ここから本文です
  • <<
  • 74 54
  • >>
  • //teen-avenue-of-the-world.tk/coko/words-and-places-or-etymological-illustrations-of-history-ethnology-and-geography-2202.php

    History of the English language //teen-avenue-of-the-world.tk/coko/words-and-place

  • >>72

    The Old English language, which continued in use until after the Norman Conquest of 1066, had a dative case; however, the English case system gradually fell into disuse during the Middle English period, when the accusative and dative of pronouns merged into a single oblique case that was also used with all prepositions. This conflation of case in Middle and Modern English has led most modern grammarians to discard the "accusative" and "dative" labels as obsolete in reference to English, often using the term "objective" for oblique.

    *【古英語】は、1066年のノルマン・コンケスト後まで使われ続けたが、それは【与格】をもっていた。しかしながら、英語の【格】のシステムは【中英語】時代の間に次第に使われなくなった。代名詞の【対格】と【与格】が、全ての前置詞と共に用いられる一つの【oblique格】に混ぜ合わさった時である。【中・近代英語】におけるこの融合が多くの近代の文法学者に、英語を語る時に時代遅れなものとして【対格】と【与格】のラベルを捨てさせ、外れた【目的格】という語を使うこととなった。


    //en.wikipedia.org/wiki/Dative_case

  • >>71

    A thousand years ago when English had a more robust case system, you sometimes had certain verbs that took only a dative case pronoun for their complement without an accusative case one to go along with it. So one could (perhaps) say they only took an indirect object. However, most of the time we translate those uses from Old English and dative objects into regular direct objects today so as not to confuse people.

    *英語がもっと確固たる【格】のシステムをもっていた千年ほど前、同伴する【対格】の代名詞なしで動詞を補完するための【与格】のみを取るいくつかの動詞を持つことがあった。(正直、意味不明)

  • In other languages that have stronger case systems, this sort of use can take an indirect object by itself, and when it does, it is still marked in the dative’s indirect object case.

    *強い【格】のシステムをもつ他の言語で、この種の使い方は、それだけで間接目的語をとることができ、その時、それは【与格】の【間接目的語】の【格】において標示される。
    (He gives me a book/ He gives a book to me/ ×He gives me.)

    Now, you can construct that same situation in English, but to do so you have to go back to when English was what for us today was a foreign language.

    *さてここで、英語で同じシチュエーションを組み立てることができるのだが、そうする為には、英語が今日の我々にとっては外国語であった時代に戻らなければならない。

    ネット上の議論から

  • 古英語(こえいご、古英語:Englisce sprǣc, 英語: Old English)または古期英語、アングロ・サクソン語

    (Engle-Seaxisce sprǣc)は、5世紀半ばから12世紀を中心にイングランドで使われた、インド・ヨーロッパ語族ゲ

    ルマン語派に属し、現代英語の祖語にあたる言語。

    from ja.wikipedia

  • List of English words with dual French and Anglo-Saxon variations

    //en.wikipedia.org/wiki/List_of_English_words_with_dual_French_and_Anglo-Saxon_variations

    English:(adjective) Relating to England or its people or language.

    Origin

    Old English Englisc (see Angle, -ish). The word originally denoted the early Germanic settlers of Britain (Angles, Saxons, and Jutes), or their language (now called Old English).

    from oxford dic

  • >>66

    奇妙なしきたりにしてしもうたんですやろなあ~

    しかし昨今そういうことではない解釈する人が出てきてる。ええ事ですわ(笑い)

  • (St.) Valentine's Day

    西欧・米国では、日本に見られるような、ホワイトデー(バレンタインデーと対になるような日で日本が営利のために考案した)の習慣はない。

    贈り物の種類はさまざまであるが、チョコレートも贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまった。キャドバリー社の2代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売した。これに前後して、キャドバリーはハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人などへの贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。

    //ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC

    Every February 14, across the United States and in other places around the world, candy, flowers and gifts are exchanged between loved ones, all in the name of St. Valentine. But who is this mysterious saint, and where did these traditions come from? Find out about the history of this centuries-old holiday, from ancient Roman rituals to the customs of Victorian England.

    //www.history.com/topics/valentines-day/history-of-valentines-day

    History of the English language (St.) Valentine's Day  西欧・米国では、日本に見られるような、ホワイ

  • The Last Rose of Summer

    庭の千草 (民謡) - アイルランドの民謡のひとつ。

    //www.youtube.com/watch?v=WceIDpstGFQ&index=1&list=RDWceIDpstGFQ

    アイルランド(アイルランド語: Éire [ˈeːɾʲə] ( 聞く)、英語: Ireland [ˈaɪərlənd])、またはアイルランド共和国(アイルランドきょうわこく、アイルランド語: Poblacht na hÉireann [ˈpˠɔbˠlˠaxt̪ˠ nˠa ˈeːɾʲən̪ˠ])、英語: Republic of Ireland)は、北大西洋のアイルランド島に存在する立憲共和制国家である。北東に英国の北アイルランドと接する。首都はアイルランド島中東部の都市ダブリン。ナショナルカラーは緑。

    独立時の経緯によりアイルランド島の北東部北アイルランド6州は英国を構成するが、アイルランド共和国は1998年のベルファスト合意以前は全島の領有権を主張していた。

    2005年の英「エコノミスト」誌の調査では最も住みやすい国に選出されている。

    from ja.wikipedia

    History of the English language The Last Rose of Summer  庭の千草 (民謡) - アイルランドの民謡のひとつ

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • Intriguing!

    When does Christmas Eve begin?

    Today I almost laughed out loud when a radio announcer said that some business was open until Christmas Eve Eve. Obviously the guy doesn’t realize that Dec. 24 is not Christmas “Eve” all day.

    //lutheranpastor.wordpress.com/2009/12/21/when-does-christmas-eve-begin/

    When is Christmas Eve Eve?

    I have recently seen weather forecasters making predictions for Christmas Eve Day, Christmas Eve Night, and for Christmas Day. One also reads of Christmas Eve Eve, with two eves.

    Me, I always thought of the eve as being the night before a holiday (or anything else), not the entire calendar day before as it seems now to mean — and I wonder when and why that has changed.

    Originally, "Christmas Eve" meant the night before Christmas day.

  • >>59

    新約聖書によるマリア、ヨセフのキリストを伴ってのエジプトへの脱出と、遥かに古い旧約聖書のモーセによるエジプト脱出(Exodus)を混同してはならない。

    たいていのキリスト教諸派は、新約聖書、旧約聖書を聖書としているが、旧約聖書という呼び方はキリスト教信者からのものであり、ユダヤ教の聖書は旧約聖書のみであり、単に聖書と呼ぶ。またイスラム教においても旧約聖書の一部が教えの中に取り入れられているというのは意外なことである。

  • >>58

    【place】
    Judea: ユダヤ 《パレスチナ南部の古代ローマ領》
    Nazareth:ナザレ 《Palestine 北部の小都; キリストが幼年時代 を過ごした地》
    Bethlehem:ベツレヘム 《Palestine の古都,キリスト生誕の地》
    Jerusalem:エルサレム
    Galilee: ガリラヤ 《パレスチナ北部地方; キリストが福音を説いた 地》

    【country】
    Roman Empire:ローマ帝国
    Egypt:エジプト

    クリスマス物語での人物の足跡
    ナザレ 受胎告知 → ベツレヘム 生誕 賢者 東方からエルサレムを訪ねベツレヘムへ→ エジプト ヘロデから脱出→ イスラエルからガラリアへ 帰還 ナザレ 居住

    History of the English language 【place】 Judea: ユダヤ 《パレスチナ南部の古代ローマ領》  Nazareth:ナザレ

  • >>57

    その他の登場人物

    Saviour:救世主(Jesus)
    Augustus:ローマ皇帝
    shepherds:羊飼い
    angels:天使
    Wise Men:賢者 Magi マタイ伝による
    king of the Jews:ユダヤ人の王(Jesus)
    Herod's son:ヘロデの息子

  • >>33

    クリスマス物語の登場人物

    【Characters】
    King Herod:ヘロデ王 the king of Judea:ユダヤ人の王。
    God:神(the Father)
    Gabriel:ガブリエル 天使 エンジェル 
    Mary:聖母マリア イエス・キリスト(ナザレのイエス)の母、ナザレのヨセフの 妻。
    Mary was a 1st-century Galilean Jewish woman of Nazareth and the mother of Jesus, according to the New Testament and the Quran
    Joseph:ヨセフ マリアの夫。
    the Holy Spirit:聖霊
    Jesus:イエス the Son of God
    Elizabeth:聖エリザベト Mary's cousin the mother of John the Baptist and the wife of Zechariah, according to the Gospel of Luke.
    John:洗礼者ヨハネ Elizabeth's baby:
    Zechariah:祭司ザカリア Elizabeth's husband

    『新約聖書』による

  • 【一神教(いっしんきょう、monotheism)】とは、ただひとつの神的存在者のみを認めてこれを信仰する宗教。

    通常、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つがその典型だとされる。

    *【ユダヤ教(ユダヤきょう、ヘブライ語: יהדות‎)】は、古代の中近東で始まった【唯一神ヤハウェ(יהוה)】を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』と同じ書物)が重要な聖典とされる。

    *【イスラム教】(イスラムきょう、イスラーム教とも、正式名はイスラーム)は、【唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)】を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。

    ユダヤ教やキリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝を徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーフ(アッラー)を崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、その神(アッラーフ)だけを崇拝するようになった。

    *【キリスト教】(キリストきょう、基督教、ギリシア語: Χριστιανισμός、ラテン語: Religio Christiana、英語: Christianity)は、ナザレの【イエスをキリスト(救い主)として信じる】宗教。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(カトリック教会・聖公会・プロテスタント・正教会・東方諸教会など)は「父と子と聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。

    世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。

    from ja.wikipedia

    History of the English language 【一神教(いっしんきょう、monotheism)】とは、ただひとつの神的存在者のみを認めてこれを信仰

  • >>52

    *キリスト生誕以前にユダヤ人の王国であるユダ王国があったが、ユダ王国が滅ぶと、わずかな例外的時期を除いて20世紀に至るまでユダヤ民族が独立国を持つことはなかった。

    ユダ王国(ヘブライ語:מַלְכוּת יְהוּדָה)は、紀元前10世紀から紀元前6世紀にかけて古代イスラエルに存在した王国。もともとあった統一イスラエル王国が北(イスラエル王国)と南に分裂して出来たもの。ヤコブの子であったユダの名前に由来している。しばしば分裂した北王国と対比して南王国と呼ばれることもある。首都はエルサレムであった。

    ユダ王国滅亡後のイスラエルの歴史

    紀元前141年 - 63年 ハスモン朝 ユダヤ人国家。
    紀元前63年 - 37年 共和政ローマ元老院属州
    紀元前37年 - 紀元44年 ヘロデ家
    44年 ユダヤ属州(ローマ帝国皇帝属州)

    *キリスト生誕時期のヘロデ王の時代はローマの属領であった。

    //ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%80%E7%8E%8B%E5%9B%BD

    History of the English language *キリスト生誕以前にユダヤ人の王国であるユダ王国があったが、ユダ王国が滅ぶと、わずかな例外的時期を除

  • <<
  • 74 54
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順