ここから本文です
現在位置:
  • この弁護士が「冤罪事件である足利事件の栃木県側担当弁護士」、栃木県弁護士会元副会長、「損保ジャパン日本興亜」支店の顧問弁護士。

    老健での介護事件事故後、懲戒処分された澤田雄二弁護士が、介護家族に「頭の悪そうな人ですね」と威嚇暴言侮辱発言して、介護事件事故で障害者にされた母を移転先の施設も見つかっていない状況で追出し、成年後見人でも無い息子に、在宅介護せざるを得ない状況にさせた上、介護事件事故の慰謝料は一銭も払わず、逆に慰謝料から相殺のはずの数年分の施設利用料を、利用者の母では無く、成年後見人でも無い、息子に支払い請求し、支払わなければ法的手段をとると脅し・・・・。

    この冤罪事件の澤田雄二弁護士を、老健に紹介して送り込んだのが「損保ジャパン日本興亜」

    皆さん、考えてみて下さい介護事件事故に、加害者側老健が冤罪事件の担当弁護士を立ててこられたら、対抗できる介護家族がいると思いますか? 完璧に介護家族側は無き寝入りでしょう・・・。

    これが栃木県で介護問題がマスコミもなかなか取り上げられない、介護家族を泣き寝入りさせる為の介護村(弁護士・損保・行政・警察)のやり方です。

    宇都宮中央法律事務所
    http://www.utsunomiya-law.com/

    詳細は「栃木県介護被害者会のブログ」にて
    http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

  • <<
  • 75 55
  • >>
  • <<
  • 75 55
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン