ここから本文です

多言語学習

  • 130
  • 0
  • 2018/04/14 03:50
  • rss
  • <<
  • 130 110
  • >>
  • 130(最新)

    qwa***** 4月14日 03:50

    万葉仮名(まんようがな、正字体:萬葉假名、正仮名遣:まんえふがな)は、主として上代 に日本語を表記するために漢字の音を借用して用いられた文字のことである。『萬葉集』 (万葉集)での表記に代表されるため、この名前がある。真仮名(まがな)、真名仮名( まながな)、男仮名、借字ともいう。仮借の一種。

    楷書ないし行書で表現された漢字の一字一字を、その字義にかかわらずに日本語の一音節の表記のために用いるというのが万葉仮名の最大の特徴である。

    『古事記』には呉音が、『日本書紀』には漢音が反映されている

    『万葉集』や『日本書紀』に現れた表記のあり方は整っており、万葉仮名がいつ生まれたのかということは疑問であった。

    万葉仮名の最も古い資料と言えるのは、5世紀の稲荷山古墳から発見された金錯銘鉄剣である。辛亥年(471年)の製作として、第21代雄略天皇に推定される名「獲加多支鹵(わかたける)大王」やその皇居「斯鬼(しき)宮」、日本神話の登場人物で四道将軍の1人の大彦命に推定される「意富比垝(おほひこ)」を始祖として、鉄剣の製作者とある「乎獲居(をわけ)臣」に至る8代の系譜があり、それらの人名や地名を表記する文字が刻まれている。

    //ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E4%BB%AE%E5%90%8D

  • Derivation can be contrasted with inflection, in that derivation produces a new word (a distinct lexeme), whereas inflection produces grammatical variants of the same word.

    Generally speaking, inflection applies in more or less regular patterns to all members of a part of speech (for example, nearly every English verb adds -s for the third person singular present tense), while derivation follows less consistent patterns (for example, the nominalizing suffix -ity can be used with the adjectives modern and dense, but not with open or strong). However, it is important to note that derivations and inflections can share homonyms, that being, morphemes that have the same sound, but not the same meaning. For example, when the affix -er, is added to an adjective, as in small-er, it acts as an inflection, but when added to a verb, as in cook-er, it acts as a derivation.

    en.wikipedia

  • Morphological derivation, in linguistics, is the process of forming a new word from an existing word, often by adding a prefix or suffix, such as -ness or un-. For example, happiness and unhappy derive from the root word happy.

    It is differentiated from inflection, which is the modification of a word to form different grammatical categories without changing its core meaning: determines, determining, and determined are from the root determine.

    //en.wikipedia.org/wiki/Morphological_derivation

    derivation:【言語学】

    a 不可算名詞 (語の)派生,語源. b 可算名詞 派生語.

  • 【屈折】

    語の文中における役割や関係の違いに応じて,語形を変化させること。ヨーロッパ諸言語における名詞・代名詞・形容詞の性・数・格による変化や,動詞の人称・数・時制・法・態による変化などの類。

    【派生】

    派生語は、接辞が内容形態素に付加することで構成される。また言語によっては音交替(母音交替・子音交替)や重畳などもある。

    同じ語の範囲内で文法的関係が変化することは屈折という。また、2つ以上の内容形態素が結合することを複合といい、複合で出来た語を複合語という。派生語も複合語も、同じ合成語の下位分類である。

    ja.wikipedia

  • [adverb]

    irresistibly:ir+re+sist+ibl[e]+[l]y?

    resistantly:re+sist+ant+ly

    resistively:re+sist+ive+ly

    resistlessly:re+sist+less+ly:(archaic, chiefly literary) In an unresisting manner; without objection or opposition

    consistently:con+sist+ent+ly

    persistently:per+sist+ent+ly


    -ly (2)

    adverbial suffix, Middle English, from Old English -lice, from Proto-Germanic *-liko- (cognates: Old Frisian -like, Old Saxon -liko, Dutch -lijk, Old High German -licho, German -lich, Old Norse -liga, Gothic -leiko);

  • -ible

    word-forming element making adjectives from verbs, borrowed in Middle English from Old French -ible and directly from Latin adjective suffix -ibilis (properly -bilis); see -able.

  • -able

    common termination and word-forming element of English adjectives (typically based on verbs) and generally adding a notion of "capable of; allowed; worthy of; requiring; to be ______ed," sometimes "full of, causing," from French -able and directly from Latin -abilis. It is properly -ble, from Latin -bilis (the vowel being generally from the stem ending of the verb being suffixed), and it represents PIE *-tro-, a suffix used to form nouns of instrument, cognate with the second syllables of English rudder and saddle (n.).

    A living element in English, used in new formations from either Latin or native words (readable, bearable) and also with nouns (objectionable, peaceable). Sometimes with an active signification (suitable, capable), sometimes of neutral signification (durable, conformable). It has become very elastic in meaning, as in a reliable witness, a playable foul ball, perishable goods. A 17c. writer has cadaverable "mortal."

  • -ent

    word-forming element making adjectives from nouns or verbs, from French -ent and directly from Latin -entem (nominative -ens), present participle ending of verbs in -ere/-ire. Old French changed it in many words to -ant, but after c. 1500 some of these in English were changed back to what was supposed to be correct Latin. See -ant.

    -ive

    word-forming element making adjectives from verbs, meaning "pertaining to, tending to; doing, serving to do," in some cases from Old French -if, but usually directly from Latin adjectival suffix -ivus (source also of Italian and Spanish -ivo). In some words borrowed from French at an early date it has been reduced to -y (as in hasty, tardy).

  • [adjective]

    desistive:de-sist-ive:(obsolete) conclusive or final

    insistent:in-sist-ent:反復的で持続的な

    resistible:re-sist-ible:抵抗可能な

    irresitible:ir-re-sist-ible:抵抗できない

    resistive:re-sist-ive:抵抗性の

    consistent:con-sist-ent:首尾一貫した

    subsistent:sub-sist-ent:生き続ける、内在する

    persistent:per-sist-ent:しつこい、絶え間のない

    existent:現存する

  • -ance:
    word-forming element attached to verbs to form abstract nouns of process or fact (convergence from converge), or of state or quality (absence from absent); ultimately from Latin -antia and -entia, which depended on the vowel in the stem word, from PIE *-nt-, adjectival suffix.

    As Old French evolved from Latin, these were leveled to -ance, but later French borrowings from Latin (some of them subsequently passed to English) used the appropriate Latin form of the ending, as did words borrowed by English directly from Latin (diligence, absence).

    English thus inherited a confused mass of words from French and further confused it since c. 1500 by restoring -ence selectively in some forms of these words to conform with Latin. Thus dependant, but independence, etc.

  • >>117

    [noun]

    assistance:as+sist+ance:助力 assistant:as+sist+ant:助手
    desistance:de+sist+ance:思いとどまること desistor:de+sist+or:思いとどまった人
    ×insistance:insistenceのミススペル insistence:in+sist+ence:主張 insister:in+sist+er:主張する人
    insisture:A dwelling or standing on something; fixedness; persistence.
    resistance:re+sist+ance:抵抗 resisitor:re+sist+or:(電気)抵抗器
    consistence=consistency:con+sist+ency 1.一貫性 2.濃度 consistory:con+sist+ory:1.協会会議 2.協会会議室
    subsistence:sub+sist+ence:1.(収入不足時の)生存 2.(ぎりぎりの)生活
    persistence=persistency:per+sist+ence/ency:根気のよさ、しつこさ
    existence:存在

    resistance: mid-14c., from Old French resistance, earlier resistence, from Late Latin resistentia, from present participle stem of Latin resistere "make a stand against, oppose" (see resist).

    *ラテン語あるいはフランス語経由で英語へ

  • ラテン語由来の英単語の成り立ちや派生語の成り立ちを知ることは、その語の意味を知る上で有用である。

    sist:from PIE *si-st-, reduplicated form of root *sta-

    assist:as+sist: from PIE root *ad- "to, near, at." 寄り添う→援助する
    desist:de+sist:a prefix in Latin usually meaning "down, off, away, from among, down from," 離れる→止める
    insist:in+sist:from PIE root *en "in"立ち入る→主張する
    resist:re+sist: from re- "against"逆らって立つ→抵抗する
    consist:con+sist:from assimilated form of com "with, together" 共に立つ→構成される
    subsist:sub+sist:from sub "under, up to"従属して立つ→存続する
    persist:per+sist:from per "thoroughly" (from PIE root *per- (1) "forward," hence "through") 立ち続ける→言い張る
    exist: from Latin existere/exsistere "to step out, stand forth, emerge, appear; 存在する

  • >>114

    + sistere "to place," causative of stare "to stand, be standing," from PIE root *sta- "to stand, make or be firm."

    印欧語根

    stā- 立つこと、さらに派生して立っているものや場所を表す印欧語根。その他に、種馬(例steed, stud)、主張(例obstinate)を表すこともある。他の重要な派生語は、語幹sistを持つ語(consist, existなど)、語幹stanceを持つ語(instanceなど)、語幹stituteを持つ語(constituteなど)、arrest, destiny, post, styleなど。

    assist /desist /insist /resist /consist /subsist /exist

  • 住民の呼称(じゅうみんのこしょう)とは、ある一定の地域や自治体の住民である事や 出身である事を指す言葉を用いる時の固有の呼び方を指す。英語ではdemonymと呼ぶ 。日本語では族称(ぞくしょう)という訳語もあるが、決まった訳語は定まっていない。 各 国語での事例[編集]. 例えば英語では、Japan に住む人々のことを Japanese と呼ぶ。 このような事例はヨーロッパ各国の言語で多く見られる。英語やフランス語では「~人」 は頭文字を大書する。

  • 『黄金の語根』第1位 sta, sist「立つ、立てる」(L.stare, sistere)

    //gogen-wisdom.hatenablog.com/entry/2016/12/19/101920

    *尻尾を捕ったぞ!いたく感激!

  • 語形成と意味を考える際の基本となるものは、述語項構造(predicate argument structure)である。

    [x eat y] または eat (x, y)

    言語学の基礎
    //culture.cc.hirosaki-u.ac.jp/english/utsumi/linguistics/lingusitics_c9_ja.html

    //culture.cc.hirosaki-u.ac.jp/english/utsumi/linguistics/lingusitics_ja.html

    *文の意味を考える時、verb, predicate, argumentが必要不可欠。それらの要素が欠けている場合も、我々は意味を考える上で、その欠けている要素を補ってその文の意味を類推するのが常である。動詞は何なのか、xは何なのか、yは何なのかということ。

  • エスペラ°ントの基礎(エスペラント語: Fundamento de Esperanto

    La Esperanta Rondo de la Hokkajda Universitato

    *"la", "de"などはロマンス語の匂いがするが?

    *わが辞書には、”°”の半角文字はないので。

  • それから、ここが英語の厄介なとこなんですけど、同じ -ing の語尾を持っていても、動名詞は動名詞句(つまり名詞句)の中心語(ヘッドとゆう)となり、現在分詞は分詞句(つまり準形容詞句)の中心語となります。「継続・繰り返しの意味を添える接尾 -ad」の記述は、英語で言うたら現在分詞の方に当たるような気がするんですが、エスペラ゚ントでは動名詞と現在分詞の概念上の区別がないとゆうことですか?

    それから、「動詞+不定詞」に絡んで、一つ教えてください。英語では、remember V-ing はすでに起こったことについて、remember to V はまだ起こっていないこと(これから起こるであろうこと)について使うんですが(だから動詞の意味によって V-ing を従えるやつと to V を従えるやつがある)、こんなん、エスペラ゚ントではどないなっとるんですか?

    エスペラントのスレッド obs氏の投稿より

  • アスペクトaspect

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

    文法用語。相または体ともいう。動詞の表わす過程・状態などが,その時間的経過に関係なく全体としてとらえられるか,それとも時間的経過が問題とされるかの差異を示す文法範疇。ロシア語文法のいわゆる完了体と不完了体の別が一例。フランス語の文章語における単純過去と半過去との対立も,一般に時制として論じられるが,実はアスペクトの対立である。ロシア語の場合のように多く語形成によってアスペクトの対立を表わす言語や,フランス語の場合のように活用による言語もあるが,いずれにせよ,厳密には体系的な文法現象として現れる場合にアスペクトという。しかし広義には,動詞の内在的意味が時間的持続にかかわる要素を含んでいるときに,瞬間相あるいは持続相などと呼んで,アスペクトの違いということがある。

    デジタル大辞泉の解説

    1 外観。様相。
    2 文法で、継続・反復・完了など、動詞が表す行為の様相。態。相。

  • <<
  • 130 110
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順