ここから本文です
現在位置:
  • 熟年離婚をする完璧な方法はDV法の活用です。
    DV(ドメスティック・バイオレンス)
    離婚を願望している全ての妻に活用できます。
    DV法は女性に絶対有利適用運用されています。
    国や行政が後押しして居ります。
    裁判所・弁護士を潤すDV産業が繁盛しております。
    支援団体に多額の金員を国家が支給しております。
    男性は、この法律では一方的に裁かれ、問答無用で敗訴します。
    裁判所は、書式が整い、医師の診断書を添えれば、弁護士は作文し意図も簡単に
    判決が出され、男性は敗訴します。夫の言い分は聞いて呉れません。
    泣き寝入りするしかないのです。冤罪判決がまかり通ります。
    1 準備するもの。
     現在はスマホとかデジタルカメラなど、写真撮影する機器。
     夫の不在間に隠しカメラを設定します。余裕をみて事前に電源を入れ、
     録画状態にします。
     撮影できる範囲等は事前に試し撮影をして失敗しない様に します。
     子供が居れば、子供にカメラ撮影を依頼します。
     カメラは夫に気付かれない様に精巧にカムフラージュします。
     DV支援機関に相談するとカメラも暴力場面撮影する為に準備されており、
     貸出て呉れます。
    2 医師の診断書作成のテクニック
      夫の嫌がる事を連発し、憤らせ反発する。または、因縁を付け喧嘩を売る。
      通常な男性なら、怒るでしょう。
      凶器や鈍器は使用しないで素手で争って下さい。
      深傷を負っては事後処置に困ります。
      夫婦喧嘩を始める。音声録音も良いが、不利なことがあると困るので
      準備した1のカメラで写真撮影のみとする。これが絶対に証拠採用される。
      夫婦喧嘩で揉み合いをし、多少、痛いが少し、痣などを作る。
      そして、最寄りの整形外科医院に行き、医師に、ことも大げさに、あちこちが痛むとか
      表情を大げさに作為して、夫婦喧嘩で手前味噌で負傷しても絶対に自白はしない。
      口頭弁論でも弁護士や支援者が、自白はしない様に指導する。
      医師は、夫が妻を負傷させたと診断書に書き込んで呉れる。
      医師に、DV申請するからと言えば協力して呉れます。 
      診断書1通は約¥7,000円位する。 
    3 DV支援団体を調べ活用する。
      市役所や男女共同参画とか配布資料は至る所に置いてある。
      夫の悪口を言い、暴力を受けているとデッチ上げの説明する。
      これを、3~4回、日を替えて相談を繰り返す。
      DV支援団体は成果を上げるために喜んで協力してくれます。
      DV事件、件数など成果を国や地方行政、支援団体等は競っている。
      例えればどこかの県で、各警察署管内で虚偽の交通事故死件数を減らして
      成果があったと見せかけの報告をした事例などと、競っているのと同じであり、
      女性に絶対有利に展開します。
      色々な悪知恵を付けて呉れますので安心して相談して下さい。
      支援団体には弁護士も協力しているので離婚訴訟の資料を簡単に形式に従って
      作成 してくれる。離婚訴訟の前に調停があります。ここでも女性が有利であります。
      先ほど準備した写真と医師の診断書さえ、あれば、スケベな宇都宮裁判所判事は、
      お役所仕事で経緯など調査しませんし、簡単に思う通りになります。
      女尊男卑のDV法であります。これを利用しない手段は有りません。
      くれぐれも、夫の食べ物や飲み物に毒物等入れないで下さい。
      残した夫などきれいさっぱりフォーマットし、忘れましょう。
      財産・預金・年金等2等分され、慰謝料等請求し金員をゲットできます。
      慰謝料の請求は、約300万円が相場でしょう。調停や裁判で請求します。
      後で夫に勝訴に勝ち誇りザマーミロなどとメール等はしないで下さい。

  • <<
  • 64 45
  • >>
  • 64(最新)

    ws2***** 2月23日 12:52

    >>1

     あなたの投稿通りにすれば100%と言えないが希望通り離婚は出来ると思う。

    調停員、書記官、判事等の質の劣化が激しいから簡単です。  冤罪大国日本だから裁判所を利用すれば間違いなし。

  • <「栗原敏勝容疑者」と絡んだ「4名の女性弁護士」容疑者宅現状、事件現場に出向いて手を合わせて来ました・・・・。>

    「横山幸子弁護士」「根元智子弁護士」「柾 智子 (まさき)弁護士」「和地郁枝(わち)弁護士」栃木県弁護士会元会長や元検事のヤメ検弁護士、さらに栃木県警察学校講師、帝京大学講師!?

    http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-762.html

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 <「栗原敏勝容疑者」と絡んだ「4名の女性弁護士」容疑者宅現状、事件現場に出向いて手を合わせて来ました

  • 「栗原敏勝容疑者」と絡んだ「4名の女性弁護士」

    栃木小1女児殺害事件の原告代理人!!

