ここから本文です
  • STAP細胞の論文について間違いがあることは解った、まるで既にSTAP細胞の発見が嘘だったような対応には異常性を感じる、あの時点でSTAP細胞が存在の有無が解っていない、それをあたかも世界へ向けてSTAP細胞は存在しないという雰囲気で会見してる、理学博士だかなんだか知らんが自分の立場を擁護しただけの会見だったのではないか、あれでは日本の研究機関も先が見える、大した発見も研究も出来ないだろう、有望な若い研究者も出ない、まずSTAP細胞が存在しているのか居ないのかを調べてから落ち着いて会見すべきだ、米国の研究所も呆れ返っているではないか、誰のための研究所だ、博士自分らの金のためにある研究所ではない、国の金もかなり浪費している、理研の経営陣はまるで素人の集まりではないか。

  • <<
  • 18 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン