ここから本文です
Yahoo!ニュース

中国の人権問題

  • 152
  • 0
  • 2018/11/12 02:58
  • rss

天安門29年 中国国外でも尾行
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6284926
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 152 119
  • >>
  • 152(最新)

    tak***** 11月12日 02:58

    ■米国はキリスト教徒、チベット人およびウイグル人のような宗教団体に対して行われている中国の抑圧政策を非難した
    中国はこの訴えを否定し、トランプ政権が中国国内の問題に干渉することを止めるように求めた。
    India TV News Desk, New Delhi, Published on: November 10, 2018 14:22 IST

    金曜日にマイク・ポンペイオ国務長官が上記のように非難したが
    楊潔篪(ヤンチエチー)共産党政治局員は直ちにこれを否定した。他国と同様に人権を尊重していると述べている。
    まったくのごまかしとしか思えない発言だ。

    米国は人権問題を言っても中国は反応しないことはわかっているので他の方法として関税、技術関連物資の輸出規制などを行っている。EUも最近は中国の人権問題についてだまっていない。あらゆる形で中国に圧力を加えてもらいたい。

    中国の人権問題 ■米国はキリスト教徒、チベット人およびウイグル人のような宗教団体に対して行われている中国の抑圧政策を

  • 中国では国民とは言わない。国籍と関係のない人民と呼ばれます。つまり中国共産党が飼育する生き物なので人権が与えられないのです。ですから中国に人権問題はないのです。

  • 「ウイグル族の収容施設閉鎖」国連人権理事会で各国が中国に迫る
    7日11時57分 TBS

    スイスで開かれた国連人権理事会で、アメリカなど各国が中国に対して「ウイグル族の収容施設を閉鎖せよ」と迫りました。

     スイスのジュネーブで、6日開かれた国連人権理事会では、中国の人権状況が議論されました。

     「新疆ウイグル自治区で、ウイグル族などイスラム教徒の大量収容、抑圧、監視が行われているという報告を深く懸念しています」(カナダ代表)

     「新疆ウイグル自治区の収容所などを廃止し、数十万、数百万ともみられる収容者を直ちに解放すべき」(アメリカ代表)

     アメリカなど各国の代表らは、中国に対して、「新疆ウイグル自治区にあるウイグル族らの収容施設を閉鎖するべき」と迫りました。中国の代表は、「施設は住民をイスラム過激主義から遠ざけ、中国社会に統合させるための職業訓練施設だ」と主張、「政治的な意図をもった批判は受け入れない」と反発しました。

     会場の外では、国外に住むウイグル族らが抗議行動を行い、「家族や親せきと連絡が取れなくなっている」「国連は中国政府に対して行動を起こしてほしい」などと訴えました。

    <<これは時間との戦い、世界が協力して中国の非道を止めさせよう>>

    中国の人権問題 「ウイグル族の収容施設閉鎖」国連人権理事会で各国が中国に迫る 7日11時57分 TBS   スイスで

  • 「中国の人権問題」

    中国に「人権」なんてないでしょ。

    中国共産党に「人権」なんて言葉はありません。

  • 中国のウイグル弾圧強化、「一帯一路」推進の一環
    ビル・ガーツ 2018/11/06

    ■米議会報告

     米議会の米中経済安全保障検討委員会が今月中旬に公表する予定の最新報告によると、中国治安当局は中国西部、新疆ウイグル自治区でウイグル人イスラム教徒ら少数派住民への弾圧を強めており、これは、インフラ投資を通じて開発途上国への影響力拡大を狙うシルクロード経済圏構想「一帯一路」推進の一環との見方を示した。

     報告は「(中国共産党)政府は(新疆ウイグル自治区で)、ウイグル人など少数派を標的とした大規模な弾圧計画を進めている。これら少数派の多くは、文化的、政治的に中国に帰属していないと考えている」と指摘している。

     新疆ウイグル自治区は、中国が「一帯一路」の中で提唱している六つの経済開発回廊のうちの三つの中心地であり、中国はこの回廊を通じて、南アジア、中東、欧州へと通商路を拡大しようとしている。

     中国は、その一環として、自治区内の反政府感情を抑え込むことを狙っているが、イスラム教徒であるウイグル人への弾圧は、パキスタン、インド、バングラデシュ、カザフスタンなど周辺各国からの反発を招いており、「中国のウイグル政策への反発が強まり、一帯一路構想への協力を渋る国が出てくる可能性がある」と報告は指摘している。

     自治区の収容所に拘束されているウイグル人は約100万人に上るとみられる。これは自治区内の少数派の8%に当たる。自治区の人口は2360万人だ。

     米国務省は、「中国は依然として、ただで労働力を手に入れ、刷り込みを行っている。『宗教的過激主義』とみなすウイグル人を抑え込むために、その行動を監視、制限している」と指摘している。

     中国は、弾圧のために先進技術を駆使し、声、DNAなど大量の生体情報を強制的に集めている。AI(人工知能)とビッグデータを使って、自治区内の全住民の身元、経歴を把握し、追跡を行っているという。中国はさらに、自治区内のウイグル人の拘束によって、海外に住む親族を脅し、国外の反体制派を封じ込めることも狙っている。

     報告によると中国政府は、自治区内での少数派弾圧に要する予算を2016年から17年にかけて倍増させた。この間に、中国国内の治安のための予算も、46億㌦から88億㌦へと増加した。

    <<世界は金をこんな風に使う国に制裁を!!>>

    中国の人権問題 中国のウイグル弾圧強化、「一帯一路」推進の一環 ビル・ガーツ 2018/11/06  ■米議会報告

  • 外交部、国連による国別人権審査を受けると発表
    2018-11-02 15:57 CRI

     外交部の陸慷報道官は2日の記者会見で、国連人権理事会のあるスイスのジュネーブで、中国が6日から9日まで第3ラウンドの国別人権審査を受けると発表しました。陸報道官は、「中国は今回の審査を非常に重視しており、国連に『国家人権報告』を提出した。楽玉成副外交部長を団長として、中央の関連部門、新疆ウイグル自治区とチベット自治区、香港、マカオ特別区政府の代表で結成される代表団を派遣し、オープンで率直な気持ちで建設的な対話を行う」と述べました。
    <<中国も世界の批判をかわす必要に迫られているということがわかる。人権の前に報道機関の自由な活動を保証すべきだろう。>>

    中国の人権問題 外交部、国連による国別人権審査を受けると発表 2018-11-02 15:57  CRI    外交

  • 新疆ウイグルの「収容施設」、情報はほぼ事実 英政府
    2018.11.01 Thu posted at 17:26 JST

    香港(CNN) 英国政府は11月1日までに、中国北西部の新疆ウイグル自治区でウイグル族など多数のイスラム教徒が「再教育収容施設」に拘束されているとの情報はおおむね事実であることを確認したと述べた。

    ハント英外相は同国国会での質疑で、ここ数カ月間表面化したこれらの情報に大きな懸念を抱いていると説明。自国の複数の外交官を今年8月に同自治区を向かわせたところ、「彼らは(収容施設に関する)情報は大体正確であることで意見が一致した」と述べた。

    外相は英国外交官が現地で見聞した事柄の詳細を尋ねられたが、明らかにはしなかった。その上で、最近訪中した際の王毅(ワンイー)外相との会談でこの問題を取り上げたとし、今後もあらゆる適切な場において指摘するとの方針を示した。

    同自治区の再教育収容施設を巡っては国連人種差別撤廃委員会が今年8月、少数民族のウイグル族や他のイスラム教徒がテロや宗教的な過激主義への対策を名分に訴追や裁判なく長期間拘束されているとの情報を受け、懸念を表明。

    再教育収容施設には最大で100万人が移送されているとの情報もあり、国際社会で批判が強まっていた。収容施設では中国共産党の教条の集中的な教育などが進められているとされた。

    中国政府は当初、これらの情報を否定。同国政府当局者は人権問題に関する国連の公聴会で再教育収容施設の存在を全面的に打ち消してもいた。ただ、ここ数週間は国家安全保障や少数民族の調和を理由に収容施設などの政策を強く弁護する方針に転じている。新疆ウイグル自治区当局は先月10日、過激主義に反対する思想教育を根拠に「職業教育訓練センター」を合法化してもいた。

    中国政府はウイグル族のナショナリズムや分離主義の高まりを警戒しており、新疆ウイグル自治区で長年、抑圧的な統治を進めている。

    <<中国の人権問題についてはEU・アメリカも非難している。国際監視団などあればいいのだが。>>

    中国の人権問題 新疆ウイグルの「収容施設」、情報はほぼ事実 英政府 2018.11.01 Thu posted a

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(1/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)
    By David Von Drehle
    Columnist
    October 26

    First-time visitors to the booming cities of Eastern China invariably marvel at everything new — the gleaming airports, super-fast trains, luxury emporia and glamorous rich. But in Western China, where foreigners are forbidden to look too closely, the ruling Communist Party remains as brutal and totalitarian as ever.

    An estimated 1 million people, perhaps more, are imprisoned in concentration camps in Xinjiang province. New camps are going up at a furious pace, signaling even more widespread repression ahead. After many months of flat denials, the government in Beijing has finally admitted to the mass roundup of Turkic Muslims, primarily ethnic Uighurs and Kazakhs. The explanation is straight out of Mao’s disastrous Cultural Revolution of a half-century ago: “to cure ideological diseases,” as one party official put it.

    中国の人権問題 The Washington Post Opinions China's glitteri

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(2/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    The primary disease, in this case, is religious freedom and cultural identity. A campaign begun in the 1950s and accelerated in 1999 to conquer Xinjiang by filling the region with Han Chinese settlers only embittered the native populations. So in 2014, under the guise of fighting Islamist terrorism, communist authorities began herding Xinjiang’s Muslims — men and women, young and elderly — into so-called reeducation facilities ringed with guard towers and barbed wire.

    Chinese leader Xi Jinping sped the crackdown in 2016 by assigning a favorite henchman to serve as provincial party secretary. Chen Quanguo had proved his mettle as party secretary for Tibet, where he pioneered mass surveillance tactics and cut off communication with Bhuddist exiles led by the Dalai Lama.

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(3/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    Under Chen, Xinjiang province has become a police state where people can be detained simply for buying a tent, abstaining from alcohol or giving up cigarettes — supposed telltale signs of a faithful Muslim. Formal written permission from authorities is required simply to travel from one village to another. Vast detention facilities have spread like chokeweed. An examination of satellite images by the BBC found that one camp, about an hour from the provincial capital of Urumqi, roughly quadrupled in size between April and October of this year. The U.S. Congressional-Executive Committee on China has called Chen’s escalating repression “the largest mass incarceration of a minority population in the world today.”

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(4/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    Chinese authorities describe the purpose of the camps as educational or therapeutic. “Members of the public who have been chosen for reeducation have been infected by an ideological illness,” residents of the province were told via state-approved social media. “They have been infected with religious extremism and violent terrorist ideology, and therefore they must seek treatment from a hospital as an inpatient.”

    But reporters for Agence France-Presse recently unearthed government records that suggest the true nature of these supposed schools and hospitals. The documents show massive orders for equipment such as electric prods, police batons, handcuffs and spiked clubs known as “wolf’s teeth.” At least one camp has installed a “tiger chair,” the metal contraption favored by Chinese interrogators in which immobilized prisoners are sometimes confined for days at a time.

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(5/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    Prisoners spend their days learning Mandarin, absorbing propaganda and renouncing the faith of their forebears. Some have been released from captivity after proving themselves to be fully indoctrinated with the Communist Party line. Others may be held indefinitely, perhaps as hostages to lure family members who have fled China to return to be punished or brainwashed.

    The brutality in Xinjiang is no sideshow for Beijing. China’s economic future and political ambitions are wrapped up in the proposed transportation network of new ports and depots known as the Belt and Road Initiative (BRI). Central to the BRI is a modern version of the ancient Silk Road linking China to Europe by way of Central Asia. This route passes directly through Xinjiang; therefore the population must be brought to heel.

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(6/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    Some have compared what is going on to the oppression of Native Americans during the westward expansion of the United States. When Chen’s deputy Shohrat Zakir recently spoke through state-run media of the “vocational education and training program” underway in the camps, there were indeed echoes of the language used to defend the reservations and so-called Indian schools for Native Americans established more than a century ago.

    But the mistakes of the American past don’t justify present and future human rights violations in China or anywhere else. Beijing seeks to help lead the world in the 21st century, not the 19th century. In Xinjiang, China is headed in the wrong direction.

  • The Washington Post
    Opinions
    China's glittering glamour disguises a fist of tyranny(7/7)
    (中国の輝く魅力が独裁政治の恐怖を隠す)

    A survey by the Pew Research Center asked people around the globe whether they prefer the United States or China to have the upper hand in coming years. By a wide margin, the United States was the favorite. The world is leery of China and will continue to be no matter how many ultra-modern cities it builds. For even the most expensive wristwatch, the most glittering of bracelets and rings, cannot disguise the fist of tyranny.

    <<こんな中国が国連の常任理事国ということが問題。有志連合で中国に対抗するしかない。アメリカは既に火蓋を切り、EUも続く様子がある。インドはフランスと対中国ということで関係を深めていたし、ロシアも中国製の通信機器を排除しているなど一定の距離を保っている。中国共産党が無くなるとアメリカにとっての日本の軍事的価値などが激減することになるがそれでも日本は各国に協力すべきだ。>>

  • >>135

    >天安門28年 中国の民主化は

    思うに、清王朝300年が品の歴史上最も幸せな時期ではなかったのでしょうか!?
    末期、忍び寄る先進ヨーロッパ列強と相対峙したのが運の付き。
    日本みたいに賢く立ち回り逆に利用して明治維新を成し遂げた。孫文の夢はその日本のような国造りだった筈。

    21世紀の今、再び同じ過ちを犯そうとしているように見えます。

    決して奢るなかれ!
    世界と協調できない国は必ず滅びます。

    ふぇふぇふぇ

  • 王毅外相の態度にカナダ首相が怒りの抗議。。。
    中国は日米に潰されるだろう。
    世界の工場は終わり、共産党の墓場が待ってる。。。。

  • <<
  • 152 119
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!