ここから本文です

苫東2号機 再稼働を延期
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6297844
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 318 298
  • >>
  • 318(最新)

    pen***** 9月24日 05:30

    >>317

    <10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったと推定されている(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めている)。建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2千余棟である。>と言われる「関東大震災」から100年近くが経ち、その間にも幾多の地震を経験している関東地方の家屋は”耐久・耐火化”が進み、<”街ごと火災になる広域火災”>の可能性は減少してきている。

    尤も、<足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区等>の”ゼロメーター地帯”で一番怖いのは隅田川、荒川、中川等の堤防が巨大地震で決壊し、”広域水害”を齎すこと。

    一方、関東地方より関西地方の方が永らく「大地震など来ない」と信じ込まれていただけに、耐久・耐火化が遅れた古い家屋が多く、尚且つ河川の堤防も大地震に対しては脆弱だ。

    頻繁に地震を経験している関東地方と滅多に地震が無かった関西地方ではインフラも含めて違いが大きいだろう。

  • >>316

    >逃げ場所はない。

    仰る通りですね。
    海溝型(プレート境界地震)、内陸型(断層型)を含め
    日本国土で地震がないところはありませんね。

    ただ、地方(六大都市以外)の平野部に住まうのと
    六大都市、特に東京に住まうのでは危険度が格段に違います。
    液状化等で家屋が倒壊したとしても、都市部で広域火災等で命を落とす危険は
    地方では十分回避できます。

    人口集中(一極集中)が悲惨な結果をもたらすということです。

    現在、東京臨海部(江東区)では人口が激増し保育所どころか小学校
    も足りない状況が続いています。

    しかし、その江東区。
    殆どが”埋立地”です。
    巨大地震がくれば、液状化等で大変な被害がでるでしょう。
    超高層マンション、、、
    これも建築してから巨大地震を経験したことは皆無です。

    1990年代、僕は”国土地理院”と一緒に測地、測位システムの仕事していた頃
    地理院の研究員の方の中には「江東区、江戸川区等は、元来震災時に避難が
    非常に困難、避難不可能といってもよいくらいだ」と危機感を話していました。

    更に、足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区等の住宅地は道幅が狭く
    震災に見舞われれば、瓦礫等で緊急車両も入れないでしょう。
    間違いなく”街ごと火災になる広域火災”となるでしょう。

    人口の多さからして
    家が焼けた→仮設住宅というシナリオも成り立たないでしょう。
    それ以前に”国家財政破綻”ですね。

    東京の巨大地震被災は未だ人類が経験していない容態を示すことは
    間違いありませんね。

  • >>309

    >国が復興援助不可能となれば、みな東京を放棄してさっさと
    生まれ故郷に戻ることでしょうね。

    生まれ故郷で地震が起きない保証もありませんからね。
    地震怖い起きないところに行きたいとなると日本脱出しかない。
    関西でも起きたし、東北でも起きたし、九州でも起きたし、北海道でも起きた。
    愛知から高知の沖ではカウントダウン状態。
    逃げ場所はない。

  • >>312

    <被災地支援の液体ミルク使われず 都が提供 道が「利用控えて」と連絡
    9/23(日) 10:11配信

    「国内で使用例がない」で使用中止

     胆振東部地震発生後、東京都から胆振管内厚真町など5町に提供された乳児用の液体ミルク1050本のほぼ全量が、使われずに保管されていることが22日、北海道新聞の調べで分かった。道から「国内で使用例がない」などとする連絡を受けた各町が使用を止めた。しかし、実際には2016年の熊本地震で使われている。開栓してすぐ飲める液体ミルクは利便性が高いが、住民に周知されることなく備蓄に回った格好だ。(酒谷信子)

    「取り扱いが難しい」とも連絡

     東京都によると、道の要請を受け、災害備蓄用のフィンランド製液体ミルクに1本ずつ日本語の説明文を添え、9日に発送した。道は11日に胆振管内厚真、安平、むかわ、日高管内日高、平取の各町に配った。

     道によると、道災害対策本部などの職員が11日ごろ、胆振、日高両総合振興局や道立保健所に対し、「液体ミルクは国内で使用例がない」「取り扱いが難しい」として使用を控えるよう各町の担当者や保健師に知らせることを求めた。
     道保健福祉部地域医療課は「(都からの液体ミルクの提供後)相談した医師から『国内での使用例はない』と聞き、各町に伝えた。液体ミルクは『水すら使えず、粉ミルクを作れない時のために保管してほしい』との趣旨で知らせた」としている。>

    <道保健福祉部地域医療課>の担当者は一体どの医師に相談したのか?
    又、提供した東京都側に何故相談しなかったのか?

