ここから本文です

貿易戦争は米に最も打撃 IMF
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6299469
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 506 485
  • >>
  • 506(最新)

    pen***** 10月16日 07:51

    >>482

    案の定、15日(月)からダウ・ナスダックも<”下げ第二循環”>に入ったようだ。

  • 「<誤って死亡させた>?
    このような場合は往々にして”トカゲの尻尾切り”で終わる可能性が高い。
    しかし、記者の拘束を命じた”サウジ皇太子の責任”は問われ続けるだろう」

    法治国家であるとするならば、当然のことであるが
    世界には、普遍的な法のルールがない以上(努力はしているが)
    北のある国は、白昼堂々,兄を暗殺した。

    しかも悪い冗談で、トランプと一緒にノーベル平和賞に名が挙ったが
    もし、こんな独裁者がノーベル賞をもらえるなら?????
    同じ独裁者のサウジ皇太子でも
    石油で世界の平和に貢献したとしてもらえるだろうな。

    ああ、よくわからんな、困ったもんだよ、国際問題は。

  • >>502

    <サウジ、失踪記者の死亡認める報告書を準備=CNN
    10/16(火) 4:52配信

    10月15日、サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題で、サウジ当局は、同氏に取り調べを行ったところ誤って死亡させたとする報告書を準備しているという。写真は、イスタンブールのサウジ領事館に到着するトルコ警察当局。15日撮影(2018年 ロイター/Murad Sezer)
    [ワシントン 15日 ロイター] - サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題で、サウジ当局は、同氏に取り調べを行ったところ誤って死亡させたとする報告書を準備しているという。米CNNが15日、匿名の関係筋2人の話として伝えた。

    それによると、うち1人は報告書はなお変更される可能性があると話した。また別の関係者によると、今回の対応が許可なく行われ、関与した人物が責任を問われるとの内容が報告書に含まれる見通しだという。>

    <誤って死亡させた>?
    このような場合は往々にして”トカゲの尻尾切り”で終わる可能性が高い。
    しかし、記者の拘束を命じた”サウジ皇太子の責任”は問われ続けるだろう。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ■欧州の驚くほど直截的な中国への警戒感と批判(1/2)
    岡崎研究所 2018年10月15日

    9月12日、欧州議会は「対中関係報告書」を採択、EU中国関係は、人権、法の支配、公正な競争の尊重の上に成り立つべきことなどを強調、中国の一帯一路等を通じた欧州の戦略的インフラへの投資にも警戒感を表している。欧州議会のプレスリリースに従って、ごくあらましを紹介すると、次の通り。

     EU対中関係報告書は、中国がEUの戦略的パートナーであり、さらなる協力の大きな余地があることを認めるが、課題がある。欧州議会は、EU加盟国が結束して、中国の影響力に対抗できるよう、中国の政策に対し結束を強めることを求める。

     人権、法の支配、公正な競争は、EUの対中関与の中核であるべきだ。中国における、人権活動家、弁護士、ジャーナリスト、その他一般市民に対する嫌がらせや逮捕を非難する。中国が外国人ジャーナリストの立ち入りを拒否したり制限する姿勢を強化させるなどしていることは大変懸念すべきことである。

     「一帯一路」を通じた欧州の戦略的インフラへの中国の投資の取り組みは、自由貿易を妨げ、中国企業を優位にしている。こうした投資は、銀行、エネルギー部門、その他のサプライチェーンをコントロールしようとする、中国の戦略の一環である。中国には透明性を改善し、環境的・社会的基準を守るよう求める。 

     世界で25の最も人気のあるウェブサイトのうち8つが中国によりブロックされている。現在進んでいる中国によるインターネットの自由への弾圧、大規模なサイバー空間監視を非難し、法的強制力のある私権の保護を導入するよう求める。

  • ■欧州の驚くほど直截的な中国への警戒感と批判(2/2)
    岡崎研究所 2018年10月15日

    この報告書は欧州議会で、賛成530、反対53、棄権55の圧倒的多数で採択されたという。一読して分かる通り、驚くほど直截的な中国への警戒感と批判の表明である。欧州においても、中国の影響力の増大、それが自由、人権、法の支配、公正な競争などと言った西側が立脚してきた価値を損ね得ることを的確に認識しつつあることの証左であると言えるだろう。オランダ出身の欧州議会議員バス・ベルダー氏は「EUと中国との強固な関係の原則は、市場アクセスから報道の自由に至るあらゆる分野における相互主義である。相互主義が相互信頼を強化し、EUと中国との間の強固な戦略的パートナーシップを作ることになる」と述べている。

     報告書では、台湾についても以下のような注目すべき記述がある。欧州において台湾に対する関心も高まっていることが分かる。

    ・一方に権威主義を強める一党独裁国家、もう一方に多党の民主国家が存在することは、両岸関係のエスカレーションを高める危険がある。

    ・2015年の対中関係報告書ではEUと台湾との2国間投資協定の交渉開始を求めているが、遺憾なことにまだ始まっていない。

    ・EUと加盟国は、中国の台湾に対する軍事的挑発をやめるよう最大限求めるべきだ。両岸のあらゆる紛争は国際法に則り解決されるべきだ。中国が台湾海峡上空で新たな航空ルートを一方的に開始する決定をしたことに懸念を表明する。中台間の公式対話の復活を勧奨。台湾のWHO,ICAO(国際民間航空機関)等の国際機関への参加を支持し続ける。台湾が国際機関から排除されることはEUの利益にならない。

     台湾は最近、考え方を同じくする国々が連帯して中国に対抗することを外交政策の基本に据えている。欧州の上記のような姿勢は、台湾にとっても心強いであろうし(台湾政府は欧州議会に感謝を表明している)、民主主義陣営全体にとってもプラスとなろう。

    <<中国が外国人ジャーナリストの立ち入りを拒否したり制限する姿勢を強化していることは報道の自由の観点から大きな問題であり、最も非難されるべきことだろう。これだけ非難の嵐では中国側の打つ手も限られる。>>

  • >>497

    <大紀元(だいきげん、英語:The Epoch Times、中国語:大纪元)は、大紀元メディアグループ(EPOCH MEDIA GROUP/エポック・メディア・グループ)による 多言語メディア。新聞及びインターネットを報道媒体としている。

    報道スタンス
    中国語ニュースサイトでは全世界の中国人向けに記事が書かれており、中国共産党の内政や外交問題を報道し続けている。他のメディアが報道しない中国内部事情をも取り上げ、中国共産党に対する報道姿勢は非常に批判的である。(Wikipediaより抜粋)>

    ニューヨーク本社の”反中国政府メディア”であれば「トランプ寄り」になるのも当然。
    しかし、このトピは<米中「貿易戦争」への懸念>でもあり、トランプの”イチャモン”を其の儘”拡散”するのは如何なものか?

  • ■米政府機関、中国人権報告書発表 「文化大革命以来で最悪」(1/2)
    2018年10月15日 14時55分 大紀元時報

    米国の中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)は10月10日に発表した中国の人権に関する年次報告書で、「文化大革命以来、最悪のレベル」と指摘した。委員長のマルコ・ルビオ上院議員は、国際的な関心を集めるために、五輪委員会に対して、2022年北京冬季大会の開催の再考を求めている。

    マルコ・ルビオ議員(共和党)と共同委員長のクリス・スミス下院議員(共和党)は、報告書の発表に合わせて行われた記者会見で、中国の人権状況は文化大革命以来最悪となっており、議会では早期に制裁決議案を通過させるよう主張した。

    ルビオ議員は、中国共産党政権下の中国は専制体制が続き「野蛮であり、人権状況はますます悪化している」と指摘した。また「米国と中国の関係は過去数十年間、誤認に基づいていた」とし、最近のペンス副大統領による、中国への宣戦布告を意味する演説を引用して、今後の米中関係は変化を遂げると述べた。

    ペンス副大統領は10月4日、保守系シンクタンク・ハドソン研究所で講演し、中国共産党政府が米国に対して政治、経済、軍事、プロパガンダを通じて影響を行使してると述べ、断固対峙していく構えを示した。

    クリス・スミス議員も「共産党によりウイグル人と人権弁護士に向けられた抑圧は、文化大革命以来、最も深刻だ」と述べた。議員は、トランプ政権、国際連合、国際社会に対して、現時点の中国の人権状況を最低点として、これから改善につながる決定的な行動をとるよう訴えた。また、中国問題においては貿易、政策のみならず人権を含めるべきだと主張した。

    CECCは、中国共産党による人道犯罪の停止に向けて具体的な取り組みを国内外の組織を通じて行っている。

    同委員会は国際オリンピック委員会(IOC)に対して、決定している2022年夏季オリンピック中国大会の開催を再考するよう促している。また10月10日には、中国共産党による在米ウイグル組織への脅迫について、調査するようFBIに求めた。

  • ■米政府機関、中国人権報告書発表 「文化大革命以来で最悪」(2/2)
    2018年10月15日 14時55分 大紀元時報

    ルビオ議員とスミス議員は、新疆ウイグル自治区における大規模な拘束と収容を非難し、関わってる中国政府高官らに対する制裁を検討するよう、「2018年新疆ウイグル人権法案」を提起した。両氏ほか13人の超党派議員は8月、ポンペオ国務長官への公開書簡で、新疆地区の弾圧を先導する中国政府高官に対して制裁措置を講じるグローバル・マグニツキー法の適応を求めた。

    両氏はウイグル問題のみならず、法輪功、チベット、キリスト教会信者らに対する人権弾圧や、政治犯と呼ばれた人権・民主主義活動家、ジャーナリストの権利擁護などにも言及しており、米国政府が全面的な行動をとるよう求めている。

    2018年度の中国委員会の報告書は主に1、新疆ウイグル自治区の少数民族に対する前例のない抑圧 2、中国共産党による社会、経済、社会のコントロールの劇的な強化 3、ハイテクを駆使した個人監視、など三つの部分をまとめた。

    報告は、法輪功学習者が引き続き虐待、拘束、抑圧を受けていると指摘した。さらに、医療専門家や人権団体の報告に基づいて、当局により収監された者が臓器移植の強制的な「ドナー」になっている可能性を指摘した。

    報告には、「医療専門家や国際擁護団体は、中国では臓器移植までの待ち時間が短く、移植手術に関する統計の信ぴょう性は疑問視されている。このため、中国衛生当局が、国の臓器調達システムは国際基準に準拠して改正されたという主張には懐疑的である」と書かれている。

    ルビオ議員は、中国人権問題の改善は「米国の国家安全保障、経済利益、道徳的価値を促進するだけではない。平和を求め、基本的な権利の保護されるよう、真の政治改革を中国国民が望んでいる」と述べた。

    <<中国には非難されることが多すぎて制裁する側にとっては制裁の理由が尽きない。そして習近平も中国国内の有力者から非難されるタネが十分にある。習近平はもっとも追い詰められた指導者ではないかな。>>

  • >>494

    太陽光発電ではよその国の企業が参入してるんだよな
    そう、となりのあの国だよ
    電力買い取り制度は止めろや!

  • 経済産業省は2017年5月分の電気料金から適用する賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)の単価を決定した。企業や家庭が利用する電力1kWh(キロワット時)あたり賦課金の新単価は2.64円になる(図1)。前年度(2017年4月分まで)の単価は2.25円で、伸び率は17%だ。


    図1 2017年度の賦課金単価と算定方法。出典:資源エネルギー庁

     標準的な家庭の電力使用量を月間300kWhで計算すると、賦課金は月額で792円になり、年間では9504円も負担が増える。決して小さくない金額であり、以前から固定価格買取制度の問題点の1つに挙げられている。


    本日、平成30年5月分から平成31年4月分までの「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」が、経済産業省により決定されました。「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は当社とご契約のお客さまにも電気料金の一部としてご負担いただいており、平成30年5月分より、1kWhあたり2円90銭となりますので、お知らせいたします。

    ○再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(従量制供給の場合、消費税等相当額込み)








    現在の単価

    今回決定単価


    平成29年5月分~平成30年4月分

    平成30年5月分~平成31年4月分

    1kWhにつき 2円64銭 2円90銭(+0円26銭)

    ○ご家庭への影響額(〔算定モデル〕従量電灯B、30A、230kWh/月)





    平成29年5月分~平成30年4月分

    平成30年5月分~平成31年4月分

    607円/月 667円/月(+60円/月)

    (注)( )内は、平成29年5月分~平成30年4月分と比較したもの

  • >>492

    <公平な取引を交渉する>?

    トランプの言う<公平な取引>とは「二国間の貿易収支バランスをゼロにしろ」というような無茶苦茶な話だろう。
    何処の国々間でもそんなことは有り得ない。

    <中国による16年大統領選への介入や、11月の中間選挙に介入していることを裏付ける証拠は示さなかった。>とは所詮”根も葉もないイチャモン”だったことを現わしている。

  • ■トランプ大統領が対中追加関税を警告-中国の恐慌望まず
    2018年10月15日 ブルームバーグ
    トランプ米大統領は、さらなる対中関税を課す可能性があると述べるとともに、中国による米政治介入は2016年の米大統領選に対するロシアの干渉よりも「一段と大きな問題」だと語った。

      トランプ大統領は14日放送のCBSの番組「60ミニッツ」でのインタビューで、中国経済を恐慌に陥れたいかとの質問には、「そうではない」と答えた。

      大統領は、「中国がわれわれと公平な取引を交渉することを私は望むし、米市場と同様に中国が市場を開放することも望む」と発言。政策の組み合わせの中に追加関税も含まれる可能性があると語った。

      ロシアのプーチン大統領との関係や、同国が16年米大統領選に影響を及ぼそうとした取り組みについて問われたトランプ大統領は、ロシアは介入したが中国も介入したと思っており、「率直に言って、中国の方が一段と大きな問題だと考える」と述べた。ただ、中国による16年大統領選への介入や、11月の中間選挙に介入していることを裏付ける証拠は示さなかった。
    <<「中国の恐慌望まず」とはずいぶんと優しいトランプ大統領の言葉だ。中国が恐慌に陥るのは中国の間違った政策によるだろう。一年間も中国市場の株価と人民元が下落を続けていることは世界から軽く見られていることを示す。しかし中国は軍事力と経済力を駆使する侵略の姿勢を変えていない。中国からの軍事的脅威を受ける周辺諸国に中国にある外資の工場を移して経済力を増すことから防衛力の強化ということでアメリカ製の軍事関連品を購入させることで経費は回収できるのでその方向でも考えてもらいたい。>>

    米中「貿易戦争」への懸念 ■トランプ大統領が対中追加関税を警告-中国の恐慌望まず 2018年10月15日 ブルームバーグ トラ

  • >>487

    <中国の対米貿易黒字が過去最高更新、トランプ氏を刺激も
    10/15(月) 14:20配信 Reuters

     中国当局は12日、9月の対米貿易黒字が過去最高の約3兆9000億円になったと発表した。この結果がトランプ米大統領を刺激し、米中貿易戦争がさらに過熱する危険性も。>

    ”10月の結果”を見る必要も有るが、今迄のところトランプによる”関税制裁”は全く効いて居ない。

  • 北朝鮮をはじめ、ロシア、中国、サウジアラビア等
    またトランプや安倍みたいなお馬鹿が、幅を利かす世界になってきた。

    人類は少しは時代とともに進歩すると思ったが。現実は一歩前進二歩後退か。

    経済は減速、石油は値上がり。その上地球温暖化、天変地異。
    人類は一歩一歩、崩壊に向かっているようだ。

  • トランプに振り回される世界の政治経済状況。

    保護主義的になれば,WTOの役割は形骸化する。
    もし、大恐慌の時のようにブロック経済が進むとなると
    歴史は同じことを繰り返すのか。

    国家主義の台頭はないとは思うが、このまま進めば経済の混乱は避けられない。

    古いものを壊して、新しいものをつくるというならわかるが
    トランプは、単なるお馬鹿で、ただただ社会を壊すだけだね。

    早くやめることが、世界のためだろうね。

  • >>486

    <中国:9月の輸出は持ち直し、輸入堅調-対米貿易摩擦でも
    10/12(金) 12:17配信 ブルームバーグ

    中国の輸出の伸びは9月に持ち直し、輸入も引き続き堅調だった。対米関係の悪化にもかかわらず、内外需が底堅く推移した。
    税関総署が12日発表した9月の輸出はドルベースで前年同月比14.5%増加。伸び率は市場予想の8.2%を上回った。一方、輸入は同14.3%増。貿易収支は320億ドル(約3兆5900億円)の黒字となった。

    追加関税や米国との関係を巡る不透明感が広がる中、中国の輸出は大きく伸びている。企業が関税発動前に出荷を前倒ししたことが一因となり、7-9月(第3四半期)の輸出が増えた可能性はあるが、対米関係が悪化する中でこうした駆け込み効果は剥落する公算が大きい。

    キャピタル・エコノミクスのエコノミストらはリポートで、「世界の成長が鈍化するにつれて中国の輸出は今後減速するだろう」と指摘。「米追加関税も足かせ要因になるだろうが、米企業の輸入前倒しはその影響の多くが来年まで表面化しないことを意味している」と記した。
    9月の対米輸出はドルベースで前年同月比14%増と、前月の13.2%増から加速。一方、米国からの輸入は1.2%減と2月以来のマイナスとなった。>

    <中国の輸出の伸び>は<米企業の輸入前倒し>が原因だったようだが、中国以外の”代替輸入先”を持たない米企業は例え更に関税が上がろうと中国からの輸入を続けるだろう。

  • <中国の9月対米貿易黒字、341.3億ドルに拡大 過去最高
    10/12(金) 13:08配信

     [北京 12日 ロイター] - 中国税関当局が12日発表したデータによると、同国の9月の対米貿易黒字は341億3000万ドルと、8月の310億5000万ドルから拡大し、過去最高となった。>

    なんのことは無い、トランプの「”高関税戦法”は尻抜け」だったようだ。
    結局、米国の企業・消費者が”高関税”を負担したことになる。

  • >>484

    <トランプ政権が元安を懸念している>
    <ムニューシン財務長官は1994年以来初めて中国を為替操作国に認定するようホワイトハウスから圧力を受けている>

    トランプによる「政治的差し金」に他ならない。

  • <<
  • 506 485
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!