ここから本文です

仮想通貨は一時は異常な値上がりしていました。
これは以前あったバブル景気と似ている側面があります。

バブルと異なるのはそれが地価(不動産)で実態のあるものか、そうではないかということです。
仮想通貨はバブル以下で 24歳のイーサリアムの創業者が言う通りに、仮想通貨はいつ下落するか分からないものであり仮想通貨には失っても構わない以上の金額を投資すべきではないのです。

1980年代後半には、テレビ等のマスメディアの必要以上に毎日繰り返された不動産価値の宣伝により、地価は異常な伸びを見せる。当時の東京都の山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えるという算出結果となるほど日本の土地価格は高騰しました。
でも当時はマスコミの宣伝と嘘のおかげでそれが当たり前でうまい儲け話と信じ込まされていたのです。
このバブルは実は今の仮想通貨と同じく背景は複雑なので今回は説明は省略します。

今回のコインチェックもTVCMの宣伝ばかりに金をかけていてセキュリティは疎かにしていました。
そしてバブルとほとんど同じようないやそれ異常な状況に陥ったのです。
地価には実際に不動産がついてきましたが、仮想通貨には基本的には何もついてきません。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!