ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 17 1
  • >>
  • 突然襲来三毛猫たかちゃんで~す!
    私は、地球外生命体で~す!
    東洋人では、ないよ~!

    三毛猫たかちゃん

  • 金正恩が、北朝鮮指導部内の親中国派であった張成沢を処刑したことは、中国と北朝鮮の関係に大きな変化が現れたことを意味します。
    処刑の理由の一つに、中国を含む他国に対して経済的利益を供与したことが挙げられていますが、張成沢は、中国から見れば協力者、いわば恩人です。北朝鮮は恩人を中国の不興を買うことを覚悟の上で処刑したのです。

    中国は、核兵器やミサイルの開発に積極的だとされる金正恩を、国境を接する隣国の指導者としてあまり望ましい人物とは考えておらず、密かに金正男への首のすげ替えを狙っていたことが窺えますが、その匂いを嗅ぎ取った金正恩が先手を打って中国との決別も覚悟の上で中国と通じている張成沢を粛清したのです。
    金正恩とすれば、自らの地位と権力を維持するため、いわば背水の陣を敷いたわけですが、これで、中国との関係は決定的に悪くなりました。

    中国は、緩衝国として北朝鮮を利用してきました。北朝鮮があることで、親米国の韓国と国境を接することを避けられるからです。しかし、それは北朝鮮が中国に従順であることが前提です。言うことを聞かなくなった北朝鮮は、もはや、傀儡として使い勝手の良い国ではありません。つまり、中国にとって北朝鮮は以前ほどの利用価値がなくなってきたということです。
    これまで、困った時に食料の支援をしたり、国連安保理で北朝鮮の肩を持ち、アメリカが朝鮮半島に介入することを妨げてきたのも、中国にとって北朝鮮の存在が都合よかったからですが、中国はもう北朝鮮に見切りを付けようとしているように見えます。

    中国は、最悪、北朝鮮が崩壊しても構わないと考えているはずです。ただ、親米の韓国が朝鮮半島を統一してアメリカの勢力が自国の国境まで迫ってくることも望んではいません。そこで何を考えているかと言えば、韓国を親中国に塗り替えてしまおうという作戦です。

    韓国では、在韓米軍の撤退が俎上に上っています。アメリカは2015年をもって韓国からの撤退を申し入れている一方、韓国は3年程度の延期を求めています。
    しかし、アメリカも、韓国に以前ほどの地政学的な重要性はないと考えており、朝鮮半島からの米軍撤退は現実味を帯びてきています。情報収集は偵察衛星を使えば十分であるし、中国との有事の際には近すぎて攻撃されやすいので、軍事拠点としてはあまり利用価値がないと見ているのです。

    米国が一番懸念しているのは、中国の艦船や潜水艦が太平洋を跋扈することですが、中国沿岸から太平洋へ海路で出て来るには、フィリピンー台湾ー沖縄ー日本列島の間を通り抜けてくるしか方法がないので、そこに海底のソナーやレーダを設置し、沖縄に基地を置いておけば中国の動きを封じることが出来るということです。

    そう考えると、韓国に米軍を置いておく必然性はさほどないという結論になります。韓国から撤退して沖縄の基地を増強、というのがアメリカの本音でしょう。
    中国もそれを見抜いていて、アメリカはもう韓国にさほど執着しないだろうと読んでいます。アメリカも、長期的には韓国が地理的、経済的に結びつきの強い中国に擦り寄っていくのは避けられないと見ています。

    結果として、多少順番は入れ替わるかも知れませんが
    1.北朝鮮崩壊
    2.韓国による朝鮮半島統一
    3.韓国からの米軍撤退
    4.韓国の親中国化
    という方向で進んで行くのではないでしょうか。

    米国、中国、韓国、日本の間で、すでにシナリオは出来上がっているようにも見えます。
    アメリカからは、日韓関係の悪化を懸念するような発言が聞こえますが、本音ではないと見た方が良いです。アメリカの本音は韓国の親中国化容認です。
    中国が北朝鮮の崩壊を容認するのと引き換えに、米軍が朝鮮半島から撤退する、米中間でそういう裏取引が行われていると考えればわかりやすいです。

    ついでに言えば、中国の脅威を利用して日本、特に沖縄の基地強化や集団的自衛権行使の容認に向けた世論形成ができればアメリカにとってはまことに都合がよい話です。
    安倍の靖国参拝は中韓の結びつきを強めて日本の緊張感を高めるのに役立ち、中国の脅威を煽っておいて辺野古の埋め立て認可です。全部アメリカの書いたシナリオ通りに事は進んでいると言っても良いでしょう。

  •  アジア4番目の衝突はインドネシアである。インドネシアのイスラム勢力が暴動を起こし、マラッカ海峡や、スマトラとジャワ島の間のスンダ海峡、バリ島とロンボク島を隔てるロンボク海峡の閉鎖を行い、世界の海上輸送に大混乱を生じさせる。

     インドネシアのイスラム勢力が行動を起こすのは、次のアメリカ大統領選挙戦の最中である2016年になると思われる。大統領選挙が終わったあと、アメリカ国内では、アメリカ海軍をインドネシアに送るかどうかという問題が論議されると思われるが、アメリカ国民は賛成しないだろう。一方、中国とインドは積極的に介入し、インド海軍はマラッカ海峡までを制圧すると思われる。

     こうした変動の結果、石油の値段が一時的に上がったり、周辺が大混乱したりするが、アメリカの世論はアメリカ海軍が再びアジアへ戻っていくことには反対すると思われる。

     インドネシアの暴動などの結果、シーレーンの確保に中国とインドが重大な役割を果たすことが明確になるとともに、インドと中国の海軍力の同盟体制が確立することになる。アメリカ海軍がアジアに戻らないことが明らかになるとともに、アジアにおける新しい軍事バランスが確立することになる。

     2020年から25年にかけて、アメリカの核拡散防止政策が力を失い、世界各国が核兵器を競ってつくるようになると見られる。この結果、日本がアメリカの核の傘の下に居るために同盟体制を取り続けるのか、あるいは独立した軍事力を持つようになるのか、さらには中国との軍事同盟体制をとるのか、重大な選択に迫られると、国防総省関係者は見ている。

     アメリカ国防総省をはじめ専門家が最も注目しているのは、日本の核装備と日本の軍事力強化である。それと同時に、インド、中国、インドネシア、台湾が日本との戦略的な話し合いに力を入れてくると見ている。CIAも10年後には、日本、インド、中国、ロシア、それに台湾との戦略的な話し合いがきわめて重要になってくると見ている。

     こうしたアジアにおける新しい戦略体制の話し合いは、アジアの国々が、アメリカ抜きで、石油などの海上輸送路の安全を確保する体制を考え始めていることを示している。2016年以降は、世界の石油の需給体制が混乱し、アジア全体が動揺するが、それと並行して中東において再び混迷が始まる。

     アメリカはシェールガスとシェールオイルの増産が確実なこと、カナダやメキシコからふんだんに石油や天然ガスを得られることから、中東への関心をなくしつつある。とくに外交問題を軽視するオバマ政権は、イラク、アフガニスタンを見捨てるだけでなく、イランとの関わりをも放棄しようとしている。

     オバマ大統領はイランに対する経済制裁をやめることで、イランに核兵器開発を諦めさせようとしているが、この外交戦略がうまくいくはずがない。イランは核兵器開発の道を突き進むだろう。

     イランの核開発は中東情勢だけではなく、アジア太平洋の軍事情勢を混乱させる。いま中東で懸念されているのは、過激派の攻勢によってパキスタンが国家としての機能を失い、崩壊することだ。

     中国はパキスタンにテコ入れをしようとしているが、インドがそれを許さないとアメリカの情報関係者は見ている。またインドとイランは、アフガニスタンを分割するための話し合いを始めるとともに、軍事的な占領体制を強めてくると見られている。

     アメリカの専門家は、中東情勢がどのような形で安定するか見極めかねている。最悪のシナリオは、アメリカがアフガニスタンとの間でアメリカ軍を駐留させるための地位協定を結ぶことができず、アメリカ軍が完全に撤退したあと、アルカイダ系の部族の首脳が大統領に就任することだ。

     イラクとアメリカの関係もうまくいっていない。このため、中国が経済的な影響力を急速に強めてきている。中国、インド、イランが軍事的な協力体制を強化し、中東情勢を安定させた場合、日本の立場は苦しくなる。

     日本はインド、中国との関係を強化して、石油の安定供給を図ろうとすれば、アジア、西太平洋において、アメリカとの関係を断ち切っていかなければならなくなる。日本とアメリカの関係が弱くなれば、中国の強い影響のもとに置かれることになる。アジア極東における日本の立場は急速に悪くなる。

     向こう10年、東南アジアが混乱すると同時に、その混乱が中央アジアや中東にも及べば、日本の石油戦略に大きな影響が出てくるのは避けられない。その場合、アメリカのシェールガスや天然ガスにどこまで頼ることができるかが、日本の政治的、そして軍事的な立場を決めることになる。中国をとるか、アメリカをとるか、日本の存在を賭けた選択を日本は避けることができない。

  • 石油が日本に来なくなる

     アメリカは2014年以降、本格的にアジアから引きあげる。すでに述べたように、沖縄からグアム島に海兵隊が移動し、日本にアメリカの基地はあっても、アメリカ軍がまったくいない状況になる。

     アメリカ第七艦隊が横須賀や沖縄に基地を持っているが、海軍というのは、孤立主義の象徴と言ってもよく、基本的にはアメリカ本土から出撃する体制をとる。海軍力の日本における存在は軍事的には無視される。

     2016年、アメリカ陸軍部隊は完全に韓国から撤兵する。アメリカ軍はアジアからすべて引きあげることになるのである。アジアを取り巻く西太平洋、日本海から南シナ海、インド洋からペルシャ湾に至る広大な海域は、アメリカの戦力地域からはずされることになる。その結果、アジアにおいて、これまで予想しなかったような大動乱が起きると予測される。

     この大動乱についてはのちほど詳しく述べるが、日本にとって最も懸念されるのは、いくつかの戦争と、インドネシアのイスラム勢力による反米の動きが、中近東から日本への石油の流れを阻害する結果、日本に石油危機が到来することである。

     そうした戦争をもたらす要因として、中国、ロシア、インドなどにおける地殻変動的な政治的変革を挙げることができる。まずこの変動について述べてみよう。

     アメリカ国防総省の推定によると、中国国内の政治情勢は2013年現在、きわめて不安定になっている。アメリカ国防総省の中国専門家は次のように指摘している。

     「習近平政権は軍部の圧力のもとにあり、中国の地方は完全に無政府状態になっている。軍部の力がなければ中国の統一は不可能な状態になっている」

     この国防総省の分析に、アメリカのCIAなども同意している。習近平政権の誕生は、実質的には軍部による政権収奪であったと見ている。

     アジアの3番目の勢力であるロシアは、プーチン大統領が全体的な情勢を把握してはいるものの、極東および中央アジアにおける政治力が極端に低下しているだけでなく、国防力も弱まっている。

     アジアにおける4番目の大国インドは、経済がうまくいっていない。このため、経済的に影響力を失いつつある。インドは2002年から2011年まで、年間の国内総生産を7.7パーセントまで拡大し、中国に追いつきつつあった。ところが2012年に入ると急速に経済の開発が縮小し、通貨ルピーが安くなる一方では、インフレがひどくなり、財政赤字が止まらなくなっている。

     インド経済がつまずいたのは2004年に登場した現在の政権が経済政策を誤ったからであり、アメリカのオバマ大統領と同じように経済の構造改革ができず、一方で社会福祉の経費を増やしすぎてしまったからである。

     「中国の国内が混乱して軍部が権力を掌握している。インドの経済開発が失敗し、当面、国際的な地位が縮小し続けている。そして日本は相変わらず日和見主義を続けている」

     アメリカ国防総省やCIAはアジアの情勢についてこう見ている。このため、アジアが大混乱するのは避けられないと分析しているのである。

     アメリカ国防総省がまとめた「2025年後の世界」という予測の中では、アメリカ軍が東シナ海、西太平洋、南シナ海、そしてインド洋から、兵力を引きあげるため、大きな軍事的変動が起きると予測している。

     アメリカ陸軍やCIAの推定によれば、2016年以降、南北朝鮮合併の動きが強くなる。政治的に見ればこの合併は不可能だと思われるが、中国の影響力と日本に対する戦略的な目的から、統一・合併の動きが強まると見る分析官が多くなっている。国防総省の専門家は韓国と北朝鮮が合併すれば、核兵器を背景に日本に対する戦略的な脅しを強め、極東アジアが一挙に緊張すると見ている。

     続く大きな問題は、ロシアと中国の国境および中央アジアの情勢で、今後急速に緊張が高まり、各地で混乱が起きると予想される。アメリカ国防総省は中国がエネルギー不足から、周辺に対する戦略行動を強化し、向こう1、2年以内にシベリアやカザフスタンなどに対する侵略を開始すると分析している。

     この中国の動きに対してロシア側は核兵器による報復の脅しをかけるとともに、軍事行動の準備に入る。極東ロシアや、中央アジアに油田を持つ世界の巨大石油企業は、アメリカに介入を求めるが、アメリカ議会は簡単には動かないと予想される。

     第三の紛争地域は台湾である。中国は台湾を合併する欲望を捨てていない。香港方式の合併を求め、アメリカが軍事力を後退させるとともに、露骨な動きに出てくる。これに対して台湾側は、核兵器の開発を含め、中国に対する対立的な態度を変えないと思われる。しかし、ここでもアメリカが積極的に軍事力を使って介入する見通しはあまりない。

  • 東京都の舛添要一知事(65)は、頻発する在日コリアンらに対するヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡り、
    自民党の政調会で立法措置を含めた対策を検討するよう同党側に要請した。

    初当選から9日で半年を迎えるのを前に5日、毎日新聞のインタビューで明らかにした。

    先月会談した韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領にも、
    2020年東京五輪・パラリンピックに向け「都として絶対に許さない」との考えを伝えていた。

    舛添知事は「国会できちんと法律を作ることが、問題に対応することになる」と指摘。
    「そういう動きを加速化させるよう仲間の国会議員に言ってある。全体で網をかけた方がいい」と述べ、
    表現の自由に抵触しない範囲で法整備が必要との見解を示した。
    http://mainichi.jp/select/news/20140806k0000m010082000c.html

  • 6

    bra***** 強くそう思う 2014年5月8日 22:04


    女性の方は必見!!

     これが韓国人男の真の姿です!!日本での性犯罪の犯人は通名名乗った在日か帰化した元在日の朝鮮系日本人が殆どです。

      ■沖縄女子中学生拉致強姦殺人の主犯の柳末盛が在日韓国人!!
      死刑にならない異常な判決
    http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50443094.html
    糞弁護士が被害者の親の前で無期懲役でガッツポーズと人として最低な屑


    ■神作譲( 帰化人 犯行時は小倉 )足立コンクリート惨殺事件犯人 親は三郷在日部落の名主


    ■ 都〇洋( 在日 犯行時は別姓 )同上犯人。現在、在日暴力団極東会構成員 法改正して死刑にすべき

    ■ 和田真一郎 ( 帰化人 )早稲田大サークルによる集団婦女暴行事件主犯 通称:スーパーフリー 好みの女学生だけを狙い450人以上を集団強姦

    ■ 織原誠二( 在日 金聖鐘 )英国人ルーシー・ブラックマン殺害犯


    英国人ルーシーさんと豪州国人女性を強姦し殺害、9人の女性をレイプ。殺害された被害者二人、強姦の被害者多数でも死刑にならない異常な判決で在日からの圧力があったと思われる


    ■ 李昇一( 在日 )「 ガキの使い 」を偽り、好みの女子高生を140人以上レイプした強姦魔

    ■ 金保( 在日 通名は永田保 ) 多くの少女を強姦した鬼畜牧師。朝日新聞は通名のみで報道(100人以上)

    ■ 郭明折 ( 在日 )韓国キリスト教の宣教師。連続強姦魔で少女含む被害者100人以上 

    ■ 金大根( 在日 )連続児童虐待の強姦犯。女児6名が死亡

    ■ 金弁植( 韓国籍 )韓国の強姦犯で指名手配中に逃亡目的で来日。日本で主婦100名以上をレイプ

    ■ 李東逸( 韓国籍 )檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
    ■ 沈週一 (在日 )各地でベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
    ■ 張今朝( 在日 )長野で 「 一緒に猫を探して 」 と小学校4年の女児をレイプ
    ■ ぺ・ソンテ( 在日 )女子小学生14人をレイプ
    ■ 宋治悦( 在日 )主婦19人を強姦 ■ 崔智栄(在 )朝鮮大学校生。木刀で傷を負わせ、少女2人を車の中で強姦
    ■ 金乗實( 在日 )朝鮮大学校生。同上の共犯者。他にもう一人19歳の共犯者 (朝鮮籍 ) あり  密航者の北のスパイ在日は強制送還すべき(怒)


     ■宮崎勤(帰化人) 東京埼玉連続幼女誘拐殺害事件 88年8月~89年6月の10か月の間に4人の幼女殺害
     更に被害者の遺体を焼却炉で焼いて骨を食べていた異常者 殺害した被害者の骨など入れた段ボールを遺族宅前に置いた 所沢市今田勇子と名乗り遺族宅や報道機関に犯行声明を送りつけていたトンデモ異常者

    2006年1月にようやく事件発生から17年で死刑確定、事件発生から20年後の2008年6月17日祝死刑執行

         http://www.youtube.com/watch?v=WyUUU37NEMI
    ■ 鄭明析( 在日 )韓国人 カルト 「 摂理 」 教祖。日本人1,000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦

    ■ 閔洪九(北朝鮮元兵士 )宇都宮で買い物をしていた女子学生にわいせつ行為

    ■ 金平和( 在日 )女性をバッグに入れ拉致監禁、強姦。別女性も6日監禁および強姦

    ■ 鄭明析(韓国籍)99年に密入国。カルト 「 摂理 」 で100名以上性暴行。統一協会出身


    ■丹羽雄治 愛知女子大生殺害 前科がありながら無期懲役にもならない懲役27年と言う軽さ


    http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/f5f9c12c78d3d131ff8a79244d04671b


    全裸の女子大生の遺体を車に乗せて出頭した異常者


    性犯罪、窃盗の前科多数


    丹羽雄治の名刺の裏がハングル語で書かれている。日本人の性犯罪者では思いつかない犯行の異常さから100%在日だ。

    ■大月孝行(旧姓福田) 光市母子殺害本村氏の妻子を殺害し被害者の遺体を屍姦という異常性 韓国本土の韓国人の高校生は目の前で飛び降り自殺した60歳の女性の死体を屍姦    全員法改正し死刑にしてやりたいですね!
    日本人の知らないレイプの実態


    https://www.youtube.com/watch?v=LSHQHnmXKUg

    日本人のレイプ犯だと思っていたら通名使った在日だったって事が多い!

    毎日、朝日新聞は通名報道で在日の凶悪犯罪を隠蔽します!

  • >>1



                    日教組の正体
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/141.html
    ・日教組は北朝鮮のスパイ朝鮮総連との癒着
    ・北朝鮮と癒着している北朝鮮のスパイです。
    ・公務員には法律で禁止されているストライキ、選挙運動もします。
    ・自衛官と警察官の子供をいじめます。
    ・捏造した自虐史観を教え込みます。
    ・旧日本軍が天皇崇拝教育で無謀な侵略戦争をしたからその象徴であったとする日の丸と君が代に反対しており、国旗掲揚に不起立、国歌斉唱しないなど異常な反日思想です。 
    ・日本人をダメにするためのゆとり教育を推進
    ・過激な性教育を行う
    ・部落解放同盟と一緒に校長を自殺に追い込む
    ・民主党と社民党の支持母体で民主党最大の支持母体です

  • 「靴」のおはなし
    南欧は歴史的に靴を脱がない。玄関が無い。近年は脱ぐ家庭が増加中。ロシア、ドイツも同様
    北欧(積雪地域)は靴を脱ぐ場合が多い、室内履きを履いたり履かなかったり
    中東はモスクに入るときに脱ぐ、絨毯のある家なども脱ぐ
    インドは寺院に入るときに脱ぐ。家では脱がない
    中国は脱がない。玄関どころかドアが無い。都市部では脱ぐ家庭が増加中
    米国はまちまち。南部は特に脱がない場合が多いらしい。が、富裕層の家庭には玄関(マッドルーム)が有る場合も
    韓国?あいつらはキムチでも履いているのだろう。靴なんて高度なものは持っていない

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