ここから本文です
  • 敵対国の母国語で案内してまで、観光客を増やしたいのか!
    国民の大多数が、中国・韓国の反日政策に激しい怒りを感じていることは、
    世論調査からもまったく明白だ。
    相手国は、日本語の案内を併記しているか?
    日本人が読めない中国語や韓国語を併記してはならない!
    デパートのトイレや売店に中国語や韓国語が書いてあるのを見ると、
    国民感情を無視したその鈍感さ、節度のさなに怒りを感じる。
    歴史上繰り返された多くの事件によって、このような日本の国民感情が
    形成されたのだ。
    日本に友好的な観光客は良いが、日本文化を損なう外国文化は認めないという
    態度を明確に示せ。
    中日新聞などの勝手な思いつきによって、反日国の影響を浸透させてはならない。

    これを見よ!



    >>【中日新聞】駅の案内表示に中国・韓国語が無いJR東海。英語のみ

    日本を訪れるアジア圏の旅行者が増える中、JR東日本や私鉄では、
    鉄道の駅名や乗り場などの案内表示を中国語や韓国語で示す取り組みが広がる。

    しかし、日本の大動脈の東海道新幹線を運行するJR東海は英語表示のみ。
    国土交通省は2009年、英語以外での表示の必要性を指摘したが、
    JR東海は「(複数の外国語を使うと表示の)文字が小さくなる」と説明し、
    駅での案内表示のあり方に一石を投じている。

    駅などでの外国語サービスのあり方について、国交省は06年、
    「『おもてなし』の観点から英語以外の外国語でも情報提供を行うことがさらに望ましい」とのガイドラインを示した。
    JR東海に対する09年の業務監査でも「他社の駅施設では中国語や韓国語などの
    表記があるが、JR東海はない」と指摘。「来訪外国人の約7割がアジア圏からで、
    外国人を意識した表記について検討が必要」とした。

    これに対し、JR東海は「国際的共通語の英語をできるだけ大きな字で記すのが基本」と主張。
    英語が分からない人には窓口などにフランス語、中国語、韓国語の
    よくある質問の問答集を置くほか、看板に絵文字を併記。

    多言語表示は「限られたスペースの中で文字が小さくなり、見づらくなるおそれがある」と答える。

    JR東海の主張は当然だ。
    しかし、肝心なことは、マスコミの商業主義、文化的な節度のなさである。

  • <<
  • 14 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