ここから本文です
  • <<
  • 11 7
  • >>
  • インフレで例えば家の価格が上がっても
    それを売って買える品物や次の家の価格も上がれば生活費が増えて行くだけで貧困となる。

    物価が上がっても外国と比べ格段に高い賃金は上がらない。一部が上がったとしても重要な仕事は海外へ行ったり、その分税金が上がってしまう仕事である。海外に仕事が移転するのを加速させることになる。

    デフレ脱却などいうものは高額給与引き下げを拒むものの主張、税金で食っている者の主張であるのでは。自分達の給与だけ引き下げを回避する為の口実。公務員シロアリに騙されている。

    インフレは給与や預金の価値が無くなっていく事である。預貯金が多い日本においては購買力を無くすことでもある。円安になれば預貯金などは消滅して行く。
    インフレは国際競争力を無くして行くことでもある。

    今ごろ円安になっても企業はデメリットも多い。


    下げてはならないのは株価である。企業に損失が広がり経済や雇用が悪化する。この為にも減税や公務員給与削減が有効である。

    円安は外貨換算で賃金を引き下げる効果があるが、副作用もある。円安に戻したと想定して公務員賃金や医療費や電力賃金などの独占価格を円高還元で正常に引き下げれば輸出産業も多くの国民も助かる。GDPなどあまり価値はないし、分配が変わるだけである。
    増税も防げるし、年金掛け金値上げも防げる。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン