ここから本文です
  • 1

    *****

    よろしく

  • <<
  • 12620 12600
  • >>
  • 12620(最新)

    ari***** 6月24日 00:30

    >>12619

    朝 フラ友の東先輩から電あり。
    彼女はもう長くはないと思われるお母さんが居て、お姉さんが看ているとのこと。介護保険のことでアドバイスしてくれたんだけど、その内容を聞いても今はナンも理解出来ない。
    これからどんな生活になるのか見えないから何をすべきかも。。

    生きていれば、予期せぬ出来事ってふりかかるのよね、備えあれば憂いなし なんだろうけど、先々のことあれこれ考えすぎると行き止まりになって精神的によろしくない。
    元々わたしゃ(なんとかなる、その時はその時)そんなアバウトな人間だから 物事を深刻に考えないタチなんだ。
    必死になると辛くなるけど、アバウトに過ごせばそれほどじゃない ってのが実感。

    今日は姉の足の爪切りしてあげた。長い間手入れしてない爪は親指なんか動物の蹄みたいに硬く変形していた。
    だんだん自分のことも自分で出来なくなってまうんだなぁ、と。

    看護婦さん?、介護士さん? 若くて美男美女揃い。
    なんの話か楽しそうに話してる、若さは楽しそう。

     あり♪

  • >>12618

    >なんも立派なことないよ。家族だもん~

    いやいや、ありさんは、優しいよ!
    3人姉妹、仲が良いのは羨ましい。
    私、実姉とは最近あまり行き来していない。価値観が違いすぎるの。

    今日、7201から配当金振り込みあったと楽天銀行からメールが来た。
    6月と11月に振り込みあるんだね。得した気分で嬉しいよ!

    このところ、晴れれば、毎日庭に出て草むしりしている。
    例年はハズが草刈り機で ジュアーン、ジュアーンとやっていたのだけど、
    あまり見苦しいので、今年は私、草取り鎌を持って頑張っている。

    時にはラジオを聞きながら、時が経つのも忘れて
    無心になって草取りしてる。

    Tulip

  • >>12617

    こおもりさんあんがと。

    なんも立派なことないよ。家族だもん~

    自分の出来ることなんか限られているけど、出来ることはやろう と思うだけ。
    病室で姉とおしゃべりったって「誰それから電話来たよ」とか報告したらもう取り立てて話すこともない、病院の本棚から小説借りて病室で読んでいる。そばに誰かいるだけで姉も寂しさが紛れると思って。
    わたしもじっくり本を読むことに遠ざかっていたからいいかも。


    朝久しぶりのお日様、ソレッで布団カバーとかシーツなどの大物の洗濯。
    窓開けて空気の入れ替え、明日も晴れておくれ~

     あり♪

  • >>12616

    読んでるだけで立派だなあと思う。涙もろい爺身につまされとる。
    皆通る道やと思うがんばれや。     こおもり

  • >>12615

    tuさん 心配してくれてありがと~

    入院も二週間過ぎると生活パターンが出来てきます。
    朝洗濯したら、おにぎりとか軽いランチとか自分のを作って11時に家を出ます。お昼ご飯は病室で姉と一緒にとるようにしてるの。

    とりとめもない話して話し相手になって、2時半頃に病院の売店でどら焼きとかシュークリームなどおやつ買って姉と食べ、3時に着替えた洗濯物持って帰ります。
    結果でるまでかかるのかな、多分いい方へは行かないような気がして、
    介護の申請を薦められたので手続きしてきた。ケアマネジャーとの面談が来週に決まったところ。

    病室ですることなくて退屈で新聞を家から持っていったり、病院に本がいっぱいあるのでそれを読んだりして、
    シドニーシェルダンの小説あるじゃん、あら懐かしや、デパートで働いていた頃夢中で片っ端から読んだっけ。
    そんなことして3時頃まで病室に一緒に居てあげるの。

    なんもしてないのに家に着いたら脱力状態、株価だけチェックして、自分一人の食事は何でもいいやで、

    札幌の姉から毎晩「どうぉ?」と電話掛かってくる。
    まだ寝てるだけだもん「西部戦線異状なし」と返事するしかない。

    じゃ、病院いってくるね。

     あり♪

  • 2年前に買ったパン焼き機 この頃使っていなかったので、
    久しぶりにパンでも焼こうとセッティング

    あれ、分量忘れた。取説をひっぱり出して確認
    そうだ、強力粉280gだった!

    初めの頃こそ、水の温度とかに細心の注意を払ってやってたんだけど、
    すぐアバウトにやってしまう私の悪いクセ 死ななきゃ直らん!

    一応、やわらかパンにセットした。仕上がりまで4時間ほど
    これに野菜サラダとハムでもプラスすれば、今晩の夕食になるだろう。

    PS
    ありさん、その後、長姉さんの具合はどうですか?
    それにしても静岡は遠いなぁ! 近けりゃ、顔出しできるのに・・・・・

    Tulip

  • こんばんわチューリップさんまったく同感
    万引き云々みてないけど見たくない大体有名になったものは観ない聞きたくない
    子供のころから天邪鬼的 

    なんとか春樹も読んだことないノーベル賞も科学部門以外興味ない
    オリンピックも何とか賞の類も裏が信用できない(選任者)し感覚の違い?
    近頃はやりのビデオ判定がよほどいい

    今日漢方薬通販で届くひと月分うん万円高い
    声の覧は比較的正直完治などの記事なしまあ少し和らいだとある
    私も期待とないよりましで試すつもり

    そう絶望はないが希望もない毎日に生への努力を
    脚が改善したら短い旅行をしたい   
                  こおもり

  • >>12611

    私は2日前、友達に勧められて 映画「万引き家族」を見てきた。
    が、しかし 前評判とは裏腹に そんなに感動しなかった。

    これは 私の貧しい感性によるのかもしれない。
    でも、映画館で隣に座ったおばさんも、同様の意見だった。

    こおもりさん
    「そして父になる」の方が 良さそうだね。


    Tulip

  • >>12610

    すごいよ、ありさん!

    「デジタル・デバイド(情報格差)」って、言葉を知ってるなんて・・・・・!
    インターネット時代においては、コンピューター操作能力・技術的知識・貧富の差によって
    「情報を持つ者」と「持たぬ者」の格差が広がっていることを言う。

    私たち70代も、自分よりはるか年下の人から素直に学ぶ姿勢が大切だよね。
    その際、教養とかプライドは 脇に置いといて・・・・・。

    タミーは運転免許証の更新手続きに行ってきた。
    認知テストなどの結果が3年前より低下したと、がっくりしている。
    動作が緩慢になっているのが 私にもわかる。

    高齢者の事故は人ごとではないよね。
    でもクルマを取り上げたら、ひきこもり老人になるし・・・・
    地方に住む者は足がないと、生きていかれない。

    Tulip

  • 直ぐ感動 親子の絆を描いたドラマ 
    福山某主演の「そして父になる」録画を先ほど観終わる
    やはり父もだが母だ 子供は本能的に母との絆がと思う
                こおもり

  • >>12608

    「デジタルデバイド」にはなりたくない と思っても時代の流れについていくのは高齢者には酷な世界だよ~ん。

    病院の予約しょうと電話掛けても「音声ガイダンス」に阻まれる。
    耳の遠くなった年寄りには何度も試みるが結局アウトだ。

    >今や、年長の管理職たちが 彼ら若手から学ぶ時代になってきていると

    オフイスにパソコンが入った頃「ウインドウズ、出来なければウインドウズ」とPCをマスターしなければ「窓際族」になりますでそんな川柳があった。

    スマホに切り替えに行ったら「本日定休日」でした。わたしのガラケー画面真っ黒のままで使ってます。
    メールはダメだけど電話の掛け受けはできるので、充電して使ってます。
    病院通いで毎日いっぱいで自分のことに手が回らないのだ。

    自分のことは後回しになってしまう、なによりも気持ちに余裕をなくしてる、いかんな~
    tuさんのカキコみるとホッとする。

     あり♪

  • 昨日札幌の秋姉ちゃんが帰って、今日は長姉の二度目の手術。
    朝8時半に病院に着いて、4時まで病院に。
    病院にいてもなにもすることは無いんだけどね。

    今は、心も体もいっぱいいっぱいで余裕ないことこの上なし。
    新聞も読む余裕がなくてたたんだままじゃん、

    泣きそうになりそうでバス停まで秋姉ちゃんを送って行かなかった。
    秋姉ちゃんも「見送りしてほしくない」と。
    秋ねえちゃんも25日に検査入院(心臓)の予定なんだって、82才だもん故障が起きても不思議無い。

    着替えを持って毎日病院へ行く、総合病院だからよくもまあまあこれだけ患者がいるもんだ、と。  身体のアチコチが故障した人間のつくだ煮だ。

    考えてみたら自分はさほど大きな病気もせず今までよく来たもんだと思う。
    あ、10年前に小指の先に腫瘍が出来て一日入院したことある。
    砂粒ほどの腫瘍だったが神経の上だったので、神経ごと切り取り縫合するため、全身麻酔の4時間に及ぶ手術で、
    「あなたが噛んだ小指が痛い」とはならず、その小指に今も時々違和感ある。
    身体を切ったり貼ったりしちゃいけないね~ ツケが回ってくる。
    ヒアルロン酸注入した芸能人の顔、気持ち悪り~


    地震はやはり怖いものの筆頭だね。

     あり♪

  • 今日の英語勉強会のNHKテキスト内容
    アメリカでは 現在26歳の人たちが最大の単一年齢グループを構成していて
    約480万人いるとか

    彼らを含む、1980年代、90年代生まれの「ミレニアム世代」の人達は
    生まれてからずっとデジタル機器に親しんできた世代 =デジタル・ネイティブと呼ばれている。

    今や、年長の管理職たちが 彼ら若手から学ぶ時代になってきていると
    わかるなぁ・・・・! タミーにスマホ持たせたはいいが、
    「これどうすりゃいいんか・・・・?」 いろいろ私に聞いてくる。
    私だって、わからんのに・・・・・。

    Tulip

  • 今朝の地震で被害を受けられた方々へ
    心よりお見舞いを申し上げます。

    昔から怖いものは「地震 雷 火事 親父」とあるが
    「親父=大山嵐=台風」という説もあり、よくわからないけど、
    やはりダントツに怖いのは地震だと思う。

    これは人間の予知を超えている。
    犠牲になった小学4年生の女の子、可哀想すぎる。

    私くらいの歳になると・・・・・あきらめもつくが、
    9歳で命を落とすなんて、両親の気持ちは いかばかりかと心が痛む。

    Tulip

  • 今日は朝からいい天気 
    ハイキングおたくのハズは カップヌードルと草餅1つ持って里山へでかけた。

    私は午前中教会に行き、午後は庭に出た。
    日差しが暑かったけど、草むしり3時間弱、そのあと4時から草木に水やり。

    5時頃から、家の裏の川横のコンクリート焼却炉で刈り枝や刈り葉、枯れ草など燃やした。
    本当は 家庭焼却炉で燃やすのはダメなんだけど・・・・ゴミの日に 山ほど出すのに抵抗があって

    松の木の剪定は 私が下手ながらどうにかクリア 
    サザンカの垣根はタミーが電動バリカンで ジュアーン、ジュアーン
    父の残した広い庭 あと何年 2人で管理できるだろうか?

    Tulip

  • 今日は寒かった~
    日中も寒かったけど、夜は足が冷たくなって、たまらずストーブスイッチオン。温かいってこんなに心地良いものだったか と。

    病院の食事は味がなくておいしくない と言う姉に厚焼き玉子を作って持っていった。干ししいたけを甘辛く煮たのを細かく刻んで入れた。
    なんのことはない、ちらし寿司の具の余りで、

    たま~に作る厚焼き玉子だが、簡単で難しい厚焼き玉子。
    今まで一度も「我ながら満足」したことはない。 ミルフィーユみたいになってしまう、今日のはマシだったけど一体感のあるふわっとした食感にならない、味はいいんだけど~(笑)

    バスの車窓からNHKでも取り上げられた プリン屋に若者が行列していた。
    行列してまで食べたいもんかぁな。

    昔は温泉はおじさんの群れが芸者遊びしたり麻雀したりって印象あったけど、今は若者が三々五々とやってくるようになって、温泉まんじゅうから温泉プリンになったってわけか。

    時代は変わり続けていくのね。そしてわたしも年をとるってか、違いない。

     あり♪

  • >>12603

    この歳になると、
    過去のいいことも悪かったことも すべて懐かしい。

    昔、私は 他人を愛せるか・・・・と思っていた。
    結構、我が強く、好き嫌いがハッキリしてたから

    でも歳月は人を変えるね。 
    この頃は、細かいところはどうでも良くなって・・・・・
    何に対してもいい加減 まぁいいっか!で 生きている


    ありさん、
    やさしい秋姉さんが北海道に帰られるのね!
    この先、あと何回会えるか・・・・・と思うと わかるなぁ、その気持ち
    また元気だして生きていこ!

    Tulip

  • 毎日 秋姉ちゃんと見舞いに病院へ。

    月曜日に秋姉ちゃんは札幌へ帰る、火曜日二度目の手術、わたし一人、この先のこと考えたら心細いことこの上なし。
    75才しっかりせんかい、と自分に檄を飛ばすも。。。。だ。

    考えてみたら姉たちは、わたしにとって姉と母親の二役だった。
    いつも頼っていたわたし、
    特に秋姉ちゃんは、以前keyさんにも話したけど、
    離婚したわたしの元夫(5年前没)は秋姉ちゃんが付き合っていた男(ひと)だった。
    元夫と妹のわたし、秋姉ちゃんにひどいことしたのに、、
    他人ならゼッタイ許せないことも、妹を祝福さえしてくれた。
    お金を借りたこともあった。

    あれや、これや色んなこと考えると夜ねられなくなるので、夜中1時過ぎて瞼が仲良くなるまで起きてます。それなのに朝寝坊のわたしが早起きに。

    自分がいくら望んでも ピンピンコロリ とは そうは問屋は卸しませんね~ やはり、その時は神のみぞ知る ですか。

    しょうがない、その時が来るまでジタバタしますか。

     あり♪

  • >>12600

    >やっぱり検診行かなきゃよかった。
    うん、わかるなぁ!

    私もいつも迷う。検診に行くべきかどうか。
    私の母は74歳の夏、急に食べられなくなった。胃がんが見つかった。
    どうも本人は以前から自覚症状があったみたい。
    医者はもう手の施しようがなく余命3ヶ月と言った。

    3ヶ月なら、自宅で看ようと娘の私は思った。
    でも、母親の死に直面するのが怖くなって、最後の2週間はホスピスに入れた。
    医者の言った通り、きっちり3ヶ月後 母は苦しまないで逝った。

    私も母のように死にたい。
    検診にいって、何か見つかると怖い。

    母のように ある日「食べられない!」となるまで 
    放っておいてもらいたいという気持ちがある。

    Tulip

  • 病院ついてるついでに10年ぶり健康診断に行った。
    尤も安い診断を選んでいた高気圧180とでて看護士さん2度測ったが同じこと。
    最初からそう申告してたのに内科を受診して治療をとアドバイスする。

    降圧剤は中毒になり副作用があるから嫌だと言ったら黙った。
    ネットで調べたら食事療法と運動の自己治療が良いと言う記事
    煙草も酒も女もずーと断っている。どうすりゃいい?

    血圧下げる食べ物ってなんだろう。もうそんなに長生きできなくて結構
    ただ死に際苦しまずを希望やっぱり検診行かなきゃよかった。
    向こうもだったら来るな!!だと思った 市役所毎年案内寄越すからだが・・・
    すいません・・・
            こおもり

  • <<
  • 12620 12600
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