ここから本文です
  • 最近の夏は毎年暑くなってくるようでこの先の夏が心配でたまらない。国連での対策はとりあえず大気中の温暖化ガスの排出規制で方向がなんとか決まりかけてるようですがどの国にもそれぞれの事情はあって本気で取り組んでくれそうにない感じで経済のことを優先している。とても温暖化の勢いを止められそうにない。この際、経済の活性化の面からもアクティブな対策として月の岩石を地球に投げおとして衛星軌道に乗せてそれを国際人工衛星で粉末化して地球にかかる雲を作ることでとりあえず地球を冷やすぐらいのことを考えたほうがいいように思う。暑い晩につらつら考えたことですがなにぶん素人の考えることゆえこんなことしか思いつかないのでみんなでもっといい方法があれば考えていきたいと思う、みんな知恵をかしてくれ!!!

  • <<
  • 2 1
  • >>
  • 2(最新)

    vya***** 8月10日 15:12

    専門家の言うことには地球の気象はこのところ十万年単位氷期と間氷期を繰り返すいるそうでこのくらいの温暖化は何度も繰り返し起こっているそうで専門家ほど気象対策に積極的ではない。しかし素人目には明らかにこの温暖化は人類の活動の結果であるように思う、いまのうち対策を考えておかないと山火事は起き海は魚が住めないほど熱くなって、そうなったとき私たちは昔恐竜が絶滅した時のようになってしまう。人類がいなくなり地上の大型動物が死滅してしまう、そうなったとき地球の気象は本来の十万年サイクルに戻って何事もなかったように回り続けるのだろうが本当にそれで私たちは満足できるのだろうかもう少しみんな関心をもってほしい。お説教くさくなってすんまへん。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!