ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

  • <<
  • 1625 1605
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 薬師峠(やくしとうげ)
    新潟県十日町市犬伏にある北越急行ほくほく線の信号場である。
    目次 [表示]
    概要[編集]
    薬師峠トンネル内にある、単線区間での列車交換型信号場である。9両編成の特急「はくたか」に対応する有効長をもつ本線1線・待避線1線の2線が設置されていた。2015年(平成27年)3月13日をもって特急「はくたか」の運行が終了し、当信号場での交換待ちがなくなった為、待避線の使用は休止状態となっている。
    かつて、交換待ちの停車時間を利用して、運転士が車内改札を行うことがあった。[要出典]。
    歴史[編集]
    1997年(平成9年)3月22日 : ほくほく線の全線開業に伴い開設。
    隣の駅[編集]
    北越急行
    ほくほく線
    十日町駅 - 薬師峠信号場 - まつだい駅

    次は「け」「げ」です。

  • 潮沢(うしおざわ)
    長野県安曇野市(廃止当時は東筑摩郡明科町)にあった東日本旅客鉄道(JR東日本)篠ノ井線の信号場。
    目次 [表示]
    概要[編集]
    篠ノ井線明科駅 - 西条駅は1902年の全通時潮沢川を遡って(旧)白坂トンネルを通るルートが設定されていたが戦後輸送力の増強のため設置されていたのが当信号場である。
    当信号場は漆久保トンネル出口と旧第2白坂トンネル入口の間、明科駅から4.8km・西条駅から4.9kmの場所に設置され(設置時代は両駅距離は9.7km、廃止後の距離は9.0km)、明科駅~篠ノ井駅間に設置された他の信号場同様シーサスクロッシング1基と引込線2本を備えたスイッチバック式の信号場だった。
    (新)白坂トンネルの完成による全通時ルートの放棄により廃止された。ちなみに(新)白坂トンネルは複線トンネルで近い将来複線化される予測で建設されたが松本駅 - 篠ノ井駅間で複線化されているのは田沢駅 - 明科駅間のみでそれ以降の複線化の目処は立っておらず単線構造での供用開始となっている。
    歴史[編集]
    1961年(昭和36年)9月27日 - 国鉄篠ノ井線の信号場として開設(同日に桑ノ原信号場も新設)。
    1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道が継承。
    1988年(昭和63年)9月10日 - (新)白坂トンネル開通によるルート変更に伴い廃止。
    現在 篠ノ井線廃線敷きコースとして明科駅~第二白坂トンネル入り口(約6キロ)ウォーキングコースになっている。
    周辺[編集]
    潮沢川
    三五山トンネル-漆久保トンネル - 当地 - 第二白坂トンネル
    交通アクセス[編集]
    明科駅より明科町営バスで李口停留所にて下車
    隣の駅[編集]
    東日本旅客鉄道
    篠ノ井線
    明科駅 - 潮沢信号場 - 西条駅
    次は「わ」です

  • ●蛸地蔵(たこじぞう)●
     南海電気鉄道・南海本線の駅で、目下「だんじり祭」で盛り上がっている大阪府岸和田市にあります。
     http://www.nankai.co.jp/traffic/station/takojizo.html

    ・・・次は「う」です。

  • 舞ロードIC千代田(まいロードインターちよだ)
    広島県山県郡北広島町の主要地方道浜田八重可部線沿いにある道の駅である。中国自動車道千代田ICが隣接する。

    施設[編集]
    駐車場:128台
    普通車:116台
    大型車:12台
    身障者用:5台
    トイレ
    男:大 2器・小 6器
    女:8器
    身障者用:1器
    公衆電話:1台
    売店
    休憩所
    情報コーナー (24H)
    公衆無線LANサービス(無料)
    乳幼児用施設:ベビーベッド
    千代田インターバスセンター
    休館日[編集]
    1月1日、1月2日
    アクセス[編集]
    広島県道5号浜田八重可部線
    中国自動車道千代田IC
    千代田インターバスセンター[編集]
    千代田インターバスセンター 千代田インターバスストップと結ぶ歩道橋
    千代田インターバスセンター
    千代田インターバスストップと結ぶ歩道橋
    本施設に併設しているバスターミナルとして、千代田インターバスセンターがある。
    なお、このほか、歩道橋を渡ったところにある中国自動車道上(料金所内側)の千代田インターバス停に発着する路線があるので、そちらについては千代田インターチェンジを参照のこと。
    乗り入れバス会社[編集]
    中国ジェイアールバス広浜線(広島 - 大朝)
    大朝交通千代田大朝線(ホープバス)
    千代田タクシーホープタクシー千代田(川戸線・壬生線)
    壬生交通千代田巡回バス(川戸壬生線)・ホープタクシー千代田(本地線・南方線)
    八重タクシー千代田巡回バス(寺原今田線・畑壬生線)・ホープタクシー千代田(豊平線・寺原今田線)
    豊平交通豊平バス花そば(豊平千代田線)
    北広島町営バス千代田土師八千代線
    周辺[編集]
    古保利薬師
    万徳院

    次は「た」「だ」です。

  • ●下金山(しもかなやま)●
     北海道(上川総合振興局)空知郡南富良野町にある、JR北海道・根室本線の駅です。
     なお、同駅を含む富良野~芽室間は先日の台風10号による被害で不通となっています。

    ・・・次は「ま」です。

  • 江差(えさし)
    北海道檜山郡江差町にある国道227号の道の駅である。この駅には、江戸時代の江差地域に実在したといわれるとんちの名人・繁次郎の銅像がある。

    主な施設[編集]
    駐車場
    普通車:20台
    大型車:6台
    トイレ (いずれも24時間利用可能)
    男:大 2器、小 4器
    女:4器
    身障者用:1器
    公衆電話:1台
    公衆FAX:1台
    観光案内所
    売店「繁次郎笑店」
    簡易宿泊施設(繁次郎番屋)
    休館日[編集]
    毎週月曜日(11 - 3月)(祝日の場合、翌日)
    年末年始
    アクセス[編集]
    函館市より約69km
    周辺[編集]
    泊川
    繁次郎浜海水浴場
    江差道路事務所
    繁次郎温泉(旧:江差温泉)
    みなとオアシス江差

    次は「し」「じ」です。

  • 豊浦噴火湾(とようらふんかわん)
    北海道虻田郡豊浦町にある道央自動車道のパーキングエリアである。
    豊浦町が管理するハイウェイオアシスが併設されている。
    目次 [表示]
    施設[編集]
    上り線(函館・長万部方面)[編集]
    駐車場
    大型 7台
    小型 10台
    身障者用駐車場有
    トイレ
    男性 大2(和式1・洋式1)・小5
    女性 7(和式2・洋式5)
    同伴の男児用 1
    車椅子用 1
    下り線(室蘭・札幌方面)[編集]
    駐車場
    大型 7台
    小型 10台
    身障者用駐車場有
    トイレ
    男性 大2(和式1・洋式1)・小5
    女性 7(和式2・洋式5)
    同伴の男児用 1
    車椅子用 1
    ハイウェイオアシス[編集]
    上下線のエリアから第2駐車場に入り「豊浦町噴火湾展望公園」を利用できる。
    主な施設
    展望塔(9:00〜17:00。展望塔内に売店あり)
    パークゴルフ場(休止中)
    遊歩道
    隣[編集]
    道央自動車道
    (14)豊浦IC - 豊浦噴火湾PA - (13)虻田洞爺湖IC
    次は「わ」です。

  • ●浮間舟渡(うきまふなど)●
     東京都北区(浮間四丁目)にある、JR東日本・埼京線(正式には東北本線の別線扱い)の駅です(東京支社の管轄)。
     https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=208
     板橋区(舟渡一丁目)との境界線上にあることから、いわゆる「複合駅名」の形になっています。
     池袋・赤羽から下ってきた埼京線では東京都内最後の駅で、並走する東北新幹線と共に荒川を超えると埼玉県に入り、支社管轄も大宮支社となります。

    ・・・次は「と」「ど」です。

  • 鴨ノ庄(かものしょう)
    山口県山陽小野田市鴨庄にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)美祢線の信号場である。
    かつて存在した松ヶ瀬信号場共々、美祢線美祢駅 - 宇部線宇部港駅間に多数運転されていた石炭・石灰石輸送の貨物列車を捌くために設けられていたが、現在では交換する列車はない。

    歴史[編集]
    1969年(昭和44年)3月29日 - 日本国有鉄道の信号場として開設。
    1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR西日本に継承。
    構造[編集]
    厚狭駅 - 湯ノ峠駅間にある2線を有する、単線行き違い型信号場。
    一見一線スルー構造のように見えるが、全列車とも進行方向左側の線路を使用するため、厚狭駅方面の列車は分岐器通過のため前後で減速する。
    周辺[編集]
    線路に平行する厚狭川に沿って耕作地が広がる。
    隣の施設[編集]
    西日本旅客鉄道
    美祢線
    厚狭駅 - 鴨ノ庄信号場 - 湯ノ峠駅

    次は「う」です。

  • ●栗岡(くりおか)●
     北海道(空知総合振興局)岩見沢市にある、JR北海道・室蘭本線の駅です。
     隣の駅ですが、室蘭方が「栗山(くりやま)」、岩見沢方が「栗沢(くりさわ)」となっており、「栗」で始まる駅が3つも続いています。

    ・・・次は「か」「が」です。

  • 田宿(たじゅく)
    かつて静岡県富士市にあった岳南鉄道(現・岳南電車)岳南線の信号場である。
    歴史[ソースを編集]
    1951年(昭和26年)12月20日 - 開設。
    1982年(昭和57年)11月15日 - 廃止。
    信号場構造[ソースを編集]
    富士市立今泉小学校東側の踏切の直ぐ北側に機回し線を兼ねた線路があり、信号所南側の興人富士工場への専用線と、西側の大昭和製紙・大二製紙への専用線が分岐していた。信号所建物は各引込線分岐点東側に存在する。左富士信号所とは対照的に、2009年(平成21年)現在でも施設はほぼそのままの形で残っており、線路の大半も剥されることなく残っている。
    隣の駅[ソースを編集]
    岳南鉄道
    岳南線
    本吉原駅 - (田宿信号所) - 岳南原田駅

    次は「く」「ぐ」です。

  • ●県(あがた)●
     栃木県足利市にある、東武鉄道・伊勢崎線の駅です。
     http://railway.tobu.co.jp/guide/station/info/1702.html

    ・・・次は「た」「だ」です。

  • 耶馬トピア(やぱトピア)
    大分県中津市の国道500号沿いにある道の駅である。

    施設[編集]
    駐車場
    普通車:102台
    大型車:5台
    身障者用:2台
    トイレ
    男:6器
    女:4器
    身障者用:4器
    公衆電話
    公衆FAX
    情報コーナー
    レストラン「そば打ち体験道場」
    喫茶「トピア茶屋」
    物産店「ふれあいステーション」
    休館日[編集]
    毎週木曜日
    1月1日 - 1月2日
    アクセス[編集]
    国道500号
    すぐ近くに国道212号
    周辺[編集]
    中津市立本耶馬渓中学校
    青の洞門
    羅漢寺
    耶馬渓

    次は「あ」です。

  • ●野矢(のや)●
     大分県玖珠郡九重町にある、JR九州・久大本線(ゆふ高原線)の駅です。

    ・・・次は「や」です。がんばろう九州。

  • 菰野(こもの)
    三重県三重郡菰野町にある国道477号の道の駅である。
    目次 [表示]
    主な施設[編集]
    営業時間 夏季9:00〜18:00。冬季9:00〜17:00
    駐車場
    普通車:40台
    大型車:2台
    身障者用 : 2台
    トイレ
    男:大 3器(2器)、小 6器(4器)
    女:5器(4器)
    身障者用:1器(1器)
    ※()内は24時間使用可能
    公衆電話
    特産品販売所
    情報コーナー
    まこもの里 お食事処併設(土日祝日営業)
    休館日[編集]
    定休日無し
    年末年始 (12月29日 - 1月3日)
    アクセス[編集]
    Japanese National Route Sign 0477.svg国道477号 - 登録路線
    国道306号
    近鉄湯の山線 中菰野駅から徒歩
    周辺[編集]
    蒼滝
    湯の山温泉

    次は「の」です。

  • ●下兵庫(しもひょうご)●
    (1)和歌山県橋本市(大字:隅田町下兵庫)にある、JR西日本・和歌山線の駅です(和歌山支社の管轄)。
     https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0621837
    (2)福井県坂井市にある、えちぜん鉄道・三国芦原線の駅です。

    ・・・次は「こ」「ご」です。

  • 狼煙(のろし)
    石川県珠洲市狼煙町にある石川県道28号大谷狼煙飯田線の道の駅である。

    概要[編集]
    道の駅として認定される以前から、交流施設ならびに珠洲市直営の有料駐車場があり、また狼煙地区のほぼ中心に位置することから、禄剛埼灯台などの観光ならび地区の祭事にも使用されてきた。施設部分は近年建て替えられ「交流施設狼煙」と命名、2009年(平成21年)4月から営業を始めていたが、認定を受けて2010年(平成22年)4月29日に「道の駅狼煙」としてオープンした。
    なお、豆腐やきなこづくりが体験ができる体験交流室を兼ね備えているため、施設を指す旧名称は引き続き使用されている。
    施設[編集]
    駐車場
    普通車:106台
    大型車:5台
    身障者用:1台
    トイレ
    男:9器
    女:6器
    身障者用:2器
    公衆電話:1台
    EV車用急速充電器:1器
    農産物直売所(8:30 - 17:00)
    交流施設狼煙内にあり、特産品や土産品を扱っている。また、地元の大豆(大浜大豆)とにがりを使った地豆腐手作り体験が出来る体験交流コーナーも設置されている。
    道路情報施設(8:30 - 17:00)
    管理団体[編集]
    株式会社のろし(指定管理者)
    休館日[編集]
    12月31日 - 1月4日
    アクセス[編集]
    石川県道28号大谷狼煙飯田線 - 登録路線
    周辺[編集]
    禄剛崎
    禄剛埼灯台
    能登さいはて資料館
    ゴジラ岩
    葭ヶ浦温泉
    須須神社

    次は「し」「じ」です。

  • <<
  • 1625 1605
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順