ここから本文です
現在位置:
  • 助成金まで出し格安「反日」 大分県教組の「慰安婦ツアー」、交流目的で歴史館など見学

     大分県教職員組合(県教組、大分市)が法に反し、韓国の「慰安婦」関連施設などを見学する旅行を募集していたことが明らかになった。その“反日教育ツアー”は、県教組が助成金を出し、親子2人が2泊で2万5千円という破格の旅行代金が売りだった。

     「親子1組(2人)2万5千円で30組を募集!」

     地元紙の大分合同新聞に掲載された2泊3日の「親子で学ぶ韓国平和の旅」の募集広告には、旅行代金が太字で強調されていた。一般の格安ツアーをはるかに下回る料金設定。これは「金額は明かせないが、うちが助成金を出しているため」(県教組担当者)だ。

     県教組によると、「韓国平和の旅」は県教組独自の平和事業の一環で、今回が12回目だという。新聞広告で申し込みを受け付け、代金徴収も行うようになったのは2年前からだといい、今回を含めて少なくとも3回は違法行為を重ねていたことになる。

     かつて旅行団長を務めたこともある県教組の岡部勝也書記長は「韓国の中学生との交流がメーンで、それもスポーツや芸能の話題が多い」と話すが、広告に書かれた通り、「日本軍『慰安婦』歴史館」や、反日運動家らの監獄として使用された「西大門刑務所跡」なども訪問する。そこでは、現地ガイドから、韓国側の主張に沿った一方的な説明を受けるのだという。

  • <<
  • 14 1
  • >>
  • >>13

    金と商品券で教員採用を買った奴アホーが先生をしている。

    だから英国の未来の王女の名を猿につけるアホー県民だ。

  • 昔あった三高選抜つうのも無茶苦茶な制度だったな、俺はU高校に行ったけど学校の先生の子供多かった、また、そいつらがほんとバカばっかりなんだけど、今は親と同じ仕事してる。
    教員試験受かるまで、数年浪人してから必ず教員試験受かってたな。
    そんなやつらが、今の大分県の先生な。

  • 大分県教組は違法行為を行っても恥を感じないのだろうか?

    大分県民や学生の親は反対しないのか?

    全国で大分県民全員の恥だと思われているのが分からないのだろうか?

  • 吉田忠智党首
    大分日教組は社民党と大分県民と韓国女性のため
    一生懸命がんばっていま~す。

    韓国5万人の来日アルバイト女性を応援しましょう。

    大分県教組の「慰安婦ツアー」 吉田忠智党首  大分日教組は社民党と大分県民と韓国女性のため 一生懸命がんばっていま~す。  韓国5

  • 韓国よ米軍慰安婦問題をどうする?日本への慰安婦抗議と矛盾するぞ!

    お前等は慰安婦で大きな矛盾を抱えてるではないか!

    米国のオバマに賠償を請求し慰安婦像を設置しろ!

    パククネは日本の慰安婦を世界にひろめた其れなら米国も広め糾弾せよ!

    それが国家としての当然のことだ!パククネよ早速反米しろそれが筋だ!


    【目覚めよ日本】米軍慰安婦で立つ瀬がない韓国 日本を批判も自国内の深刻な差別は放置
    韓国の「米軍慰安婦」による国家賠償訴訟について記者会見する支援団体(聯合=共同)【拡大】
     ──韓国の元米軍慰安婦122人が6月末、「朝鮮戦争後(1960~80年代)、韓国政府の管理下に置かれ、売春を強制された」として韓国政府を訴えた

     ストークス氏「彼女たちは『基地村女性』『ヤンコンジュ』(洋公主)と呼ばれた女性だ。当時、韓国政府から『ドルを稼ぐ愛国者』として称えられていた。韓国は貧しく、そうした風俗産業で経済が支えられていた。それが65年の日韓基本条約を契機として、(日本の莫大な経済・技術協力が入り)だんだんと経済が発展してきた。そうなると、慰安婦たちが果たした役割は社会から忘れられ、差別だけが残った」

     ──韓国政府は国策として慰安婦を利用し、見捨てたのか

     ストークス氏「元慰安婦が韓国政府を訴えたのは、彼女たちが国や社会から虐げられてきたからだ。私は50年近く、韓国を取材してきた。その中で、とりわけ悲しかったのは、仁川(インチョン)にあった米軍人と韓国女性との間に生まれた子供たちの施設を取材したことだ」

     ──具体的には

     ストークス氏「そこには、金髪で青い目の子供もいれば、エキゾチックな顔立ちをした子供もいた。いずれも驚くほど美しく、深い感銘を受けた。同時に、慰安婦や子供たちへのひどい仕打ちも目撃した。外を歩けば石を投げられ、汚い言葉が浴びせられた。あのような残酷な光景は、日本はもちろん、他のどの国でも見たことがない。社会の根強い偏見と差別のため、母親は子供たちを捨てていた。仁川の施設には当時、5歳から7歳ぐらいの子供たちが住んでいた」
    ──韓国政府は何もしなかったのか

     ストークス氏「中には、米国の養親に引き取られ、新しい人生を始めた子供たちもいた。米国では韓国で受けたようなひどい差別はなく、十分な教育を受けて幸せになった人も多かった。しかし、多くの慰安婦とその子供たちは、取り残されたままだった。父親である米軍人にも、母国である韓国にも捨てられた存在だった」

     ──韓国政府はそんな悲劇を抱える一方、日本に対しては慰安婦問題で謝罪と賠償を求めている

     ストークス氏「元米軍慰安婦に提訴されて、韓国政府は立つ瀬がないのではないか。世界中に日本の悪口を吹聴し、いろいろ要求しながら、自分たちは慰安婦や子供たちを放置してきたのだから。もし、韓国政府に誠意があるのなら、この問題の責任を自覚し、事実をきちんと検証すべきだ。私のような当時をよく知る外国特派員を呼び、証言を取るのも1つの方法だろう。真実の歴史を明らかにすることこそ、現在に生きるわれわれが後世に果たすべき義務なのだから」 (取材・構成、安積明子)

     ■ヘンリー・S・ストークス 1938年、英国生まれ。61年、オックスフォード大学修士課程修了後、62年に英紙『フィナンシャル・タイムズ』入社。64年、東京支局初代支局長に着任する。以後、英紙『タイムズ』や、米紙『ニューヨーク・タイムズ』の東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人記者としても知られる。著書に「英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)、共著に「なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか」(祥伝社新書287)など。

  • これは重大な問題なのにほとんど書き込みがないのはどうしたことか。
    大分県民はことの重大性を理解できないのだろうか。
    大分県は反日県なのか。

  • >>2

    日教組の教師は助べえが多い。多分韓国の慰安婦と夜の連帯が忘れられねえ~のと違うか

  • >>1

    これは「反日教師組合」の犯罪である。
    同じ様な事は、大分以外でも行なわれている事は間違いないだろう。
    募集行為を業者に任せれば、旅行業法に触れる事も無く、子供達を嘘捏造の泥沼に落とす事が出来るのだ。

    卑劣な反日左翼教職員組合の行っている事は、日本を攻撃する事以外の何物でもない。
    外敵に攻撃されている事と何ら変わりが無い、これは犯罪行為である。
    この様な者達が常日頃学校で子供達に何を教えているのか・・・考えただけで恐ろしくなる。

    日教組を放置してきた結果、この様な事が平気で行われるようになってしまったのである。

    輿石東率いる反日左翼日教組の解体消滅無くして、日本の教育を守る事は出来ないだろう。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!