ここから本文です

多言語学習

  • 178
  • 1
  • 2018/12/09 06:42
  • rss
  • <<
  • 178 157
  • >>
  • clit·ic
    (klĭt′ĭk)
    n.
    An unstressed word, typically a function word, that is incapable of standing on its own and attaches in pronunciation to a stressed word, with which it forms a single accentual unit. Examples of clitics are the pronoun 'em in I see 'em and the definite article in French l'arme, "the arm."

    *accentual:形容詞 1.アクセントの(ある) 2.【韻律】〈詩脚が〉音節のアクセントによる

    adj.
    Of or relating to a clitic or clisis.

    mesoclitic:

    Etymology

    From meso- +‎ clitic; compare proclitic, enclitic.

    meso-
    1.middle
    2.intermediate
    3.(chemistry) Designating an achiral member of a group of diastereoisomers that has at least one chiral member
    meso-tartaric acid

    diastereoisomer (plural diastereoisomers)
    1.(chemistry) A stereoisomer having multiple chiral centres; a diastereoisomer cannot normally be superimposed on the mirror image of another.

  • LANGUAGE CLASSIFICATIONS

    Typological Classifications of Language

    ://slideplayer.com/slide/3798113/

    Classification of World Languages

    ://slideplayer.com/slide/9893487/


    形態的類型論 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    膠着語と屈折語は、孤立語とは異なりいずれも語形変化(屈折)をする。その一方だけを屈折語と呼ぶのは誤解を招きかねないため、屈折語は融合語(ゆうごうご、fusional language)と呼ばれることもある。

    多言語学習 LANGUAGE CLASSIFICATIONS  Typological Classificati

  • -ty (2)

    suffix used in forming abstract nouns from adjectives (such as safety, surety), Middle English -tie, -te, from Old French -te (Modern French -té), from Latin -tatem (nominative -tas, genitive -tatis), cognate with Greek -tes, Sanskrit -tati-. Also see -ity.

    形容詞から抽象名詞を作る際に用いられる接尾辞(例えば、safety, surety)、中英語-tie, -te、古フランス語-te(現代フランス語-té)、ラテン語-tatem(主格-tas, 属格-tatis)、ギリシャ語-tes、サンスクリット-tatiと同じ語源。参照 -ity。

  • -ity

    word-forming element making abstract nouns from adjectives and meaning "condition or quality of being ______," from Middle English -ite, from Old French -ete (Modern French -ité) and directly from Latin -itatem (nominative -itas), suffix denoting state or condition, composed of -i- (from the stem or else a connective) + the common abstract suffix -tas (see -ty (2)).

    形容詞から抽象名詞を作り、形容詞で表されることの状態と質を意味する。中英語-ite、古フランス語-ete(現代フランス語-ité) 、ラテン語-itatem(主格-itas)から直接、状態を示す接尾辞、-i-(語幹あるいは連結詞から)と-tas(参照 -ty(2))。

    Roughly, the word in -ity usually means the quality of being what the adjective describes, or concretely an instance of the quality, or collectively all the instances; & the word in -ism means the disposition, or collectively all those who feel it. [Fowler]

    大雑把に、-ityの付く単語は形容詞が表すことの質、あるいは具体的にその質の例、あるいは集合的にすべての例、そして-ismの付く語は性質あるいは集合的にそれを感じるすべての人を意味する。【ファウラー】

  • -ism 語源

    動作、様子、状態、理論を抽象名詞化するギリシア語の接尾辞 -ισμός (-ismos) より。その由来は ギリシア語の -ισμα (-isma) で、その更に由来は、幹動詞の -ιζειν (-izein)。

    ism:名詞

    ism (複数 isms) 接尾語-ismから名詞化 (口語)主義、思想、理論、様式。

    See at ://ja.wiktionary.org/wiki/-ism

  • -ism

    word-forming element making nouns implying a practice, system, doctrine, etc., from French -isme or directly from Latin -isma, -ismus (source also of Italian, Spanish -ismo, Dutch, German -ismus), from Greek -ismos, noun ending signifying the practice or teaching of a thing, from the stem of verbs in -izein, a verb-forming element denoting the doing of the noun or adjective to which it is attached. For distinction of use, see -ity. The related Greek suffix -isma(t)- affects some forms.

    *practice:【不可算名詞】a(理論・思想に対して)実行,実践; 実地,実際 (⇔theory). 用例 theory and practice 理論と実際.

    *system: 相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて系、体系、制度、方式、機構、 組織といった多種の言葉に該当する。

    *doctrine:

    1 不可算名詞 [具体的には 可算名詞] 教義,教理.

    2 不可算名詞 [具体的には 可算名詞] (宗教・政治・学問上の)主義,方針; 学説,理論.

    3 可算名詞 《主に米国で用いられる》 (国家の政策上の)公式宣言,主義. ⇒Monroe Doctrine.

  • Many verbs that end in -ize can also end in -ise in British English. For example, in British English, all of the following spellings are acceptable: finalize/finalise; organize/organise; realize/realise. In American English, the only correct spellings are finalize, organize, and realize.

    In both American and British English, there is a small set of verbs that must always be spelled with -ise at the end. The main reason for this is that, in these words, -ise is part of a longer word element rather than being a separate ending in its own right. For example: -cise (meaning 'cutting) in the word excise; -prise (meaning 'taking') as in surprise; or -mise (meaning 'sending') in promise.

    ://en.oxforddictionaries.com/spelling/ize-ise-or-yse

  • word-forming element used to make verbs, Middle English -isen, from Old French -iser, from Late Latin -izare, from Greek -izein, a verb-forming element denoting the doing of the noun or adjective to which it is attached.

    English picked up the French form, but partially reverted to the correct Greek -z- spelling from late 16c. In Britain, despite the opposition to it (at least formerly) of OED, Encyclopaedia Britannica, the "Times of London," and Fowler, -ise remains dominant. Fowler thinks this is to avoid the difficulty of remembering the short list of common words not from Greek which must be spelled with an -s- (such as advertise, devise, surprise).

    Late Latin:【名詞】13世紀から8世紀までのラテン語の書き言葉
    revert:【動詞】 【自動詞】1a〔もとの習慣・状態などに〕帰る,逆戻りする
    dominant:[形] (…に対して)支配的な;最有力な,優勢な
    remain:【動詞】 【自動詞】残る,残存する,存続する,生き残る
    short list: 短いリスト[一覧表]

    *The Times, the newspaper, is often referred to as The London Times or The Times of London, although the newspaper is of national scope and distribution.

    多言語学習 word-forming element used to make verbs, Middle En

  • In linguistics, an affix is a morpheme that is attached to a word stem to form a new word or word form. Affixes may be derivational, like English -ness and pre-, or inflectional, like English plural -s and past tense -ed. They are bound morphemes by definition; prefixes and suffixes may be separable affixes. Affixation is the linguistic process that speakers use to form different words by adding morphemes at the beginning (prefixation), the middle (infixation) or the end (suffixation) of words.

    接辞(せつじ、affix)とは、文法的な機能を担い、それ自体では語として自立しえない形態素のことである。

    接尾辞(せつびじ)とは、接辞のうち、語基の後ろに付くもの。接尾語(せつびご)とも言うが、接尾辞は語ではない。


    affix:【文法】 接辞 《接頭辞・接尾辞》.

    preffix:【文法】 接頭辞《un-, pre-, dis-, re-, etc.》

    suffix:【文法】 接尾辞 《‐er,‐less,‐able, etc. 》

  • derivation:【言語学】a 不可算名詞 (語の)派生,語源. b 可算名詞 派生語.
    inflection:【文法】a 不可算名詞 屈折,活用,語形変化 《declension,conjugation を含む》. b 可算名詞 変化[屈折]形,語形変化に用いる語尾.

    Morphological derivation, in linguistics, is the process of forming a new word from an existing word, often by adding a prefix or suffix, such as -ness or un-. For example, happiness and unhappy derive from the root word happy.

    It is differentiated from inflection, which is the modification of a word to form different grammatical categories without changing its core meaning: determines, determining, and determined are from the root determine.

    語形変化または屈折とは、一つの語が文法的な意味機能に応じて異なる複数の形を持つことである。名詞とそれに準じる品詞の語形変化を曲用、動詞とそれに準じる品詞の語形変化を活用という。ただし、語形変化の総称として広義に活用の語を用いる場合もある。 Wikipedia

    屈折に関わる接辞を屈折接辞、派生に関わる接辞を派生接辞という。接辞が付く相手を語基と呼ぶ。特に、屈折接辞が付く語基を語幹という。


    形態論の基本用語
    ://culture.cc.hirosaki-u.ac.jp/english/utsumi/phonology/morphology_c2_ja.html

  • 形態論

    形態論(けいたいろん、英: morphology)とは、ヒトの言語の、語(単語)を構成する仕組みのこと。また、それを研究する言語学の一分野。

    ://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A2%E6%85%8B%E8%AB%96

    Morphology (linguistics)

    ://en.wikipedia.org/wiki/Morphology_(linguistics)

    Morpheme:【言語学】 形態素 《意味をになう最小の言語単位》

    A morpheme is the smallest grammatical unit in a language. A morpheme is not identical to a word, and the principal difference between the two is that a morpheme may or may not stand alone, whereas a word, by definition, is freestanding. The linguistics field of study dedicated to morphemes is called morphology. When a morpheme stands by itself, it is considered as a root because it has a meaning of its own (e.g. the morpheme cat) and when it depends on another morpheme to express an idea, it is an affix because it has a grammatical function (e.g. the –s in cats to indicate that it is plural). Every word comprises one or more morphemes.

    ://en.wikipedia.org/wiki/Morpheme

    多言語学習 形態論  形態論(けいたいろん、英: morphology)とは、ヒトの言語の、語(単語)を構成する

  • 語幹と語基の違いが解りません。できるだけ簡単な言葉で回答をお願いいたします。

    語基と語幹は元々、異なる発想から生まれたもので、語幹は活用する語の活用部分を除いたもので、活用語=語幹+活用語尾となります。

    語基は西欧の言語学の発想からうまれたもので、先ず形態素というものを考えます。

    from chiebukuro

  • cognate:同根語

    同根語(どうこんご)(cognate)とは、言語学において、共通の起源を持つ単語をいう。
    例えば、2つの英単語「shirt」(シャツ)と「skirt」(スカート)は、ともにインド・ヨーロッパ祖語の単語「sker-(「刈ること」という意味)に由来、英単語の「night」とドイツ語単語の「Nacht」は、いずれもインド・ヨーロッパ祖語の単語「nokt-」から派生した、「夜」を意味する単語である。
    単語は文字通り「由来によって関連があるか、共通の祖先を持っているか、類似した性質や特性や役目によって関連がある」ということを意味している。

    語根 vs. 語幹

    語根(ごこん)とは、単語を形態論的に分析した単位(形態素)のうち最小のもので、基本的な意味を示すものをいう。

    類似の用語に語幹があるが、これは語から変化する語尾を除いたもののことをいい、語幹が複数の語根からなることもある。例えば、「横切る」の語幹は「よこぎ(またはyokogir-)」だが、この語幹は「よこ」と「き(またはkir-)」の2つの語根からできている。

    インド・ヨーロッパ語では動詞の活用や名詞の変化に伴う語幹部分の母音交替(アプラウト、ウムラウト)がみられる。例えば英語でmouseの複数形はmiceで、この場合の語根はmouseである。日本語でも例えば「かざむき」は「かぜ」と「むき」からなり、接続による母音交替がある。

    派生語:接辞を添加することによって形成された語。接辞が添加される要素(語基)には2種類あり、(1)それ自体が独立して用いられるもの(非生産的、子供たち)、(2)それ自体が独立して用いられることのないもの(おとうさん、八百屋)がある。英語にも同様の区別があり、(1)enlarge, active、(2)conceive, deceiveのような例がある。(1)を二次派生語、(2)を一次派生語とよび、狭義の派生語は(1)のみをさす。---日本大百科全書(ニッポニカ)

  • What are some languages that are spoken exactly as they're written?

    All languages are spoken exactly as they are written. The purpose of a writing system is to map directly from written words to spoken words inside the reader’s head, so any language is spoken as written, provided you know the pronunciation rules of that language.

    //www.quora.com/What-are-some-languages-that-are-spoken-exactly-as-theyre-written

    *上記の議論は、おそらく綴りと発音の違いを英語から見て、英語で論じている。"speak"とは声に出して「話す」ことである。英語単語の綴り(alphabet)がその発音と必ずしも規則的に対応しないということが言われるが、「日本語に於ける漢字」などその比ではないと思う。このようなことが起こるのは、主に「借用語」に於いてではないかと考える。

  • この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

    Pivot language:

    中間言語(英: Pivot language)は、任意の言語を異なる任意の言語へ翻訳する際に利用する中間的な人工言語もしくは自然言語である。

    中間言語を翻訳に用いるデメリットは、中間言語との再翻訳で2度の翻訳誤りと曖昧さを生む可能性があることである。

    言語学習では、中間言語を第二言語(外国語)の学習者が言語を学んでゆく過程で発する、目標言語とは様々な点で違った体系を持つ学習者に特徴的な言語として用いる。すべての言語において、その個別の学習者には中間言語が存在する。この中間言語は当然、学習者の習得レベルや学習内容、母語などに影響を受ける。

    たとえば日本語のみを母語とする者が話す英語は、英語を母語とする人たちのそれとは違っているのが普通である。それは文法や発音が少し違っていたり、特定の表現が多く用いられたり、またその反対にほとんど用いられなかったりと、個人によって異なる。そのようにある一定の規則を持ちながらも、目標言語とは異なっている学習者の言語を中間言語という。

    *例えば、日本語と英語の間に、「英語教師の使う妙な日本語」と評されたもの、あるいは、漢語と古文の間に、「漢文の訓読み」などがある。
    *一般の学習者が最終目標とするのは、中間言語ではなく、あくまで目標とする言語そのものの習得であることに注意しなければならない。
    *リンガ・フランカもその一種と考えられるが、人造言語ではなく、ある地域で母語以外に使用可能な自然言語であると考える。

    ja.wikipedia

    多言語学習 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。  Pivot languag

  • linguist (n.)

    1580s, "a master of languages;" also "one who uses his tongue freely," a hybrid from Latin lingua "language, tongue" (from PIE root *dnghu- "tongue") + -ist. Meaning "a student of language" first attested 1640s. Compare French linguiste, Spanish linguista. English in 17c. had an adjective linguacious "talkative" (1650s). Linguister (1640s) was the old name in early colonial New England for an interpreter between Europeans and Indians (Lowell used it in a sense "dabbler in philology, linguist"). Linguistician is attested from 1895.

    *dabbler:
    道楽半分に事をする人 〔at,in〕.ディレッタント
    *philology:言語学 《☆【比較】 現在では philology は通例史的または比較的に研究する言語学をいい,linguistics は共時的に研究する言語学にいう》

    多言語学習 linguist (n.)  1580s, "a master of languages;

  • <<
  • 178 157
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順