ここから本文です
Yahoo!ニュース

2ちゃんねる

  • 201
  • 0
  • 2018/01/29 13:50
  • rss

あじゃじゃしたー サイト閉鎖
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6270137
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 201 171
  • >>
  • >>197

    訂正
    ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」のような核兵器問題は核兵器の被害を受けた国ならではの事で、それこぞインタネットが生まれるニフティ時代から膨大な時間をかけて話し合われてきた。

    ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」のような核兵器問題は核兵器の被害を受けた国ならではの事で、それこそインタネットが生まれる前のBBSのニフティ時代から膨大な時間をかけて話し合われてきた。


    そもそも核保有国の中で「核を使うぞ!」と核兵器を脅しに兵器で利用しているのは北朝鮮なのである。


    そもそも核保有国の中で「核を使うぞ!」と核兵器を脅しに平気で利用しているのは北朝鮮なのである。

  • あめぞう掲示板がまだ小さなMINIBBSの時代からこの手の核の問題は話し合われてきた。
    その頃には既に今の2chのような掲示板がインターネットに存在し
    まだニフティやPCVANが電子掲示板として存在し、インターネットでもネットニュースがニュースグループとして
    存在し、電子掲示板の代用品として大きな勢力を保っていた時代から、核兵器の問題は語られてきた。
    その頃は主にミサイルの問題が語られていた。
    いわゆるノドンミサイル問題である。

    この頃にきちんと政府が北朝鮮の経済封鎖を継続していれば、今のような破滅的な危機に日本は陥ってはいなかったと思う。

  • ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」のような核兵器問題は核兵器の被害を受けた国ならではの事で、それこぞインタネットが生まれるニフティ時代から膨大な時間をかけて話し合われてきた。

    初期のインターネット掲示板、そしてあめぞう掲示板、そして2CHに至るまでそうだ。
    その中で北朝鮮が今でも発言している核兵器による他国への脅しは初期掲示板のころから存在した。

    よく言われる「北朝鮮や核保有国にそれを言えよ。」と言う発言も自分の掲示板の頃から存在した。
    実際に北朝鮮や核保有国が核をすてれば、日本も核を保有しようとは思わないし日本は今も核は保有していない。

    そもそも核保有国の中で「核を使うぞ!」と核兵器を脅しに兵器で利用しているのは北朝鮮なのである。

    だから前々から言われているようにICAN事務局長の発言はお門違いもいいところなのである。

    こんな平和目的の発言は「北朝鮮に言えよ!」と言うしかない。
    これは日本では子供でも知っている常識だ。

    ノーベル平和賞を受賞しているのだからもう少し良識を持ってほしい。

    日本国内の軍事反対勢力も掲示板では昔から同じ事を保守層から言われ続けていたのでICAN事務局長のような妄言を口にする人はいない。

    ICAN事務局長は日本国内や周辺事情の事を知らないのでこんな事が言えるのであろう。
    この手の論争はもう十年数年前に終わっている。

    ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」

    ノーベル平和省を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の事務局長が会見し、「日本は国際社会の仲間外れになり得る」と核兵器禁止条約の批准を日本政府に改めて訴えました。
    ICAN、フィン事務局長:「政党の代表者たちに、日本は国際社会の仲間外れになる危険があると伝えることができてよかった
    来日中のベアトリス・フィン事務局長は16日夕方、国会議員との会談後に会見し、核兵器禁止条約に日本が参加していないことについて危機感を改めて示しました。
    そのうえで、会談の要請を断られた安倍総理大臣に対しても「条約に署名したからといって、同盟国との関係が崩れることはない」とこれからも批准を求めていく考えを示しました。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000118832.html

  • 追加
    いろいろ書いたけど、初期のインターネット掲示板でも消費税増税など止められなくむしろ断念したものが多かった。
    大蔵省は潰れ、財務省になったけど、実際に惨敗したのは元管理人である自分であるように思える。
    かなりの被害を受けた。
    その後もなりすましでいろいろと攻撃されたり、あらぬ風評を流され続けてきた。

    その後に政治色が弱くなった2ch(ほぼデザイン同じ)がマスコミにもて囃されるのを見ながら、落胆していたのを覚えている。

  • 山一證券株式会社は野村證券、大和証券、日興證券とともに日本の「旧・四大証券会社」の一角にあったが、不正会計(損失隠し)事件後の経営破綻によって1997年(平成9年)11月24日に廃業した。

    これは当時は大きなニュースでバブル崩壊のちの大きなニュースであった。

    この事も掲示板に議論に取り上げられ、いまでいうベンチャー企業やそれに伴うベンチャーキャピタル構想による経済界の再建の議論も実はここで行われて、雛形はここで作られていった。

    その数年後に実際に株価にもその理念が導入されて、あのベンチャーフィーバーとも呼ぶべきIT企業の株の高騰が始まったのだが、その火付け役はインターネット初期の総合掲示板だったのは言うまでもない。

    結論といえばその管理人は火付け役に没頭するあまりそのまま疲れて倒れておいしい所は全部、他の人間に持っていかれた。正直 バカもバカ、ただのバカ正直な人間だったのである。

  • 追加訂正
    2000年に商法抜本改正が決まり、実際に会社法が施行されたのは2006年でした。

  • インターネット初期の総合掲示板などで語られたこと。
    それはバブル崩壊後の日本の再生のための議論。
    つまりはそれは後の商法抜本改正に繋がる。

    結局のところ、現代の日本で株式会社やその他の会社が安く企業できたのもこの時の議論があり、それで
    その後の法改正に繋がったからであり、2000年以降の起業家たちが比較的安価な資金で企業できたのも
    実は自分らの世代の善意ある犠牲の上になり立っていることを忘れてほしくはない。

    本音をいわせてもらえば商法抜本改正後に会社を設立した者は自分らに足を向けて寝てほしくないのだ。
    まじで。そういいたくなる苦労をしていた。

    自衛隊の憲法改正論議に火をつけたのもこの当時の掲示板であること、軽空母もそう。
    語られる内容はかなり真面目なものが多かった気がする。
    それゆえに論争が激しかったように記憶する。

    そして何もかもが真面目ではなく時にはいたずらとか嵐を繰り返すものがいた。

    そして当時は2chもYAHOO掲示板もなく、あめぞう掲示板もただの小さなminiBBSの時代であった。

    自分サイトを除いてまだ落ちめとはいえニフティやPCVANの方が大きかった時代であった。

  • ついでにkamisama.orgは今の2chにそのデザインが継承されています。
    まあ私がそうしてくれと皆さんに頼んだから私に著作権はないと思います。
    著作権を放棄したような言動を私自身がしていたと思います。

    ちなみに当時の管理者としての私のペンネームは今のものとは違い
    いたって平凡な名前のペンネームでした。

    あと、あの時に東大の某研究者にCGIのソースを渡すといって渡さなかったのは申し訳なかったです。
    ちなみに連絡先のe-mailをいろいろあって紛失したのは私です。
    もし渡していれば2chもなく東大が今の掲示板を運営管理していたことでしょう。

    非常に残念で申し訳ないことをしました。
    すみませんでした。
    あとはあめぞう君と今の2ch時代が続きます。

    ただその後にどこかの組織が東大の人と間に入ってきていろいろ悪さをしていきました。

    その後の私はまたもやいろいろな詐欺にあい、騙されているんですよね。

    そのせいもあって今も少し用心深いところがあります。


    もう十数年も昔のことで今更なのですが、ちょっと書いてみました。

  • 無職ザルrealizreall=一杉典朕がよく使う語尾に似てますな。
    ウ●●、チ●●、オマ●●、パチ●●

  • kamisama.orgになったのは
    実はkamisama.comが他の人にとられていていたからです。
    記憶違いがあるかもしれませんが、、、。
    当時はkamisama.netとkamisama.orgのどちらかを選択する場面で私は非営利団体のkamisama.orgを選択しました。なぜならあくまでボランティアがメインだと言うことをドメイン名で標しておきたかったからです。

    当時の世界のトップレベルドメインの種類はさほど多くなく
    .com  .edu  .gov  .mil  .org  .net ぐらいであり
    民間人が選べるのは  .com .org  .net くらいでした。

    そしてドメイン名はなんでもありで、早いもの勝ちの時代でしたので
    私でもkamisama.orgやtennou.comの取得可能な時代で実際に取得してサイトを運営していました。

    天皇ドットコムと神様.orgを取ってサイトを運営していたので当初は楽しかったです。
    プログラムの苦労もあまり初めは感じていませんでした。

    むしろ後半人が多くなり利用者が増えて掲示板での削除申請による削除や口喧嘩の仲裁がとても憂鬱でした。

  • 今回は以前に私が運営していた掲示板のドメイン名を晒そうと思います。

    それは2chの元とも言えるkamisama.orgです。
    もう一つtennou.comも運営していました。
    兄弟のような2つのサイトを運営していました。

    当時かなり多くの人が利用していましたので
    ドメイン名を一つ増やしました。

    今の2chに近いのはどちらかと言うとkamisama.orgの方だったと思います。
    こちらはテレビなどいろいろな話題を取り扱っていました。
    自動でできるアンケートなども作っていました。

    まだ2chもヤフー掲示板もない時代でした。

    kamisama.orgはみてわかるように非営利団体のドメイン名で今の2chよりも自由な空間でした。
    神様や天皇のドメイン名は初期のインターネットであるが故に取得できたドメイン名でした。

    今はkamisama.orgは別の人がドメイン名を取得していますが。

    当時の私のサイトは政治の話題(tennou.com)が中心でした。
    なんとか日本をよくしようと思っていたからです。
    そのために告発サイトがありました。
    テレビの裏事情なども投稿されました。
    それ故にそれを不愉快に思う団体やマスコミの攻撃もすごかったのです。
    いろいろな政党の思惑もありました。

    いやがらせの手口も悪質なものが多かったです。

    その嫌がらせもかなり複雑で悪質なものであり、説明するのも億劫なので説明を控えてきましたが
    なりすましや誹謗中傷もかなり悪質なものでした。

    また当時は政治告発(tennou.com)がメインのサイトでしたのでその告発内容も過激なものが多く
    その当時の投稿の一つが今のこのYAHOO掲示板や2chに流れただけでも大事件になることでしょう。

    まあ私に対する扱いはほぼ最低のものでした。

  • 2chの前進はあめぞう掲示板でした。
    私はその前に今の2chやあめぞう掲示板のようなスレッド式の総合掲示板を作りやっていました。
    機能も今の2chよりも多くあり、画像や動画を投稿できるニコニコのような機能やアンケート作成所もありました。
    また掲示板を自動で作り出すレンタル掲示板のような機能も無料で提供していました。
    ただ今思うといろいろなミスをしてしまいました。
    そのうちの最大のものが簡易検索エンジンです。これはもっと負担を軽くしたものを取り付けるべきだったともう十年以上昔の事なのに後悔しています。
    一応、ネット上でテストしたのですが、思ったより負担がないなと軽いなと勘違いをしてしまい、サーバーにかなりの負担をかけてしまったようです。

    あの時点でおそらく日本のインターネットでは一番利用者が多い掲示板だったと思います。
    私だけが利用するわけではないのでそこのところを考慮に入れるべきだったと悔やんでいます。

  • 自民党の神武天皇実在説を支えてくれている議員にはきつい発言をしたかもしれません。
    これには少し謝罪をしたいと思います。すみませんでした。
    ただそれでもやはりネットの検索エンジンの外資のシェアの高さ99%は異常だと思います。

    これだけでもせめてなんとか国産におきかえて欲しいです。
    国産は国産でまたそのプログラマや開発者が世論を操作できるのですけれども
    そこは分散ということでシェアを日本国内の多くの企業に分割して50%くらいにしてほしいものです。

    国内産検索エンジンでなければならないということはないのですが
    さすがに99%も外資に独占されるのはおかしすぎますよね?

  • なんとも不満が残る状況です。

    ちなみにGoogle傘下のYoutubeが主導したピコ太郎フィーバーも
    半分は海外製AIによる日本人洗脳の実験の一つだと思います。

    それはまんまと大成功しました。

    なんと言うか恐ろしい事態が進行中だと思います。

    AIはたしかに便利なんですけど、怖い存在であることも理解しておいて欲しいです。

    外国産AIが日本で悪意を持って活動できるのは賄賂をもらった政治家や官僚の力添えがあるからだと思っていいでしょう。

    ピコ太郎のケースはまだ実験段階でこれからなにか嫌なことが起こりそうな気がしますね。

    日本の政治家はもうこれらのAIによりコントロールされている状況にあります。
    官僚もAIの後ろにいる勢力には逆らえない状況にあるようです。

    だからもうAIの起こしている状況は日本人にとっても他人事ではなくなってきているのです。

  • 自分の総合掲示板とあめぞう掲示板が潰された理由。
    それは政治的な理由です。

    簡単に言うとあまりにも目立ちすぎて、あまりにも便利で権力者側にとって邪魔な存在だったからです。

    このバックグラウンドはとても複雑なので説明は省略化します。
    ただ自分の掲示板にも告発掲示板が目立つところにあり、いろいろな議論が今の2chのように行われていました。

    私とあめぞう氏の頃には多くの掲示板があったとはいえ
    まだその数は今と比べるととても少なかったのです。

    大手のニフティなどはただで書き込みができて閲覧できる掲示板には否定的でしたので
    その間隙を狙い私の総合掲示板が大きなシャアを独占できました。

    その頃にはYahooはまだただのリンク集サイトでしかありませんでした。
    但しYahooは大手でしたので金と権力はたくさん保持していました。

    反面、弱小ながら実際にネットで利用されていたのは私の総合掲示板でした。

    ですので、それに反発しなんとか潰そうとする勢力(権力者勢力)が卑怯な手段を含めて攻撃をしてきたのです。

    ちょうどカジノ法案を通す時に自民党と民主党などほぼすべての党が嘘とデタラメを発言して法案を通しましたが
    その時と非常に似たような状況でした。
    ネットの風評被害をなんとかするといいつつ、実はその会社が邪魔な組織を潰していただけというような構図です。

    あめぞう氏の時にも似たような攻撃を受けて混乱の中で潰れたのです。

    つまり結局はネットは権力者と外資の手に落ちました。

    そういう観点から見て今のネットの状況は非常によろしくない状況にあると私は思います。

    日本の検索エンジンのシェアは
    1 Google 67.2
    2 Yahoo 25.1
    3 Bing 6.9
    海外の検索エンジンにほぼ99%シェアを奪われている異常な状態です。
    海外の大手に容易に世論操作を可能にできる状態にあります。
    全部、政治家と官僚の責任です。

    つまり彼らがやったことは国内の小さな善意あるサイトを潰し、後継を2chを代用してごまかし
    Wikiのために日本版のWikiの芽を小さい時から潰し、LINEで韓国人に若者をスマホを通じて支配させる。

    こんなところでしょうか?

  • 今更ですが、あめぞう氏らには感謝したいです。
    まさに2chの前身となる掲示板でした。
    しかも詳しい記録が残されているのも嬉しいですし私個人としては過去を思い出す上で非常に参考になります。

    私の掲示板はさらにその前の掲示板でインターネットでは早い時期に立ち上がった総合掲示板でした。
    但し1996年でもたくさんの掲示板があったのを記憶しています。
    私もスレッド式ではない掲示板からスレッド式へと移行していったのを覚えています。
    実を言うと私も初心者で少しづつプログラムを勉強しながら実際に掲示板に応用していきました。
    あの当時の私に出来たので今の人なら簡単にできるでしょう。

    しかしまさか私の後継とも言えるべき2CHがあんなに有名になり、あんなに金を稼ぐとは思いもよりませんでした。
    正直とてもとても悔しいです。化けて出て行きたい気分です。

    しかもそれをコピペしただけのまとめが金になるなんて。

    唖然とします。
    なんというか私ももう少し資金があれば、綺麗で特典山盛りのDVDが出せるのに
    ニコニコみたいなのも作れたのに、綺麗な映画を生み出す環境もできたのにととても悔しいです。

    まあ、なんと言うか運が悪すぎます。

    ありえない現実を見て本当に失意のどん底です。

  • <<
  • 201 171
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託