ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    改革に弱者はつきものと、いつの時代も語られますが、

    とりわけ2000年初頭から進められている常磐線改革については、
    その痛みを伴う構造改革に対して、
    地域ナショナリズム的についていけない弱者からの抵抗が大きいと言われています。

    また、かつて喫した掲示板対決における大敗の怨念を晴らすため、
    改革弱者の抵抗や嘆きに便乗して相乗する存在もいるとされています。


    ここでは、そんな改革弱者と負けの常連に対して、
    以下の事項について活用するトピックといたします。

    ・該当HNのリスト化
    ・負け組となった背景
    ・改革に抵抗する要因
    ・改革のつけで生じる弱者への影響
    ・喚き/嘆きの具体的内容

  • <<
  • 1736 1403
  • >>
  • <<
  • 1736 1403
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順