ここから本文です
  • <<
  • 532 506
  • >>
  • 532(最新)

    古今東西 1月18日 06:12

    不適切と違法の違い

    日本の各メディアは、厚労省の毎月勤労統計数字に関して、いつまでも「不適切」という
    表現を使い続けるのかと疑問に思う。

    違法な行為と不適切な行為とは、まったく違う。メディアは言葉が大事。言葉の使い方を
    軽くみているメディアであってはならない。

    メディアは、「違法」な行為は絶対に許されないことだと知ってもらいたい。

  • 日本のメディア全体に要望しておきたいこと

    『建設的』な意見・主張を欠かさないこと。それは日本国民のためだけではなく、
    メディア自身のためでもある。言いっ放しの報道が数多くあるが、インターネット
    の時代にそれはない。逆に考えれば言いっ放しなんて誰でもできるのだから。

    問題の一つは、関心が集まりやすい健康に関する報道だ。研究者たちのいい加減な
    研究結果の公表がある。研究者は自らの研究結果を評価してもらいたい一心であり、
    その有効な手段としてメディアに取り上げさせようと研究結果をでっちあげること
    もある。

    メディアは、研究者の研究結果を目新しいことなので「これはニュースだ」と
    捉える機会があるけれども、多くが研究途上で無責任で部分的に過ぎず、中には
    都市伝説だとでたらめの公表をすることが少なくない。

    従って、研究者の意見は取り上げないことが原則。決して前かがみであってはな
    らない。なぜなら国民を騙す結果になり得るし、メディア自身に対する不信感が
    募ってしまうから。

    ただ、取材者だけでなく複数の人たちが納得できる内容のものは、積極的に報道
    徹すべきことは当然のこと。何事も学びが必要だね。

  • >>524

    >>露の難病少女 治療順調…病気の原因、新潟で判明
    1/9(水) 12:01配信 読売新聞(ヨミドクター)<<

    で、その治療費は幾らで、誰が払ったの?

  • 「ひとりがいいです」~ヒロシが語るソロキャンプ
    1/12(土) 10:03配信 読売新聞(ヨミウリオンライン)


     ヒロシです。
     独り言でカミました――。
    哀愁に満ちた自虐ネタが代名詞のお笑い芸人、ヒロシさんが最近、ひとりでアウトドアを楽しむ「ソロキャンプ」で注目されている。動画サイトのチャンネル登録は30万人以上。46歳独身。ひとりでどこに向かうのか。(読売新聞シングルスタイル編集長 森川暁子)


    読売新聞は、日本の若者が独身でいることに対して問題意識をもって
    記事にすべき。大事な日本という国の少子高齢化の問題なのだ。

  • 日本の刑事司法「閉鎖的」 ゴーン氏捜査、海外から疑念(朝日新聞)

    海外から疑念を指摘されようとも、海外は海外。日本の捜査手法が客観的に
    間違っているというのなら、そう指摘すればよい。

    海外のメディアが日本の捜査手法が閉鎖的だと指摘しているからといって、
    その指摘が正しいかのような日本の新聞の指摘は間違い。

    たとえば、フランスのメディアは、フランスの国益のことが頭にあるから
    海外メディアとして、日本の捜査手法を批判的に見るのは仕方のないこと
    だと報じるべき。

  • 「不適切」

    東電の福島第一原発の過酷事故でも、男が女性を強姦しても、役人が万引きをしても
    メディアの報道で損害が出ても、今後は「不適切」という表現にすると便利。

    日本語を適切に使わなくても「不適切」で片づけ、人が殺されても「不適切な行為」で
    片付けていくのが良いね。役人がしたウソも不適切で済むのだから、いまのメディアの
    表現はお粗末至極。ちゃんとしろと言われてもその意味が分からないので不適切な形で
    済ませるのもメディア。

  • 泣けてきた読売の記事

    露の難病少女 治療順調…病気の原因、新潟で判明
    1/9(水) 12:01配信 読売新聞(ヨミドクター)

     原因不明の難病で寝たきりだったロシアの少女が、新潟市の国立病院機構・西新潟中央病院での
    治療の結果、まれな遺伝子異常とわかり、効果的な治療にたどり着いた。
    今では自分で座れるまでに症状が改善した。少女と来日した母親は「日本でやっと病気がわかった。娘の成長がうれしい」と語った。

     少女は、ロシア南西部アルマビルに住むビクトリア・ベリチさん(12)。昨年11月日に
    5度目の来日をし、12月11日まで滞在した。以前は座ることも言葉を発することもできなか
    ったが、ベッドに腰掛けると、母のエリビーラさん(33)に「ママ」と呼びかけ、にっこり。
    「こんなに表情豊かになるなんて」と、主治医の小林悠さんは喜んだ。


    素晴らしい読売の記事に感動しました。この記事を読んでけさは泣けました。

  • 無能な官僚=「不適切」×
    医大の合否=「不適切」×

    勤労統計という国、国民生活の在り方をも左右する重要な数字なのに、
    法令に違反して間違った数字を公表し続け、さらに間違いだとの指摘を受けても
    なお訂正しないまま公表を続けてきたというのだ。

    これをマスコミは「不適切」と表現しているが、これもまともとは思えない。
    不適切と言う表現は、官僚の違法を守ろうとする考え方そのものだ。
    特に安倍に忖度しているNHKの報道に呆れている。

    それだけではない。東京医大をはじめとして、各医大で受験生の合否を
    恣意的に勝手に変えて選抜をしていた問題では、多くの受験生たちやその
    家族の人生をも左右する由々しき事態なのに、これも「不適切」という
    表現をしている各マスコミ。

    これは日本の各マスコミが問題を避けて自分たちは良い思いをしようと
    しているということだ。これは腐ってきていることを示しているのだ。

    マスコミとしての本来の報道姿勢が狂ってきて止まらない。
    このままでは、マスコミは国民からますますバカにされても仕方がない。
    官僚にいい顔をしても、多くの国民からはバカにされるマスコミなのだから。

  • 勤労統計の報道

    勤労統計の厚労省のデタラメぶりを報じる報道機関の原稿をみると、
    特にNHKがやたら甘すぎる。

    これほどまでいい加減な厚労省の役人たちの犯罪でもあるのに問題
    視する文面が見当たらず、まるでうっかりミスだったかのようだ。

    霞が関も腐っているけど、NHKの報道も腐ってきている。いったい
    誰のための報道なのか、表現の自由を守るべきNHKなのに、自らそ
    れを否定するかのようだ。デスクが無能なのだろう。

    もっとも、報道局長が安倍首相にべったりなのだから、このような
    報道になってしまうということだとすると極めて由々しき事態。

  • 池上彰さんの仕事ぶり

    一生懸命に仕事をこなし続けている池上彰さんにとって、最大の問題は
    健康対策だと思う。

    最近の池上さんの顔を見ていると、ひどく疲労していることがうかがえる。
    ここ1年ほどなのに、年齢をいくつも重ねたと感じるくらい、顔の皺に
    疲れがたまっていることが感じられる。

    メディアの仕事は、きりがない部分がある。ましてや池上さんの場合は
    1人でこなすにしては過大な情報量だし、スタジオ出演でも緊張を強い
    られるわけだから寿命を縮めてしまうことは否めないと思う。

    適切な仕事をして末永く続けることを選択して欲しいと思う。それに
    このままどんどんテレビに出続けると飽きられるのも早まってしまうから。

  • 国民の結婚観

    NHKの世論調査で、結婚についての考え方を尋ねたところ
    「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人が68%、
    「人は結婚するのが当たり前だ」と答えた人は27%だった。

    NHKは、結婚の必要性が低いという若者が増えてしまっている
    この異常な事態に対して、単に数字を羅列しているだけであり、
    問題意識が希薄過ぎる。

    結婚する必要がないと答えた馬鹿そのものの若者たちが
    7割にも上る異常な事態について、なぜそんな考え方をしてい
    るのか、結婚する意識を高めるためにどんな政策が必要かに関
    してNHKは報じるべき役割があるはずだ。

    また、日本人の結婚観に詳しいという横浜国立大学の江原由美子
    教授の話は、ライフスタイルが変わったためだとしているが、
    こんな話では何の役にも立たず、自己満足する専門家そのもの。

    専門家なら、もっともっと親や会社の先輩たちなどが、結婚に
    よって、個々人の健康が守られることや健全な社会が作られる
    ことのメリットを強調すべき。

    それには、親子や仲間うちなど国民間のコミュニケーションを
    現在より活発に行える日本の社会づくりが急がれると強調すべき。

    私は最高裁の戸別訪問禁止の判決に対して、国民間のコミュニ
    ケーションを排除してしまう間違った判例だとがっかりしている。

    それはともかく、NHKは、なぜこの時期に結婚の意識に関して
    世論調査をしたのか、ふだんから問題意識を持っていない
    ぼんくら的外れデスクがいかに多いことか非常に残念に思う。

    でもチコちゃんなら知っているはずだと思いたい。

  • 良い記事 

    鹿児島県伊佐市であった町内会の運動会で徒競走後に倒れ、心肺停止状態となった男性(42)に、運動会に偶然参加して救命措置を施した医師夫妻が30日、伊佐湧水消防組合から感謝状を贈られた。男性は夫妻の迅速な措置によって蘇生し、後遺症もなく社会復帰した。

     感謝状を贈られたのは、福岡県久留米市の久留米大学病院産婦人科医師の堀之内崇士さん(42)と、同病院麻酔科医師の堀之内智子さん(40)。崇士さんは伊佐市出身で、その日は2人そろって帰省し、運動会に参加していた。(朝日新聞)



    朝から感動して気分爽快になれた。このような記事を積極的に報じる姿勢が
    いまの日本のマスコミに強く求められる。

    暗い話や、ふだんからやって当たり前の行政や政治家の活躍話が先行してば
    かりいるが、こうした市民の活躍や行動に関する記事をどんどん報じる考えが
    欲しいね。

    事故や事件を報じることも大事。でも、今回のような市民の温かな行動が
    あったらすかさず報じるようにすべき。社会・経済情勢に加えて人々の生活
    は大きく変化しているということを再認識すべき。

    来年は、やれ元号がどうのとか、新天皇が即位するだのという話を中心に
    据えるマスコミ各社だが、国民は食傷気味であることも念頭に置いての報道
    をどのようにしたら良いのか、よく考えて実施すべき。

    特にNHKは、現在の小池報道局長の過剰な反応で現場が疲弊してしまうこと
    が予想される。そうならないように組織が変わらないとおかしなことになる。

    「いい選手、良い監督になるとは限らない」、正に小池の事。

  • >>514

    読売新聞の値上げ

    これを持ちまして新聞を取るのを已めます。

    何て記事は出ないのかね?(笑)

  • テキストリーム最終章

    日本のマスコミは、何が分かっていて何がわかっていないのか。

    「分かっている」ことはともかくとして、「分かっていない」
    という中に重要な部分が欠けているのが日本のマスコミ。

    年賀状のことである新聞社が次のような記事にしている。

    「平成最後となる本年をもちまして、年始のごあいさつを失礼させていただきます」-。
    来年の新天皇即位で元号が変わるのに合わせ、長年続けてきた年賀状のやりとりをやめる
    「年賀状じまい」をする高齢者が増えている。人生の終盤に向けて準備する「終活」が広まる中、
    次の時代は人付き合いもスリムにしたいとの思いがあるようだ。(広畑千春)


    おかしな的外れの記事そのものだと思った。平成最後の今回で年賀状を出すことをやめる
    というのは、誰が考えても納得できることではない。

    新聞はどんな記事を書こうが自由。でも、新聞が果たすべき役割が重要だという認識に
    立つべき新聞社。

    マスコミと言うのは、「コミュニケーション」をより必要なものだということを基本に
    仕事をする必要があるのに、そのコミュニケーションを絶つ社会の動きに対して機敏に
    反対すべき立場を鮮明にすべき。

    年賀状をやめることがコミュニケーションの為に存在する新聞社のやることなのか、
    頭を使って考えろと言いたい。年賀状をやめると強調するのはSNSくらいと思う。

    もっとも社会的な能力の高い人は、SNSなんてやらないけどね。そんな暇があったら
    もっともっと学ぶべきことややるべきことがたくさんあるからと思うから。

    マスコミの存在の危機、それはマスコミ自身が作っているに過ぎない。自ら力を失う
    マスコミであってはいけません。基本を忘れているままではいけませんねマスコミよ。

  • 海上自衛隊は23日、本州南方の太平洋で22日に米英の艦艇と共同訓練を実施したと公表した。海自からは、改修して事実上空母化することが決まったヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が参加。3カ国での共同訓練は初めてといい、連携を示すことで海洋進出を強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。
     海自によると、米海軍の潜水艦や哨戒機、英海軍のフリゲート艦「アーガイル」が参加。米海軍の潜水艦を敵に見立て、日米英で情報交換しながら捜索するなどの訓練を行った。
    ----------------

    3カ国共同軍事訓練、で中国を牽制する狙いがある。
    なんて報道するから、中国に不快感を与え、関係悪化に繋がるのである。
    そもそも、中国を名指しで軍事訓練なんて、明らかな軍事威嚇であり憲法9条に反する行為に当る。
    報道として、単に日米英が潜水艦や哨戒機の捜索訓練を共同で行った。
    と言う内容だけ出なければ、中国を挑発する行為になり、戦争を吹っかけていると同じ事に成る。
    憲法違反に成る。

    日本はもはや憲法9条は無視して国際紛争に自ら率先して、参加する事に尽力している。
    世界に紛争を呼びかけているようなものである。

    日本は既に軍事国家に成っていると言える。
    いつでも戦争が出来る準備を行い、3カ国が共同で戦争を仕掛ける事も十分に考えられる。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>509

    >ソウル=名村隆寛】韓国南部の済州島で11日、観艦式の海上パレードが行われたが、パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗のみを掲げるよう求めていた韓国海軍の異例の通知には従わず、参加国のうち数カ国が自国の軍艦旗を掲げたとみられる。<
    >オーストラリア、タイ、シンガポール、カナダなどの艦艇が国際常識に従い、軍艦旗を下ろさずパレードに参加したもようだ<<
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000616-san-kr

    なるほど、来る国全部に軍艦旗を降ろせと言ったのだな。
    こりゃ非常識。
    中国が参加取りやめをする理由がやっとわかった。

  • >>506

    韓国の反日を伝えないメディア

    >米ニューヨークの韓国系でつくる韓人会は6日(米東部時間)、マンハッタンで「コリアン・パレード」を行ったと伝えた。同パレードの開催は38回目。今年は旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が登場し、注目を集めた。 <<

    日本では相手にされないから、アメリカでやる訳ですか。

  • <<
  • 532 506
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順