ここから本文です

日韓基本条約は 韓国側は国と国の関係の請求権は破棄したよ 
        でも国民の請求権はまだあるて主張
        だから 韓国国民が一段となって 
        日本及び日本企業に 350兆円しはらえといっえるだけ

       つまり 国との国交正常化資金ははらいました
       でも韓国国民の請求権は支払ってません。
    

     だから 日本と日本企業が 350兆円しはらえといってるだけ

これが 日本外交なの。 自民党外交なの。

これのどこが 韓国と折り合いつけてるんだ?

  • >>2603

    個人の請求権はあるんだな?
    それは韓国国内で処理するようにと
    いってたんかな?

  • >>2603

    >つまり 国との国交正常化資金ははらいました
           でも韓国国民の請求権は支払ってません。<

    あなたそんなザルのような脳ミソでいい加減なこと言ってはいけませんね。
    日韓請求権協定、日韓基本条約で請求権については完全かつ最終的に解決したと謳い
    時の朴正煕大統領は解決金(5憶ドル=当時の韓国国家予算の2倍近く)はすべて政府にくれと言い、その金を道路整備や産業振興に使いあの「漢江の奇跡」と言われる発展を成し遂げたのだ。

    その際、我々政府から個人補償は対応する旨を言っているのだ。
    さらに、2005年盧泰愚政権も個人補償についても解決済み、としているのだ。
    今回の判決の持つ意味は「韓国内の対応で、韓国政府が韓国国民に個人補償を実施する」という
    意味しか持ちえないのだ。
    慰安婦問題から徴用工問題まで「歴史認識に関する問題」は今まで韓国政府が韓国国民に
    「内容や交渉経緯、結果」につき詳細に説明、納得させてこなかったツケがここにきて
    「中二世論」を助長し国際的に唖然とさせる結果を導いているのである。
    いつまでも「未来志向」でなどとお茶を濁さずまず自国のけじめをつけてから国際社会に
    伺いを立てる、ぐらいのスタンスが必要である。