ここから本文です
  • <<
  • 6305 6270
  • >>
  • 6305(最新)

    rtv***** 11月8日 21:47

    ヤバイかも?
    サウジの王子11人と閣僚2人・・・・現国王派が逮捕!
    王子の1人は
    日本株を大量保有
    もし財産没収となればTSE暴落の危機
    東芝、ニッサン、神戸製鋼のドジ危機が表面化か?
    一挙に日本売り始まりそう・・・・。

    株式・債権・¥・・・・全面日本売りかな?!

    国の借金、1000兆円突破へ ヤバイかも? サウジの王子11人と閣僚2人・・・・現国王派が逮捕! 王子の1人は 日本株を大量保有

  • >>6301

    もっとも、金利の高い時代の国債の償還。
    舞い上がって借りたものは、返さなければいけません。
    中國流なら、知らん振りでしょうけど・・・。

    それやったら、流石に暴動起きるでしょう・・。
    (見ものですけど)い~っひっひ

  • >>6301

    >我ら団塊の世代は、贅沢して天国に行きます 

    凄いですね、団塊の世代って、凄い格差ですね。
    生活保護にも拒否されての、孤独死が多いのも団塊の世代・・。

  • 借金そんなもの怖くわない  
     
    我ら団塊の世代は、贅沢して天国に行きます 
     
    18歳からの有権者若者にはもうしわけない 
     
    と、思っているかいないか 
     
    その借金も回り回って地方議員含め議員の報酬であったり、無駄な政務活動費

  • >>6293

    今日本で一番考えるべき優先事項は経済の活性化。それが税収増を招き、政策の財源になる。財源といえばこれしかない。この失われた25年で税収が減った一番の理由が経済停滞なのだから当たり前の話でしかないけど。

    増税して財源を確保するという考えは、あくまで国民や企業の財布に相応の余裕があることが前提の話であって、財布に余裕がなければ、相応の貯金が無ければ、増税は必ず経済、消費を冷やし、つまり相応の税収減の(どころか企業や雇用が失われる)要因、そして、税収増を見込んだ分、国の借金が増えることになる。1990年代以降、この国がたどってきた様に。

    税収が殆ど伸びずに、国の支出ばかりが右肩上がりで、それがこの国の借金を雪だるま式に膨らませる要因となっている(このご時世、個人でもそうやって借金を雪だるま式に増やしてしまった人も多いが)。

    基本はお金の循環の話だから、増税するならば、お金の支出を増税のマイナス分を上回る経済にプラスになる使い方をしなければ、安心してお金を使う状況を作らなければ、必ず経済を冷やす。当たり前な話だが。

    北方四島は、ソ連(今はロシア)が敗戦のどさくさで不当に占拠したのだから、国家として見過ごせない訳でもあるが、如何せん占拠を許して70年以上も経ち、ロシア化が進んでいる状況では、事は簡単にはいかない。で、たなざらし状態で今に至る。

    現在の様に、経済の相互依存が進み、人とモノが軽く国境を超える時代に、領土の問題で、たなざらし状態ってのも、日本経済の状況からみてももったいない気がする。

    とにかく、今までの様に経済的、人的交流もないたなざらし状態よりは経済的(税収的)にお互いにプラスにそれを利用する状況を考える。何せ今の日本は、特に北海道経済は低迷し雇用状況も良くないのだから猶更。

    北方四島は今は日本人は簡単に旅行に行けないが、気軽に行ける海外、国内気分で行ける海外的なところになれば、逆にそのエキゾチックさで人気が出る可能性があるし。

    そういうところに日系企業が進出すれば、日本経済にもプラスになる。日ロの人間の交流が北方四島と北海道の間で進めば、北海道経済(税収)だって相応に潤うはず。

    極寒で使える土地が少ないロシア側からみても、物流の拠点としてみても、北方四島は魅力的な場所だし、やり方次第ではかなりな経済発展のネタにはなりそう。

  • 1000兆円のうち
    800兆円は日銀が肩代わり
    だから政府は返済を気にせず
    いくらでも国債発行する。

    子供が親に借金するのと同じ。

  • サザンウインド さん

    北方四島について、大っぴらに、こういうことを言えば、袋叩きに遭うかもしれませんが?

    大分昔、確か大前研一さんだったと思いますが? この島の値打ちについて、「殆ど無
    きに等しい」という発言をなさっていましたので、驚いたことがあります。
    然し、良く考えてみますと、あの島に金を投じる位なら、北海道に投じた方が投資効率は
    うんと良いのではないか?と、思いました。

    温かいところに住んでいる人と、寒いところにいる人とでは
    、同じものでも値打ちが違うかもしれませんね。

    経済的な価値よりも、戦略的な価値の方を主に問題にしているのではないでしょうか?