    マスゴミがスルーなのには呆れる・・・・。

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 「栗原敏勝容疑者」と絡んだ「4名の女性弁護士」  栃木小1女児殺害事件の原告代理人!!  マスゴミが

  • #栗原敏勝 #宇都宮公園 #爆発 #DV  

    調停員は男性が小松、女性が今井であった。
    今井が調停員が「殺害されずに生きているのではないかと言った。
    死んだら認めて遣ると言われ憤りを感じた。」しかし、記録は残っていない。

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 #栗原敏勝 #宇都宮公園 #爆発 #DV    調停員は男性が小松、女性が今井であった。 今井が調停

  • 宇都宮公園爆発 元自衛官「栗原敏勝」容疑者に、名指しされた裁判官・弁護士

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 宇都宮公園爆発 元自衛官「栗原敏勝」容疑者に、名指しされた裁判官・弁護士

  • #宇都宮公園爆発 #栗原敏勝 #佐藤栄一 #福田富一

    佐藤栄一市長&福田富一知事!!赤字LRTに力を入れていないで、社会福祉介護・障害者問題に力を入れるべきでは!!栗原敏勝容疑者は、裁判所&行政に声を上げていた筈ですよ!!

    問い合わせの有った県議黙っているなよ!!

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 #宇都宮公園爆発 #栗原敏勝 #佐藤栄一 #福田富一    佐藤栄一市長&福田富一知事!!赤字LRT

  • 宇都宮公園爆発 元自衛官「栗原敏勝」容疑者に、名指しされた裁判官・弁護士・政治家は

    今頃、「戦々恐々」・・・・。

    地元マスコミはどこまでの事を記事にするのだろう・・・・。

    熟年離婚を決意している女性に完璧な方法を伝授します。絶対に調停や裁判で勝訴します。女性に絶対有利なDV法を活用することです。 宇都宮公園爆発  元自衛官「栗原敏勝」容疑者に、名指しされた裁判官・弁護士・政治家は  今頃、「戦々

  • 宛先
    内閣官房 内閣法制局 内閣府 宮内庁 国家公安委員会・警察庁 総務省 法務省  文部科学省 厚生労働省

    判決は覆えらないが、社会正義を果たした栗原敏勝は不満不服遣りきれない。
    妻に退職金は全て使い果し、定年後に稼いだ金員は、裁判に不服であるから
    支払いに応じず、僅かばかりの金員を差押没収され、老後の生活は、出来ない。
    僅かばかりの年金があるので生活保護は受けられない。
    生活保護を受けられれば、健康保険代金や医療費が無料になるので老後の
    生活が出来る。
    宇都宮家裁は、老後は刑務所に入って生活しろと言わんばかりである。

    調停員や判事・書記官の判断に疑問を持ち、過去5年以上、
    継続して栗原敏勝は自力で調べた。

    その結果、宇都宮家裁は精神障がい者に対し偏見と差別している
    ことが判明した。
    これは、司法関係者に全て帰納する。

    細部については栗原敏勝で検索して下さい。

    家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。
    他の障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。

    治療方針の相違から夫婦は破綻した。

    妻の良子は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。
    意見の相違から、寝室にナイフを準備する。
    裁判では性行為を拒否するためと弁論したが事実は、証拠が残らない
    精神制御された人間であり、証明は極めて困難である。
    カルト宗教の影響で精神制御され栗原敏勝にナイフで斬り付ける。
    口頭弁論で2度も弁論している。宇都宮家裁判事は、敏勝は曲解している
    と結論付けた。
    判決では先祖霊の信仰は一時的としているが継続している。

    栗原敏勝は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。
    栗原良子は、オカルト宗教、占い師、祈祷師に頼り理沙の治療に専念。
    この相違が、全ての要因である。

    文章が長くなるので次の用語で検索して下さい。

    1 検索用語:栗原敏勝
    2 検索用語:宇都宮家庭裁判所 判事 間部 泰
    3 検索用語:宇都宮家庭裁判所訟廷事務室(平成28年3月15日)
    4 検索用語:ネットで調停や裁判を本人訴訟
    5 検索用語:法律を遵守しない宇都宮家裁判事
    6 検索用語:栗原敏勝 意見・要望 最高裁判所
    7 検索用語:統合失調症の娘から惨殺される
    8 検索用語:平成28年(ル)第77号
    9 検索用語:宇都宮家裁は栃木県地方精神保健審議会

  • 10 検索用語:受診状況書・岡本台病院診断書・滝澤病院診断書を公開
    11 検索用語:娘の精神障がいの治療等でお世話になり感謝する関係団体と個人など

    3女の娘が15年前に統合失調症を羅漢し、悪の循環。
    精神障がい者を持つ家族の多くは悲劇を持って終わる。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    私は人生の大半を自衛隊の宣誓を遵守して生きてきました。

    『私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法及び法令を 遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもって専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託 にこたえることを誓います。』
    xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    それが、宇都宮家裁に関わりを持って、今から6年前から心変わりがしました。

    国民の皆様、決して許されることではありません。

    宇都宮家裁判事集団等は、我が国の安寧と正義を守る司法の使命を自覚せず、日本国憲法及び法令を遵守せず、組織の存亡に一致団結、厳正な組織内規律を保持し、常に社会不正義を養い、本人訴訟人の人格を無視し、法刀で切り捨て御免技能を磨き、栃木県知事の指示命令を無視続け、強い無責任感をもって乱心職務の遂行に当たり、事に臨んでは裁判所密室で本人訴訟人を闇打ちし、法律の刀で斬り捨て完遂に努め、もって国民の不服不満の助長している。

    私の意識は、宇都宮家裁判事・調停員・書記官等から法刀で斬殺され、死んだ。
    今ある私は6年前の私ではありません。

    宇都宮家裁は命まで奪ってくれ!

  • 宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不服不満を持つ栗原敏勝。

    1 処置入院を全く理解していない。
    2 平成27年(家)第675号 保護者選任申立事件の目的を全く理解していない。

    判決文を精査すれば、統合失調症を持つ家族は、誰でも知り得る事である。

    本人訴訟は、宇都宮家裁は密室で闇打された。
    インターネットで検索すると闇打ちされる・切り捨て御免される・多くの方々から
    危険だと言われていましたが忠告を無視した。

    全く、その通りでありました。
    これは法の下の平等・職業による差別でる。

    調停や口頭弁論の過程で電子記録を意見具申しましたが全て却下。
    口頭弁論調書も主張した内容が記録されていない部分は、毎回、
    意見書を提出。
    調停から最高裁まで争いましたが全て敗訴。

    裁判は確定し、債権差押命令、平成28年(ル)第77号・平成28年(ル)第431号です。
    平成23年(家ホ)第20号 離婚等反訴請求事件判決
    平成25年(ル)第878号 債権差押命令
     
    判決は覆えらないが、社会正義を果たした私は不満不服遣りきれない。

    調停員や判事・書記官の判断に疑問を持ち、過去5年以上、
    継続、自力で調べた。

    その結果、宇都宮家裁は精神障がい者に対し偏見と差別している
    ことが判明した。
    これは、司法関係者に全て帰納する。

    細部については栗原敏勝で検索して下さい。

    家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。
    障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。

    治療方針の相違から夫婦は破綻した。

    妻は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。
    私は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。
    この相違が、全ての要因である。

    文章が長くなるので次の用語で検索して下さい。

    1 検索用語:栗原敏勝
    2 検索用語:宇都宮家庭裁判所 判事 間部 泰
    3 検索用語:宇都宮家庭裁判所訟廷事務室(平成28年3月15日)
    4 検索用語:ネットで調停や裁判を本人訴訟、闇打ちは本当であった。
    5 検索用語:法律を遵守しない宇都宮家裁判事
    6 検索用語:栗原敏勝 意見・要望 最高裁判所
    7 検索用語:統合失調症の娘から惨殺される
    8 検索用語:平成28年(ル)第77号
    9 検索用語:宇都宮家裁は栃木県地方精神保健審議会を無視続ける根拠

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>49

    その4
    4 宇都宮家庭裁判所判事委員欠席証明証拠
      宇都宮家裁判事委員は毎回欠席しても配布資料は障害福祉課 精神保健福祉担当:綱川氏が送付しているので配布済み資料を確認して下さい。

