ここから本文です

選挙後の消費税増税を自民党支持者は容認するのだろうか
 圧勝熱に浮かされて、愛国者のような振る舞いが後で自分に
 重く圧し掛かる、こんなはずじゃなかった。と思っても
 後の祭り、今時の有権者は自分が苦しくても税金を払いたがる
 面白い現象だ。株投資で少しばかり利益を上げても国税、地方税
 20%強掛かってくる。それだけでも我には重税感があるのに
 日常生活品にも消費税10%が万遍無なく掛かる、平均年収400万
 かそこらで10%の消費税を払おうと自公の政策に賛同とは真意が分からん

 バランスシートを単に信じての話であるが、森友の土地値引きや
 加計学園への90億近い補助金等、無茶苦茶な税の使い方を改めもせず
 増税をいうのは、虫が良い。大阪の松井氏が云う様に国会議員が身を切る
 改革が先だ。国会議員は特権階級では無い国民の単なる代表、そこを間違え
 やたら議員風を吹かせたり大物ぶった輩をこの選挙で落選させなければ
 益々国民は苦境に陥る。安倍の甘言に乗せられて、投票先を間違わない様
 ご注意・・