    国としては、お互いに譲れない所ですね。
    領土問題というのは、結局、力づくで片付けることになるのでしょう。
    動物のテリトリー問題、根強いですね。理屈を超えた基本的生存問題ですから。

  • たしかに北方四島は、戦後のどさくさにソ連によって奪取されたものであるから、日本が自国の領土としての正当性はあるのだが、もし北方四島が日本に返還されると、今の日本の政治・行政システムでは、今の経済状況では、それだけ国の借金が膨らむ可能性がある。

    経済状況(税収)がよくない北海道に属するのだろうから、北海道庁の予算がそれだけ食われることになる。そこに市町村が出来て、議会が出来て、日本の大手ゼネコンが、北方四島にこぞって進出し、道路や箱ものをこさえるだろうから、今のロシア流のエキゾチックなものではなくて、日本本土並みの、ビルや住居がそこに出来ることになるだろう。しかも国境を接するということで、そこに自衛隊を配備したりするから、相当な予算(税金)の投入が必要となる。

    問題は、そうした税金の投入に見合う、税収、経済的なプラスの恩恵が得られるかということ。
    つまり、はたしてそこに日本から、世界から、どんだけの観光客が来て、どんだけの産業が出来るかということ。

    日本からみたら最果ての寒い地域で、そこにわざわざ住もうと思う人たちはそれ程多いとは思えない。元々住んでいた人たちは別として。

    ところが、ロシアからみるとこれが真逆となる。
    寒い極寒のシベリアの中では、温かく、太平洋沿いにある、ロシアにとっては数少ない経済拠点の候補となる。
    で、ロシア政府は積極的に同島に経済投資をしている。

    日本としては、帰属はロシアだとしても、北方四島を自分たちの島みたいに自由に行き来出来たり、住めたり、経済活動できたりすれば、それが日本側の税収、雇用にプラスになる可能性がある。しかもロシア領だと、そこからシベリアへの進出も容易だし。逆に、それが北海道経済にもプラスに作用する可能性もあるし。

    日本は、米国、中国、ロシアと三つの超大国に囲まれた稀有の国だが、その中で一番近い国が実はロシアだったりする訳で。

    実際ロシア人ってのは、欧州と違って人種的偏見が少なく、親日国ともいわれるし。だから、結構うまくいきそうな気がする。そういうカネのなる木を、中韓が狙っていない訳ないから、うかうかしていると取られたりするかも。

  • >>6283

    gorippa_pasipasipasi さん

    >ばら撒きを外交とカン違いしているのか
    もっと国内に目を向けて、貸す金あるなら国の借金返済に回せ
    国を貧しくしている張本人、売国宰相<

    実態を良く数字で確認されていますか?
    狭い意味での「国」「政府関連}の債務が膨大だからといっても、
    民間企業、個人の資産を含めた広い意味での{国」は、豊かです。

    毎年経常収支は黒字を続けています。
    それに伴い対外純資産保有高は、世界一でしょう。

    これから成長し国民の生活水準を高めようとしているミャンマーに
    高々8000億円の支援をしたからといって、どうと言うことはないでしょう。

    「狭い意味の国」に借金返済したら、確実に景気は悪くなりますよ。
    そんな馬鹿なことしない方が良いでしょう。

    「そんな金があるなら、自国民の困っている人に回せ!」

    とお考えになるのは、良く判りますが、金があるというの、とそれをどう使うか?
    と言うのは別らしい。

    やたらと金をばら撒くと、その人の為や、日本の社会にとって、良くない、
    という考えもあるのではないでしょうか。

    私は、困っている人に金をばら撒くのに賛成ですが、どうも 「出来るのにやらない」
    何かあがあるようですね。

    私は、ベーしくインカム実施が一番よいと考えていますが、
    話題にも上がりませんね。

    「何もしないのに金が入る」と言う社会は「堕落する」と、
    多くの人は信じているようですね。

  • アベがミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問に
    5年間で8000億円ばら撒くと約束したようですね
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161102/k10010754221000.html
    でも馬鹿高い税金でツケを払わされるのは国民です
    彼がこれまでどれくらいの国富を海外移転してきたのか
    ばら撒きを外交とカン違いしているのか
    もっと国内に目を向けて、貸す金あるなら国の借金返済に回せ
    国を貧しくしている張本人、売国宰相

  • >>6280

    pola0123 さん

    ご教示有難うございました。

    >個人の大富豪においても莫大な自社株保有の配当金に税金がかからないように利用

    タックスヘイブン問題は、世界を上げて取り組む問題かもしれませんね。
    資産を作ったら、子孫に残しやりたいのでしょうか? 人間の子孫繁栄願望ですね。

    個人自社株の配当課税というのは、二重課税でしょう。
    法人税で課税された利益の残りを配当するのですから。
    何とか、法人税を止めに出来ないものでしょうか?
    これほどIT技術が進歩したのですから、個人の所まで
    ずっと逆昇って行って、そこで総合課税すれば、
    最高税率を適用出来ると思うのですが?
    因みに、最高税率は50%で良いと思います。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>6277

    pola0123 さん
    >早急に法律を整備しメスをいれないことにはやりたい放題ですね。

    メスを入れるべき人たちが買収されているのではないでしょうか?

    だとすればどういう手があるでしょうか?

  • >>6273

    マーガレット猪木 さん
    >とにかく銭が唸るほど余ってるみたいです<

    そうみたいですね。
    私も貴方と同じ認識です。 
    その証拠が、世界的な金利の低迷でしょう。

    世界的に 「物余り」 ですしね。

    そういう中で、「貧困」にあえいでいる人がいる。

    何か変ですね。
    然し、余っているからと言って金をばら撒くわけにも行かないみたいだし。

    兎に角変ですね。 何とかならんものでしょうか?

  • >>6272

    続き)
    経済、税収が低迷した今だからこそ、政治、行政の高コスト体質、無責任体質を改める好機はなず。まさにピンチをチャンス。

    今の日本経済は苦しいから、企業も個人も淘汰されてきたから、多くの生き残っている企業、また非正規やパートやバイトという低待遇、低賃金化している労働者は、厳しい環境にもまれている故に、精神的にも能力的にもバブル崩壊前よりも向上、進歩している訳で、

    ただ、経済が低迷しているから割りの悪い状況に置かれている訳で、
    これで、もし日本経済が上向いたら、更に、今までの政治、行政の高コスト体質、無責任体質が改まったら、

    それだけ強い日本。効率的に税金が国民に還元される、もっと暮らしやすい、外国がうらやむ位のいい国が現出することになるはず。

    それだけのビジョン、夢を描くというか、そういういい国を作ることを信じる力、信念、強い意思が必要だけど。
    個人レベルや企業レベルでは、そう思っている人達も少なくないとは思うけど(気持ちを振り絞ってそう思わないとやってけない部分もあるし)、国家全体、国民全体でそういうビジョンを共有する必要がある。

    また、想いだけでも駄目で、相応に緻密な計画も必要になってくるが、まずは想い、信念がなければそれも成り立たない。今の様に縦割りで、皆が自分達のテリトリーだけしか考えていない状況では、少ないパイの取り合いをしている状況ではまず無理だろう。で、25年、日本は成長せず、借金も膨らみ、破滅に向かっている。

    減り続けるパイを取り合うのではなく、全体のパイを膨らませることをしなければいけない訳で。国民同士で、今までのwin-loseの関係になるのではなく、win-winの関係にならなければいけない訳で。

  • 金満財政の証拠(一例)
    「公的年金運用益2015」年金積立金の今後の予測は膨らむ一方 報道ゼロ
    ●年金積立金の管理運用益(GPIF) 平成13年度から27年の計 約50兆円のプラス 最近の3年間は約27兆のプラスだが民間経済や相場の足踏みにより大幅マイナスの期間もありました
    ※公明党...12年の自公政権発足以降の運用益は約38兆円で、今回の損失を引いてもなお30兆円以上に上ります...(2016/7.02)

    ●日本政府 世界一の金融資産を保有493兆円 →2015/3末574兆円
    ★資産総額 国800兆円  地方およそ250兆円 + 準公的資産150兆円以上
    国の財政2015は黒字増額 一般会計と特別会計の純計額176兆円
    ●資産超過(国富) 2995兆円(2011) → 3048兆円(2013)
    NHK職員の平均年収1780万円 >世界的な金余り現象より
    http://blogs.yahoo.co.jp/bananaame1919/8358935.html

    高齢化で国庫収入も増大
    金欠財政を国民に煽って年金不安を植え付け「過剰貯蓄」を誘導
    「ポックリ資産は国庫」へ
    ●日テレ16/9.05「月曜から夜更かし」 マツコ・デラックスの遺産の行方 マツコが遺言を残さず孤独死した場合の「遺産は国庫に帰属」します(弁士)
    生前に親しい人への遺言を残したとしても認められないケースが多いという

    地方の一例  
    ●2025大阪万博(予定) ※この程度の散財では金満は解消しないよ
    会場建設費1300億円 運営費740億円 (2016府構想)
    メイン会場はスカスカの埋立地(夢洲100ha) 3000万以上の来場を見込む
    とにかく銭が唸るほど余ってるみたいです

  • >>6270

    日本の国の借金がここまで膨らんだ原因は、無責任で自分達のことばかり考えているダメダメ政治と官僚機構にあることは明白。そう思っている国民は多いはず。まあ当事者達はそう思っていないだろうし、そもそもそこが駄目なのだけれど(反省とか非を認めなければ改善、進歩する訳ないし)。

    その象徴は築地市場の豊洲移転の問題であり、東京オリンピックの国立競技場を始めとした建設費の高騰の問題。豊洲移転は、土壌汚染を無視し、しかも莫大なカネをかけてきたのが、結局は無駄だった的な話になりつつある(このまま移転しようとしても莫大なカネかかりそうだし、撤退した方がまだマシだった的な話にもなりかねない)。今までも、無駄なハコものを沢山こさえて、京都の私のしごと館とか、年金の拠出金で作った保養施設とか、建設理由が曖昧なまま結局は建設された八ッ場ダムとか、今までも散々ニュースになってきた訳だけれど、改まる気配がまるでない。

    こんなことをやっていたら、そりゃ、どんな国だって借金が膨らむし、財政赤字になるだろう。経済的に好調で、勤勉で我慢強い国民性の日本だったからもっている様なもので、他の国だったらとっくに破産していたはず。

    今の経済衰退、財政破たん状況を第二の敗戦なんて云われたりするけれど、まさに大平洋戦争にぼろ負けして戦争を終わらせなければいけないのにそれが出来ずにずるずるといった当時によく似ている。

    豊洲移転問題ではないけど、本当は、経済が停滞して、税収が減った今こそ、今までのこの無駄遣い体質、無責任体質を改めるべき好機のはずなのだけれど(いわゆる構造改革。行財政改革。他の国だったらとっくにやっている)、そうしなければ、この国の借金が減る訳ないのだけれど、その動きまるで無いし。旗を振る人間が居ないというか。裏から潰されるというか。

  • 「真っ赤な嘘が素通りする日本」 
    1000兆円借金の中には、こんなのが沢山あるのだね。領収証を間違えるなんてありえない。

    宮城県議会の中山耕一議長(59)=自民=が、政務活動費(政活費)約10万円で私用のマッサージチェアを購入していたことが26日、分かった。政活費の収支報告書にはパソコンとデジタルカメラの購入費と記載していた。中山氏は事務手続きのミスとしており、政活費について「返還を含めた対処を考えたい」としている。
    中山氏によると、平成25年に自らの事務所の事務員にパソコンとデジカメを購入するよう指示、政活費として処理させた。その際に20万4190円の領収書を添付し、半額の10万2095円を請求した。ところが、領収書の発行元はパソコンを扱っておらず、領収書は妻が購入したマッサージチェアのものだった。
    中山氏は記者会見で「パソコンとデジカメを購入したが、マッサージチェアの領収書を取り違えた」と説明し、「誠に申し訳ない」と陳謝した。

  • >>6268

    >総務省が発表した2015年度の独立行政法人役職員の給与水準によると、理事長らトップの年間報酬が最も多かったのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の3,130万円だった。
    GPIFは、株価下落などの影響で、2015年度は、5兆3,098億円の赤字を出している。
    総務省は「高度で専門的な人材が確保できるよう、給与水準の弾力化を検討することとされており、妥当な水準」と指摘したが、GPIFは、2016年度も4月から6月期だけで、5兆2,342億円の赤字を出した。

    まさにこういうところが、官僚機構が駄目になった根本原因なんだろうね。
    高額の報酬には、相応の成果が求められる。水準がどうのこうのという話ではない。

    一般的に、3000万の収入があるというのは、それに見合う額の利益を会社にもたらしているから。
    会社には倍かそれ以上の利益をもたらしているはず。役職にいる人間は部下たちがそれだけの利益を生みだして、その責任を背負う。故に、それだけ厳しい結果責任が問われることになる。成果を出せばいいが、達成出来なかった場合は、相応の結果責任を問われる。故に激しいストレスにも晒される。
    (・・はずなのだけど、今、民間でもそれが怪しくなっている。責任の下請や末端への押しつけ。だから民間企業も劣化しているし、日本経済も競争力が弱くなっている。で、末端はストレスがたまっている)

    外資だったら、報酬も高いけれど、すぐクビにしたり、結果責任が問われる(だから彼等はキャリアパスですぐ移動する)。

    正直、今のマイナスのツケをどうするつもりなんだろうか。責任をどう取り、それを挽回するつもりなんだろうか。
    それが無いなんてあり得ない。報酬相応のことをしなければ、やっぱり税金泥棒ということになる。

  • <<
  • 6305 6270
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン