ここから本文です
  • 春はあけぼの。
    【震源は曙(大陸プレートの集うところ)】
    やうやう
    【海泥】
    白くなりゆく山際、
    【沸き立つ海溝】
    少し明かりて、
    【利根河口地域沿岸図】
    紫だちたる雲の
    【淡水海水混合地域】
    細くたなびきたる。
    【鹿嶋灘】



    夏は夜。
    【震災(禍)は夜半】
    月のころはさらなり、【(干満)(更)津波】
    闇もなほ、
    【海溝付近】
    蛍の多く飛びちがひたる。【余震群発】
    また、
    ただ一つ二つなど、
    ほかにうち光て行くも
    をかし。【破砕(帯)】
    雨など降るも
    をかし。 【湧水()】



    秋は夕暮れ。
    【(厄介物)火災延焼】
    夕日の差して
    山の端【津浪浸水】
    いと近うなりたるに、
    烏の寝所へ行くとて、
    【慌てる避難者】
    三つ四つ、
    二つ三つなど
    飛び急ぐさへあはれなり。【回避避難所】
    まいて雁などの
    連ねたるが、
    【高層ビル】
    いと小さく見ゆるは、
    いとをかし。
    【微細振動】
    日入り果てて、
    【倒壊家屋瓦礫】
    風の音、
    虫の音など、
    【死傷者】
    はた言ふべきにあらず。


    冬はつとめて。
    【(被害報道)は早朝明方】
    雪の降りたるは
    言ふべきにもあらず、【被害状況は】
    霜のいと白きも、
    【(髪)被災・死傷者数は】
    またさらでも
    【更新】
    いと寒きに、
    【避難所】
    火など急ぎおこして、
    炭持て渡るも、
    【炊き出し】
    いとつきづきし。
    【救援/物資】
    昼になりて、
    【仮住まい】
    ぬるく
    ゆるびもていけば、
    【助け合質素な暮し】
    火桶の火も、
    白き灰がちに
    なりてわろし。
    【蓄えも無く不安な日々を過ごす】

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!