ここから本文です
  • 1

    *****

    あるいは脳の無い植物に心はあるか?

  • <<
  • 2516 2494
  • >>
  • 2516(最新)

    tub***** 2月12日 12:10

    >>2515

    >万有引力の法則を、誰にとっての法則かと問わないのと、同じことだと考えれば解りやすいと思いますぅ。ヽ(´・∀・`)ノ

    もお~~~何となくヒュームさん、思い出しちゃった。

  • >>2513

    >万有引力の法則を、誰にとっての法則かと問わないのと、同じことだと考えれば解りやすいと思いますぅ。ヽ(´・∀・`)ノ

    はい。解りやすいです。💛

    >これは、般若心経の読者、修行者ですが、宗教の話なので、センスデータ(感覚与件)をもってする認識ではなく、信仰による直観になりますぅ♪

    ・・・ええと。・・・

    「信仰による直観」って、・・・

    よくわからないのであります。

    とはいえ、大変親しいものにも思えます。
    どう親しいのかというと、・・・なんか、朝日が上ってあたりを照らし出すと世界を信じたいような気になってしまう。信じたいというより、信じている、かなぁ。
    もちろん日によって違うけれど(そんなこと露程も感じない日もある。)それでも、まるっきし信じていないのかというと、そうでもない。

    生きることを常に志向するという感じが私の「信仰による直観」に近いかなぁ。

    だめ?

  • >>2512

    エフニさん。おはようございます♪

    >角砂糖のような形のUFOが三つ横に一列に並んでいて、急に一つになって、上方に猛スピードで飛んで行ったというものです。

    不思議な光景です~

    >私は、「うそ!」とか「ええ~!」とか適当に言っていましたが、心の中では「寝ぼけてたんだろ!!」と叫んでいました。φ(^Д^ )

    あはははは~~「寝ぼけてたんだろ!!」ですかぁ。
    でも、優しいエフニさんです。

    >陰ながら私もその方の応援をさせて頂きたいと思います。v(・ε・v)

    はい。
    ええと、・子どもは欲しい ・家にはあまりいない ・・・が相手に望むことだそうです。それからいくつか条件が続くのだけれど。。

    そんな話しを聞いていると、最近読みはじめた本「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」の内容が思い出されて、なんか考え込んでしまっています。

    >でね、同じように鼻が長いマンモスは、あの氷の世界で何を食べているのかと考えていたら、分からなくなっちゃいました。v(*´>ω<`*)v

    あ~~。食べるものないかもです。

    ・・・・雪と氷の中でマンモスが生きていたのではなく(生きていたのもいたかもだけれど)凍っていたんだ・・・


    >それからね、最近腹筋にはまっていて、ちょびっとお腹が割れてきたよ♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

    カッコイイです。

    ・・・・でも、またあの本(「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」)の影が脳裏をよぎって行きます~~

    なぜ、私はぽっちゃりしたふくよかなお腹よりちょびっと筋肉で割れたお腹が素敵だな、と思うのかなんて。

  • >>2497

    つばめさん、こんばんは~♪

    >誰にとっての真理であり、誰の知恵なのか?<

    般若(プラジュニャー)をソフィアと同じものと考えて、これらが表す真理はイデアということになりますぅ。(*´・∀・)ノ

    ですから、万人の為の真理ですね。

    そしてこの知恵は、ほら、前に旧約聖書のところで話した、ヘブライ語のホクマーのことなのですぅ。(。・`з・)ノ

    あの時は、常に神と共にあるホクマーが、ヨハネの福音書の著者にインスピレーションを与えて、神とロゴスの関係に結実させたという話でしたね。

    ホクマーは擬人化し、ロゴスは受肉化するという同型対応でした。(*・ω・)ノ

    ですから、ソフィアはホクマーのように、神の知恵ということになりますぅ。(^ω^)

    >誰にとってのこの世の仕組みか?<

    般若心経に於いて現れているこの世の仕組みは、色即是空や諸行無常ですが、これらは法(ダーマ、もしくはダルマ)であって、誰にとってのという次元を超越したものです。

    万有引力の法則を、誰にとっての法則かと問わないのと、同じことだと考えれば解りやすいと思いますぅ。ヽ(´・∀・`)ノ

    >この世の仕組みを認識するのは誰か?<

    これは、般若心経の読者、修行者ですが、宗教の話なので、センスデータ(感覚与件)をもってする認識ではなく、信仰による直観になりますぅ♪

    ぢゃ☆今日はここまで♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

  • >>2511

    つばめさん、おはようございますぅ~~♪(ノ・∀・)ノ
     >本当にUFO見たかも知れず。<

    角砂糖のような形のUFOが三つ横に一列に並んでいて、急に一つになって、上方に猛スピードで飛んで行ったというものです。

    運転中だったのでスマホに撮れなかったのを残念がっていました。

    私は、「うそ!」とか「ええ~!」とか適当に言っていましたが、心の中では「寝ぼけてたんだろ!!」と叫んでいました。φ(^Д^ )

    >仕事よりも婚活だぁ。<

    まさに決戦の年ですね。

    陰ながら私もその方の応援をさせて頂きたいと思います。v(・ε・v)

    >マンモス狩りに出かけませんか?<

    そうですね、今年は「マンモス狩りに誘ってくれて、どうもありがとうございマンモス♪」とかいう、コテコテ昭和のオヤジギャグは辞めて、青年らしく爽やかに行こうかなって思っています。(*´・∀・)ノ

    それでね、トナカイなんかは雪を掘って下の草を食べますが、象は見てると樹木の葉っぱを食べています。

    でね、同じように鼻が長いマンモスは、あの氷の世界で何を食べているのかと考えていたら、分からなくなっちゃいました。v(*´>ω<`*)v

    それからね、最近腹筋にはまっていて、ちょびっとお腹が割れてきたよ♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

  • >>2510

    エフニさん。おはようございます♪

    >羨ましいくらい幸福な女性だと思います。

    楽しいです。
    本当にUFO見たかもしれず。

    私のそばにも占い師さんに「今年はあなたにチャンスが訪れる勝負の年です。」と言われて「仕事よりも婚活だぁ」と騒いでいた人がいます♪
    「頑張れ~」とみんなで言っていました。

    つばめ「あれ、もしかして、あそこでトレンチコートの襟を立てている人がエフニさん?カッコイイな。おしゃれだし。足も長いし早く走れそうだ。(も~、やばい、どうしよう~。これは行くしかない) 」
    「こんにちは♪」
    「マンモス狩りに出かけませんか♪」

    あ~~~シンクロ (^o^)V

  • >>2509

    つばめさん、こんばんは~♪

    寒いよ~。

    >ここはゆっくり行こうかと思っています。<

    はい、待っています♪😃❤😃

    >コーヒーを入れてもらえなくなっちゃうですよ♪<

    彼女は此処最近、UFO見たと言って騒いでいます。

    誰にでも同じようなハイテンションで、同じことを話しています。

    私にも興奮気味に話してきます。

    「ホントに見たのよ~~!」

    羨ましいくらい幸福な女性だと思います。

    >うん。今年もいっぱいシンクロしましょう♪楽しみです♪<

    とうとう、つばめさんと私がリアルで会う運命の時がやって来ました。

    待ち合わせの場所に向かう二人。

    エフニ「あれ、何よ、つばめさん、目茶苦茶に可愛いじゃん。緊張しちゃう。(も~、やばい、どうしよう~。)」

    つばめ「あれ、もしかして、あそこでトレンチコートの襟を立てているエロオヤジがエフニ?(も~、やばい、どうしよう~。)」

    あ、つばめさんと今年最初のシンクロ~♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

  • >>2508

    エフニさん。おはようございます♪

    >合ってて良かった♪(・∀・)v

    ありがとうございます。もう一つ助言について気になっていることが有るのですが、探せないでいます。
    が、ここはゆっくり行こうかと思っています。

    >ウチのお局様だったら、

    親愛なるお局様にコーヒーを入れてもらえなくなっちゃうですよ♪

    >ま、そんなこんなで、つばめさん、今年もいっぱいいっぱい、シンクロしましょうね♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

    はい~~。

    そういえば、何年も前に「シンクロニシティ」について話してくれた人がいました。
    あの人、もう実家のほうに帰っちゃったかなあ。
    まじめに聞いておけばよかった。てか、まじめに聞いていたのだけれど難しくてわからなかった。

    うん。今年もいっぱいシンクロしましょう♪
    楽しみです♪

  • >>2482

    つばめさん、こんばんは♪ヽ(´・`)ノ

    >ああ。それ、それ。どうもありがとうございます♪<

    どういたしまして。

    合ってて良かった♪(・∀・)v

    >エフニさんって素敵ですよね。<

    あ、ありがとうございますぅ。

    あれ、よく見たら、「が教えてくれる曲」を抜かしてしまいました~。

    いや~、しっけい、しっけい♪(ノ・∀・)ノ

    >あ~~~もう、なんか、シンクロする~~。<

    ホンと、すっごいシンクロですよね。

    だけど此処を読んで私が真っ先に思ったのは、「つばめさんって、やっぱ美人で可愛い女の子なんだ~。」でした。(´・∀・)

    ウチのお局様だったら、1回目の応募券の時点で、「残念でしたね。それではお次のお客様どうぞ。」と、極めて事務的に接客されていたと思いますぅ。

    ま、そんなこんなで、つばめさん、今年もいっぱいいっぱい、シンクロしましょうね♪
    ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

  • >>2502

    >ええと、仮につばめさんにまかせた場合、手はお膝の上で、ボクが目をつぶって待ってればいいの?

    うん♪

    >ええと、日本に来るような高級な紹興酒(老酒)に、砂糖を入れて飲むのを見ると、中国人が腰を抜かして驚くって話は前にしましたっけ?

    してくださいました。
    でも、そのまま飲むの・・・やっぱりダメでした。

    お酒は(も)味わうのが中々にムズカシイ。

    そだ、最近は「イエガーマイスター」に少しはまっています。

  • >>2501

    エフニさん。明けましておめでとうございます。

    >ま、一応ここは、私が大器晩成で巨富を築いた後の設定になっているということで。(; ・`ω・´)

    はい。
    それじゃ~プレゼンに行ってもいいですかぁ~?(嘘です。)(^o^)V

    >それでね、こういった場合の対処のテンプレートは、あの北海道のおばさんがやった、上目遣いで笑いながら、「あとがコワイな~♪」が必勝パターンですぅ。

    はい♪今度からそうします。

    >それでも美味しかったですぅ♪

    よかったですね。いいなぁ。美味しかったのですね。

  • 俺の友達で、中国で、北京ダックを億単位で育てている奴がいる。

    北京の名家出の実業家。

    北京ダックは粗目砂糖を巻いて食べるし、高級酒にも粗目砂糖を入れる。

  • >>2487

    (続きですぅ)

    >まるで私がエフニさんを誘惑しているみたいじゃないですかぁ~。<

    気にしな~い、気にしな~い、ドンマイですね♪(・∀・)v

    >まかせて♪と言いたいところですが。<

    ええと、仮につばめさんにまかせた場合、手はお膝の上で、ボクが目をつぶって待ってればいいの?

    >砂糖がないと呑めないかも。<

    ええと、日本に来るような高級な紹興酒(老酒)に、砂糖を入れて飲むのを見ると、中国人が腰を抜かして驚くって話は前にしましたっけ?

    それは高級なスコッチやバーボンに砂糖を入れて飲むのを見た、英国人や米国人が驚愕、仰天するが如く。(; ・`д・´)

    そんなこんなで、全てに於いて至らぬ私ですが、つばめさん、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。m(__)m

  • >>2487

    謹賀新年

    つばめさん、新年明けましておめでとうございますぅ。
    v(・ε・v)イェイ♪

    >そもそもつばめに高価なものを食べさせたってあまり仕方がないというか。<

    ま、一応ここは、私が大器晩成で巨富を築いた後の設定になっているということで。(; ・`ω・´)

    それでね、こういった場合の対処のテンプレートは、あの北海道のおばさんがやった、上目遣いで笑いながら、「あとがコワイな~♪」が必勝パターンですぅ。

    >エフニさんが食べるフカヒレラーメンを少し分けてもらえればOKです。<

    でね、ぶったゃけた話をすると、私は中華街でフカヒレラーメンを食べたことがないのですぅ。(*´・∀・)ノ

    5食で二千円ぐらいのを、通販で買って食べたことがあるだけですぅ。ヽ(´・∀・`)ノ

    それでも美味しかったですぅ♪

    実はですね、私もフカヒレラーメンの存在は、哲カテのウデスパトピで教えてもらって、初めて知ったのですぅ♪(ノ・∀・)ノ

    (続きますぅ)

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2496

    >いわゆる、宗教誕生の動力となるものですぅ。

    ・・・・物語のようなものなしには生きられなかったというか、なんか、物語が欲しかったのかなぁ。

    >>時間がぐるぐる回るから、その中のモノもぐるぐる回ると思ったのかも知れないと。<

    >昔の人は(輪廻転生を生んだアーリア人は)、ぐるぐる回るのは時間ではなく、魂としました。

    そうかぁ。
    ・・・・輪廻転生を生んだアーリア人さんには、「時間」というのはあったんですか?
    それとも、魂がある(魂が見る)時間と空間が合体していてその中に魂がある、という考え方?だったわけですか?

    それとも、もっと違った何かかなぁ。

    「時間」という概念がすご~~く新しいとかってのもありかなぁ。

    >東洋の、なかんずく東アジアの時間観は、李白の「春夜桃李園に宴するの序」の、「夫(そ)れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり」が、一番上手くとらえていると思います。

    「無常」感でも、なんかまた「一切空」とは違う無常感な感じがして。。。

    有あるゆえに無・・・みたいな感じがします。

    エフニさん。今年もよろしくお願いします♪

  • >>2495

    エフニさん。こんばんは♪

    >真理としての知恵(叡智)なんですぅ。|*・ω・)ノ


    誰にとっての真理であり、誰の知恵なのか?そんなことを漠然と考えてしまいます。

    >もちろん、この世の仕組み、ありようを述べたものでもあるのですぅ。(*´・∀・)ノ

    この世の仕組みも、誰にとってのこの世の仕組か、(この世の仕組みと認識するのは誰か?)なんて考えてしまって・・・

    とりあえず、誰の知恵かというと「般若」(プラジュニャー)さんなわけですね。・・・あ。人じゃない、お経かなぁ、・・・でも、お経なら書いた人いるよね、みたいな感じです。

    う~~ん。ムズカシイ。
    難しく考えないで、昔々、「般若」(プラジュニャー)というお経?に「一切は空である」と書かれていて、それは真理としての知恵の言葉でした、と覚えておけばいいのかなぁ。

    >即ち、「一切は空である」

    これ。私は空であると置き換えるとどうかなと。
    だって、「一切は空である」かどうかなんて私には分からないから。

    私が空なら、私の肉体はなんだ?と言う事になる。
    手や足、心臓や脳は確かに私にある。
    今も心臓が動き脳がものを考えている。
    だけど、心臓が私か?というと心臓はただの機能、循環器だ。
    脳は?というとこれもなかなか最近は疑問だ。
    脳もやっぱり機能で私の体から脳を取り出した時、それが私だと言えるだろうか。
    てか、誰かの脳を見せられた時、それを誰かの脳とは思っても、それを誰かだと思えるだろうか。

    肉体のどこにもわたしはいないとしたら、私はどこにいるのだろう。

    5年前の私はどこにいるのだろうか。
    もし、私が記憶をなくしたら5年前の私はいない。
    記憶に担保されている私・・・というのも中々に怪しい。
    10年後の私はどこにいるのだろうか。
    当たり前だけれども、どこにもいない。

    私が空であるとしたならば、空なる私が見るもの触れるものも空に違いない。
    というよりも、何も見ていないし何にも触れてはいない。

    あらら・・・

    なんか変。。。


    心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ 西行

  • >>2450

    (続きですぅ)

    >無常な人間がなぜ「恒常不変なものがある」という発想を持つのか、その方が不思議な気がしてしまったり。<

    この発想は古代人にとっては、願望であり、要請でもあったのですぅ。

    いわゆる、宗教誕生の動力となるものですぅ。

    >時間がぐるぐる回るから、その中のモノもぐるぐる回ると思ったのかも知れないと。<

    昔の人は(輪廻転生を生んだアーリア人は)、ぐるぐる回るのは時間ではなく、魂としました。

    東洋の、なかんずく東アジアの時間観は、李白の「春夜桃李園に宴するの序」の、「夫(そ)れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり」が、一番上手くとらえていると思います。

    (そもそも天地とは、万物が泊まる旅館であり、時間とは、永遠の時代を過ぎていく旅人である。)

    もちろん、これにインスパイアー(着想を得た)されたのが、芭蕉の「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」ですぅ♪(ノ・∀・)ノ

    そんなこんなで、今年も一年、ありがとうございました。

    良いお年を♪(💝)
    v(・ε・v)

  • >>2450

    つばめさん、おはよ~♪(・∀・)v

    >「色即是空」は俗に言う「真理(みたいなもの)」を述べたわけではなく知恵(叡智)だったのですね。<

    んんとぉ、真理は真理なんですぅ。

    真理としての知恵(叡智)なんですぅ。|*・ω・)ノ

    輪廻転生から脱却できるのは、その知恵(叡智)が真理であるからなんですぅ。

    もちろん、この世の仕組み、ありようを述べたものでもあるのですぅ。(*´・∀・)ノ

    即ち、「一切は空である」

    だめ?

    >「知恵」と言うからには、誰かの知恵ですよね。<

    この知恵とは、「般若」(プラジュニャー)のことなんですぅ。(。・`з・)ノ

    余りにも深遠で、根源的な知恵なので、サンスクリット経典の漢訳者は、あえて漢訳せずに、そのままプラジュニャーを音写して、般若としたのですぅ。

    そして、このプラジュニャーは、昔話したグノーシスで言えば、ソフィア(叡智体)のことなんですね。(・ε・)

    (続きますぅ)

  • >>2493

    > 登録しました。

    ご登録ありがとうございます!
    なおご褒美は全くありませんが、そのうち良い事が必ずあるでしょう! ^^


    > 茶瓜さんと似ていた。

    グローバルアドレスは同じ、同じプロバイダかも。
    でもプライベート・アドレスが違いますから。

  • <<
  • 2516 2494
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順