ここから本文です
  • <<
  • 4 1
  • >>
  • >>1

    《私見》携帯電話利用料値下げの得策

    目下、NTTドコモ主体で5G方式の開発・普及がされているようだ。

    この5G方式の開発・普及は日本国策でもあり、利益を受けるであろう国や他キャリアは完全
    依存体質となっている。

    NTTドコモから5G方式の開発・普及業務を切り離し、国や全キャリアの業務にさせると、
    最低でもNTTドコモの携帯電話利用料値下げになるであろう。

    そろそろ、技術とサービス提供を分ける様な思考転換をすべきと気付くべきである。
    このことは、放送のNHKでも言えることである。

  • >>1

    《私見》携帯電話利用料値下げは無理?

    昨今の国内電子機器メーカーの相次ぐ携帯電話製造・販売からの撤退の外国メーカーの
    台頭では、携帯電話本体価格の政府・国内企業での制御は無理になるであろう。

    つまり、高額機種しか供給できない事態は携帯電話キャリアの販促活動の足かせとなり
    利用料は高止まりとなるであろう。

    でも、国内電子機器メーカーはコスト削減と言う目先に目を奪われ、中国・韓国などの
    諸外国への部品レベル~製品レベルの下請け発注したことが、政府・国内企業での制御
    主導性を喪失させたものだ。

  • >>1

    《私見》意味不明の高額宣伝?

    携帯電話利用者は、格安携帯電話や格安SIMの関連情報を積極的に収集し如何に携帯電話
    利用料の削減を図っているであろう。

    一方、携帯電話主要キャリアは高額タレントを使用し意味不明の宣伝をしている。

    こんな無駄遣い経営をしながら、携帯電話利用料を値下げをしないとは企業の社会貢献性に
    疑問を持った。

    因みに、携帯電話キャリアは電波と言う国民固有の自然的資産を占有しており、経営層には
    自然的資産占有感を持って社会貢献性を発揮して頂きたいものだ。

    先ずは、意味不明の高額宣伝を即刻止めて誠意を見せて頂きたいものだ。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!