ここから本文です

生活保護受給者はある意味「被害者」なんです。

受給者の例
建築関係の下請けで日々働いていたが、社会保障費の企業負担部分・個人負担部分の知識がなく
未加入のまま高齢者になってしまった。若いころの労働がもとでヘルニアになり歩行困難

飲み屋の皿洗いとかで日々生活していて、社会保障関連の知識がなかった。そのまま高齢になり
病を得て働けなくなった。

中学卒業後、家族のうちで働ける者が一人のため、怠け者の病身の母親、身障者の兄、本人20歳でアルバイト的な
仕事で家族を養う。貯蓄はできない。将来の生活保護世帯候補

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア