ここから本文です
  • <<
  • 65 52
  • >>
  • 人口問題って、日本…とかじゃないんだろうね。そんな考えになってきた。今まで以上に地球規模で混血が進み、タブル (旧ハーフ) が純国産をいろんな意味で (容姿とか) 上回っていることを認めざるを得ない状況が加速し、人口爆発を止められないみたいだから地球に住める人間の数の上限、ピークを迎えると、地球規模で淘汰 (殺戮とか…疫病とか…天変地異も…) が起こって、生き残った人類が新人類みたいな感じで…、欲望をコントロールできるようになった人類の新しい文明が起こる。みたいな。SFだよこうなったら。 笑

    人口は、もっと少ないほうがいいと思います。
    あと、自民党は、支持できないです。笑

  • >>53

    >景気も大きな要素だろうけど、景気が良かった時代も出生率は下がり続けてきたんじゃないかな?

    そうだな~ 俺が覚えてる限りでは1978年頃だったと思うが
    経済学者が 日本は高齢少子化を迎えると警告した人がいた。
    それを思い出して検索で調べてるが 出てこない。
    その頃から晩婚化が徐々に増えだした。 ま、女性の価値観が変化し始めた時期だからね~
    景気のせいにするが 戦前など庶民はほとんど貧乏だったが子沢山だった。
    最も生めよ、増やせよ政策だが~ いっそ所得の多い人は一夫多妻制を容認したら子供増えるかも~

  • >>57

    日本を狙って移動し始めたらどうなる。

    日本はオシマイだ。

    日本を守るためにも増やすしかない。

    もう経済だなんだとか言ってられない。

    民族存亡の危機が迫っているのであります。

  • >>58

    ■地球人口100億人定員説
     現在、世界の人口は70億人に到達したといわれています。食糧科学者は「地球人口100億人定員説」を想起しておりますが、地球をめぐる課題とされている資源や環境汚染・温暖化、貿易摩擦、テロなどの各種テーマは、行き着くところ「人口爆発を防ぐ生存・食糧有限説」に絞られると考えます。

     世界人口会議などでの議論を踏まえると、2065-70年頃までには、100億のピークを迎えるとの予想が大勢であり、多くの識者、科学者らが警告するように「地球が有限である」限り、食糧科学者の分析どおり「百億人が定員」であるとの見解は待ったなしのようです。

     一方で、多くの欧州先進国や日本で、少子高齢化が進んでいるように、「豊かさ」が人口増加に歯止めを掛ける大きな要因として作用することが知られています。ただ問題は、すべての国々が先進国と同様の経済レベルに達することが考えられないということで、地球の隅々まで豊かさが平等に行き渡り、平和裏に人口問題が解決されるといった幸福シナリオの実現可能性がほとんどないという点に集約されます。

     目下、アジア・アフリカなどの発展途上国の人口は56億人ですが、予測によれば2025年には67億人、2060年代に80億人に達するであろうと考えられています。従って危惧されるのは、数十年以内に、水と食糧の奪い合いが起こって弱肉強食社会に至る平和と安定を欠くパターンなのです。

            ━割愛━

    ■日本は人口過剰?

     日本の歴史をひも解いても、江戸元禄文化繁栄時の人口は4千万、明治の近代化の後が5千万、大正ロマン時代が6千万、そして戦後復興時が8千万でした。その後、高度経済成長の成れの果てでバブルを生み、それが弾けてデフレ不況から脱出できない1億2千万は、ひょっとしたら人口過剰なのかもしれません。

     いたずらに人口減に抗って拙速な移民政策に走ると、欧米先進国の多くの失敗例に見るような極端な格差の増大、社会秩序の破壊、人種宗教文化面での対立を内在しかねないなど、空前絶後の新たな難題が多発しかねません。逆にグローバルなボーダーレス時代を生かすには、日本の資本や技術力を生かす外地進出によって、労働力不足を現地で確保する方が、妥当な戦略であろうかと確信しております。工業のみならず、農業や商業、ハイテクインフラや、コンテンツソフトなど、発展途上国と共生でき、日本の人材と財が生かされる分野は無限にありそうです。

    …云々

    引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00000507-san-int
    20140616

  • ニュースに、こんなのが出てるよ。
     ━地球「人口爆発」まであと半世紀…解決のカギは日本人「始末の精神」と「ファーブル」にある━
    减少より、爆発のほうがはるかに問題大きいと思うな。
    减少したのは、大戦後に産めよ増やせよと、ねずみみたいに産んだから。豊かな国、日本。先進国がそうなるように、反動として、調整局面に入っているだけでしょ。

    とにかく、
    爆発のほうがはるかに問題大きいよ。と、思うけど、、、どう?

  • この狭い島に1億は多い。

    これが合言葉であった。

    食糧自給ができないからパンと粉ミルクの給食だった。

    自給率は低下している。

    増やしたければ教育やマスコミを使って政府がキャンペーンをすればいい。

    すぐに増えますよ。
    増えすぎるくらい増えますよ。

  • 今日はソフトバンクのロボットがニュースになりました
    確かに労働人口は最悪の場合30%程度減少しますが人口減による需要不足と生産性の向上により需給バランスは維持できるんですね
    資源に関しても技術革新によって節約できるよ 例えば20年前の10kgのパソコンより性能が高いものが現在5kgとなり近い将来には2kgと言った感じに省資源化されます
    ロボットも進化すれば人以上の労働力となるわけで侮ることはできないよ

    国内金満 個人金融資産1645兆円  + タンス預金およそ70-100兆円程度
    別記事より....(御年寄り世帯は3500万以上の資産を残してポックリ天国)
    5-10年後は年額10-15兆円の税収増(2012年比)
    死亡数予測2030年170-190万人  人口減の第一原因は死亡数の増加
    http://textream.yahoo.co.jp/message/552017132/f4872b9c38be2d3a9d44632cda3abb81?comment=39

  • 世界の平均的人口密度は どれくらいなのだろう?

    国土の面積に比べて むしろ日本は世界的に人口が多い方だろう

    シンガポールや香港のように

    人口の密集した国がいいのか?

    人口の多寡を 何を基準に論じているのか

    そこのところが分からない???

    ★これに似た議論で、中国の国防費の増大とよく耳にするが、

    国防費って何だろう?????・・・・

    これを考えるに、たとえば国防費を、国民の火事に備える消防ポンプにたとえれば

    アメリカやその他AU諸国や日本では、(数は全く当てずっぽうの仮定だが)、

    最低で1000軒の家に一台のポンプがあるとすれば、

    いまの中国では3000軒~5000軒に一台の消防ポンプが有るか無しということになるのではないか?

    どこのお国の国防費が多いか少ないかを マスコミや国が言う場合

    何を基準に 何を根拠に言っているのか、我々は全く分からない。

    たとえば国の面積1平方キロあたりに、中国は何万円 アメリカは??万円。

    日本何万円とか、 人口を基準にすれば国民一人あたり国防費はそれぞれいくらかと、

    それがあって初めて我々は、多い少ないを判断できるのである。


    国防費であることからすれば、やはり、その国は一人の国民を衛るために

    どれだけの予算を掛けているか。その数字があって初めて多い少ないを論じるべきだと思う。

    暴れ熊の襲撃がありそうな山野にライフル持参で入るか、棍棒一本で入っていくか?

    それが 防衛費の差であれば 棍棒一本の人は熊の襲撃に到底耐えきれないだろう。

    防衛費の差が、人命の生死を分かつ。







       、

  • 景気も大きな要素だろうけど、景気が良かった時代も出生率は下がり続けてきたんじゃないかな?

  • なんて海外にはそうそう無いだろう。
    これはもう社会に問題があるということを示している訳で、その原因を潰さない限りこの流れは止まらないはず。

    まあ、この国の酷い景気が足かせになっていることは、誰の目にも明白だと思うけど。

    自分が子供の自分は、空き地や道なかで、遊ぶ子供が沢山居て、子供の楽しいはしゃぐ声がよく聞こえたものだが、本当にそんな光景が無くなってしまった。

    世界の子供の様子
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=h6c4gZNhzmc

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン