ここから本文です
Yahoo!ニュース

集団的自衛権

  • 18,225
  • 2
  • 2017/08/23 00:43
  • rss

集団的自衛権 意見集約は半日
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6184841
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 18224 18204
  • >>
  • 18224(最新)

    it_***** 8月22日 20:21

    集団的自衛権こそが、領海侵犯行為である。
    どの国も集団的自衛権行使と言いつつ、PKOに派遣し、他国領域に潜り込み、軍事行為を行う。
    そこでは、複数の国家と軍隊が交わり合って、接触を繰り返す。
    そして、同盟国同士が軍事連盟を組み、共同軍事訓練を行なう。それは同盟国領域を共有しての行動である。
    そう言った習慣が国家領域と言う認識を忘れ去れ、平気に領域侵犯を行い、軍事行動に発展する。

    日本は同盟国である日米韓を始めとし、オーストラリアや英国、そしてインドネシア等多数の国家領域に入り込み自衛隊が軍事訓練を行なっている。それはもう習慣と成っている。ここでは憲法9条違反と言う話はしませんが・・・

    中国も同じ様に同盟国と軍事訓練を行なっている。
    ------------------
    中国海軍がこの夏、初の海外基地をホルムズ海峡のジブチに設置し、欧州のバルト海ではロシアと初めて軍事合同演習を行ったのである。習近平総書記の戦略的な経済圏構想「一帯一路」と共に、中国海軍の活動範囲は中東から欧州へと地球規模で拡大している。
    ------------------

    中国にとって、ジムチにしてもバルトにしても全く関係ない領域であり、同盟国の領域と言う事で侵入すると言う事に成っているのであろう。
    日本も南シナ海に自衛隊が海域侵犯しているが、それも同盟国の領域に進入すると言う事である。

    そう言った集団的自衛権行使が各国との交差を際立てている。
    仮にバルト海で自衛隊が同盟国と軍事訓練すれば、中国と接触する可能性もあると言う事である。

    結局、集団的自衛権行使が危険を与え、領土進入を当り前の様に感じさせる事に成り、領土侵犯を平気で行なう事になるだろう。それが習慣と成るから、領有権問題がどんどん複雑になり、争いに発展する。

    同盟国同士が領土侵攻し、それが侵略行為に成る。
    そう言った危険な情勢を作り、軍事緊張を与える事に成るのではないだろうか・・・

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 結局憲法変えないと 自国守れないと云う事です 攻撃されて死んだら反撃出来ない。

  • >>18199

    あんさん久しぶりやな~まだここで妄想語ってるんかいな!!!

    バカは死ななきゃ治らない!とはあんさんにぴったりの言葉やな~!!!

    ハハハハハハハハハハハハハ~(大爆笑)

  • >>18217

    「国家は、国家固有の権利として、個別的自衛権と集団的自衛権を持つ」
    「日本は、一国だけでは、日本を守ることができない」
    と言うご意見に賛同します。
    特に、集団的自衛権の行使は、日本を守るために必要不可欠な行動です。
    何故なら、世界は米英仏露中の戦勝5大国により支配されていて、それ以外の国は、軍事的に強くなることを禁止されているからです。
    世界は、核拡散防止条約で、5大国以外の国が核兵器を保有することを禁止しています。
    5大国の一つであるロシアと中国が領土拡大政策に転換し、北朝鮮が核兵器を保有した現情勢では、日本は、米国とがっちり手を組むしかありません。
    他の選択肢は有りません。

  • >今、国際社会は何をしようとしているか!?
    それは国際社会が日本の社会秩序である法律を変えようと圧力を掛けているのである。

    日本の法律を決める/変えるは日本国の主権であり、他国は干渉できません。
    国際社会?国連?だか何処の国だか知らぬが、第三者が日本の法律を変えろと圧力をかける行為は、内政干渉であり主権の侵害です。
    9条を改正しようという動きは、日本が日本の近い将来の安全を考え、日本が日本のためにすることです。

