ここから本文です
現在位置:
  • 声を発し、徒歩で登下校する児童を自転車で追い詰めて害し毒物飲料を差し出す?●●障碍者が、との仰天発想  ~拘束意図を行使 、、「語り口が人と違い、隠れて飲食し、家に居て人が来たり電話が鳴ると直ぐに出て近所と仲よく出来ないのはビョウキだからだ? と高柳にいる公務裁量が主観的な精神保健相談窓口担当官OT氏【 =下野】が強制送還の拘束公務を行使【 ●●保険扱い!!】、の未曾有経緯が鮮明だが通常は家族が病院搬送車で看護人数人での搬送に同意させる形態  *看護資格者か単なるパート程度の品位レベル? で所詮他人事「毎日だるいでせう、、誰も話す相手がないなら家に居てもせうがないでせう?、、などと薄笑いを浮かべながらの問いかけに唖然、、の税喰い主フのナクモガナ

  • <<
  • 387 1
  • >>
  • 387(最新)

    kan***** 3月8日 01:12

    千葉県柏市内の老人ホームに入居していたパーキンソン病患者の男性(72)が昨年12月、市立柏病院で介護タクシーを呼ぶよう頼んだところ断られ、約1カ月後に別の場所で遺体で発見されていたことが病院関係者らへの取材で分かった。男性は要介護3で歩行にはつえが必要だったが、直線距離で約3キロあるホームまで歩いて帰ろうとした可能性があるという。


     病院関係者らによると、男性は昨年12月下旬に同病院で診察を受けた後、介護タクシーを呼んでホームに帰ろうとした。電話をかけるのに必要な現金を持ち合わせていなかったため、病院案内窓口で電話を依頼したが看護師から「対応は難しい」と断られたという。

     男性は「そうですよね」と言って立ち去ったがその後行方が分からなくなり、ホーム側はその日のうちに病院と警察に連絡。1月下旬になって病院から約1.5キロ離れた川の近くで遺体で見つかった。死因は凍死で、行方不明になった日が死亡日とされたという。現場は空き地や草むらが広がる道路からは少し離れた場所だった。

並べ替え:
古い順
新しい順