    全く無知・責任回避の”役所仕事”としか思えない。

  • <◆泊への送電を死守していた北電

     地震発生は2018年9月6日3時8分、北海道胆振地方中東部深さ37kmを震源に、M6.7でした。この後、震度6+~7であった苫東厚真発電所は2号機4号機が緊急停止し、3:10ころには道東全域が停電しています。

     北海道電力発表によると、狩勝幹線(275kV)でNo.52鉄塔の周辺地滑りが起き、岩知志線(66kV)で鉄塔二基の倒壊が起きています(参照:北海道胆振東部地震による当社送配電設備の被害状況と復旧見通しについて 第2報 2018年9月16日 北海道電力株式会社)ので、北新得変電所以東への送電に障害が発生したようです。ただし、釧路で一時的に送電が回復していると言う証言がありますので、187kV送電線や他社送電線を介しての送電や北海道電力が多数擁する水力発電所からの送電が試みられたものと思われます。

     しかし、結局送電網の需給バランスが維持できず、道東はブラックアウトに陥ったのでしょう。ここで重要なのは狩勝幹線を失ったと思われることと、他社送電線と古い187kV送電線を用いても送電回復できなかったことですが道央での需給が維持できなくなっていましたのでもはや中央給電司令所では手が回らなかったのでしょう。

     この後10数分間ほどの間、苫東厚真1号機(石炭火力350MWe 1980年運開)の運転維持と、道北と西双葉、双葉変電所以西(道南)の送電網からの切り離しによって道央と泊幹線および後志幹線を介した泊発電所への送電を維持していたことが分かっています。また、北本連系線も直ちに100MWeから能力いっぱいの600MWeに北海道への送電量を増やし、道央と泊発電所への送電をまさに「死守」していたことが分かります。>

    <道央と泊発電所への送電をまさに「死守」していた>にも拘らず結局”全道ブラックアウト”を齎した。

    結果論だが、泊原発を最優先で死守するつもりなら、「<道央>への送電も先に止める」べきであった。
    結局「二兎追うもの一兎も得ず」の”全道共倒れ”の結果に終わった。
    原発は「不稼働中でも冷却を続けなければならない」”お荷物”の存在と言える。

  • >>305

    皮肉なことですが
    これまで、東京一極集中を解消する=地方創生は政治家が実践しても
    実現できていませんね。
    それは
    ①民間企業の企業活動に国が過度に介入できないこと。
    ②中央省庁の移転も反対論が根強く、官僚VS政治家の構図となってしまうこと。
    ③日本人が古来から持つ”都好き”の慣習。

    これらを克服するのは困難ですね。

    1990年代、僕は民間企業で仕事をしていましたが
    当時既にフランスやドイツの大手企業の日本法人は”BCP"=業務継続計画を
    策定しはじめていました。僕はそのコンサル業務をしていました。

    フランス人、ドイツ人は
    ”なぜ日本は重要な国家資産や産業資産を一つの場所に”野ざらし”にするの?
    日本のビジネスはおかしい。と言われました。笑

    彼らは”地震予知はできなくても、必ず来ることはわかっている。
    それなのに無策ってどういうわけなのか?”とも言っていました。

    本当に皮肉なことに
    首都直下型地震、関東大震災の再来で、初めて政府機能、民間企業の
    地方移転が進む=地方創生となるのではとも思いますね。

    東京が震災で被害を受けた場合、社会資本や企業資産、不動産資産等の滅失は
    天文学的数字になると言われています。
    当然国家財政では立て直せないものです。

    僕は世田谷で生まれ現在もそこに住んでいますが、あのバブル期
    狂乱地価で”固定資産税”を払うことができず、どんどん地元の方が去って
    いきました。
    そして、今近くの渋谷では例の如く”超高層ビル”が林立しようとしています。
    超高層ビルも、大型ショッピングモールも全て”融資=借金”で建てられています。
    そしてまた地価が上昇しはじめています。
    超高層マンションも住んでいる方は殆どローンで支払いを
    していることでしょう。

    巨大地震で、不動産価値が暴落すれば、費やされたお金は一瞬で
    消えてなくなるでしょう。
    残るのは、借金だけです。

    国が復興援助不可能となれば、みな東京を放棄してさっさと
    生まれ故郷に戻ることでしょうね。
    一極集中は災害時の人的被害だけではなく、地方を巻き込んで国家を破綻
    させることになります。

    小池都知事は東京の税収を増やすことに躍起ですが
    これ以上一極集中を進めるのは”自殺行為”ですね。

  • デマを垂れ流し道民の不安心理に拍車を掛けるばかりの反日野党!
    あれが悪いこれが悪い!政府のせいでこうなった!