    (1)  栃木県地方精神保健審議会(平成24年3月22日開催)
       ア 栃木県地方精神保健審議会 出席者名簿
    No12 篠原 礼 宇都宮家庭裁判所判事
    イ 栃木県地方精神保健審議会 出席者名簿
    欄外記述 *欠席者:篠原委員
    (2)  栃木県地方精神保健審議会  
    ア (平成25年3月21日開催 出席委員一覧)
    欄外記述 *欠席者:篠原委員
       イ 栃木県地方精神保健審議会 委員名簿
    No10 篠原 礼 宇都宮家庭裁判所判事
    (3) 栃木県地方精神保健審議会
    (平成26年3月11日開催 出席委員一覧)
    No16 間部 泰 宇都宮家庭裁判所判事 欠席
    (4) 栃木県地方精神保健審議会
    (平成27年3月16日開催 出席委員一覧)
    No15 間部 泰 宇都宮家庭裁判所判事 欠席
    (5) 栃木県地方精神保健審議会
    (平成28年3月15日開催 出席委員一覧)
    No16 間部 泰 宇都宮家庭裁判所判事 欠席

    5 結 言
       栃木県知事が栃木県地方精神保健福祉審議会に宇都宮家裁判事を任命し宇都宮家裁は受諾し認諾しており、5年間継続して欠席している理由についてと今後も欠席を続けるのか質問状に回答をして下さい。
    以 上

  • >>48

    その3
    (5) 上記(4)ア~カまでの解釈が考えられますが、それでも最初に栃木県知事の宇都宮家裁判事委員任命に当時の宇都宮家裁所長が認諾し受諾したのであり、宇都宮家裁組織として受諾したことです。

    あるいは、精神保健並びに精神障害者福祉に関して宇都宮家裁判事等が特性の理解不足であり啓発活動の一環として宇都宮家裁所長は、認諾し受諾したと推察します。

    3 栃木県地方精神保健福祉審議会を欠席した歴代宇都宮家裁判事
    委員氏名と、当時の歴代宇都宮家裁所長氏名
    (1) 近藤壽邦 宇都宮家裁所長 定年退官 平成26年7月30日
    (2) 篠原 礼 平成28年4月1日 現在、横浜家裁判事
      宇都宮家裁判事当時に栃木県地方精神保健福祉審議会に
      平成23年度、平成24年度、2年連続欠席
    (3) 間部 泰 判事 平成28年3月31日依願退職
      宇都宮家裁判事当時に栃木県地方精神保健福祉審議会に
      平成25年度、平成26年度、平成27年度、3年連続欠席
    (4) 今泉秀和 宇都宮家裁所長 定年退官 平成28年4月30日
    (5) 宇都宮家裁所長は管理者であり、指導的立場であります。
    上記は、関係した裁判官(判事)ですが、平成23年度から平成27年度、5年間一度も栃木県地方精神保健審議会に出席していません。

    平成24年度から、栃木県地方精神保健審議会に傍聴人として参加し、宇都宮家裁判事が5年間、継続欠席している事が判明した。

    欠席した判事は、法律に則り「審議委員を受諾」したが「地方精神福祉審議会」の目的には疎く、一般常識とは言えない5年間、欠席し続けた。

    法令の遵守適用が専門家である裁判官の判断は「必ずしも正しいワケではありません」。
    一般人の常識性とは「異なる判断」も多いワケです。

    だから5年間「常識性に欠いた欠席」を行った。

    宇都宮家裁・裁判官(判事)の業務は多忙な事を重々承知の上、栃木県知事が宇都宮家裁の認諾を受け受諾され宇都宮家裁判事を委員に任命しているのです。
    なぜ、5年間も継続欠席していることについて疑問を持っております。
    今後も、この欠席状態が継続されることに懸念を持っています。

