ここから本文です
  • <<
  • 37 13
  • >>
  • >>32

    問題は技術ではなくて利権ですよ、原発は火力数個ぶんの能力があるのであんなに作る必要はないんです、そもそもが、げんに大半の原発が停止しているにもかかわらず大都市の夜の明かりはかがやいております。

  • >>13

    >学者と名が付くような人間がいたとしたら、あのような大事故は起きていなかったらしい。

    そんなこともないけどなw

    >原理からわかっているので、必要なとき必要な対処方法がすぐ取れるものらしい。

    そんなこともないけどなw

    放射能をなくす方法なんて、誰も知らないよ

  • >悔しかったら

    別に悔しくないけどなw

    >原発周辺の放射性物質ぜんぶ除去してみろ。

    ムリw

    っていうか、それ東電とか原発推進した連中とかにいえよw

    科学者=原発礼賛者、じゃないぜw

  • 再生可能エネルギー社会を提唱しする「ソーラー地球経済」が日本で出版されたのは
    今から約15,6年前。もう太陽エネルギーで将来の人類のエネルギーは有り余るほどあるのだ。説いていた。だがそれは地球上にどこにでも平等にあるので、空気と同じく商売にはならない。ので、それはマスコミはじめ故意に無視して原子力に突っ走った。なんせ何百兆円の儲けがあるそうだからな。また再生エネルギー経済体制は
    今までの石油・原子力などの集中型経済体制とは別の地方分散型経済体制でないとうまく機能しないという。つまり新産業革命なので、旧体制で利益を得ていた人々は当然今ある圧倒的な力で再生エネルギー新経済体制の実現を妨害してるという。だがまあそれも時間の問題じゃないの。だが日本国に55基もの原発どうするんだ。明日にでも巨大地震起きたらもう日本は終わりだよ。わしは応急処置をするべきだと思うが。つまり核燃料棒原子炉から取り出して、いつどこでも巨大地震が起きても大丈夫なようにできないのかねえ。

  • >>22

    agunesusazannka

    > 駄文失礼いたしました。
    >これだけはどうか撤回をお願いします。正確には言い直しをお願いいたします。
    何故なら、医療・医学への侮辱だからです。
    どんな治療・手術でも100%はありません。
    インフォームド・コンセントが叫ばれてから、、、、、、、、。

    なるほど、駄文だわね、
    いいこと、原発と放射能被害について、皆様方が議論をなさっているのよ、
    そこへ、"医療・医学への侮辱"
    だれしも、100%完全な医療・治療を求めていません!でき得る限りの成果です、
    問題をすり替えているわね。
    “絶対に起こしてはいけない事故”の話 ですから。、、ねっ!

    >、、、、、、、、しかし、原発は体制側が自らの保身の為のみに、一方的に決めること。 大喜びするのは金を儲ける連中だけ。 文句を言うのは、今発言する私のような人間か、後になって逃げ惑う人々です。
    体制側は、平気で嘘をつきますよ。
    2011年3月11日以降、今日まで、日本には原発が必要なかったってのは、
    もう、証明されているじゃないですか?
    ・・・もっとも、最近じゃぁ、嘘もつかずに勝手に決めちゃいますけどね。
    、、、、、、、、、。あと・・・建築工学とか、問題がぜんぜん違いますよ。
    2011年3月11日以降、今日まで、日本には原発が必要なかったってのは、
    もう、証明されているじゃないですか?
    ・・・もっとも、最近じゃぁ、嘘もつかずに勝手に決めちゃいますけどね。
    “絶対に起こしてはいけない事故”の話ですから。

    >体制側は、平気で嘘をつきますよ。

    そう、そう、
    保身のための体制側のウソが多すぎますっ!

    agunesusazannka

    ----------------------------------------------------------------------

  • 科学者は放射能の後始末を考えると原発は反対だった。だが現代の卑弥呼である科学者の忠告を無視して経済優先で建ててしまった。後始末を考えるとかえって高くつくのに。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>1

    バカは存在悪になりますね!

    自称市民科学者は高木仁三郎;原爆の研究開発で理研に努めていた男。

    それは、一言ですまし、反原発。

    近代物理学の祖、ニュートンは実は錬金術にはまった、非科学人間。

    科学者なんて一言(統計)で云々してはイケナイ!

    放射性物質の完全除去など出来ない。そう科学者はおっしゃってますよ。

    被爆物質は世界中に存在すること。

    宇宙線による自然被爆を勉強しなさい!!

  • >>22

    “医療・医学への侮辱”なんてしてないじゃないですか。

    原発についてですよ。
    原発に関する事故は、“絶対に起こしてはいけない事故”であり、
    原発を止めさえすれば、“絶対に起こらない事故”なのですよ。

    手術は本人が決めること。
    >「絶対に起こしてはいけないこと」が存在する治療・手術は全て
    それは、すべて本人が決めることです。
    もちろん、断ることもできます。
    神の手に委ねることも、藪医者から逃げることも、本人が決めるのです。
    成功すれば大喜び、失敗すれば・・・文句も言わんでしょう。

    しかし、原発は体制側が自らの保身の為のみに、一方的に決めること。
    大喜びするのは金を儲ける連中だけ。
    文句を言うのは、今発言する私のような人間か、後になって逃げ惑う人々です。

    体制側は、平気で嘘をつきますよ。
    2011年3月11日以降、今日まで、日本には原発が必要なかったってのは、
    もう、証明されているじゃないですか?
    ・・・もっとも、最近じゃぁ、嘘もつかずに勝手に決めちゃいますけどね。

    あと・・・建築工学とか、問題がぜんぜん違いますよ。
    飛行機、宇宙ゴミ、隕石が落ちてきたら?操作技術者が錯乱したら?テロリストに占拠されたら?戦争が起こったら?何千年後かの大陸移動の状態では?

    “絶対に起こしてはいけない事故”の話ですから。

  • >>17

    非常に面白い議論がなされていると感心して読ませていただきました。
    ただ、これだけは許せないことがありましたので。

    >「絶対に起こしてはいけないこと」だから、「絶対に初めてはいけないこと」だったんですよ。
     再び、事故が起きることは、”絶対保証つき”だというのに・・・です。

    これだけはどうか撤回をお願いします。正確には言い直しをお願いいたします。
    何故なら、医療・医学への侮辱だからです。
    どんな治療・手術でも100%はありません。
    インフォームド・コンセントが叫ばれてから、それは如実に患者に突き付けられました。
    何%でどんな異常が起こるか、手術が結果的に失敗することになるか。
    では、そんな「絶対に起こしてはいけないこと」が存在する治療・手術は全て
    「絶対に初めてはいけない」のでしょうか。
    数多く手術する以上、いずれは「失敗」に直面することは明白です。
    某ドラマのように「失敗しませんから」なんて馬鹿な事はないのです。
    あくまでそれは医師として向き合う意志であり、最終的結果がどうなるかはその時その時次第なのです。

    今回の事故には原子力発電関係の人たちばかりが上げられていますが、実は建築工学も関係しています。
    建築工学系の一般的な試算では「波の高さ」はあれほどにはならなかったらしいのです。
    ただ、前例があったために「波の高さ」がもっと高くなると警鐘を鳴らした人がいたということ。

    多くのもので「絶対」なんてありません。
    それこそ今回の事故の教訓でもあります。(原子力神話という害悪です。)
    では「絶対」がないから何もしない。それでいいのでしょうか。

    もちろん、このスレの本題である原子力発電関係については他に思うこともありますが。

    少なくとも
    「絶対に起こしてはいけないこと」だから、「絶対に初めてはいけないこと」
    という考えだけには、私は同意することはできません。

    「絶対に起こしてはいけないこと」だけれど人間だから失敗する
    だからそれにそなえて「絶対に起こしてはいけないことが起きたときの対策を講じ」対応可能状態にし
    常に「最悪」が起こらないように何重にも防御する。
    こうした積み重ねが医療現場にあると、とある薬剤師の方の話を耳にしたことがあります。
    だから「想定外」という言葉は関係者の能力不足という意味であると。

    駄文失礼いたしました。

  • ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん。

    ヒットエンドラン、ヒットエンドラン・・・!!!

  • >>19

    全く無関係じゃないかもしれない。科学者ではない一般人にしても、まったく無関係に生きてるとはいえそうにない。

    思い浮かべるのは、「赤い音」とか「青い音」といった事柄が真の感覚として存在する人々のことで、ごく少数なのかと思うと、そういった人も現実にはかなり多いらしいという事です。20人か30人に1人くらいいるらしい。だから、「そんな表現は日本語にはありません」などという人が良くいるみたいですが、そういう考え方はいささか閉鎖的だね。暮らしている間に、色彩と音は同義だととらえている人が存在するという事が自然にわかるようでないといけないと思う。

  • >悔しかったら原発周辺の放射性物質ぜんぶ除去してみろ。

    科学者って言ってもね、別にちやほやされてるわけでもないし、たとえば細菌や細胞学、生化学やってる人は放射性物質の除去とはまったく無関係だと言うことわかってますか?

  • >>14

    > 学者と名のつく人間でもバカもいれば、失敗も


    自覚してるんだね


    > 原発を推進したのは科学者ではない。
    銃を創る人間と人を殺す人間は、まったく別だ。

    原子爆弾製造を働きかけたのは科学者

  • >>15

    ”非常に残念”なんてぇレベルで考えられては困りますね。

    絶対に起こしてはいけないことだから、
    絶対に始めてはいけないことだったんですよ。
    しかし、彼らは、
    懲りずに続けている。

    再び、事故が起きることは、
    ”絶対保証つき”だというのに・・・です。

  • >>14

    どういう人たちを指して『バカ共』と言っているのか大体察しはつきますが、そもそもことのおおもとになると、原子力というののに人類の希望の光を見出したのは、エンリコ・フェルミをはじめとした科学者グループだともいえるように思います。そのように考えると、まるでフェルミたちが『バカ共』であったかのような気もしてくるので、あまり『バカ共』なんて言わない方がいいと思います。

    大事故が起きてしまったのは非常に残念です。

  • >>13

    学者と名のつく人間でもバカもいれば、失敗もするよ。

    原発事故の問題は、
    絶対に起こしてはいけない事故を、
    絶対に起こらないと断定し、推進してきたバカ共の問題であり、
    実際、事故が起きた後に、
    想定外だの、今度は間違いないだのと、
    同じ間違いを繰り返すバカ共の問題なのだよ。

    それから、
    放射性物質は、まだエネルギーとして扱えるような状態ではない。
    レントゲンレベルで満足すべきなのだ。

    ・・・生涯被曝量なんてぇ”おためごかし”に惑わされないことだね。

  • >>1

    科学者というほどのものは今の原子力発電所には勤務していないと思う。たぶん全部技術者だと思う。学者と名が付くような人間がいたとしたら、あのような大事故は起きていなかったらしい。原理からわかっているので、必要なとき必要な対処方法がすぐ取れるものらしい。

    それから放射能をすべて除去したら、かえって人は早く死ぬことになると思うよ。大体高線量の放射線を浴びても、普通に新陳代謝をしていればたいていなんともないのに、下手に直そうとするために反対に早く放射線障害で死ぬという事は、放射線が直接の死因であるとは言いにくいよね。体細胞が死にたがっているという事が大きな要因でしょうね。そういうことがなければ、人間の最長寿命が120年か130年であるという事の説明ができない。

    生涯被曝量にしても、仮にそういうものがあったとしたら、死をカウントしている機能が備わっているという事になる。何か必要があるから生命は死ぬようにできているはずだ。

  • <<
  • 37 13
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン