ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    私鉄の駅名でしりとりをやらないか

  • <<
  • 5780 5761
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 九ノ坪(くのつぼ)
    かつて愛知県西春日井郡西春町(現・北名古屋市)にあった名古屋鉄道犬山線の駅。
    平田橋駅(現・上小田井駅) - 西春駅間に存在した。駅名は「九ノ坪」であるが、地名は「九之坪」である。

    概況[ソースを編集]
    ホームは2面2線の地上駅であった。
    歴史[ソースを編集]
    1913年(大正2年)10月1日 : 名古屋電気鉄道一宮線の駅として開業。
    1921年(大正10年)7月1日 : 名古屋電気鉄道が一宮線・犬山線を名古屋鉄道へ譲渡。名古屋鉄道一宮線の駅になる。
    1941年(昭和16年)8月12日 : 一宮線の枇杷島橋 - 岩倉間が犬山線へ編入され、名古屋鉄道犬山線の駅となる。
    1944年(昭和19年) : 休止。
    1969年(昭和44年)4月5日 : 廃止。
    駅周辺[ソースを編集]
    九之坪神社
    十所社

    次ぎは「ほ」「ぼ」「ぽ」です。

  • 中央大学・明星大学(ちゅうおうだいがく・めいせいだいがく)
    東京都八王子市東中野にある多摩都市モノレール線の駅。周辺にある中央大学多摩キャンパスと明星大学日野キャンパスに由来する。

    駅構造[編集]
    2面2線の相対式ホームを持つ地上駅。橋上駅舎で、駅西側はペデストリアンデッキで中央大学、東側は歩道と学内エスカレータ「Starway」で明星大学の校舎と直結している。同線の駅では唯一、ホームの上に駅舎がかかっている。当駅を多摩センター方面に向かって路線が下り坂になっている。
    大学最寄り駅のため通学時間帯の列車到着前後は非常に混雑する。自動改札の数は多摩都市モノレールの他駅と比較すると多い方だが、(一機分だけ両方行に一方通行)それでもラッシュ時の混雑解消にはなっていない。開業当初よりも、自動改札機を1機増やしたほか、階段やエスカレータ下の倉庫スペースを撤去してホームを拡張している。改札外にファミリーマート中央大学・明星大学駅店がある。
    のりば[編集]
    1 Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩モノレール線 高幡不動・立川北・玉川上水・上北台方面
    2 多摩センター方面
    利用状況[編集]
    2016年度の1日平均乗車人員は17,639人である[1]。同社線では、「立川北駅」「多摩センター駅」に続き3番目の規模を誇る。
    駅周辺[編集]
    多摩モノレールと平行する多摩モノレール通り(東京都道156号町田日野線)は、当駅及び多摩動物公園駅の周辺部分は長らく道路整備が行われていたため全通しなかったが、2008年4月26日に開通し、これにより同都道が全通した。
    歴史[編集]
    2000年(平成12年)1月10日 立川北 - 多摩センター間延伸に伴い、当駅が開業。
    隣の駅[編集]
    Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール
    Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール線
    多摩動物公園駅 - 中央大学・明星大学駅 - 大塚・帝京大学駅

    次は「く」「ぐ」です。

  • 八ツ又(やつまた)
    岐阜県本巣郡真正町[2](現在の本巣市)にあった名古屋鉄道揖斐線の駅である。

    歴史[編集]
    揖斐線の前身である美濃電気軌道によって北方町駅(のちの美濃北方駅)から黒野駅までが延伸開業した際に開業された駅である。1944年より休止され、そのまま復活することなく1969年に廃駅となった。前後の駅より早い廃止であった。
    1926年(大正15年)4月6日 - 美濃電気軌道北方線の北方町駅(のちの美濃北方駅) - 黒野駅間の開業に際し開設[3][4]。
    1944年(昭和19年) - 休止[4]。
    1969年(昭和44年)4月5日 - 廃止[4]。
    駅構造[編集]
    ホーム1面1線の停留場であった。丸窓を配した待合室が備え付けられていた[5]。
    糸貫川に架かる鉄橋に続く土手の西端に存在した。
    その他[編集]
    揖斐線の美濃北方駅 - 八ツ又駅間には数百メートルの区間、土手の上に線路があり、この土手の下を県道(北方多度線)や樽見線がくぐっている構造である。この土手はかつて糸貫川に架かっていた鉄橋への土手である。現在の糸貫川は小さな河川であるが、1944年(昭和19年)の根尾川改修工事以前は幅200メートル以上の河川であった。
    糸貫川が現在の小さな河川となった後、鉄橋は架け替えられたが、土手はそのままとなった。樽見線を建設するさい、この土手を利用して立体交差化されている。
    2016年7月現在、駅が存在した場所の盛り土と樽見線との立体交差部は撤去され、駅跡の南方はファミリーマート本巣上真桑店となっている[6]。
    隣の駅[編集]
    名古屋鉄道
    揖斐線
    美濃北方駅 - 八ツ又駅 - 真桑駅

    次は「た」「だ」です。

  • シューパロ湖(シューパロこ)
    北海道夕張市鹿島明石町にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の駅(廃駅)である。1962年完成の大夕張ダムによる人造湖の出現に伴い、観光開発を目的に開設された。ホームからはシューパロ湖や夕張岳、下夕張森林鉄道夕張岳線の三弦橋等を望むことができたが、利用客減少に伴いわずか7年間で廃止されてしまった。
    目次 [表示]
    駅構造[編集]
    単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎は木造平屋建てであった。
    駅周辺[編集]
    シューパロ湖
    夕張岳
    歴史[編集]
    1962年(昭和37年)6月1日 開業。
    1963年(昭和38年)6月10日 - 10月31日 連絡運輸を取り扱う。
    1969年(昭和44年)10月1日 廃止。
    現状[編集]
    駅跡には石積みと階段が残っていたが、2014年3月、夕張シューパロダムの湛水開始により水没した。
    隣の駅[編集]
    三菱石炭鉱業
    大夕張鉄道線
    南大夕張駅 - シューパロ湖駅 - (臨)農場前駅 - 明石町駅

    次は「こ」「ご」です。

  • 三柿野 (みかきの)
    岐阜県各 務原市蘇原三柿野町にある 名古屋鉄道 各 務原線の駅である。駅番号は KG06。
    次は「の」です。

  • 馬引(まびき)
    現在の愛知県一宮市[1]にあった、名古屋鉄道(名鉄)起線(軌道)の電車停留所(廃駅)である。
    目次 [表示]
    歴史[編集]
    1922年(大正11年)3月25日 起 - 一宮の軌道の建設を行うために蘇東電気軌道を設立。
    1923年(大正12年)11月1日 蘇東電気軌道、名古屋鉄道に合併。
    1924年(大正13年)2月1日 起 - 一宮(後、八幡町)間が蘇東線として開業した際に開業。
    1944年(昭和19年) 休止
    1946年(昭和21年)8月15日 復活
    1948年(昭和23年)5月16日 蘇東線を起線に路線名を変更。
    1952年(昭和27年)12月24日 尾西線の1500V昇圧に伴い、起線の新一宮駅乗り入れを廃止。
    1953年(昭和28年)6月1日 乗客増加により、電車の運行を休止してバス代行輸送に変更。当駅は営業休止となる。
    1954年(昭和29年)6月1日 起線が正式に廃止されたことにより廃駅。
    現在[編集]
    駅は現在の名鉄バス馬引バス停付近。
    隣の駅[編集]
    名古屋鉄道
    起線
    一宮病院前駅 - 馬引駅 - 篭屋駅

    次は「き」「ぎ」です。

  • 松虫(まつむし)
    大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町1番(ただし、隣接地は松虫通一丁目1番)にある阪堺電気軌道上町線の停留場。駅番号はHN03。

    歴史[編集]
    1910年(明治43年)10月1日 南海上町線の開業と同時に当駅設置。
    1944年(昭和19年)6月1日 会社合併のため近畿日本鉄道の駅となる。
    1947年(昭和22年)6月1日 会社分離のため南海電気鉄道の駅となる。
    1980年(昭和55年)12月1日 南海電気鉄道からの分社により、阪堺電気軌道の駅となる。
    構造[編集]
    相対式の2面2線で、上下線とも天王寺駅前駅よりに踏切がありホームは対向している。なお、どちらのホームにも上屋が設置してある。また天王寺駅前方面のホームは2両が停車できる長さになっている(実際に使用されることはないと思われる)
    住吉公園駅寄りに手動式の非常用上下渡り線がある。ここより北側の併用軌道区間で線路障害、および列車運行が不能となるような事件・事故・災害等が発生した際には、これを実際に使用して、浜寺駅前(我孫子道)・住吉公園 - 当駅間の臨時系統による折り返し運転を行うことがある。
    2005年(平成17年)5月に発生した阿倍野駅付近での水道管の破裂事故により列車の運行ができなくなった際、方向幕および電光行先表示は「天王寺駅前」のままで、運転席の窓側にA4サイズ位の大きさの紙に「松虫」と手書きで書かれた紙を貼り付け運行した。その際、当駅 - 天王寺駅前間を走る「あべの筋」の阿倍野交差点 - 近鉄前交差点間が通行止めとなった事から、同区間を併走する大阪市営バスは阿さひ保育園経由で迂回して運行されていた。しかし、市バスによる振替輸送はなかった。
    周辺[編集]
    駅周辺は呑み屋が存在する程度だが、すぐ近隣のあべの筋沿いには商店が多数存在する。また、付近は学校が多く学生の姿をよく目にする。
    大阪キリスト教短期大学
    清風情報工科学院
    大谷中学校・高等学校
    大阪市立松虫中学校
    大阪市立丸山小学校
    聖天山・正圓寺
    松虫塚
    隣の停留場[編集]
    阪堺電気軌道
    ■上町線
    阿倍野停留場 (HN02) - 松虫停留場 (HN03) - 東天下茶屋停留場 (HN04)
    ()内は駅番号を示す。
    次は「し」「じ」です。

  • 股ヶ池(ももがいけ)
    大阪府大阪市阿倍野区にあった南海電気鉄道平野線の駅。

    概要[編集]
    国鉄阪和線との立体交差の北側の袂にあった。
    平野線廃止時は、踏切を挟み、2面2線千鳥配列で、北側に下り(平野方面)、南側に上りのホームがそれぞれ設置されていた。元々、平野線開業時は、両方のホームが向かい合わせの対向式だったが、昭和のはじめ頃上りホームが移設された。この移設されたホームが、平野線廃止まで使われており、阪和線の高架橋(前身の阪和電鉄が建設したもの)と併せて、戦前の風景そのまま残すものであった。
    平野線が廃止された後は、関連する構造物はすべて撤去された。また、平野線が潜っていた、阪和線の高架橋も2004年(平成16年)から2006年(平成18年)にかけて行われた線路付け替えにより取り壊されてしまい、往時を感じさせるものはなくなってしまっている。
    のりば[編集]
    上り ■平野線 阿倍野 ・今池方面
    阪堺線直通 恵美須町 行
    ■平野線 阿倍野方面
    上町線直通 天王寺駅前 行
    下り ■平野線 田辺・平野方面 平野 行
    駅名の由来[編集]
    駅の近くにある桃ヶ池による。池そのものも、古くは「股が池」と表記していたが、昭和の初め頃から、現在の「桃」の字を使うように定着したといわれる。大正期に開業した当駅は、かつての表記をそのまま使い続ける形となった。
    歴史[編集]
    1914年(大正3年)4月26日 阪堺電気軌道(旧)平野支線 今池・平野間が開業時に開業。
    1980年(昭和55年)11月28日 廃止。
    隣の停留場[編集]
    南海電気鉄道
    平野線
    文ノ里停留場 - 股ヶ池停留場 - 田辺停留場

    次は「け」「げ」です。

  • 十日市場(とおかいちば)
    山梨県都留市十日市場にある富士急行大月線の駅である。駅番号はFJ09。
    目次 [表示]
    駅構造[編集]
    単式ホーム1面1線を有する地上駅である。線路はほぼ東西に走りホームは線路の北側に設けられている。ホームの中ほどには待合所が設置されておりこの脇から駅へ出入りが出来る。駅前は急斜面の道路となっており、下りきると国道139号に出る。
    無人駅。自動券売機は設置されておらず、当駅で切符を購入することは出来ない。
    駅周辺[編集]
    駅の都留文科大学前方で線路は桂川を渡るがこのとき下を覗き込むと蒼竜峡の渓谷美を一瞬眺めることが出来る。この景色はホームの都留文科大学前方の端からも見ることが出来る。蒼竜峡は、当駅の附近から上流1.5キロメートルほどのところまでの桂川に展開しており、その名は徳富蘇峰によって付けられたものである。
    駅から西、桂川下流へ200メートルほど行ったところの桂川には田原ノ滝がある。柱状節理の発達した岩の上を数段になって水が落ちており、この滝を詠んだものとされる松尾芭蕉の俳句が刻まれた石碑が佐伯橋のたもとに建立されている。
    都留市総合運動公園
    国道139号
    バス路線[編集]
    「十日市場駅前」バス停から予約型乗合タクシー「つる〜と東桂」が利用できる(事前に電話予約が必要)。
    利用状況[編集]
    2013年度(平成25年度)の1日平均乗降人員は123人である[1]。
    歴史[編集]
    1929年(昭和4年)6月19日 - 開業。
    隣の駅[編集]
    Fuji Kyuko Q Logo.svg 富士急行
    ■大月線
    フジサン特急・快速「富士登山電車」
    通過
    普通
    都留文科大学前駅 (FJ08) - 十日市場駅 (FJ09) - 東桂駅 (FJ10)
    次は「は」「ば」「ぱ」です。

  • <<
  • 5780 5761
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!