ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 64 1
  • >>
  • >国立国府台病院精神科、、の呼称であった昭和時代には登校拒否児専用病舎で娯楽室内運動やリハビリ的な活動が発展、、成人病舎で日課を組んでの日々規制や男女混合病舎なども
    、、旧xx分裂病と呼称される陽性型の重症患者には精神外科によるメス開頭オペや電撃ショック療法が盛んに施される医科領域では不治の末期患者を、xx法人O②病院へ転送隔離するなど、、離院=逃亡しても必ずや連れ戻されて強力な精神薬投与で昏睡させ、看護人は攻撃型患者には力で応じてコンクリ床に叩き付けての流血事態も
    ⇒保護者の要請で駆けつけるSワーカーが当事者の不満など度外視!!  ←勝手に入院拘束の手配に処す、などが日常化

並べ替え:
古い順
新しい順