    >それが、日本の70年間貫いてきた平和主義から武力軍事主義に変えようと言う事である。

    日本の平和主義は、国家間の紛争は平和的に解決すると言うものです。

    日本の社会でも、争いごとを暴力で解決することは禁止されています。
    しかし、それでも暴力を振るうものがいれば、個人でも暴力で相手の暴力抵抗する権利があります。
    暴力による攻撃を受けた本人だけでなく、第三者が暴力による攻撃を受けている人を助ける為に暴力をもってすることも権利として認められていいます。それを刑法36条で正当防衛といいます。
    貴方は日本の社会で法として認められている正当防衛を否定するのですか。

    国際社会においても、同様に武力攻撃を受けたら自衛することは国家の固有の(当然持っている)権利として認められています。
    何処の国でも自衛の権利を行使することができますが、それを暴力主義というのは、日本人の護憲愛好家ぐらいのものです。

    日本には実に嘘を言って知らない人達を扇動する人達がいます。
    自衛権は武力攻撃を受けなければ行使できません。他国が攻撃され援助を求めなければ他国を援助する集団的自衛権は行使できません。自ら戦争を始めた国を援助することはできません。
    それなに自衛権の行使を可能とすることは、日本が進んで戦争を始めると嘘を言いふらしている人達がいます。
    日本は平和主義の国です。しかし日本の平和主義を軍事力で侵す国に対しては、戦わねばなりません。
    残念ながら国際社会には、日本の警察の様な公正な国際機関はないからです。
    残念ながら日本は一国では日本の安全を守ることはできません。できたとしても莫大な防衛費が必要です。
    そのためには同じ自由と民主主義という価値観を共有する国と協力して、共助により自国と近隣の平和を維持しなければなりません。

  • 直近か、最近か、とにかく、現日本国代表≒アベ政権が、隣国・韓国とのアイダで、凡そ?、西暦1940年初頭まで続いたか、いわゆる旧日本帝国軍隊が「主犯格?」だったとか言う、当時、日本帝国々家が、支配してた朝鮮民族国家、即ち、同国(朝鮮)の婦女子に対する「慰安婦状態→強姦をはじめ、各種の、いわゆる人権蹂躙・じゅうりん等々」への、「10億円相当の償い(ツグナイ)」を決めたとかだが。要は、アべ政権は、現日本国家国民代表のポジションで、10億を、現韓国側に支払って、過去の悪夢(旧日本国家が、朝鮮民族を、虫けら、野獣?同様の扱いをしてオった、悪くらつ非道な行動行為)を「清算、或は、帳消し」たいとの、見え見えの、魂胆、根性?だろうが。

  • 日本の平和を守るためには、次の二つの条件が必須です。
    一つ目の条件は、日本が外国を攻撃しないことです。
    これは、日本国憲法により保証されています。
    二つ目の条件は、外国が日本を攻撃しないことです。
    これは、日米安保条約により保証されて来ました。
    米国米軍が世界を支配している限り、日本の平和は、保証されていると言えます。
    しかし、最近、ロシアと中国が、米国の一極支配に異を唱えています。
    ウクライナ、シリア、南シナ海の紛争の原因です。
    日本の平和を守るためには、米国の一極支配を継続させなければなりません。

  • >>18213

    日本は70年間平和主義を貫いたと言うのは、表面的なきれいごとです。
    現実は、日本は戦争犯罪を犯した国として、軍事力の保持と行使を禁止されています。
    それが日本国憲法です。
    正に、日本は、犯罪者として服役中の身分なのです。
    危険な国、日本が服役中のため、世界平和が保たれたと言うことになります。
    憲法改正が取り沙汰されていますが、犯罪人が自分の刑期を自分で短縮して、勝手に自由の身になるようなものです。
    世界が歓迎するはずがありません。
    憲法改正はともかく、9条の改正は当分無いと思います。

  • 今、国際社会は何をしようとしているか!?
    それは国際社会が日本の社会秩序である法律を変えようと圧力を掛けているのである。
    それが、日本の70年間貫いてきた平和主義から武力軍事主義に変えようと言う事である。
    簡単に言うなら
    平和主義を天国と例えるなら、武力軍事主義は地獄と言えるだろう。
    つまり、日本は天国から地獄へ落ちろと言っているような物である。

    日本が集団的自衛権を行使して武力により敵国を攻撃したならば、日本も報復攻撃を受けるであろう。
    そうなると日本も地獄の世界へ道連れに成るであろう。

    そもそも、集団的自衛として他国を守る為に敵国へ出向いて攻撃をすると言うのは犯罪行為では・・・
    敵国へ出向く行為は違法入国行為に相当し、その地で武力行使すると言う事は無差別殺害行為に相当する。
    戦争地区では無法化すると言うが、だからと言ってどさくさに紛れて一緒に成って殺害に加わる行為は理性を失った者の遣る行為ではないでしょうか。
    普通なら死刑に成る様な行為である。

    ところで、慰安婦問題も無法化した戦闘地域だからこそ起こり得るものなんでしょうね。
    戦地では強姦・遊女といった事でも何でも有りなんでしょうね。

  • >>18211

    「戦争犯罪国家国民」は、過去の話ではありません。
    日本は、戦争犯罪を犯した罪人として、服役中の状態です。
    そのため、国連に多額の拠出金を出していますが、何の利益も与えられません。
    韓国の慰安婦問題でも、慰安婦救済のための基金に拠出金を出します。
    また、日本人は、先の大戦におけら戦争犯罪に対して反省を続けることを、暗に義務づけられています。
    それが敗戦国に生まれた日本人の宿命です。

  • >>18210

    ご貴殿にヨル、熱心なる、メッセージ、当方ゴトキ、「ど素人」なり「同感」の次第で、現況、残念・無念と言うのか「我が、旧日本国家国民・庶民」らは、いわゆる、アノ歴史的事実と称スるんですか、最悪、極悪の第二次世界大戦上の「戦争犯罪国家国民」だったワケで、現日本国が、一応、国連(現状の、国際連合組織機関)の有力メンバー(例えば、我が日本国は、概ね、凡ゆる国連機関の行動等々で、経済的な必要経費と言うのか、分担金の支払い協力が、アメリカに続く、或いは、アメリカ以上、拠出してオルとか)にも、かかわらず、アンマリ、全世界⇔全国連加盟諸っ国家の中で、存在感なんぞは、影が薄いんじゃ、アリマスマイカ。

  • >>18208

    別に中国だけが横暴な訳ではありません。
    世界は、先の大戦以降、米英仏露中の戦勝5大国により支配されています。
    国連もこれら5大国に対しては無力です。
    国際裁判も無意味です。
    現実にロシアがウクライナを侵略しても、何の制裁もできません。
    一方、国連は、5大国以外の国に対しては、厳しく制裁を行います。
    国連は、5大国以外の国が強くなることを許しません。
    核兵器を持とうとするイランや北朝鮮を厳しく制裁し、破綻させます。
    今の世界で、5大国以外の国が、5大国の支配に異を唱えることは、許されません。
    戦勝5大国の支配は、次の大戦が起こるまで続きます。

  • 領土問題「中国には国際法廷の結論に従わない権利ある」=新華社


      新華社は23日付で、フィリピンが1月、南シナ海の島についての領有権を巡り、国連海洋法条約にもとづき仲裁裁判所に中国を提訴した件について、「中国はこの種の問題で国際的仲裁の拘束を受けない権利がある」と紹介する記事を発表した。

      中国は提訴に応じないため、フィリピンは国際海洋法裁判所に対して中国に代わり仲裁人5人をを指名するよう要請した。国際海洋法裁判所側もフィリピンの求めに応じたため、仲裁人は早ければ4月28日にも決まると見られている。

      仲裁人が決まれば、仲裁裁判所は手続きにかんする審議、フィリピンの提訴内容にかんする審議を進めることになる。国連海洋法条約によると、仲裁裁判所の結論は、強制力を持つ。

      中国国家海洋局戦略研究所の張海文研究員によると、フィリピンの提訴には「領土の帰属」、「海洋における境界線」、「歴史的な所有権」、「軍事利益など海洋における争いの問題」が含まれている。これらの内容について中国は2006年に国連海洋法条約第298特別規定にもとづき、国連事務総長宛に「強制的仲裁の制約を受けない」との声明を提出した。

      したがって中国は、フィリピンの提訴した問題について仲介裁判所が示した判断に拘束されない権利があるという。

      記事は「中国政府は長期にわたり、領土にかんする争議は、双方の交渉を通じて平和に解決することを堅持してきた」と主張した。




    これについて、民主党、共産党、社民党に公の場でコメントをしてほしいものだ。
    弩底辺マスコミ連中もしっかり取材し、いつものご都合主義扱いをしないでほしいものだ。
    勿論、目立ちたがり屋集団のSealds改め「国民連合」と言うFランク以下の弩底辺集団のコメントも
    笑いの為に取材、報道してほしいものだ。

  • 平和憲法を持っていても他国から侵略されます。
    外国は、平和憲法を持っていません。
    他国からの侵略を抑止するためには、2つの手段が有ります。
    ひとつは、日本が強力な軍事力を持つことです。
    日本を侵略したら、強力な反撃を受けるので、外国は、日本侵略をあきらめることになります。
    他国からの侵略を抑止するもう一つの手段は、強力な軍事力を持つ国と手を組むことです。
    日本を侵略したら、日本の同盟国から反撃を受けるので、外国は、日本侵略をあきらめることになります。
    戦後70年間、日本を守ったのは、日米安保条約であり、正に後者の手段によるものです。
    右翼は、前者の手段、軍事力の増強を主張しています。
    私は、後者の手段、米国との同盟強化を選択すべきだと思います。
    北朝鮮の核兵器から日本を守れるのは、日本の自衛隊ではなく、米軍だと思います。

  • 新年早々、北朝鮮国にヨル「水爆と称ス」実験・・云々の報道が、全世界的に、上を下へのパニックだったのか。現況の、全世界各諸国家の中、日本国だけが、アノ、第二次世界大戦で、原爆投下を喰らった「唯一無二」の、いわゆる「被爆国家国民」だと言う、即ち、凡ゆる、殺し合い≒戦争史上、最悪、極悪の歴史を有するのが、我が日本国家国民だろうから、正直、単純バカかは、ともかく、絶対的に「見逃し三振」扱い出来ん、報道だったんか。

  • 初っパナから、一般世間風の物言い、容赦願って、ご貴殿の「新春早々」のメッセージ、凡そで、同感致し次第でして、以下は後ほどに。

  • シナ事変(日中戦争)を事変で戦争ではないと言いつつ中国全土を侵略して、収まらず、次は真珠湾攻撃、そして敗戦で惨めな目に遭ったが、

    この時の勝利者の敵が自分の所にもない、この世のどこにも無い人類の理想の世界唯一の平和憲法作ってくれて、それを頂き今まで70年馬鹿正直に文字通り喧嘩はしないできないと言って平和厳守で進んできたのでこの間怪我なしの平和だったのと違う、

    そろそろ自衛も勿論、お友達が危ない時にも軍備して助けに行くのだと言う安保法制で戦争準備が必要とか言っての今の日本がある、この頃はあのシナ事変の頃とよく似てきたね、

    古きよき日本への回帰だそうで、歴史は繰り返してどこかとドンパチやれば、この次の日本の怪我はすごすぎて、前と違って、この国が生き延びれるかね、

    でも昔の日本に戻りたいウヨがウヨウヨしていてやばいね、
    平和憲法を守りましょうと言っても無理かもしれないね、

  • <<
  • 18224 18204
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン