ここから本文です

ニュースからの抜粋
憲法改正の本格的議論は今国会で行われておらず、延長国会でも進まない公算が大きい。
相次ぐ政権の不祥事で主要野党が対決姿勢を強め、改憲に慎重な公明党も議論に及び腰のためだ。
今国会での進展を狙った安倍晋三首相のもくろみは外れ、年内の国会発議も困難との見方が広がりつつある。
公明党は国民投票法改正案について、表向きには「何としても成立させたい」(北側一雄憲法調査会長)
としているが、改憲論議につなげたくないのが本音。
公明幹部は「野党が反対すれば改正案の審議にすら入れない。改憲は甘くない」とほくそ笑んだ。


公明党が阻害要因ってことみたいだね

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