ここから本文です
  • <<
  • 7209 7178
  • >>
  • 「狂気の沙汰」中高生らの清掃活動に誹謗中傷メール1千件…反原発派の“非常識”

    産経新聞 11月24日(火)10時35分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000508-san-soci

    「明らかな犯罪」「殺人行為」-。東京電力福島第1原発が立地する福島県沿岸部の国道6号で10月、地元の中高生らが参加した一斉清掃活動の主催団体に対し、約1千件にも上る誹謗(ひぼう)中傷の電話やメールなどが寄せられていたことが分かった。地元の高校生が道路沿いに捨てられたごみの多さに見かねて声を上げ、5年ぶりに行ったボランティア活動。必要以上に放射線被曝(ひばく)を恐れる人たちによる、子供たちの思いを踏みにじる中傷行為に地元の関係者は胸を痛めている。

    (中略)

     ところが、活動の実施を告知した9月中旬ごろから、このNPOに誹謗中傷の電話やメール、ファクスが県内外から届き始める。

     「若者を殺す行為」「美談にすり替えた子供への虐待」「狂気の沙汰だ」-。中には、主催団体の関係者に危害を加えることをほのめかしたものもあった。10月末までに、こうした誹謗中傷のメールなどは、1千件にも上った。

    以下省略

    >反原発を掲げる左翼達が、組織を挙げて行った可能性は十分にある。
    連中は、日頃は「話し合いが大事」とか「暴力反対」とか言っているが、いざ自分達の主義主張を通す為となれば、手段は一切選ばないからね。
    大体、当日もしっかりと線量を図りながら作業をしたというのだから、問題ないだろう。
    誹謗中傷する暇があったら、「我々が中学生の代わりに清掃作業をする」と言って、福島に乗り込んだらどうなんだ?
    それこそ放射能が怖くて、福島には行けないってか?
    だったら、黙って見守るべきだ。

  • ? 5連休最終日、反安保法・脱原発の集会も ?

    どう言う論理で反安保と脱原発が結びつくのだろうか、分からん!
    これはそれぞれに反対、賛成派が有り論理も全く無関係だと思う。

    おそらく情緒、雰囲気で結ぶついたものだろう、
    結局、反安保法・脱原発の非論理、いい加減、雰囲気、お情緒で合致しただけだろ。

    だから反安保法・脱原発はインチキダメダメなんだ!!

  • 反原発の諸君に問う。その論理は?エネルギー安全保障はどうする?先の大戦はエネルギー安全保障が原因だと思うが。
    原発やむなし(推進派含む)・・・の諸君に問う。その論理は?原発を可能な限り安全に運用する手段は?

    代替エネルギーはどうする?補助金等の問題は?利権構造の問題は?どちらにしても最終責任は何処の誰が負うのか?

    忌憚のない意見を伺いたい。

  • 原油価格がこれだけ下がっているのに電気料金は下がらない
    上げるときには一番に理由にしてピークの半分になった今
    何故価格引下げを言わないのか
    庶民にはウソばかりで暴利を貪る事ばかり考える半社会企業が
    電力会社である

  • 原発はたしかにあぶないから反原発は理解できるが、
    そこにゴロツキが乗っかって来てしまって
    なにがなんだかわからない状態だしデモもしてる!

    ゴロツキとは民主党のような日本の国力を落とし韓国を強くしたい思想!
    ゴロツキの考えでは韓国から海底ケーブルを通して電力を買うというのだ!
    なにかあれば電力あげないと韓国にいわれれば日本は何も言えなくなるようにしたいなど。

    その上 反政府系や反日系まで入ってきて 反原発を 反政府利用しちゃっている。

    もともとそういう手をつかうのかな?反政府系って?
    組合系でも反原発でもTPPでも政府の考えに反発する人がいるとそれをいいことに、味方とみせかけて
    ゴロツキが浸食してきて 踊らせる。 中指立ててるような群れが支配し
    ほんとなに考えているかわからないようなやつらの集まりやデモになる。

    まともな主張派はこのまともじゃない派の駆除をお願いします。

  • 東電の安全無視,営業優先は危険だ。

    泉田知事の態度は筋が通っている。赤字解消,採算のため安全を犠牲にして再稼働に突き進む東電と安倍内閣は間違っている。事故の解明も現場検証もせず、対策や安全基準を決めても意味がない。

    日本共産党への一票は安倍政権への痛打となる。

  • 反原発デモ行進をしていると若い女の子が手をふってくれる。

    彼女たちは原発の恐ろしさを身をもって知っているから。

    女体は放射能に1番弱い、若い卵子を放射線で貫かれたら、正常な赤ちゃんが産めないから。

    若い男は彼女たちを守るため、行進に参加しよう。

  • >>7189

    原発は不経済。
    だからもうやめる。

    今あるものは安全を厳しく管理して再稼働。

    まあ国民の合意はこんなところでしょうか。

  • >>7188

    そりゃ近くの人で原発反対なら、参加しているでしょう。

    ところで原発のコストが安いって信じてる人、まだどれだけいるのかな?

  • >>7187

    世間ではデモはかなり冷ややかな目で見られてます。治安が良く秩序が保たれた日本でデモが起きたことは世界から見て品格を落としてしまった恥ずかしい出来事ですね。一般人の率直な感想が出てますね。

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1392256923

  • >>7184

    何のデモか知らないけど、反原発も言うだけでは評価されなくなった。
    廃炉にも予算がいる。お祭り騒ぎでは何の役にも立たないから。
    で、政府が廃炉費用のために電気料金を値上げするというのも致し方なし。冷たい視線の原因はそういうところかもしれない。値上げは困るけど、厚生年金や介護保険みたいに集めたお金が着服されたり、遊興費用にあてられることも恐れます。

    1.電力会社料金値上げは認めるべきでない。必要な廃炉費用は全額国庫負担でよい。既存積立分は政府が電力会社から徴収して一括管理すべき。不足分は目的税として電力料金上乗せ徴収して、基金を作る。政府は暖三社機関の管理下で廃炉を進める。というのが本来の姿だろう。そうすれば電力会社間での不公平も薄れる。原発ごとに思惑で再稼動のゴリ押しも防げる。原発依存度の高い関西電力が一番苦しいと思うから、原発持たぬ沖縄もふくめた全国一律で目的税分だけは廃炉費用を負担すべき。

    現状組織では廃炉費用として電力料金を値上げしても、経営赤字の補填や従業員ボーナスに使われてしまって、結局数年後には積立不足を繰返す恐れもある。

    2.電力料金が更に上がると、中韓との製造コスト競争力が拡がって、製造業の空洞化が進むが、仕方がないだろう。スイスや北欧など生活水準と製造コストの高い国では「中韓が真似できない製品」の開発が進んでいる。日本もまもなくそうなるよ。中韓にしても日本を蹴落とした数年先にはインドやアフリカ諸国に追い落とされる運命です。中国のGDPも頭打ちだね。

  • >>7185

    要約すると
    ◆福島原発の永久凍土方式案は実効性が疑わしく、弊害も予想される
    ◆3号機では水脈を絶たずに注水確保と大気開放の沸騰冷却が望ましい
    ◆既存の他原発についても異常発生時には沸騰冷却を選択肢とする
    …安全基準強化の内容と実効性を考慮しながら再稼動を慎重に探るべき
    以上

  • >>7181

    <沸騰冷却を使え>

    今後、各地の原発で異常事態が発生したときも、注水しながらの沸騰冷却が過酷事故を回避するための有力な手段として見直されるだろう。

    大学工学部で熱力学を学んだ方はご承知のことゆえ、敢えて申し上げるまでもないのだが、原子力を含めた火力発電プラントにおいては通常の沸点100度を超えた加熱水蒸気をいかに逃がさないでタービンの運動エネルギーに変えるかが熱効率向上の要となっている。

    原子力の過酷事故でも圧力容器は破損しない、させない、蒸気を漏らさない、核分裂のエネルギーを無駄に放出させないことが、誤った美学となり、誤解されていないかと危惧する。

    圧力容器は壊れない、蒸気は漏らさないというのは発電効率上は有益な考え方であるが、臨界運転中に異常が発生した場合の処置としては、大量に注水しながら蒸気を大気中に逃がす沸騰冷却も考慮されるべきであろう。

    勿論、閉回路を循環する冷却水で暴走を止められる間は良いのだが、地震津波の場合には役立たなかったのが福島の現実だ。津波による電源喪失前に、地振動で制御棒の作動が失われて圧力容器に異常をきたしていたという見方もあるのだし、今後他の原発でも、活断層の影響で再発の恐れも多いと思われる。

    原発再開は産業界の悲願であり、日本の経済成長にも期待されるが、リスクをわきまえながら慎重に進めていただきたいと思う。

  • >>7180

    <神による解決案…続き>
    冷凍機による大地経由の冷却は非常に効率が悪い。何故なら、大地が熱容量の大きい熱伝導物質であるから。シベリアの永久凍土は北極圏にあるが、温帯の福島浜通では地表の雪もでさえ、真冬に少し見られる程度。地下の温度は夏冬通じて暖かい。岩石の凍結温度は水の氷点(零度)より下であることにも気づくべき。

    何とか冷やしたい気持ちも判るが、高校物理の知識もない人間の考えること。神が夢枕でおしえてくださった…

    <沸騰冷却を使え>
    恐れずに、地下汚染水が水蒸気となって逃げる道を与えよ。汚染水はくみ上げるものではない。水蒸気分子(気体)はほぼ純粋(純水)だから、放射能の数値は汚染水(液体溶媒)より下がるであろう。

    これが唯一の解決策であり、餌を与えられたゴジラはその場にとどまるり、更に深く移動することはない。

    <以上、>福島オフサイトセンターの皆様、本当にご苦労様です。除染手当ての未払いは、職務別の金額が3次受け労働者には明示されていないので誤解もあったようですね。持ち場により金額は異なる。持ち場ごとの金額は就労前に確認することです。ワッペン、線量計は忘れずに。異常値は報告すること。現場は異常をもみ消さないこと。これも大切です。線量計に異常があったら現品は監督に取り上げられる前に数値を記録する。できらば写真も撮る。報道機関に伝えること。

  • >>7179

    <福島3号機MOXは深く移動中>

    福島3号機、MOX燃料が使われていた…圧力容器は破壊され、コンクリートの基礎も貫いて、MOXは深く移動中。ここまでは事実。ロボットでさえもMOXの現在地を現場も確認しておらず、回収はできていない。回収が2年前より困難な状況になりつつあるのも事実。

    東電寄付口座(講座?)の北海道教授が総括原価方式で支払われた給与でデマの広報活動をする間に、何もなされなかった。

    *************************************************
    <以下は仮説である>2年前にコンクリートの上で白熱を発しながら冷却水を蒸発させていたときは大量の気化熱を奪いながら威力は衰えるどころか、水蒸気を大爆発させた。地表の水がなくなると更に大量の獲物(冷却水)を求めてコンクリート、地層の岩盤を溶かしながらやっと地下水脈を探し当てたMOX燃料。白熱光を地中で発しながら勢いは衰えない。(※大量の放射線を発しながら周囲の物質を変化させるので、肉眼でもカメラでも実際に見ることはできない。人知を超えた神の創造の世界である)

    <福島3号機のMOX…地下で猛威を振るう巨大怪獣>
    ◆地下水脈の流れがゴジラの餌である…止めてはならない
    ◆地下水脈を止めたら、新たな水脈を求めて更に深く沈み、新たな水脈を餌食とする
    ◆MOXが深く沈んでも、100メートル沈もうが、大陸棚よりは上の地層
    日本列島が汚染され続けるのは事実であり、本来の除染も更に困難となる
    地下100メートルまで永久凍土化する技術を日本人は持っていない。
    <神による解決案に続く>

  • >>7171

    >プルトニウムは体内被曝すると危険です。福島原発周辺ではプルトニウムの放射性粉塵を呼吸器に吸い込む可能性があり、作業者がマスクを着用しております。

    ???プルトニウムは食べても安全なんだけどね(北海道大学教授) ???

    東電寄付口座(講座?)の教授がデマを飛ばしても、危険がなくなったわけではない。放射性物質は目に見えないから不安を招き、デマの嘘が見破られて海産物など風評被害を招くと認識すべき。

    プルトニウムが福島3号機由来のものか、諸説あるがプルトニウム汚染が拡がっていることは事実である。

    産経ニュース引用抜粋>海底土からプルトニウム 福島第1原発の港湾内
    2013.4.15 23:29 [原発] 東京電力は15日、福島第1原発港湾内で採取した海底の土から、1キログラム当たり約1・4ベクレルのプルトニウムを検出したと発表した。土は昨年7月23日に港湾内の1号機東側で採取し、東電が分析していた。東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理は「事故に由来するものだが、微量で健康に影響はない」としている。半減期が約2万4千年のプルトニウム239と同約6600年の240を合わせた濃度が土1キログラム当たり1・2ベクレル。

  • >>7174

    旧社会保険庁から、民間企業の年金組合に天下った理事たちも同罪だと思う。1000億を超える着服金の行方を究明すべきだろう。小口の資金に洗浄ずみだろうから追跡するのは困難が予想される。

  • <<
  • 7209 7178
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!