    宇都宮家裁が栃木県知事から家裁判事委員任命を受諾したからには宇都宮家裁組織として誠実に栃木県地方精神保健審議会に誠意を持って出席すべきであります。

  • >>47

    その2
    (2)(国民の義務)
    第三条  国民は、精神的健康の保持及び増進に努めるとともに、精神障害者に対する理解を深め、及び精神障害者がその障害を克服して社会復帰をし、自立と社会経済活動への参加をしようとする努力に対し、協力するように努めなければならない。
    (3) 栃木県条例
    栃木県地方精神保健福祉審議会条例〔保健福祉部障害福祉課〕
    昭和40年10月05日条例第42号
    〔栃木県地方精神衛生審議会条例〕をここに公布する。
    栃木県地方精神保健福祉審議会条例
    (昭六三条例五・平七条例三七・改称)
    (設置)
    第一条 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号。以下「法」という。)第九条第一項の規定に基づく審議会その他の合議制の機関として、栃木県地方精神保健福祉審議会(以下「審議会」という。)を置く。
    (平一一条例三七・一部改正)
    (組織)
    第二条 審議会は、委員二十人以内で組織する。
    2 委員は、次に掲げる者のうちから、知事が任命する。
    一 精神保健又は精神障害者の福祉に関し学識経験のある者
    二 精神障害者の医療に関する事業に従事する者
    三 精神障害者の社会復帰の促進又はその自立と社会経済活動への参加の促進を図るための事業に従事する者

    (4) 同上(組織)第二条、2項一、二、三について 
    ア この地方精神保健福祉審議会委員の適格条項は宇都宮家裁判事にとって曖昧な条項になっている。
     イ 地方精神保健福祉審議会は、本来「精神保健」と「精神傷害者」に対する「医療と保護」を「目的」とし「社会復帰」や「自立と経済活動」を支援するのが目的。
    ウ 従って審議委員は「精神医療分野」の学識経験者か、それに  「付随」する学識経験者が本来の審議委員の適格者。
    エ「法的」な学識経験者である判事が委員になって一体、何の役に立つのか曖昧に置かれている。
    オ 判事が精神医療、精神障害者を理解できるはずがなく、また「社会復帰」に付いても学識経験などあるはずもなく「自立と経済活動」に付いても学識経験などあるはずもなく判事が一体何の役に立つのか不明である。
    カ ゲームもルールがあるように法と云うゲームのルールを守る番犬そんな法のルールの学識経験者が、審議委員になって何を審議するのか曖昧である。

  • >>46

    その通りです。うっかりしていました。

    宇都宮家裁所長宛てに質問状を送りました。
    内容は、分割して掲載します。

    返信は得られないと思っていないとダメージが大きいので
    自分自身に言い聞かせています。

    以下が内容です。

    栃木県地方精神保健審議会宇都宮家庭裁判所判事委員

    平成28年6月3日
    宇都宮家庭裁判所 所長
    竹内 民生 様  

    質 問 状

    宇都宮家裁が受諾し栃木県知事が任命した栃木県地方精神保健審議会委員である宇都宮家裁判事が5年間継続欠席している理由について

    1 趣 旨
    (1) 宇都宮家裁所長に御栄転されまして、おめでとう御座います。
    栃木県は、47都道府県に於いて精神障害者の多い特異県であります。
    宇都宮家裁は47都道府県で地方精神保健審議会委員に家庭裁判所裁判官(判事)が栃木県知事から任命されている栃木県が唯一です。
    栃木県が裁判官(判事)に啓発活動をしている唯一の県です。
    (2) 裁判官(判事)は一般通俗社会と隔絶された職業に置かれています。
    栃木県は、精神障害者が惹起する事件等が多い事を示しています。
    宇都宮家裁に赴任した裁判官(判事)が精神障害者の特性・医療・家族と家庭の深刻な状況を知る絶好な啓発機会であります。
    (3) 宇都宮家裁の前任者が受諾し栃木県知事の任命した宇都宮家裁判事委員は所長が交代・裁判官・判事等の人事異動がされても宇都宮家裁組織として栃木県地方精神保健審議会に出席すべきです。

    2 法的根拠
     (1) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
    (国及び地方公共団体の義務)
    第二条  国及び地方公共団体は、障害者の日常生活及び社会生活 を総合的に支援するための法律の規定による自立支援給付及び地域生活支援事業と相まつて、医療施設及び教育施設を充実する等精神障害者の医療及び保護並びに保健及び福祉に関する施策を総合的に実施することによつて精神障害者が社会復帰をし、自立と社会経済活動への参加をすることができるように努力するとともに、精神保健に関する調査研究の推進及び知識の普及を図る等精神障害者の発生の予防その他国民の精神保健の向上のための施策を講じなければならない。

  • 別問題の項目に栃木県地方精神保健福祉審議会の事をコメントせず、栃木県地方精神保健福祉審議会の項目を立ててコメントされて下さい。

  • すいませんが、梅津弁護士問題のタイトル項目に、栃木県地方精神保健福祉審議会の問題を書き込まれても双方ともに問題点が絞れなくなりますので、きちんと「栃木県地方精神保健福祉審議会の問題点」のタイトル項目を立てられたらいかがでしょう。

  • <<
  • 64 45
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン