悪徳な手段を講じても「ローマ教皇」になります


    このボルジア家というのは 波乱に富んだ家なのですね

    スペインの一貴族から 財力にものを言わせてローマ教皇となり 得意の毒薬を使って次々と政敵を倒して権力を手に入れる
    また ローマ教皇でありながら 次々と私生児をつくる 

    娘のルクレツィアは 何回もの政略結婚を強要され そのため無理矢理離婚させられたり 夫を殺されたり

    息子のチェーザレは マキャヴェリズムを具現化した英雄のように見なされることもある たった32歳で亡くなっているのに! 
    「非常に有能」な人物であったのは 確かでしょう

    「どんな手段や非道徳的な行為も、結果として国家の利益を増進させるのであれば許される」というマキャヴェリズム
    今でも この野蛮な思想の信奉者は少なくないのですね

    世界史を学び始めた中学生の頃 「理想の時代」のように輝いて見えたルネッサンス 知れば知るほど理想とは程遠い

    また キリスト教徒ではないけど かつて私は教会が好きだった
    厳かで静かな佇まい 美しいステンドグラス パイプオルガンの響き
    でも カトリックの黒歴史を知って それも楽しめなくなった

    知識は 必ずしも人間を幸せにしてはくれませんね

  • <<
  • 8572 8553
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順