    想定外の巨大地震であり、
    道民が助け合い励まし合い再興するしかありません!
    大自然の北海道!でっかいどー!他に何もなし!

    がんばれ北海道!

    ふぇふぇふぇ

  • >>304

    >地方から東京に出て来ている方も、実家のある故郷に退避するでしょう。
    火災、液状化、洪水で多くの住宅が壊滅的な被害を受け、
    東北、熊本、北海道等の地震で国が激甚災害に指定し、
    地方自治体を援助したのとは訳が違います。
     被害家屋の数からしてもおよそ援助などできず、国家財政は破綻。
    ならば、国内、海外に”国債”を発行して。。と安易に考え
    るところでしょうが、今でも1000兆円超えの先進国最悪の財政状況

    ★現実に 次の関東大震災が確実なわけですが
     ホント いつまで 宵越しの金を持たない、キリギリスたちは 
     ”真夏の一夜の夢・・・” お祭り騒ぎを続けているのでしょうね?

    ・世界的なナンバーワン企業の YKKは さすがに
     本社を 創業の地 黒部市へ移転しましたし、
     自動車メーカー各社も 仙台、盛岡周辺へ 徐々に拠点を移していますね。

    ・関東大震災再来、東海・東南海・南海地震再来が確実視されている訳ですから
     世界的な企業の 企業防衛としては 当然のこと。

    ・311で 蓄積されていた最大のエネルギーが解放された東北地方が
     現実には 一番安全なのかも知れません。

    ★インターネット、高速道路、新幹線網、航空機がこれだけ発達し、
     航空機は更に 今後10~30年間ぐらいで
      大きく進むことが確実なのですから
     高コスト、入りすくな首都圏に集まるのは
     ファッション的群集心理だけであり
     産業経済的には 殆ど意味がありませんね。

    まあ 私は窮屈なのが大嫌いで 
     必要時新幹線で約1時間で行ける田舎に住み
     時々 遊びに行くだけで 充分であり 
     安心 安全で 水も空気もお米も美味しく
     生活コストが はるかに安上がりな田舎暮らしを満喫させてもらっていますが(笑)
     
    >そして地震で産業資本も失われた日本にどの国が投資するでしょう?
    疑問です。
    ★まあ 大ダメージには相違ないが、
     西日本や 仙台周辺とかに 中心が移るのかも知れませんね。

    > 現実的に、財政破綻で復興ができず、”東京を放棄”するシナリオ
    だって僕はあると思います。
    >それほど、いびつな一極集中をしてしまったということです。

    ★日本人のメンタリティでは
     ”天災” ・・・ 神様の逆鱗にょる ”東京放棄!”は
     受忍するしかないでしょうね。

  • >>300

    そうですね。

    石原さんが、首都機能分散に異議を唱えたことがありましたね。

    不安を煽るつもりは毛頭ありませんが

    東京は”首都直下型”以外に”相模トラフ”を震源とする巨大地震。これは大正時代の”関東大震災”と同じ震源域の地震も限りなく近未来に迫っていると言われています。

    要するに、2つの巨大地震の脅威にさらされているということです。

    人的被害は当然、東京に巨大地震が来れば、政治、経済(金融を含む)活動は麻痺状態となるのは明らかです。

    先日、東京銀座のいつものビルの前の地価が”前バブル期”を超えたとメディアは伝えていましたが、地震が来れば”実体のない”不動産など資産価値は暴落。
    地方から東京に出て来ている方も、実家のある故郷に退避するでしょう。
    火災、液状化、洪水で多くの住宅が壊滅的な被害を受け、東北、熊本、北海道等の地震で国が激甚災害に指定し、地方自治体を援助したのとは訳が違います。
    被害家屋の数からしてもおよそ援助などできず、国家財政は破綻。
    ならば、国内、海外に”国債”を発行して。。と安易に考え
    るところでしょうが、今でも1000兆円超えの先進国最悪の財政状況
    そして地震で産業資本も失われた日本にどの国が投資するでしょう?
    疑問です。

    歴史をひもとくと
    あの”関東大震災”の後、政府は首都移転すら考えました。
    しかし時の大正天皇の摂政を務めた昭和天皇は
    首都移転を”否定”。

    しかし、あの大正と現在では比べ物になりません。

    現実的に、財政破綻で復興ができず、”東京を放棄”するシナリオ
    だって僕はあると思います。

    それほど、いびつな一極集中をしてしまったということです。

  • >>299

    >巨大地震で一挙に膨大な社会資本が失われれば、おそらく日本の
    国家財政をもってしても復興はできないと思います。

     保険で結構カヴァーされるのでは内科

  • >>299

    >当然”ブラックアウト”の危機に直面するでしょう。

    ★東電が どれだけ機敏に
     (自動化されたシステムで)
     大東京、首都圏の電力需要を
     減った発電力に合わせて 即断させられるか?

     そこにかかっていると思われます。

    ・311時 計画停電すらしなかった東京が
     最大の混乱にたたき込まれますね。

    ・まあ 江戸の昔から 大火、富士山噴火など
     大災害のごとに 全滅しては 紙と木の 安普請で立て直してきた歴史!

    ・前回の大震災犠牲者 10万人とか。。。
     当然 一人一人の身元確認なんか出来るはずがない!
     山積みして 焼いたようですね。・・・・
     311時の東北の犠牲者も 悲惨だったが

     関東大震災再来時の 悲惨さは その比ではない事が確実!

    貴方は どうなさるのでしょうね?

    ・あまり くよくよせず”柳に風”で 受け流すのが
      江戸っ子文化、 江戸の気風ではありますが。。。(笑)

  • >>299

    >東京の震災=日本の”最貧国”化ということを政治家もメディアも
    全く言わない、気付かない?

    ★各個人、各企業で備えるしかないですね。
     大震災がなくても 数年先にアベノミクス崩壊の激震が訪れるでしょうし。。。

    ・金の現物で保有とか。。。。

  • >>299

    >東京の震災=日本の”最貧国”化ということを政治家もメディアも
    全く言わない、気付かない?

    >暢気な国民だ。

    ★一時期 国会で
     首都圏機能分散の議論がかなり進んで居たようでしたが
     大戦犯” 石原が 冷や水をぶっかけ!
     脳タリンな霞ヶ関官僚が 追随して 消されてしまいましたね。

    ★いまとなれば
     野党が 非常時に 何処でどのように受け皿を整えるか?
     そこが肝でしょう。

    ★宇都宮~福島~仙台の間と
     水戸~日立圏あたりかな~

  • ◆北海道の地震から見える東京の悲劇的結末◆

    北海道の地震では、大規模な停電(ブラックアウト)が起き大混乱しました。

    東京では首都直下型地震が向こう30年以内に70パーセントの確立
    で起きるとされています。
    現在、原発が停止しているため東京の電力のほぼすべてが東京湾
    に沿って稼働する火力発電所が賄っています。

    首都直下型が来れば、東京都心では”震度7”が予測されています。
    当然、発電所はそれなりの被害を受けるでしょう。
    東北、中部電力等から自動的に減った東京の電力を補う仕組みがあるようですが
    ”焼け石に水”だと思います。

    当然”ブラックアウト”の危機に直面するでしょう。

    電力ばかりではありません。
    ①江東区、お台場、江戸川区、足立区、墨田区等
    の液状化、堤防破壊時の洪水
    ②中野区、下町地区の大規模火災。

    北海道とは比べ物にはらない程の惨禍が起きることは
    は明らかです。

    更に、上下水道、ガス、送電、通信等の膨大な”社会資本”と超過密に蓄積された
    民間企業(本社機能等)の産業資本が大きく失われます。

    冷静に考えれば
    先進国の中で、首都が巨大地震により被害をうけるという歴史は
    ありません。
    しかも、他の先進国とは違い
    東京は、”政治””金融””経済(民間企業の本社等)”が集中しています。
    アメリカはワシントン=政治の中心、金融はニューヨークです。

    地震による人的被害は勿論のこと
    巨大地震で一挙に膨大な社会資本が失われれば、おそらく日本の
    国家財政をもってしても復興はできないと思います。
    更に産業資本が多く失われ、経済活動の継続も困難となるでしょう。

    東京の震災=日本の”最貧国”化ということを政治家もメディアも
    全く言わない、気付かない?

    暢気な国民だ。

  • <<
  • 318 298
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!