ここから本文です

>>20327

ケンさん、皆さん今日は。

昨夜はBSを観るとはなしに観ていたら「マリゴールドホテルで会いましょう」と云うヒューマン コメディー をやっておりまして、まさしく「ヒューマン コメディーとはこういうものなのか…」
と認識を新たにさせられました。
(ケンさんならば、とうにご覧になっていますよね)
登場人物7人のセリフがそれぞれに活き活きとして味があり、奥が深くウイットに溢れ、出演俳優の表情が豊かで素敵な作品を思いがけなく「眺めた」 、、、m(__)m ← (例の如く 寝てしまった … 懺悔 )

ちょうどアザミさんやケンさんと「保養地と終の住処、とその先の暮らし」などが話題になってましたから、タイムリーでした。
……イギリス人の後期高齢者・男女7人が終の住処をインドに求め各々集合し、地方の倒産寸前のボロホテルに辿り着き、そこのマネージャーらしき青年と7人のやりとりと、とどのつまりを描いた作品、だったような気が…

「老いるっていうことは日常の繰り返しでいつの間にか歳とって、 (中略) 、例えばハイジャックに遭ったとして、頼みもしないのに周りが勝手に一番最初に解放させてくれる…ようになっちゃう」と云うと、すかさず話し相手の老人がウインクして「そうよ余計なお世話だ」とばかりに相槌を打つ。
全てが人生の酸いも甘いも知り尽くした老人なればこその元気パワーが残っている老人限定の金言です。
出演者はジュディ・デンチ他。
自分的にはオープニングでのシーン、ジュディ扮する未亡人が
PCのサポーターに「無線LANとWi-Fiの違いはどうなの ?」と聞くシーンでサポーターが「登録者に代わって」と言われると
「最近、本人である夫が死んだので…」と、
よくあります、こんな会話って、「会話がフリーズ」、歳のせいなのか、ついていけない世界が徐々に増えてきた。

ウチの近所では高齢者と若い世帯と二分化、中間の熟年層が居りません。
なので政治経済を話題にすると胡散臭がられてしまいます。
「政治経済にいくら注文つけても仕方ない、選挙で投票するしかない」と、ある意味達観したご意見が多い。
現に今更「小選挙区制」を見直す声が出始めています。
所詮、この世の中「政治や経済抜きで」暮らせることは何一つありませんし、支持政党が無いのもつらい。

老後のことを語ると「その時はその時」と、つい最近まで笑ってた裏の一人暮らしの奥様、もう雨戸を閉めたままお留守です。
夜中に救急搬送されて二週間、、、
彼女の庭のお花に水やりだけが、私に出来る精一杯のお見舞いですが、子育て支援も良いけれど、人生のフィナーレを自由に選択出来ない「家庭内介護」が、如何に家族にとって残酷か考えの及ばない政党には投票しない。

  • >>20328

    皆様こんばんは。
    今日は朝の散歩に出ただけで、どこへ出かける気にもなれず一日中ゴロゴロして過ごしました。不精者の面目躍如と言ったところですが、こうして3度の飯だけ食べていると、だいいち美味しくないし太ってしまいそうですね。ビールを美味しく飲もうと思えば、やはり活動しなくてはダメですね。

    >ウチの近所では高齢者と若い世帯と二分化、中間の熟年層が居りません。<
    女神湖さん、そうですか。私の住んでいる町内は、後期高齢者の一人住まいが圧倒的に多いですね。新幹線が轟音を立てて通過するだけで、町内はシーンと静まりかえって、物音一つ聞こえません。死にかけのお年寄りが戸を閉め、息を潜めて暮らしていますので、まるでゴーストタウンさながらです。外から営業に来た人が「静かな町ですね~」などと不思議そうな顔をします。私は「たぶん、皆さん、死に絶えたんでしょう。私も、もうすぐ死に絶えますので、営業のお役には立てません」と言うことにしています。

    「マリーゴールドホテルで会いましょう」は、封切り時に見た記憶がありましたので探したところ、NO.16934で書いていました。この頃はちょうどこのトピがテキストリームに切り替わった時期だったようです。この映画を見たのは名古屋の都心部に位置するミリオン座という単館系の映画館です。昔は大劇場でしたが映画の衰退で取り壊され、小さな劇場に衣替えしました。1階に169席のミリオン1があり、チケット売り場や売店、待合室などがあり、3階に105席のミリオン2と、67席のミリオン3があります。

    待合室で待機していると、上映10分前に放送があり、各入り口に集まり女の子がチケットの番号順に入れ込み、中は自由席です。ところが朝の1回目はチケット売り場でチケットを切り、客は勝手に入場するシステムです。それで私は「人生ブラボー!」のチケットを買い、間違えて開映が同時刻の「マリーゴールド」の方へ入ってしまい、この映画を見ることが出来たわけです。

    シネコンは建物の条件でいろいろな構造になっています。通路が一直線に奥へ延びていて、その左右に部屋が並んでいるのが一般的ですが、既成の建物へ入っているシネコンは、入り口は一カ所で左右に分かれて、奥でまた枝分かれをして、迷路のようになっているシネコンもあります。これだとチケット1枚買って、部屋を渡り歩けば1日中楽しめますね。余白残0。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン