ここから本文です
  • ❶日本人は世界で最も頻繁に訪れる旅行者の1人である。過去35年間の日本の経済の成長によってもたらされた富は、多くの日本人が海外に旅行することを可能にした。海外に行く大部分の日本人は観光客として、世界の他の地域と同じように彼ら自身を見ることに興味がある。

    ❷彼らの好きな行き先は、北アメリカ、西ヨーロッパ、アジアの他の地域、特に韓国、香港、シンガポールである。多くの日本人は海外に行くときに団体旅行で旅行することを好む。 1990年代、香港で最もよく知られた観光スポットの1つは、ツアーバスから日本人の団体を高級デパートに導くツアーガイドが見られた。中に入ると、ブティックでは高級な衣服やアクセサリーを自分や友人や親戚のために買うことができた。

    ❸最近、しかしながら、日本人は海外に行くことをしない。多くの人は、スポーツをしたり、団体の冒険に参加したり、自然を見たりするために外国を訪れるのが好まれている。多くの場合、彼らは日本よりも海外でこれらのことをより安く行うことができる。外国の施設は、日本よりも混雑が少なく、魅力的だ。このため、多くの日本人はタイでゴルフをしたり、ニュージーランドでハイキングに行きたいと思っている。冒険をしたい人は、グアムでのスキューバダイビング、​​コロラドでの急流いかだ下り、オーストラリアでのバンジージャンプなどがある。

    ❹日本は団体旅行をはやらせた最初の国だったかもしれないが、他の国からも団体旅行する人がいる。近年、韓国、台湾、中国、インドの観光客が日本人の海外訪問の方法を真似している。今日、香港のデパートで袋や服を買ったり、有名な観光スポットを訪れたり、地元のレストランでエキゾチックな食事を楽しんだりしている裕福なインド人や韓国人のグループを見かけられる。

    ⑤もちろん、日本人は旅行者としてだけ海外に行くことはない。多くは仕事や勉強に行きますが、日本人が海外に住むことは容易ではない。異なる言語を話さなければならないという問題のほかに、彼らはいろいろな食べ物、さまざまな生活様式や風習に慣れなければならない。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